SEO対策に有効な文字数とは!

以前、王道とされていた被リンク集めのSEO対策ですが、今日においてはGoogleか

らペナルティを受け、検索圏外に追いやられてしまうという事例も少なくありません。

ではどのような対策が一体有効なのかというと・・・

「サイトボリューム」

が現代における有効なSEO対策の1つと言えます。

このサイトボリュームですが、

「webサイト(ホームページ)内にオリジナルコンテンツのページ数をとにかく

増やしていくと上位表示されやすい」

と解釈されてる方を多くお見受しますが、実際にはページ数以上に1ページ内の

『文字数』が重要になってきます。

a0001_001903_m

正確には

「ページ数を増やすことは重要だが、十分な文字数(量)がないと意味がない」

ということです。

どういうことかと申し上げますと、

まず大前提として、新たに作成したページが他のページと内容が重複していると

類似コンテンツとGoogleからみなされて良い評価を得られません。

要するにSEO対策上、効果的ではありません。

なのでこれまで作成したページと内容が被らないページを作っていく、

つまり、オリジナルコンテンツを盛り込んだページを作っていかなければならないのです

が、文字数が少ないと「オリジナル」と判断されません。

なぜなら、たとえオリジナルコンテンツが書かれたページであったとしても、文字

数が少ないとサイドバーやフッターなどwebサイト内の共通項目の占める割合の

方が多くなってしまう可能性があり、これによりGoogleから他のページと類似で

あると判断されてしまい、SEO対策に有効に働かないことがあり得ます。

ではオリジナルコンテンツとしてGoogleに認識してもらうためにはどらくらいの

ボリュームを書けばいいのかと申しますと

(サイドバーやフッターなど共通項目のボリュームにもよりますが・・)

『600~800文字』の文字量・文字数があればSEO対策において有効であると一般的

に言われています。

これくらいの文字数があれば以前、当メルマガでお伝えした

ロングテールSEOの観点からも有効でしょう。

※ロングテールSEOについてはこちら
http://www.doubleloop.co.jp/2015/01/4068/

webサイトでページをたくさん作って充実させたものの、

なかなか検索しても上位表示されていないな~という場合には是非、

『文字量・文字数』が600~800文字以上を満たしているか?をご確認ください。

テキストボリュームが変わるだけで、お問い合せが格段に変わるかもしれません!

 

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから