WordPressの凄さをバージョンアップの歴史から紐解く

お世話になっております。ダブルループの福田です。

「ホームページを作るならWordpress」こんな話を聞いたことがあるのはweb界
隈の方だけではないはずです。

ではWordpressがなぜ便利なのかを、直近のバージョンアップをもとに紐解いて
みます。

WordPressの凄さをバージョンアップの歴史から紐解く

webサイトを管理・運用・制作していくシステムのことをCMS(コンテンツ・
マネジメント・システム)と言いますが、現在、数あるCMSの中でシェアトップ
なのはどのツールでしょうか!?

正解はWordpressです。
※タイトルからご察しの通りです^^;

皆さんもその名前を1度は耳にしたことがあることでしょう。

WordPressの世界シェアは40%弱でシェア率では断トツです。
なぜそんなにも評価されているのか・・・ということについては多方面で語られ
ていますので割愛して、今日は最近の機能改善、いわゆるバージョンアップ内容
をもとにWordpressの利便性を解説してまいります。

WordPressは2003年に登場して以来、延べ39回のバージョンアップを遂げてきました。
ここ2年は年3回のペースでバージョンアップを行っています。

ご参考までにWindows10は1年に2回です。
※バージョンアップの内容やボリュームを比較できないので対象として正しいの
 かはさておき^^;

要するに頻繁に機能改善が行われているということです。

では具体的にどんな風に使いやすくなってきているのかを直近3回のバージョン
アップ内容をもとにみてまいりましょう。

記事の作成のしやすさ

ソーシャルアイコンの挿入、色のバリエーション、文字数表示などユーザーの見
やすさを考慮するライターにとって有難い機能が搭載されました。

SEO対策

・サイトヘルスステータス
SEOに加えてセキュリティも管理画面上でチェックというか、パフォーマンスが
イマイチだったりセキュリティ異常がある際に通知が届くようになりました。

・XMLサイトマップ生成
WordPressにおいては以前まではプラグインでサイトマップを生成している方が
多かったと思いますが、標準機能で対応できるようになりました。

直近3回のバージョンアップの中で、技術的な改善を除くとこんな感じの機能改善が図られています。

導入当初は使いづらいと非難を浴びたGutenbergも利便性は高まってきていて、
WordPress5.4にバージョンアップした際にはエディターの読み込み時間が14%、入力にかかる時間が51%も短縮したという事例がありました。

このようにWordpressは無料のCMSながら毎年「使い勝手」と「検索性」の面で大きく改善がなされています。

コンテンツを自社で追加していかれるのであれば断然Wordpressがオススメです。
※シェアが高く、オープンソースであるため多くの情報が公開されていることか
 ら脆弱性の問題が多く発生するデメリットを抱えていることも事実ですので、
 その点にはご注意ください。 

コロナによって足を使った営業活動が難しくなった今日において、webサイトの
役割は多様化し、これまで以上にwebマーケティングの重要性は増していくはず
です。

ニューノーマル時代のweb戦略にお悩みの方はどうぞご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから