アーカイブ : 2015年05月28日

WEBマーケッター必見の新機能!?

Googleウェブマスターツールに新機能が搭載されました。 その名も・・・・

「検索アナリティクス」

Earth and laptops

Web担当の方であればGoogleAnalyticsは馴染み深いツールの
はずですが、今回新たに搭載されたのは検索アナリティクスという
同じGoogleでも別のツールです。
この検索アナリティクスで何が出来るかと言いますと、
これまでも検索クエリという機能でできていたサイトの

クリック数や流入キーワードが分析できることです。

検索クエリ機能がバージョンアップしたと認識していただいて
問題ないでしょう。 具体的には・・・・

クリック数、表示回数、CTR、平均掲載順位(以下4切り口)

がグラフにより特 定期間においてサイトがオーガニック検索で
どのような状況で あったかをパッと把握できる

特定のキーワードで4切り口の状況が掴める。

つまりSEO対策のキーワードがGoogle上でどのような順位で、
どれくらいの流入が実際に発生しているかなどが簡単に把握できる

ページ別の4切り口の状況が掴める。

要するに特定の商品やサービス、セミナー案内などといった重要ページが
しっかりと検索上位表示され、実際にクリックされているか
がわかる。

デバイス別の4切り口の状況が掴める。

先日、当メルマガでも自社サイトがスマホなどスマートデバイス対応していなけれ
ば検索結果に今後影響するという記事を書きましたが、このデバイス別分析では
どのデバイス(パソコン、スマホ、タブレット)で何位に表示され、どれくらいクリック
されているか
といった情報が把握できます。

過去と今で4切り口を比較できる。

指定した過去の一定期間とここ数ヶ月(週間・日)のサイトクリック数などが
比較できる
ため、以前に比べてwebサイトが充実していてお客様のニーズを
満たせているといったサイト状況比較が可能に。 ????????

ちょっと長くなりましたが、こういったことが出来るようになりました。
とどのつまり、見込客を集める上で重要なキーワードが、

  • どのような順位でGoogleに表示され、
  • 実際にどれくらい自社サイトに流入しているか

が様々な切り口で見えるようになったということです。
こういったツールの充実を見ると、今後はより短いスパンで自社サイトのweb上の
ポジションを検証し、集客に繋がるよう対策していくことが出来る、いや対策して
いかなければならない時代がきていると言えます。
まずは自社サイトをこの「検索アナリティクス」機能を使っていただき、どの ような見込客流入の導線が作れているかを実際に確認してみてください。

自社のページがスマホ対応しているかを判別!?

 

以前、「Googleはwebサイトのスマホ対応を望んでいる」という内容をお送りしました。

詳しくはこちら▼
http://www.doubleloop.co.jp/2015/02/4073/

そして来週、4月21日に遂に「スマホ対応しているか否かが検索ランキング」

反映されます。

つまり、スマホ対応していなければ、SEO対策しているキーワードをスマホで検索した場合に

検索順位が大きく落ちるかもしれない、ということです。

Googleがこのようなアルゴリズムの変更を事前アナウンスすることはあまりなく、

その分、検索結果に大きな影響を及ぼすだろうというもっぱらの噂です。

「自社のwebサイトがスマホ対応しているかどうかなんてどうやったらわかるの?」

という方に向けて今日はスマホ対応判別ツールをご紹介します。

 

手順は超簡単!

(1)モバイルフレンドリーテスト サイトを開く。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

(2)自社のwebサイトのURLを入力し、「分析」をクリック。

以上!!です。
たとえば弊社の会社アクセスページ(http://www.doubleloop.co.jp/access/)で

分析してみると、「モバイルフレンドリーではありません」という結果が出てき

ます。

次に弊社のメイン事業の1つ、facebookページ制作のURLを入れてみます。
http://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

そうすると「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」

という分析結果が得られます。

そう、弊社では主力事業のページ(SEO上、重要なページ)からスマホ対応化を進

めましたので、問合せなどリード獲得に大きく貢献されるページは4月21日のアル

ゴリズム変更のダメージを受けずに済むよう対策を施しているというわけです。
4月21日まで時間はありませんが、まずは取り急ぎ、貴方様のサイトがどの

ような状況であるかを上述のモバイルフレンドリーテストサイトで分析してみて

ください。

 

<モバイルフレンドリーテストサイト>
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

こちらの分析結果で「モバイルフレンドリーではありません」という分析結果が

万が一、表示されるようであればお気軽にご相談ください。

弊社がどのような対策をしたか、対処療法から根本治療まで対応方法を説明させ

ていただきます。

郡山にて三井住友海上あいおい生命の代理店企業様向けに講演を行ないました。

今日は本当に寒い1日でした。そして雨。天気予報に反して本当に寒かったですね。

さて、先週の木曜日に福島県の郡山にて三井住友様の代理店企業向けに

「保険代理店の為のホームページ活用法」というテーマで講演を行ないました。

写真はお昼に新幹線の中で食べた駅弁の写真(ちょっとぶれてます(笑))

13時頃、現地到着で、綿密に打ち合わせを行なった後に、講演を行ないました。

講演の様子です。

保険代理店企業様への講演はこれで4度目になりますが、地域毎に特色があり、いつも

趣向を変えて話をするようにしています。

今回は時間がたっぷりあったので、問い合わせフォームのセキュリティの注意点などを

踏まえて話をしました。

熱心に聞いている企業様も多く、メモにペンを必死に走らせている方が多かったのが

印象的でした。

鹿児島に続き、2回目の地方出張となりましたが、今後もこのような形で、いろいろな地域の

企業様にweb戦略活用の重要性を伝えていければと思います。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから