アーカイブ : 2016年05月24日

オーディエンスネットワーク広告で販売機会を創出

 
お世話になっております。ダブルループの福田です。

夏がだいぶ顔を出してきました。

北海道では週末にかけて真夏日が続いたようですね。

私の知人で季節の変わり目が原因なのか風邪で体調を崩している方がいらっしゃいます。

皆様もどうぞお身体にお気を付けください。

さて、今日はfacebook広告の最新情報をお届けします!

 
29b3d682f3f6645e062d82769ba4437f_s 

オーディエンスネットワーク広告で販売機会を創出

 

今、facebookのオーディエンスネットワーク広告活用により、

最小限の投資で最大の効果(販売機会の創出)

を得る取り組みが注目を浴びています。

 
今日はそのオーディエンスネットワーク広告について解説します。
オーディエンスネットワークとは、

facebook社と提携している他のモバイルアプリに対して、

facebook広告のターゲティング機能を適用して広告配信できる仕組み」

のことです。

 

たとえば、Supership社というfacebookの提携企業のサービスを活用すれば、

CMで有名なグノシーやジョルダンといったスマホアプリの利用者に対して

広告を届けられるようになります。

 
スマホアプリ利用者に対して広告配信できることでどのようなメリットがあるかというと・・・・・
 
 

メリットその1

 
facebookを利用していない自社のターゲット層である見込客に広告配信ができる!

facebook広告の最たる特長は広告配信ターゲットを細かく設定できる点です。

オーディエンスネットワーク広告では、facebook広告で設定したターゲット情報をそのまま適用することが出来ます。

この機能を用いれば、facebookを利用していない見込客に対して、他の広告媒体(上述のグノシーなどのスマホアプリ)にて

プロモーションを行っていくことが可能となります。
 

メリットその2

 
煩雑な広告配信設定が不要!

facebook広告で設定したターゲティング情報をもとに広告出稿の設定が行えるため、

広告主にとって煩わしい出稿手続きが不要です。

しいてあげるなら、気を遣うところは入札単価の設定くらいでしょうか。
 
 

メリットその3

 
広告単価が低い可能性がある!

過去、facebook広告のクリック単価額でも触れたようにターゲティング設定次第で、

Adwordsなどリスティング広告に比べて低予算で広い露出を行うことができます。

 
9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s

 
 

このようにfacebookを広告出稿の窓口にしながら、

幅広い見込客にプロモーションを行うことが可能になりつつあります。
 

facebook社は広告売上の拡大を方針に掲げているので、

今後、このような媒体(アプリ)をまたいだ広告枠はますます増加していくことでしょう。
 

もしまだfacebook広告をご利用されたことない場合、

この流行とも言える広告網を是非、1度お試しください!

弊社ではfacebook広告運用代行というサービスを用意しております。

 
「自社ではとてもじゃないが運用できそうにないが、とても興味がある」

という場合はお気軽にご相談ください!
 

webサイトのアクセススピードで機会損失してませんか?

58bcc240291aeb191e242c1a6cb11860_s

webサイトのアクセススピードで機会損失してませんか?

 

最近、というよりここ数年、電車に乗ると次のように思います。

「本を読んでいる人よりもスマホを見ている人の方が多いじゃないか!」と・・

今や、スマホで欲しい情報を通勤・通学などスキマ時間で検索して、

手に入れる時代です。

 

このように、情報入手プロセスの変化に伴い、

Googleはスマホ(正確にはPCも対象)からサイトを開く

スピード=アクセススピードを重視し始めています。

 

Googleが、会社やサービスのwebサイトのアクセススピードを

どのように判定しているかを調べる方法について今日はご紹介します。

Логотип_Google_Developers

【アクセススピード判定方法】

1.「PageSpeed Insights」を開きます。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

2.画面中段の「ウェブページのURLを入力」と書いてある欄に会社のURLを入力し、

「分析」をクリックします。

 

3.そうするとわずか数秒で対象のwebサイトのアクセススピードが100点満点のうち何点なのかと判定されます。

 

このようなツールをGoogleが用意しているということは、つまり、

検索上位に表示されるためにはサイトのデザインや情報量だけでなく、

アクセススピードが今後、求められているということです。

 

もし、上述のスピード判定で結果が悪かった場合は、サイト内の構造を修正することで対策を図ることが可能です。

スマホやタブレットなど携帯機器で検索することが加速度的に進んでいくことでしょう。

企業にとってはスマホ対応は不可避と言えます。

 

スピード判定はもちろん、webサイトにどのような対策を施すことで
検索上位に表示されやすくなるかを診断・ご相談に乗ります。
どうぞお気軽にご連絡ください!

 

facebookの認証を受けて公式ページにしよう!

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

さて、本日は、facebookの認証について、コラムを書かせて頂きたいと思います。
de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s

facebookの認証を受けて公式ページにしよう!

 

みなさんは、興味をお持ちのブランドやスポーツチーム、会社などのfacebookページに

「いいね!」を押したりしていますか??

 

その時に注意しておきたいのが

「認証」されているfacebookページか否か

という点です。

 

分かりやすく事例を挙げてみましょう。

 

 

 

どちらも福岡ソフトバンクホークスの近況や情報を発信している

facebookページに見えます。

 

しかし、実は片方は福岡ソフトバンクホークスが公式に運営しているページで、

もう片方は非公式のページです。

 

ではどちらが公式ページでしょうか!?

 

正解は前者のページです。

 

後者のページは基本データ欄をご覧いただければ書かれている通り、

非公式であるとハッキリとした記載があります。

 

更に一目で公式か否かを判断する方法があります。

 

それはfacebookページ名の横に「チェックマーク」があるかどうかです。

 

前者のページには福岡ソフトバンクホークスのページ名の後にチェックマークがありますが、

後者にはありません。

 

このようにチェックマークがあるfacebookページはそのブランドや会社、チームが

facebookからの認証を受けてページ運営しているということを表します。

 

そのため、なりすましのfacebookページを見抜き、より正確な情報を手に入れることが

この認証マークから判断することが可能となります。

 

また、もし会社やサービスのfacebookページを運営していらっしゃるのであれば、

是非とも認証を取っておくことをオススメします。

 

認証の仕方について、詳しくは下記ページをご覧くださいませ。

https://www.facebook.com/help/100168986860974

 

弊社はもちろん認証を取っています。

https://www.facebook.com/doubleloop/

※よろしければ「いいね!」をクリックしてください^^;

 

情報が溢れていて、正しい情報を見抜くことが難しくなってきている現代において

このような細かな設定1つでユーザー(読者)が離れたり、獲得できたりします。

 

難しいことではありません。

お時間ある時に是非お取り組みいただいてはいかがでしょうか!?

Googleがスマホ対応の強化を発表

こんにちは。ダブルループの福田です。

弊社は3月決算なので、今月より7期目に突入しました。

6期目はスタッフも3人増え、共著ながら本も出版し、売上も大きく伸びた1年となりました。

7期目は更なるスタッフの拡充、及びお客様に喜ばれるサービスを提供できるように頑張ってまいりたいと思います。

さて、今回は、webサイトのスマホ対応についてコラムを書かせて頂きたいと思います。

 
471bb64fba5c262befbc5db2d21bafcc_s
 

Googleがスマホ対応の強化を発表

 

約1年前に本コラムで「自社のwebサイトがスマホ対応しているかどうかが

SEOに影響されるようになった」と書きました。

自社のページがスマホ対応しているかを判別!?

 

そして先月、Googleがこのwebサイトのスマホ対応について、

「今後さらに強く検索結果に反映させる」と発表しました。
 

webサイトのスマホ対応のことを

「モバイルフレンドリー」とweb用語では言います。

 

今回のGoogleの発表では、

「モバイルフレンドリーアルゴリズムのアップデート」を示しています。

 

要するに、

スマホで見やすいサイトでなければ、検索結果で上位表示されづらくなる

ということをGoogleが公式に発表したということです。
 

会社や商品のwebサイトがモバイルフレンドリーに適合していれさえすれば、

今回のアップデートを気にする必要はありません。

 

ところが・・・

 

「そもそも自社のwebサイトがモバイルフレンドリー対応しているかどうかなんて分からないのだが・・・」

 

という方が意外に多いので、今日は自社サイトのモバイルフレンドリーチェックの方法を説明します。

 
fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_s
 

モバイルフレンドリーチェックの方法

 

モバイルフレンドリーは下記のサイトからチェックすることができます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

こちらに自社のサイトURLを入力して分析をクリックするだけです。

 

モバイルフレンドリーであれば

「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです」と、

適合していなければ

「モバイルフレンドリーではありません」

と表示されます。

 

後者の場合、今後予定されているGoogleのアップデートによって検索結果に
影響をきたすかもしれません。

(検索結果順位がこれまでよりも下がってしまうかもしれません)

 

Googleは、ユーザー=検索者が必要としている疑問や悩みに対して上質な情報であることはもちろん、情報が見やすく提供されているwebサイトを求めています。

 

もしもあなたのサイトがモバイルフレンドリーに適合していなかった場合、
これまでのようなWEBからの問合せが望めなくなるかもしれません。

 

是非、お早めにご相談ください!
 
 

ホームページは頻繁に更新すべきか!?

 

最近、同業他社を見ていると、このようにお客様に提案されているケースが多く
見られます。

 

「ブログを頻繁に書くことがSEO対策上、重要です」

「そのためにWordpressを入れたホームページに作り直しましょう」

「新着情報や新着ブログを多くあげていけば上位表示されるはずです」

 

このような話をお耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

この『SEO対策において情報の更新頻度が大切である』ということについて、

 

私は・・・

頻度 < 品質 (頻度よりも内容)

 

であると考えます。

??????

Googleにサイト運営者向けのウェブマスター向けガイドラインという

「このようなサイトを作ればきっと貴方のサイトに人は訪れるでしょう」

とSEO対策や内部・外部対策を示唆したページがあります。

 

そこには

情報が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述し
ます。

という一文が書かれてありまして、また

ページのランキングを上げる目的で、語数は多くてもオリジナルのコンテンツ
がほとんどまたはまったくないページを作成して、ユーザーの関心を引こうと
するウェブマスターもいます。Google では、無断複製されたページやオリジ
ナルのコンテンツがほとんどなくユーザーにとって価値のないページを表示す
ることでランキングを上げようとするドメインに対して、処置を取ります。

とも書かれています。

GoogleはWEB上に情報を求める人に新たな内容を提供していきたいのです。

それに応えるwebコンテンツやブログでの記事を作ることこそがSEO対策と言え
るでしょう。

 

たとえばブログで記事を書く場合、以上の点を考慮すると・・・・

・オリジナル性が高い

・ユーザー目線で理解しやすい=SNSやユーザー自身のサイトで紹介したくなる
共感できる内容であること

・一定のボリュームがあること

が記事制作においては重要です。
※一定のボリュームがなぜ必要かについては

http://www.doubleloop.co.jp/2015/02/4263/

こちらの記事をご覧ください。

よってホームページにWordpressを追加したからといって必ずしも
検索で上位表示されやすくなるわけではありません。

 

WordPressは

・新着情報、ブログ、記事が書きやすい

・書いた情報をGoogleに認知されやすい

という特長をもった手段(システム)に過ぎません。

 

そのためweb上でオリジナルコンテンツを作る時間や人という資源がある場合は、
Wordpressは必要となり、

ない場合はWEB制作会社と一緒に既存のwebページの品質を高めるという方法の方が

SEO対策上、短期的な成果に繋がりやすいと考えられます。

 

このように状況に応じてSEO対策に最善の一手を打ってみてください。

 

 

http://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

WordPressでのサイト制作、どうぞお気軽にご相談ください♪

wordpress-logo-hoz-rgb

スマホが我々の生活を変える!?

スマートフォンの普及によりみなさんの生活はどう変わりましたか?

ƒXƒ}[ƒgƒtƒHƒ“ [XVÏ‚Ý]

歩きスマホという言葉を代表するように場所を問わずして必要な情報が得られるようになりました。

「歯が痛いな、近所の歯医者さんを探してみよう」
「週末に家族と出かけたいけど、どこかに良いスポットはないかな?」
「webからの問合せが増えるようweb戦略を考え直さなければ、どこかにその道の
プロはいないかな」 などなど

ふと疑問に思ったり、困った時、スマートフォンで簡単に情報を取得できることが可能です。

そして実際にスマホで検索した際に『このサイト、見づらいな』と思われたことはございませんか?

・文字が小さくていちいちズームしなければならない・・・・
・PC(デスクトップ)であれば見やすいのだろうけど、スマホで見るには少し文字数が多い・・・・

といった具合にスマホの閲覧に適していないwebサイトをよくお見受けします。

 

このようにスマホ対応のwebデザインになっているかどうか、というのが以前も
当メルマガで触れた「モバイルフレンドリー」のことです。

今年4月21日よりこのモバイルフレンドリー度がSEOに反映され、その後、モバイ
ルフレンドリーなサイトが5%増加したと言われています。

ではモバイルフレンドリー対応するために何をしなければならないのか・・・・
というと

スマホのような小さな画面でも読みやすいテキストボリュームと文字の大きさ
・リンクの間は適切な間隔
・画像などコンテンツが画面サイズにおさまるもの

こういった対応が現代の、いやこれからのweb担当者には求められます。

 

もし貴社のwebサイトがモバイルフレンドリーに対応していない
場合は、レスポンシブデザインの採用をご検討いただくことをオススメします。

レスポンシブデザインであれば自社のサイトにアクセスされたブラウザに応じて

自動的に画面のサイズが調整されます。つまりスマホから見やすくなるようにな
ります。

もしwebサイトのリニューアルや改修をお考えになっれているのであればレス
ポンシブデザイン機能が備わっているWordpress、Drupal、Joomlaなどを採用
れるといいでしょう。

大切なコトは、Googleがアルゴリズムを変更したから、、、ではなく、お客様が
どのような端末(スマホ、PC、タブレット)で自社のサイトにアクセスして、
どういった情報を欲しているか、そしてそれに応える情報は見やすいものになっ
ているかということです。

このお客様の目線を常に持っていれば、Googleのアルゴリズムの変更にも自ずと
適応していくはずです。

繰り返しとなりますが、大切なのは『お客様の目線を意識する』ことです。

今一度、お客様目線で貴社のサイトがお客様の期待に応えるものに
なっているかを是非、ご確認くださいませ。

gf1420184319o

WEBマーケッター必見の新機能!?

Googleウェブマスターツールに新機能が搭載されました。 その名も・・・・

「検索アナリティクス」

Earth and laptops

Web担当の方であればGoogleAnalyticsは馴染み深いツールの
はずですが、今回新たに搭載されたのは検索アナリティクスという
同じGoogleでも別のツールです。
この検索アナリティクスで何が出来るかと言いますと、
これまでも検索クエリという機能でできていたサイトの

クリック数や流入キーワードが分析できることです。

検索クエリ機能がバージョンアップしたと認識していただいて
問題ないでしょう。 具体的には・・・・

クリック数、表示回数、CTR、平均掲載順位(以下4切り口)

がグラフにより特 定期間においてサイトがオーガニック検索で
どのような状況で あったかをパッと把握できる

特定のキーワードで4切り口の状況が掴める。

つまりSEO対策のキーワードがGoogle上でどのような順位で、
どれくらいの流入が実際に発生しているかなどが簡単に把握できる

ページ別の4切り口の状況が掴める。

要するに特定の商品やサービス、セミナー案内などといった重要ページが
しっかりと検索上位表示され、実際にクリックされているか
がわかる。

デバイス別の4切り口の状況が掴める。

先日、当メルマガでも自社サイトがスマホなどスマートデバイス対応していなけれ
ば検索結果に今後影響するという記事を書きましたが、このデバイス別分析では
どのデバイス(パソコン、スマホ、タブレット)で何位に表示され、どれくらいクリック
されているか
といった情報が把握できます。

過去と今で4切り口を比較できる。

指定した過去の一定期間とここ数ヶ月(週間・日)のサイトクリック数などが
比較できる
ため、以前に比べてwebサイトが充実していてお客様のニーズを
満たせているといったサイト状況比較が可能に。 ????????

ちょっと長くなりましたが、こういったことが出来るようになりました。
とどのつまり、見込客を集める上で重要なキーワードが、

  • どのような順位でGoogleに表示され、
  • 実際にどれくらい自社サイトに流入しているか

が様々な切り口で見えるようになったということです。
こういったツールの充実を見ると、今後はより短いスパンで自社サイトのweb上の
ポジションを検証し、集客に繋がるよう対策していくことが出来る、いや対策して
いかなければならない時代がきていると言えます。
まずは自社サイトをこの「検索アナリティクス」機能を使っていただき、どの ような見込客流入の導線が作れているかを実際に確認してみてください。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから