アーカイブ : 2018年02月8日

モバイルからサイトへのアクセス速度が重要に!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

Web戦略ならダブルループ
先月中旬にGoogleから

「ページの読み込み速度モバイル検索のランキング要素に使用します」

という発表がありました。

今日はその内容を解説します。

 

モバイルからサイトへの アクセス速度が重要に!?

 

Googleのウェブマスター向け公式ブログに

「ページの読み込み速度モバイル検索のランキング要素に使用します」

という内容がアップされました。

参考:Googleのウェブマスター向け公式ブログ「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します」

 

 

要点をまとめますと・・・・

「2018年7月よりwebサイト読み込み速度モバイル検索時の検索上位表示の要素として盛り込みます」

という内容です。

 

もっと噛み砕いて(そして極端な)表現をするならば・・・・

表示速度の早いサイトじゃなければ上位表示されない」

と言えるでしょう。

 

要するにGoogleはwebサイト表示速度にこだわっているということです。

 

表示速度へのこだわりが伺えるデータがありました。

それは、モバイルからwebサイトアクセスした際の読み込み速度

1〜3秒だと直帰する可能性が32%増加

1〜5秒だと直帰する可能性が90%増加

1〜6秒だと直帰する可能性が106%増加

1〜10秒だと直帰する可能性が123%増加

というデータです。

引用元:think with Google「Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed」

 

このデータによると、サイトの読み込み速度に応じて30〜120%も直帰率が変わってしまうのです。

サイト側、つまり皆さんの立場からすると読み込み速度によっては多くの機会損失を招いている可能性があると言えます。

またGoogle側からすれば、コンテンツ(サイト内容のSEO対策)は文句なしなので上位表示させているにも関わらず、読み込み速度が遅いゆえに検索者に不満足を与えてしまっている可能性が高いという状況になっているのです。

 

今回の検索ランキング決定要素の変更に伴い、早急に対策を講じるべきサイトはズバリ・・・

モバイルからの自然検索流入が多い、もしくはモバイルからのコンバージョンが多いサイト

でしょう。

モバイルからの流入に依存している場合、尚且つサイトの読み込み速度が極端に遅いサイトの場合は7月からの改正に伴い、検索上位から外れてしまい機会損失が増大する可能性があり得ます。

 


 

では簡易的な対処法をお伝えします。

 

それはPageSpeed Insightsを利用して、地道に改善を図る」です。

参考:PageSpeed Insights

こちらにご自身のサイトURLを打ち込むと数秒で評価が表示されます。

この評価が70pt以上であれば今のところ、問題ないだろうと言われています。

※70ptのボーダーはあくまで2月現在の弊社の見解で、今後変わる可能性が大いにありますのでご注意を。

評価と共に改善点が表示されます。Googleによる改善点を1つずつ愚直に修正していくことが対処法です。

 

スマホが人々の共通インフラになった今、今後はますますモバイル端末から見やすい・使い勝手が良いwebサイトが求められるでしょう。

webサイトはコンテンツだけでなく、あらゆる面での品質にこだわって作らなければならなくなっていく時代です。

自社のサイトの改善についてお悩みの場合はお気軽にご相談くださいませ。

 

 

スニペット量増加に伴うSEO対策

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はGoogleのスニペットの改良に伴い、

クリック率をアップさせるためにはどうすればいいのかを考えてみました。

 
Web戦略ならダブルループ
 

スニペット量増加に伴うSEO対策

昨年末よりスニペットの文字数が以前よりも多く表示されるようになりました。

 

スニペットとはGoogleで検索した際の検索結果で

ページタイトルの下に表示されている説明文のことです。

 
≪イメージ≫
Web戦略ならダブルループ
 

検索の際にスニペットを見て、

そのサイトを見るか見ないかを判断される方はきっと多いことでしょう。

 

そのスニペットの文字数は以前までは120〜130程度でした。

これが昨年末からは200〜250文字ほどまで拡張されました。

 

検索者が自分のニーズを満たすサイトに辿り着きやすくするための

改善と思われます。

 

WEB戦略においては当コラムでこれまで何度も書いてきている通り、

検索者にとって質の高いwebサイトを制作することはもちろんのこと、

検索結果にサイトが表示された際、検索者の目を惹いて

クリックしてもらう魅力的なスニペットを用意することも重要です。

 

スニペットにはwebサイトの

meta descriptionタグが反映されることがあります。

※meta descriptionタグ以外には記事の冒頭文が記載されたりもします。

 

よって皆さんのサイトの各ページのmeta descriptionが、

以前の120文字のままであるならば、

検索者に対してサイトをPRするために200字以上に書き直すべきです

 

しかし全てのページのmeta descriptionを書き直すには

大変な労力がいることだと思います。

 

ということで、今日は「サイトを多くの人に見てもらう」ことを主眼に

最善のmeta descriptionの書き換え方法を説明してまいります。

 

【meta descriptionの見直し手順】

1.検索上位に表示されているページや検索の表示回数が多いページを抽出する

(Search Consoleの検索アナリティクスを使うことで容易に抽出できます)

 

2.該当ページの中でクリック率が低いページを抽出する

 

3.2のページのスニペットを実際に確認する

 

4.スニペットを検索者ニーズの目線にあわせて修正する

 

以上です。

 

むやみやたらにスニペットのボリュームを増やしてもしょうがありません。

まずは検索にヒットしているページから手を打つべきです。

 

なぜなら(繰り返しになりますが)スニペット

検索結果にヒットされたページのクリック率を高めるための手段だからです。

 

たかがスニペット、されどスニペット

 

ページタイトルをキャッチーにしてクリック率を高める努力をすることと同様、

スニペット内容を検索者に対して親切で魅力的な内容にすることで、

皆さんのwebサイトのクリック率を高めるよう改善してみては如何でしょうか。

 

 

CMSシェアに見るWordPressのメリット

昨年は大変にお世話になりましてありがとうございました。

ダブルループの福田です。

 

年が明けて2018年、いかがお過ごしでしょうか。

私は正月休みでゆっくりし、心身ともにエネルギー充電完了!

といったところです(^^;

 

新年1発目のコラムということで、

web業界のトレンドについて書いてみました。

 
Web戦略ならダブルループ
 

CMSシェアに見るWordpressのメリット

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、

webサイトを管理・更新できるシステムのことを指します。

 

webサイトの更新には、テキストや画像の情報だけでなく、

HTMLやCSSと呼ばれる専門的な知識が通常は必要で、

他のページからのリンクを設定するなど、

大変手間がかかる作業です。

 

この手間がかかる部分をCMSでは、

専門知識が必要な部分を全てシステム側に制御させ、

テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、

簡単にwebサイトを更新することができます。

 

要するにCMSを使うことで、専門的な知識を学習することなく、

誰でも簡単にwebサイトを更新・管理することができるようになり

大変便利になるというわけです。

 

そのCMSの代表格が皆さんも1度は耳にしたことがあるであろう

WordPressです。

 

ではWordPressは数多有るCMSの中でどれくらいのシェアを誇っているのか、

そしてCMSトレンドはどうなっていくのかを2017年12月に発表された

CMSシェア率をもとに見ていきましょう。

 

1.WordPress 59.9% (29.1%)
2.Joomla 6.6% (3.2%)
3.Drupal 4.6% (2.3%)
4.Magento 2.3% (1.1%)
5.Blogger 1.9% (0.9%)
※()内の数字はWebサイト全体におけるシェアの割合。
※Q-Successより引用

 

このようにWordPressが過半数を超える圧倒的なシェアを誇っています。

 

まだCMSを利用していないwebサイトが多くあるため

()内の数字は合計で4割弱くらいですが、

その中においてもWordPressのシェアは目を見張るものがあります。

 

 
Web戦略ならダブルループ
 

 

なぜWordPressがここまで人気なのかを本日は紹介してみましょう。

 

まず「無料」で使用できることが理由の1つでしょう。

 

さらにWordPressオープンリソースであることから、

世界中のエンジニアが新たなテンプレートやプラグインを開発し、

公開しています。

 

これもWordPressが流行っている理由と言えます。

 

テンプレートやプラグインが充実している(していく)ことから、

企業は専門知識を必要とせずに自身のwebサイトに

多彩な機能を追加していくことが可能となります。

 

これによりユーザー獲得が容易になります。

 

「テンプレートやプラグインが充実しているから」と文字にすると、

なんだそれだけか、と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、

これはかなりスゴイことなのです。

 

例を挙げると・・・

CMS未実装のホームページを持っていて、たとえば

お問合せページを作りたいというニーズが皆さんにあったとしましょう。

 

WordPressがないと、webデザイナーに依頼して

ページを1から作るしかありませんでした。

 

またお問合せ項目について変更を加えなければなった際には、

都度、デザイナーに依頼をするしかありません。

 

つまり費用と時間をかけるしかありませんでした。

 

これがWordPressであれば、

contactform7というプラグインを利用することで

ものの数分でお問合せページを作成することが出来ます

 

お問合せ項目もオフィスのword・Excelが使えるレベルの

ITリテラシーさえあれば変更可能です。

 

上述はあくまで一例ですが、

このようなレベル感でwebサイトの修正ができます。

 

そして何より役立つことがWordPressはそのシェアと

オープンリソースであることから

大きなコミュニティが形成されていることです。

 

世界中のエンジニア、webデザイナーがこのコミュニティに参加し、

お互いの疑問をサポートし合っています。

 

メーカーサポートを必要とすることなく、

このコミュニティ上で疑問を解決することが出来る事

WordPressの大きな利点と言えるでしょう。

 

今回挙げたメリットは一部ではあるものの、

高いシェアを誇り、オープンリソースであるWordPress

今後も勢力を伸ばしていくことが考えられます。

 

CMSを利用したホームページにお考えの方は各CMSのメリット・デメリットを

比較したうえで導入を決めましょう。

 

 

SEO対策は費用対効果に見合ってる?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はSEO対策のあるべき姿について、

検索結果1〜20位でどれくらいクリック率が変わるのかという

データに基づいて考えてみました。

 

SEO対策は費用対効果に見合ってる?

クリック率

「最近、SEO対策に力を入れていたんだけど、ようやく成果が出始めて、

●●というキーワードで検索すると、ウチのサイトが10位以内に

表示されるようになったんだよー(エッヘン)」

という話を商売柄よく聞きます。

 

10位以内と聞くと結構スゴイように聞こえますよね。

でも実は検索5位以下は大したことがないというデータが発表されました。

Internet Marketing Ninjas社の発表によると

検索順位別のクリック率は下記の通りです。

 

1位:21%
2位:10%
3位:7%
4位:4%
5位:3%
6位:2%
7位:2%
8位:1%
9位:1%
10位:1%
11〜20位:1%

※引用:Internet Marketing Ninjas社の2017年7月24日ブログより

 

検索結果1位がダントツであることは想像通りと言えます。

一方で5位以下は100回の検索があったとしても、3回しかクリックされません。

 

検索ボリューム(※)が少ないキーワードだと、

検索結果が10位以内と言えどもほぼクリックされていないことになります。

※検索ボリューム:特定のキーワードが検索される回数

 

となると、検索上位になるためにSEO対策としてブログを週に1回、

月に数回書いていたとしても、検索結果10位以内では問合せに繋がる可能性は

とても低いということです。

(あくまで検索ボリュームが少ないキーワードの場合、

またブログ作成というSEO対策を行っている場合の話です)

 

社員1人の時間をそれなりに投下して、検索結果5〜10位までしか対策が

施せない場合は、適したプロモーションとは言えない可能性があります。

 

ただ、ビッグワード(検索ボリュームが多いキーワード)であれば、

5位以下でも効果は期待できます。

 

要するに

「費用対効果に見合ったSEO対策が出来ているか」

ということを冷静に判断し、

WEB戦略を実行しなければいけないということです。

悩む女性

もし、皆さんがSEO対策のためにブログを書いていて、

それなりに検索結果が上昇しているという状況であっても、

上述のように一向に問合せに繋がらない場合がありえます。

 

業界、取り扱っている商品の性質などに応じては

ブログ作成に時間という費用を投下するよりも

WEB広告を出稿した方が費用対効果が高いケースが考えられます。

 

ブログ作成もWEB広告も手段です。

手段と成果(問合せ数など)を検証し、

自社に合った最適なプロモーション方法を選択しましょう。

 

 

facebookユーザー数が大台突破!

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

facebookの勢いが留まることを知りません。

本文にも書きましたが、

全世界で3人に1人がfacebookユーザーらしいです。

 

では他のSNSと比べてどれほどこれがスゴイことなのか!?

という点を、当コラムでまとめてみました。

 

facebookユーザー数が大台突破!

世界

facebook上で告知があったのでご存知の方も多いかと思いますが、

facebookのユーザー数が20億人を超えました。

 

世界の人口が74億人超と言われているので、

3.5人に1人がfacebookを使っているということになります。

SNSプラットフォームにおいてはダントツの数字です。

 

その証拠として・・・

  • Twitter : 3億2800万人
  • LINE   : 2億1700万人
  • Instagram: 7億人
  • Linkedin : 5億人
  • Google+ : 3億人

facebook以外の代表的なSNSのユーザー数は上述の通りです。

※ソーシャルメディアラボより引用

 

各SNSのユーザー数を見るとfacebookの20億人が

どれだけスゴイかが分かります。

 


 

そんなfacebookですが更に機能を強化し、利便性の向上を図っています。

 

最近リリースされたものでは「Wifiを検索」機能がそれに当たります。

スマホでメニューボタン(iPhoneならば右下の三本線)をタップすると

メニュー一覧が表示されます。

その中に「Wifiを検索」というメニューがあるはずです。

 

facebookの説明によると、この機能が追加されることで、

旅行中、とくに電波が入りにくい場所での利用が

便利になるということです。

スマホと旅行

先進国ではインターネットインフラの整備が進んでいますが、

データプランの制限が厳しいなどインフラ整備が遅れている途上国においては

Wifi検索機能によりfacebookがさらに強力なツールになることが予想されます。

 

また、この機能を使うことでfacebookの利用時間が長くなり、

ユーザーがfacebookから情報を得る機会が更に多くなることも考えられます。

 

そうなると我々企業からすれば、facebookに広告出稿することで

彼ら、彼女たちユーザーにリーチできる可能性が高くなっていくと言えるでしょう。

 


 

このようにfacebookはSNSのリーダー企業としての地位を

確固たるものにしていく取り組みを続けています。

 

20億人ものユーザーを抱える媒体を上手く活用して、

顧客開拓のチャンスにつなげていきたい方は

どうぞお気軽に弊社までご相談ください!

 

最後に、こちらもご存知の方は多いかもしれませんが、

20億人突破を記念してfacebookで皆さんご自身の

ニュースフィードのまとめが今なら見ることができます。

詳しくは下記をご覧ください。

facebookニュースルーム記事「Facebook 月間利用者数が20億人突破」

 

 

facebook広告のテキスト量に注意!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

今日は久しぶりにfacebookの広告運用について触れてみました。

facebookで広告出稿しているが、

思っていた通りの結果が出ていない・・という方は必見です!

facebook広告運用

 

facebook広告のテキスト量に注意!?

 

facebook広告出稿時にバナー画像を掲載する場合、

画像内にテキストが20%以上含まれると掲載NGになることは有名な話です。

※だいぶ昔ですが、当コラムでもバナー画像の注意事項について触れました。

▼参考記事「facebook広告作成時の注意点(画像編)」

 

このテキスト量20%ルールが少し変化してきたので、

2017年版のfacebook広告出稿時の注意点を今日は書いてみます。

 

facebookでのバナー広告出稿において以前と共通して言えることは

「画像に対してテキストボリュームが20%を超えることはNG」

という点です。

 

2016年以降はもう少し条件が厳しくなってきています。

結論から申し上げるとどういうことかというと・・・・

 

  • テキスト量20%オーバー:広告配信NG
  • テキスト量10〜20%:配信されない可能性あり
  • テキスト量10%前後:配信(リーチ)数が制限される可能性あり
  • テキスト量5〜10%:配信数が減る可能性あり
  • テキスト量0〜5%:設定通り配信

 

このようにテキスト量に応じて、

広告配信数が制限されるようルール改正が行われています。

 

ちなみに今、現在広告出稿されている場合、

広告管理画面において「画像内のテキスト過多」というコメントが

表示されていれば、上記ルールが適用されていることになります。

 

つまり、スピーディーに大きな広告リターンを得たい場合には、

可能な限りテキスト量がゼロに近いバナー画像を用意する必要があります。

 

では、なぜfacebookはテキスト量を制限する広告運用ルールを設けるのか

考えてみましょう。

 

ご利用になられている方も多いと思いますが、

Instagramがテキスト不要の世界を体現していると言えるでしょう。

 

「本当に良い商品やサービスによって得ることが出来た体験は写真というオリジナル画像を通じて伝えることが可能」

ということです。

 

テキストではどうしても煽り系を代表としたキャッチコピーが入ることが

多くなってしまいます。

 

実名制を重んじるfacebookにおいて、

実名(知り合い)ゆえの信頼の高い情報をネットワーク上でユーザーは求めているはず。

と、facebookは考えているのでしょう。※あくまで私の推測ですが。

 

よって、画像においても同様で、

テキストという装飾を必要としない画像こそが

最もユーザーの求めているものと考えられている可能性が高いと言えます。

 

なので、もし今後、皆さんがfacebookにて広告をアップされる場合には、

商品やサービスに関するオリジナル画像、もしくは商品の効果を示す

イメージに最も近い無料素材画像をご利用されることをオススメします。

 

 

PWAでWEBサイトを疑似アプリ化?

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

検索する人にとって有益な情報源になるのが「WEB」

一方検索せずともお知らせが飛んできて喜ばれるツールが「アプリ」

というのが一般的な認識だと思います。

 

実際、私もそのように考えていました。

 

しかし今やWEBサイトをアプリ化できる技術があります。

 

今日はその技術について解説してみます。

 

 

PWAとは?

 

皆さんは、「PWA」をご存知でしょうか。

 

「PWA」とは、

Googleが提供しているアプリとWEBの両方の利点を兼ね備えた仕組みのこと

です。

 

PWAに関してはGoogleの下記ページでも説明しています。

https://developers.google.com/web/fundamentals/getting-started/

 

上記URLを読んでも正直サッパリ・・・・という方も多いと思うので、

本日は簡単にPWAの基礎とそのメリットについて説明してまいります。

 

 

PWAの基礎とそのメリット

 

PWAは、WEBの技術(仕組み)の1つです。

 

では自社のWEBサイトをこのPWAに対応すると

どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

【メリット1】
WEBサイトをアプリのように利用してもらえることができる

 

PWAの技術によりスマホアプリのように自社のWEBサイト(ホームページ)を

見てもらうことが出来ます。

 

表現が合っているかは不明ですが、

疑似アプリとしてユーザーに使ってもらえるのです。

 

オフライン環境下でもWEBサイトを閲覧することが可能となり、

WEBサイトのユーザーの利用(滞在)時間を延ばすことを実現します。

(できるかもしれません)。

 

 

【メリット2】
最新情報をプッシュ通知することができる

 

これまでメールアドレスなど連絡先のわからない見込客に対して、

最新情報を通知するということが、WEBサイトでは出来ませんでした。

 

それゆえにスマホアプリを開発する必要がありました。

 

しかし、中小企業にとってスマホアプリを開発することは容易ではありません。

 

それが、PWA対応によりアプリのようにユーザーのスマホに最新情報を

通知することが可能となります。

 

 

【メリット3】
アプリ審査不要

 

スマホアプリではリリースする際に審査というプロセスがあり、

これに手間がかかります。

 

PWA対応はアプリではないため、審査が不要です

 

 

【メリット4】
インストール不要

 

アプリ利用者を増加させるときに大きな障壁となるのが、

「アプリをインストールしてもらう」ことでした。

 

ところがPWAの場合は、PWA対応させるのはあくまでWEBサイトですので、

アプリのようにインストールをする必要がありません。

 

WEBサイトをブックマークするような方法でユーザーのスマホに常勤させる

ことが可能です。

 

 

 

このように自社のWEBサイトをPWA対応させることで、このように

多くのメリットを享受できます。

 

 

PWAの重要性が今後拡大する!?

 

では上記のようなメリットにも関わらず、

なぜこのPWAがまだ浸透していないかというと、

PWA対応しているブラウザが限定されていること

が大きな理由です。

※日本で大きなシェアを占めるiPhoneのメインブラウザ「Safari」が対応していないのです。

 

とはいえ、

PWA対応しているWEBサイトがSafariで閲覧できないということはなく、

対応していないブラウザでも一般のWEBサイトとして閲覧できます。

 

これまでは、問合せのあった顧客(見込客)にのみ情報発信を行い、

将来客として育成していたマーケティングですが、

今回紹介しましたPWAを用いれば、ガラッと変えることができます。

 

具体的には・・・

良い情報をWEBサイトにアップし、訪れた人を満足させることで、

疑似アプリとしてスマホにとどめてもらい、最新情報を提供しつづけることが

出来るようになります。

 

つまり、

問合せに至らない見込客に対してもアプローチをすることが可能になる

というわけです。

 

まだまだ一般的に浸透しているとは言えないPWAですが、

以前、紹介したAMP同様、今後のWEBマーケティングにおいて重要性を

増していく可能性を秘めているテクノロジーといえるでしょう。

 

 

1 / 612345...最後 »

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから