アーカイブ : 2018年03月7日

直帰率と離脱率を改善し、問合せを増やす

Web戦略ならダブルループ

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はwebマーケッターとしてサイトからの問い合わせを増やす際の改善方法について書いてみました。

 

直帰率と離脱率を改善し、問合せを増やす

 

webサイトを制作・運営している大多数の方の目的は見込客の流入を増やし、より多くの問合せをしてもらうことでしょう。

当コラムではこれまでに、作ったwebサイトが見込客の検索で引っかかるようにするための、いわゆるSEOについては何度か書いてきました。

今回は検索で引っかかった後、つまり皆さんのサイトに見込客が訪れたとしてどのように問合せを増やすかを「直帰率」と「離脱率」という観点からお伝えしてまいります。

 

本題の前に、1つ質問です。

皆さんは自社のwebサイトのコンバージョン率をご存知でしょうか??

 

コンバージョン率とは何なのかを説明する前に、率を計算する式を見て頂いた方が分かりやすいでしょう。

 

コンバージョン率

= 問合せ数 ÷ サイト閲覧者数

 

※問合せ数やサイト閲覧者数はサイト内容によって指標が異なります。

 

簡単に言えば

「サイトを訪れてくれた人のうち、問合せをしてくれた人の割合は?」

というのがコンバージョン率です。

 

コンバージョン率が1%なら高いのか低いのかは業種によってマチマチなので、一概には何とも言えません。

つまりは自社のサイトが他社と比べて良いものなのか、悪いものなのかは測りづらいものであるということです。

 

しかしながら、自社のサイトのコンバージョン率を定時観測することで、自社のサイトが徐々に良くなっているのか、悪くなっているのかを測ることは可能です。

 

では、皆さんのサイトのコンバージョン率が1%だったとしましょう。

サイトに様々な工夫を加えてみた結果、3ヶ月後に1.2%になりました。

なんとなくサイトが良くなって、その分、問合せ率が良くなった感じがします。

ただ、これでは行き当たりばったりの改善になってしまいます。

 

「このページをもっと充実させればコンバージョンが増えるはずだ」

「人気のページに連動したページを追加作成すればコンバージョンが増えるかも」

 

コンバージョン率はこのような仮説を立てて改善をしていく必要があるのです。

 

前置きが長くなりましたが、webサイトを改善する時に修正すべき対象のページを見つけるために役立つ指標が「直帰率」「離脱率」です。

 

直帰率とは皆さんのサイトに訪れた見込客のうち最初の1ページ目を見て、ブラウザを閉じてしまったり、ブラウザの戻るボタンを押してしまった人の割合です。

 

離脱率は皆さんのサイトを何ページか見た顧客が、特定のページを見た際に戻るボタンやブラウザを閉じてしまった時の割合です。

 

例を挙げると

A:会社案内

B:商品紹介

C:社長挨拶

という3つのページがあったとしましょう。

 

SEO対策がバッチリで、Bのページに10名の人がきました。

しかしその10名はBを見て、ニーズと合致しなかったので全員が検索結果に戻ってしまいました。

これはBページの「直帰率が100%」ということです。

 

では次に見込客が皆さんの会社名で検索して、Aがヒットしたとします。

Aに10名の人がきました。

Aを見た全員がCを見ました。

Cを見たうちの5名がBに行き、残りの5名はブラウザを閉じてしまいました。

これはCページの「離脱率が50%」ということです。

 

上述の例を見ると、対策すべきページがどこかが分かりますよね。

直帰率の例でいえば、自社サイトに対してせっかく多くの見込客が来ているにも関わらず、Bページを見て全員に帰られてしまっています。

Bページの直帰率を改善できれば、つまりBページの内容やコンテンツを改善すればコンバージョン率が上がる可能性が高いと言えるでしょう。

 

またCページについてもせっかく複数ページを見てくれた人の半数が離脱しています。

複数のページを見てくれたということは、皆さんのwebサイトに少なからず興味を持ってくれていることが分かります。

Cページを改善したり、AからDやEといった違うページの導線を作ることで、コンバージョン率が改善されるかもしれません

 

このようにwebサイトの直帰率・離脱率は、マーケティングの欠点を見つけ、改善する際のの大事な材料となります。

 

webサイトはむやみやたらに改善すればいいものではありません。

顧客の導線に沿って改善することが、問合せ数増加の近道と言えるのです。

 

 

CMSシェアに見るWordPressのメリット

ダブルループの福田です。

 

web業界のトレンドについて書いてみました。
Web戦略ならダブルループ

CMSシェアに見るWordpressのメリット

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、

webサイトを管理・更新できるシステムのことを指します。

 

webサイトの更新には、テキストや画像の情報だけでなく、

HTMLやCSSと呼ばれる専門的な知識が通常は必要で、

他のページからのリンクを設定するなど、

大変手間がかかる作業です。

 

この手間がかかる部分をCMSでは、

専門知識が必要な部分を全てシステム側に制御させ、

テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、

簡単にwebサイトを更新することができます。

 

要するにCMSを使うことで、専門的な知識を学習することなく、

誰でも簡単にwebサイトを更新・管理することができるようになり

大変便利になるというわけです。

 

そのCMSの代表格が皆さんも1度は耳にしたことがあるであろう

WordPressです。

 

ではWordPressは数多有るCMSの中でどれくらいのシェアを誇っているのか、

そしてCMSトレンドはどうなっていくのかを2017年12月に発表された

CMSシェア率をもとに見ていきましょう。

 

1.WordPress 59.9% (29.1%)
2.Joomla 6.6% (3.2%)
3.Drupal 4.6% (2.3%)
4.Magento 2.3% (1.1%)
5.Blogger 1.9% (0.9%)
※()内の数字はWebサイト全体におけるシェアの割合。
※Q-Successより引用

 

このようにWordPressが過半数を超える圧倒的なシェアを誇っています。

 

まだCMSを利用していないwebサイトが多くあるため

()内の数字は合計で4割弱くらいですが、

その中においてもWordPressのシェアは目を見張るものがあります。

 
Web戦略ならダブルループ
 

なぜWordPressがここまで人気なのかを本日は紹介してみましょう。

 

まず「無料」で使用できることが理由の1つでしょう。

 

さらにWordPressオープンリソースであることから、

世界中のエンジニアが新たなテンプレートやプラグインを開発し、

公開しています。

 

これもWordPressが流行っている理由と言えます。

 

テンプレートやプラグインが充実している(していく)ことから、

企業は専門知識を必要とせずに自身のwebサイトに

多彩な機能を追加していくことが可能となります。

 

これによりユーザー獲得が容易になります。

 

「テンプレートやプラグインが充実しているから」と文字にすると、

なんだそれだけか、と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、

これはかなりスゴイことなのです。

 

例を挙げると・・・

CMS未実装のホームページを持っていて、たとえば

お問合せページを作りたいというニーズが皆さんにあったとしましょう。

 

WordPressがないと、webデザイナーに依頼して

ページを1から作るしかありませんでした。

 

またお問合せ項目について変更を加えなければなった際には、

都度、デザイナーに依頼をするしかありません。

 

つまり費用と時間をかけるしかありませんでした。

 

これがWordPressであれば、

contactform7というプラグインを利用することで

ものの数分でお問合せページを作成することが出来ます

 

お問合せ項目もオフィスのword・Excelが使えるレベルの

ITリテラシーさえあれば変更可能です。

 

上述はあくまで一例ですが、

このようなレベル感でwebサイトの修正ができます。

 

そして何より役立つことがWordPressはそのシェアと

オープンリソースであることから

大きなコミュニティが形成されていることです。

 

世界中のエンジニア、webデザイナーがこのコミュニティに参加し、

お互いの疑問をサポートし合っています。

 

メーカーサポートを必要とすることなく、

このコミュニティ上で疑問を解決することが出来る事

WordPressの大きな利点と言えるでしょう。

 

今回挙げたメリットは一部ではあるものの、

高いシェアを誇り、オープンリソースであるWordPress

今後も勢力を伸ばしていくことが考えられます。

 

CMSを利用したホームページにお考えの方は各CMSのメリット・デメリットを

比較したうえで導入を決めましょう。

ネット利用はスマホがメイン!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

皆さんはインターネットをご利用される際に、

スマホPCどちらのデバイスを用いていますか?

 

今回はインターネットにアクセスするデバイス(端末)に関する

最新統計データをお送り致します。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

ネット利用はスマホがメイン!?

 

スマホでのインターネット利用が今や当たり前になっていることは

周知のとおりです。

 

ではインターネットを利用する端末の利用率について・・・

【スマホだけ】 vs 【PCだけ】 vs 【スマホ&PC】

このような比較をしたとき、どれが最も割合が高いでしょうか?

 

LINE株式会社の

「〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年上期)」

によると・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  46%  :  6%  :  39%

という調査結果が得られたとのことです。

 

さらに、10代は「スマホだけ」が70%に上がり、

逆に50代では「スマホだけ」は33%にとどまり

「PCだけ」が16%へ増加しています。

 

ちなみに間の30代はというと・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  4%  :  4%  :  39%

とちょうど平均といえる数値を示していました。

 

このデータが示す通り、

インターネットへアクセスする端末としては

スマホが圧倒的な地位を築いています。

 


 

ではWEB戦略上、どのようなことを考慮したり、

検討すべきか、私の考えを書いてみましょう。

 

まず、上述のデータからわかる事実、そして可能性として・・・

・スマホのみのネット利用者がいる

・若年層(10〜30代)はPCのWEBサイトよりスマホのWEBサイトに慣れている

・ネットにアクセスするのはまずはPCで、という人は超少数派と思われる

・むしろ調査対象にネット系の会社に勤めている人がいるとしたら、

 PCのみの人の割合は限りなく0%に近づくのでは?

などなど様々な推測が出来ます。

 

推測から考えられることとして、

「PCのみのWEBサイトはスマホ対応しないと間違いなく機会損失を生む」

ということがハッキリ言えることでしょう。

※もちろん業種によってはスマホ対応する必要性が

 とても低いと言える場合もあるでしょう。

 

ビジネスにおいて重要なことは『顧客視点』です。

 

顧客がスマホを利用して、皆さんの会社やサービスの

WEBサイトにアクセスする可能性が高いことは

ここまで書いてきた通り今や当たり前なのです。

 

これまではキャッチコピーやフロント商品を開発すること、

そしてどの広告に出稿すべきかが

WEB戦略においては重要視されていました。

 

しかしこれからは、

スマホで見やすいサイトにする

スマホで見やすいコンテンツを作る

スマホで問合せやすい動線を構築する

といったことをプラスアルファとして考えていくことが重要です。

 

WEBサイトのスマホ対応についてお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談ください。

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから