アーカイブ : 2021年07月6日

見込客を育成し、問合せを獲得する情報発信の方法

お世話になっております。ダブルループの福田です。

最近は
「ブログ、Youtube、Facebook、Twitter、メルマガなど、どれを重点的に使って集客すればいいの?」
といったご相談を多くいただきます。

今回の記事は情報を発信する媒体の活用方法について書いてみました。

見込客を育成し、問合せを獲得する情報発信の方法

ビジネスにおいてもプライベートでも情報発信することが当たり前の世の中になりました。

役に立つ情報、想い、最新情報、意見など様々な情報がSNSを通じて飛び交っています。

ことビジネスでは有効な情報を発信することで問合せを得ることが出来る・・・
つまり新規顧客開拓を行うことが可能です。

ということで今回は私がオススメする情報発信の手段や媒体について紹介してまいります。

まず情報発信で最も気を付けるべきことは情報の二次利用です。
ここでの二次利用とは「他人に利用させる」という意味ではなく、自身が二度三度情報を活用できることを意味します。

例をあげましょう。

たとえばメルマガを配信して、過去に名刺交換した人の中からの問合せを狙うといった情報発信活動を行います。
これは情報の一次利用です。

続いてメルマガで発信した後に、自社のホームページのブログにメルマガの内容を掲載しSEO対策を強化し、自然流入による見込客からの問合せを狙います。
これは情報の二次利用パート1です。

さらにさらにメルマガの内容をFacebookページに要約して掲載します。
するとfacebookでつながりのある知り合いからサービスについて詳しく教えてほしいという問合せを獲得できるかもしれません。
これは情報の二次利用パート2です。

さらにさらにさらに・・・と、他にもTwitterやYoutubeでも投稿するといったパート3、4の情報活用が可能です。

「媒体や手段を変えても、発信している情報は同じだからあまり意味がないの では?」
というご質問をいただくことがあります。

答えから申し上げると
『意味、効果はとてもある』
です。

ブログ、Facebook、メルマガ、Youtubeそれぞれターゲットが異なります。

ブログ   :Google検索で情報を集める人
Facebook  :自社のメンバーもしくはサービスと繋がりのある人
メルマガ  :過去に名刺交換した人
Youtube   :動画で情報を集める人

このようにそれぞれ情報に対する属性が異なるのです。

よって情報を発信する際にはいくつもの媒体を通じて繰り返し発信するべきです。
現代においては、それぞれの媒体に必ず見込客がいます。

情報発信力が問合せ数増加のカギを握っていると言っても過言ではありません。

・情報を定期的に発信すること
・情報を複数の媒体で発信すること

この2つを是非、取り組んでみてください。

なお、前者の「定期的な情報発信」が難しいという企業を多く見てきました。
今も多くの方のお悩みとしてご相談されます。

そのようなお悩みが多かったので、弊社では

「Facebook投稿代行」

というサービスを通じて、発信する情報の作成を代行しております。
もちろん弊社にて作成した情報はメルマガやブログなどで二次利用していただいて構いません。
※Facebookに関してはアイキャッチ画像制作から投稿までをも代行します。

おかげさまで、情報発信で顧客獲得を行っている企業からはとてもご好評いただいております。

ご興味ある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

自社のfacebookページの運用を頼みたい!「facebook運用(投稿)代行」
https://www.doubleloop.co.jp/wp-content/uploads/facebook-writingsupport.pdf

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

知ってると便利!facebookメッセンジャー最新機能

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

ビジネスシーンでメールだけでなく、facebookメッセンジャーやLINE、チャットワークなどのチャットアプリを使う人が増えてきました。

今日はfacebookメッセンジャーの隠れ(?)機能について書いてみました。

web戦略ならダブルループ

知ってると便利!?facebookメッセンジャー最新機能

本日は息抜き的なコラムとしてfacebookの最新機能を紹介致します。

主にメッセージ機能ですが、LINEと遜色のない機能が実はfacebookメッセンジャーにも実装されています。

今日は多くの機能の中から5点(+おまけ)をピックアップしてみました。

位置情報の共有

スマホでfacebookメッセンジャーアプリを起動し、特定のスレッドを開きます。

すると文字入力欄の横に4つのアイコンが並んでいます。

一番左の点が四つ並んでいるアイコンをタップすると「位置情報」というメニューが出てきます。

こちらをタップすることで、お互いの位置情報(現在地)を地図上で見ることができます。

位置情報の共有は60分と限定的ではありますが、待ち合わせの際などにはお互いの居場所がパッとわかるので合流することが容易になるはずです。

送信メッセージ削除(取り消し)機能

これは今月リリースされたばかりの機能です。

特定の相手やグループに自分が送信したメッセージを削除(取り消し)することが可能となりました。

ブラウザでは送信したメッセージにカーソルを合わせると横の方に「・・・」というアイコンが表示されるので、そちらをクリックし、「削除」を選ぶとメッセージを取り消すことが出来ます。

スマホではメッセージを長押しすると削除の選択肢が出てくるはずです。

誤って送ってしまったメッセージを削除できるようになり、便利になったわけですが2つほど注意点があるのでお気をつけください。

メッセージを削除すると、「メッセージを削除しました」という事実はスレッド中に残ってしまうという点が1つ目です。

そして、2つ目は送信後10分以内のメッセージしか削除できないという点です。

リマインダー機能

メッセンジャーで仕事のやり取りを行っていて、たとえば「来週の金曜までに作成してください」と仕事などの依頼を行ったとします。

この時に木曜日など特定のタイミングでリマインド(アラート)を送ることが出来る機能があります。

1と同様に文字入力欄の横の4つのアイコンの中から一番左のアイコンを選びます。

次の画面に「プラン」というメニューがありますので、こちらをタップします。

すると時間を選択する画面が表示されます。ここにリマインド日時を入れておきます。

指定した日時になると、facebookメッセンジャーにメッセージが届く時と同様の通知音が鳴ります。

アンケート機能

これはグループチャット専用機能です。

1・3と同様の手順で機能メニューを開くと、「アンケート」というメニューを選ぶことが出来ます。

すると
・アンケート質問文
・集計項目
を入力できるようになります。

日程調整を例に説明してみると・・・

アンケート質問文:次回の勉強会の開催日程について
集計項目1:2月12日 10~12時
集計項目2:2月12日 17~19時
集計項目3:2月13日 10~12時

このように複数名との日時調整に活用することが出来ます。

ボイスメッセージ機能

「文字を入力する余裕がない」「電話するほどでもない」そんな時は、ボイスメッセージ機能を利用しましょう。

ボイスメッセージとは、録音した声を相手に送信できる機能のことです。相手が電話に出られなかった時の、留守番電話代わりに使用することができます。

以下送信の手順です。

▼ボイスメッセージを送りたい相手のトーク画面を開く

▼テキストボックスの横にある「マイクのマーク」をタップ

▼マイクのマークを長押しし、録音開始

▼録音が終わったら、指を離すと録音データを相手に送信

となります。

おまけ(facebookとinstagramの統合が進む)

facebookは2020年秋頃に、「facebookとinstagramでアプリ間のメッセージが可能になる」と発表しました。

実際に、facebookメッセージャーアプリのロゴもinstagramよりのロゴに変更されていますし、今後も益々このような機能統合は進むと思われます。

如何でしたでしょうか?

facebookはSNSとしての側面だけでなく、コミュニケーションツールとしてメッセンジャー機能を強化していっています。

ビジネスシーンで有効活用できる機能も多くありますので、一度お試しください。


弊社facebook関連サービス紹介

■企業facebookページを開設!「19,800円~のfacebookページ制作」

■ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

■自社のfacebookページの運用を頼みたい!「facebook運用(投稿)代行」

facebookの認証を受けて公式ページにしよう!

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

さて、本日は、facebookの認証について、コラムを書かせて頂きたいと思います。
de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s

facebookの認証を受けて公式ページにしよう!

 

みなさんは、興味をお持ちのブランドやスポーツチーム、会社などのfacebookページに

「いいね!」を押したりしていますか??

 

その時に注意しておきたいのが

「認証」されているfacebookページか否か

という点です。

 

分かりやすく事例を挙げてみましょう。

 

どちらも福岡ソフトバンクホークスの近況や情報を発信している

facebookページに見えます。

 

しかし、実は片方は福岡ソフトバンクホークスが公式に運営しているページで、

もう片方は非公式のページです。

 

ではどちらが公式ページでしょうか!?

 

正解は前者のページです。

 

後者のページは基本データ欄をご覧いただければ書かれている通り、

非公式であるとハッキリとした記載があります。

 

更に一目で公式か否かを判断する方法があります。

 

それはfacebookページ名の横に「チェックマーク」があるかどうかです。

 

前者のページには福岡ソフトバンクホークスのページ名の後にチェックマークがありますが、

後者にはありません。

 

このようにチェックマークがあるfacebookページはそのブランドや会社、チームがfacebookからの認証を受けてページ運営しているということを表します。

 

そのため、なりすましのfacebookページを見抜き、より正確な情報を手に入れることが、この認証マークから判断することが可能となります。

 

また、もし会社やサービスのfacebookページを運営していらっしゃる

のであれば、是非とも認証を取っておくことをオススメします。

facebookの認証バッジのリクエスト方法ですが、自分のページが本物であることを確認するために、facebook専用の問い合わせフォームより、リクエストを送信する必要があります。

認証プロセスで、偽の情報や誤解を招きやすい情報を提供した場合、認証バッジは取り消しとなり、さらにアカウント削除の場合もあるので、ご注意ください。

また、法人の場合は、以下のいずれかのコピーが必要となりますので、問合せ前にご準備ください。

・電話料金または公共料金の請求書

・会社設立証明書

・会社定款

・免税関連書類

ちなみにこちらからリクエストを送ることができます。

リクエストの審査が終了すると、通知が届きます。

リクエストが却下された場合でも、30日経過すれば改めてリクエストを送信できます。

概ね、上記の記載の通りですが、認証の仕方について、詳しくは下記ページをご覧くださいませ。

https://www.facebook.com/help/1288173394636262

 

情報が溢れていて、正しい情報を見抜くことが難しくなってきている

現代においてこのような細かな設定1つでユーザー(読者)が離れたり、獲得できたりします。

難しいことではありません。

お時間ある時に、是非お取り組みいただいてはいかがでしょうか!?

ちなみに、会社でfacebookページを持ちたい方、弊社では安価な金額でfacebookページの制作を行っております。お気軽にご相談ください。

19,800円~のfacebookページ制作

検索上位を目指すためのページエクスペリエンスへの備え

お世話になっております。ダブルループの福田です。

SEO対策は古今東西、大きく変わりません・・・・ということはあり得ません。

スマホの普及、webサイト技術の発展などに伴い、Googleのアルゴリズムは日々
変化していっています。

今回は5月にアナウンスのあったGoogleのアルゴリズムについてまとめてみまし
た。

検索上位を目指すためのページエクスペリエンスへの備え

先日、GoogleはPage Experience Update(ページ エクスペリエンス アップデート)について、6月以降に段階的に導入していくことを公式サイトで発表しました。

ページ エクスペリエンスとは何かというと

ユーザーがwebサイトで操作を行った際の、情報そのものの価値以外に関する
エクスペリエンスの尺度となるシグナルのことだとGoogleは言っています。

うーん、これだけ読むとよく分からないですね。

端的に言うと(若干意訳が入ります)

サイト訪問者にとってサイトの情報以外の価値を評価すること

これがページエクスペリエンスです。

例を挙げるならば

・欲しい情報がそれなりに載っている
 けれども表示速度がとても遅いAというwebサイト

・欲しい情報がそれなりに載っている
 そして表示速度はまあまあ早いBというwebサイト


以前までのGoogleにおいては同等の評価だったものの、ページエクスペリエンス
アップデート以後は情報価値以外の点も評価対象となるため、後者のBサイトの
方が検索結果では上位に表示される(可能性が高い)と言われています。

このように情報価値以外のアルゴリズムが近く導入されるというのが冒頭の内容
なのです。

ではページエクスペリエンスにおいて具体的にどのような内容が評価されるのか
というと・・・

1.モバイルユーザビリティ
2.セキュリティ/https
3.広告
4.コアウェブバイタル

の4つです。

1~4について当ブログをご覧の皆さんであれば耳にしたことがある方も多いで
しょう。

そう、過去にどれも取り上げた内容で、いずれも検索者(サイト訪問者)にとっ
て見やすかったり、安全にアクセスできたりという指標です。

皆さんの会社やサービスのwebサイトのページエクスぺリンスについてはGoogle
Search Consoleの「ページエクスペリエンス」というメニューを参照することで状況を把握することが出来ます。

まずは是非、Google Search Consoleをご覧ください。

もしくは弊社にご相談いただければ無料で皆さんのサイトを診断致しますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

貴方の業界はスマホ派?PC派?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

毎年、この季節は街で新入社員を見かけることで初心を思い出していました。
が、今年は4月1日を除いて見かけることすらない日があったり・・・。

オンラインでの入社式や新人研修に移り変わっていっているのでしょうか。

働き方同様、web事情も常に変わってきています。

今日は最新のweb事情について解説してまいります。

貴方の業界はスマホ派?PC派?

ドイツのSEO会社SISTRIXがスマホとPCの検索に関する調査結果を公開しました。
※SISTRIX社ブログ:https://www.sistrix.com/blog/the-proportion-of-mobile-searches-is-more-than-you-think-what-you-need-to-know/

この調査結果によると日本では

PCでの検索:約25%
スマホ(モバイル)での検索:約75%

という比率であることが分かったとのことです。

4人に1人、なのか、4回に1回なのかはさておき、スマホでの検索が多数派です。

以上より
「スマホ向けのページデザインにするべきだな!」
などといったUI/UX改善の話にはまだなりません。

さらに興味深いデータがSISTRIX社のブログには掲載されていて、業種や業界に
よってPC・スマホの検索比率は異なるというものです。
(こちらは日本だけではないのですが)

例えば・・・

ファッションや家具              PC30%:スマホ70%
保険や銀行など金融関連     PC40%:スマホ60%
BtoBのソフトウェア            PC52%:スマホ48%
BtoBの取引、調達系サイト PC55%:スマホ45%

やはりBtoCとBtoBで検索比率が大きく異なる結果となりました。

BtoBにおいてはPCでの検索の方が未だに多く見られます。
おそらくですが、BtoBの取引先候補や取引先をweb検索するとなるとオフィス
で検索することが多く、それはすなわち「(オフィスの)PCで検索する」とい
う行動であることから、結果としてPC検索率が高いことが予想されます。

またもう1つ興味深いデータがありました。
それは検索順位別のクリック率なのですが、まずはデータを紹介します。

PC検索時のクリック率
1位:35.8%
2位:13.0%
3位:8.4%
4位:6.3%
5位:4.9%

これに対してスマホ(モバイル)のクリック率はというと・・

スマホ検索時のクリック率
1位:29.7%
2位:14.8%
3位:9.9%
4位:7.4%
5位:7.0%


というデータがSISTRIX社の記事の中で紹介されています。

どちらも1位のクリック率(以下、CTR)が高いことはいわずもがなですが、ことスマホに関しては2位以下だと絶望的なのかというとそうとも言い切れません。

というのも、スマホについては1位のCTRがブッチぎりというわけでもなく、また2位以下のCTRも大差がないためPCに比べればたとえ2位以下であっても悲観するようなことではないように見えます。

たとえばPCにおいては1位と5位では約9倍ものCTR差がありますが、スマホで
いうと約4倍程度です。

4倍の差は小さくありませんが、PCの5位よりもスマホの5位の方が少なからず
割合的には多くの閲覧者を獲得できています。

webマーケッターとして
「検索順位が5位の場合、どのような手を打つべきか」と私が問われたならば、

1)まずはターゲット顧客や業種としてのPC/スマホ検索比率を確認する
2-1)BtoBならば検索順位を上げることが優先。つまりSEO対策が課題である
2-2)BtoCならばスマホで一定の閲覧者を獲得できているのでUI/UXの改善が課題である

このような課題設定を行います。

つまり、自社の業種・業界によってwebマーケティングの講じる手は異なるの
です。杓子定規的なweb施策はあり得ないのです。

是非、皆さんの会社においても属する業種、ターゲットとする顧客群、自社の
現状などなどを見極めた上で、適切な一手を打ってみてください。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ビジネスマンが知っておくべきデザインの基本「配色編」

お世話になっております。ダブルループの福田です。

当ブログではwebマーケティングを基本テーマとしてお送りしておりましたが
今回は少し毛色を変えて、デザインについて書いてみます。

配色が今日のテーマなのですが美術系の専門教育を受けていない限り、学ぶ機会
はほぼないことでしょう。
私自身、web制作に携わるまでは触れたことがありませんでした。

今日はビジネスマンなら知っておきたい配色の基本についてまとめてみました。

ビジネスマンが知っておくべきデザインの基本「配色編」

デザイナーに限らず、仕事においては色を扱うことが多々あります。
PowerPointを使ったプレゼン資料をはじめとしたビジネス文書の作成など仕事
においては様々なシーンで色を使用します。

色は効果的に組み合わせることで意図や目的を伝える力を倍化させます。

企業のロゴやCIではまさに色を活用することが、企業イメージを私たち消費者に
植え付ける上で重要です。

例をあげてみましょう。

皆さん、ユニクロのロゴをイメージしてみてください。





いかがでしょうか。

ロゴは出てこなくても、ユニクロのコーポレートカラーは皆さん一致したはずで
す。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/

そう、赤×四角のデザインです。
佐藤可士和さんというクリエイターがデザインされました。

ユニクロの例のように色によって企業イメージ、印象、はたまたブランドイメー
ジまでをもコントロールすることが出来ます。

では具体的にどのような色使いが効果的なのかを説明してまいりますが、深いと
ころまで話すと1年分の大学の講義になってしまいます。

なので今日は初心者向けの実用的な配色について解説します。

配色とは

まず配色の基本は「色相」です。
色相とは一言でいうと色あいのことです。

まずは下のWikiをご覧ください。
▼色相
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E7%9B%B8

Wikiの(PCで閲覧した場合)右側に「24等分した色相(環)」があります。
色相環は色合いの変化を示した図のことです。

この色相環の中から対局にある色を組み合わせることを
「補色」
と言って、補色同士の組み合わせは目立たせたい部分に使うと、そのコントラス
トによって目を惹かせることができるといわれています。

青色とオレンジ、赤と緑なんかが補色にあたるわけですが、ブラウザのファイヤ
ーフォックスのロゴなんかはまさに補色カラーと言えます。

他にも使いやすいもので言うと
「モノトーン配色」
という配色があります。

これは例えば青系統で言うと
青色、水色、紺色といった具合に同じ色相で、明度や彩度が異なる色の組み合わ
せのことをモノトーン配色といいます。

色に統一感があるため、整った印象を読み手に与えます。

明度、彩度について触れましたが、こちら比率を変えることをトーンと言います。
トーンには明度と彩度のバランスに応じてそれぞれビビッドトーン、ブライトト
ーンなどと体系化されています。

こちらに踏み込むと・・・長くなってしまうので今日は割愛させていただきます。

以上の通り、色使いひとつで会社のセンスを証明することができ、見込客によっ
ては配色に惹かれて問い合わせることすらあるくらいです。

たかが配色、されど配色。
日々の資料作成から是非、意識しなおしてみてください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

Googleの品質評価ガイドラインとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

前回はCore Web Vitals(コアウェブバイタル)をGoogleが新たに導入すると発表した話を解説しました。

Core Web Vitalsが検索結果順位に影響することをその際に触れましたが、同様に検索結果順位に大きく関わるもので「品質評価ガイドライン」があります。

今日はこちらについて解説してまいります。

Googleの品質評価ガイドラインとは

Googleの品質評価ガイドラインとは
「Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のこと」
と言われています。

ちょっと分かりづらいので噛み砕いて言うと

「webに存在するサイトの品質を評価するために、Googleが雇った(開発した)人(技術)に対しての評価方法を説明した資料」
です。

まだ分かりづらいですね。。
意訳しすぎかもしれませんが

「サイト品質を評価するための説明書」

です。

つまり、品質評価ガイドラインに則ってサイトを制作・運営していくことで
Googleから高品質なサイトであると評価してもらいやすくなると考えられます。

では品質評価ガイドラインにはどのようなことが書かれているのか。

今回は品質評価ガイドラインの要点を3つほどピックアップしてみました。

品質評価ガイドラインの要点

1.webサイト(ページ)のクオリティ


当ブログで口を酸っぱくして伝えているようにGoogleが求めているのは高品質なコンテンツが並ぶwebサイト、webページです。

では何をもって高品質であるかというと、GoogleはE-A-Tで判断しています。
これは

E:Expertise(専門性)、

A:Authoritativeness(権威性)

T:Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った略称です。

ページ内容のジャンル(スポーツ、美容系など)
コンテンツの作成者(の実績や権威性)
webサイトの運営者情報(の実績や権威性)
webサイトの評判

これらがE-A-Tの代表的な評価軸と言えるでしょう。

2.ニーズ満足


検索結果が検索者(ユーザー)のニーズにマッチしていたかどうかをGoogleは評
価します。
ニーズのマッチをどのように解釈すべきかについては諸説あるのですが、最近は
「モバイルユーザーのニーズを満たすこと」と言われています。

今日においてはスマホでの検索が圧倒的に増えていて、それに対してwebページ
はPC向けのものがまだまだ存在しています。

それゆえスマホユーザーが検索した際には見づらくて、欲しい情報が得られな
かった=ニーズの不一致が発生しています。

よってスマホユーザー向けの使いやすさを追求すること、これがニーズ満足にお
いて重要だと言われています。

3.使いやすさ


2と重複する部分もありますが、2の内容に加えて情報から情報への移りやすさの
ことを示しています。

つまりサイト内UXがこれにあたります。

検索結果のwebページの中で関連する情報が紹介されて、ついクリックした
検索結果のサイトの中に他にも興味をそそるコンテンツがあった

こういったことをGoogleは求めています。

以上3点が品質評価ガイドラインのポイントです。

品質評価ガイドラインを意識してサイトを構築していくと、サイトに辿り着いた
ユーザーの満足度を高めることができます。

結局のところ、Googleにとってもそれは嬉しいことなのです。
そのゆえユーザー満足の高いサイトについては検索結果の上位に表示させてくれ
ます。

品質評価ガイドラインは都度、更新されているので定期的にチェックしてGoogleの意図を汲みながらサイトを更新していきましょう。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」


パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから