アーカイブ : 2020年11月11日

話題のマテリアルデザインって何!?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

目を惹くwebサイトの条件の1つにデザインがあります。
デザインは時代によって流行が変わっていきます。

そんな中、今のトレンドは「マテリアルデザイン」です。

ということで今回はマテリアルデザインについて紹介します。

話題のマテリアルデザインって何!?

マテリアルデザインは2014年にGoogleが発表した新たなデザインの概念のこと
です。

マテリアル=物質的ということからデザインする対象のwebパーツを物質として考えて、我々の現実世界の物理的構造ルールに基づいてそのwebパーツをデザインすれば、より直感的にユーザーが操作できる

という概念です。

この説明では「?」の方が多いことかと思います。かくいう私も自分で書いてお
いて「?」です^^;

わかりやすく、身近で具体的な例を挙げるなら

・GoogleディスカバーなどGoogleの各種アプリ内の表示方法
・Android端末のUI

これらをご覧いただくことが最も早いかと思います。

ではなぜマテリアルデザインが人気なのか、を解説する前にマテリアルデザイン
に至るまでのデザインの歴史について解説してみます。

現在までのデザインの大まかな流れは

スキューモーフィズム

フラットデザイン

マテリアルデザイン

となります。

まずスキューモーフィズムについて。
これは2000~2010年頃に流行ったデザインです。

マテリアルデザイン同様、デザインなので説明しづらいのですが、スキューモー
フィズムは我々の現実世界に存在するリアルさを表現したデザインのことです。

少し昔にリアルなON/OFFのスイッチなどがwebやアプリで流行りました。
これはまさにスキューモーフィズムデザインと言えるでしょう。

具体的な例を挙げるならばiOS6(2012年迄)までのiPhoneのUIがスキューモー
フィズムを採用しています。

続いてフラットデザイン。
iPhoneの例を挙げるならばiOS7がこれにあたり、さらにはAppleの公式サイトはフラットデザインで作られています。

また最近のWindowsのメニュー画面もフラットデザインです。

フラットという名の通り2次元的なデザインです。一言でいうならばシンプルに
最小限でこちらの意図を伝えるデザイン、それがフラットデザインです。

そして今日においてはフラットデザインからマテリアルデザインへと進みました。

パッと見る限りフラットデザインとマテリアルデザインでは大差がありません。
では何が異なるのか、というよりもマテリアルデザインの特徴を述べて参ります。

・影

2次元なデザインのフラットデザインに比べて3次元表現になるマテリアルデザインには影があることが特徴と言えます。
たとえば写真をいくつか並べたwebサイトにて、その中の1つをクリックすると
背景が暗くなり、選んだ写真がくっきりと見やすくなる、というのはまさにマテ リアルデザインです。この細かな動きにより、ユーザーは数ある写真からその1つを選択したということが理解できるはずです。

・モーション(アニメーション)

ボタンなどタップした際に動きを多く持たせているのがマテリアルデザインの特徴の1つです。これにはユーザーが操作を感覚的に行えるようサポートする意味合いが含まれています。

・画面構成(レイアウト)

上に挙げた影と内容が被りますが、影を使って奥行きを持たせwebサイトを構成
するパーツの動作状態を表現することはマテリアルデザインと言えます。
これによりユーザーの視覚的理解を促します。

さて、今回はデザインに関して解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
デザインもコンテンツも結局はユーザー(検索者)のためです。
検索して自社のサイトにたどり着いてくれた方にとって、見やすいサイトの方が
当然良いはずです。

今回ご紹介したマテリアルデザインはそんな見やすいサイトにするためのヒント
です。皆さんのサイトを見直す際にどうぞお役立てください。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

ECサイトプラットフォームの利便性とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

新型コロナが登場してから、ECサイトの構築についてご相談やご依頼いただく
ケースが増えてきました。

BtoCはもちろんのことながらBtoBの企業からも結構な数のご相談をいただいて
おります。

ということで今回はECサイト構築プラットフォーム「STORES」の便利機能を
紹介します。

ECサイトプラットフォームの利便性とは

STORES(https://stores.jp/)とは、ECサイト・ネットショップを作るための
WEBサービスです。

ECサイトプラットフォームはいくつもありますが、STORESはデザインが洗練
されていて、また気の利く機能が多く、ECサイト初心者にとってはオススメの
サービスです。

そもそもECを始める場合、無理にSTORESなどECサイトプラットフォームを利用する必要はありません。

ではなぜオススメするのかというと・・・

「管理・運営が圧倒的に楽だから」

です。

ECサイトを始めるとなると

・商品登録や在庫管理
・受発注管理
・顧客情報(個人情報)の徹底管理
・安全な請求~支払いシステムの構築
・集客のためのデジタルマーケティング
などなど顧客を増やし、取引を維持・拡大していくための業務が山ほど出てきま
す。

これらを自社開発でシステム化しようとすると数百~数千万円かかってしまうの
ですが、ECサイトプラットフォームであれば月々数千円からスタートすることができます。
STORESなら無料からスタートすることすら可能です。
(情報漏洩などの多大な責任を負うリスクも避けられることも特長の1つでしょう)

ECサイトを楽々開設できるサービス「STORES」ですが、数あるメリットの中か
ら今日は3点紹介します。

1:秒速でおしゃれなサイトを構築

STORESにはお洒落なWEBショップのデザインテンプレートが豊富に用意されて
います。
テンプレートをもとにカスタマイズしていけば、あっという間に自分好みのWEBショップを開設できること間違いなしです。

2:無料プランでお試し可能

上にも書きましたが、自社開発でECサイトを構築しようとなると数百万の開発費用を要したりします。一方、STORESならば無料プランでまずはお試しスタートすることが出来ます。コスト面でのリスクを負うことなくECショップを始められるという点は、STORESの利点の1つと言えます。

3:豊富な集客支援機能

個人的に最大のメリットはこの機能群です。
いくつも機能があるのですべてを紹介することはできませんが、一部を紹介する
と・・・

・Instagram投稿連携
これは特定のアカウントでInstagramに投稿した画像をそのままSTPORESに連携できるという機能です。
SNSの画像をそのままショップにアップして販促活動に転用することができます。

・クーポン発行
当たり前の機能とも言えますが、割引や送料無料のクーポンを発行する機能です。
クーポンは細かく条件設定できるのでリピート率を高めたい客層を絞ってクーポ
ンを発行することが可能です。

・メールマガジン配信
購入者に対してメルマガを配信する機能です。
最新情報や新着商品などをメルマガで定期的に配信することで、潜在的ニーズを
抱える顧客の興味を喚起させることが出来ます。

如何でしょうか。ECサイトプラットフォームは単なる商品管理、決済代行サービスではありません。

集客を伸ばし、スムーズな決済を可能にして、更にリピート率(顧客満足度)を
高めることがECサイトプラットフォームによって実現可能なのです。

ダブルループではWEBサイト制作を行っておりますが、お客様にとって有益だと判断した場合は今回ご紹介したようなプラットフォームを利用して制作します。

ECサイト構築でお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

Google Search Consoleを活用し、SEOを強化

お世話になっております。ダブルループの福田です。

遂に一部地域で緊急事態宣言が出されました。
新型コロナウイルスによる未曾有の危機は治まる兆しが見えません。

こんな状況だから経営活動が上手くいかなくてもしようがないとも言えます。
けれどもこんな環境下でも伸びている会社はあります。

通常の活動を行うことが出来ない今を、これまで出来なかったことを実施する機会と捉えて臨むことこそ今やるべきことと言えるでしょう。

今日はwebマーケティング面から誰でも対策できることをお伝えします。

Google Search Consoleを活用し、SEOを強化

Google Search Consoleというツールをご存知でしょうか。

▼Google Search Console
https://search.google.com/search-console/

Google Search Consoleは自社サイトの流入を分析するためのGoogleが提供する無料ツールです。

機能はいくつかありますが、その中でも検索パフォーマンスという機能がSEO対策を行うにあたってはとても便利です。

端的に言うと検索パフォーマンスでは
「誰がどんなキーワードでどのデバイスを使ってどれくらい検索し、自社サイト
 にアクセスしてくれているのか」

というデータを掴むことができます。

具体的には
クエリ、ページ、デバイス、クリック数、表示回数、平均CTR(クリック数/表示回数)、平均掲載順位
これらのデータを見ることが可能です。

たとえばクエリとクリック数、表示回数、平均掲載順位(以上をAと呼ぶことに
します)を組み合わせることでどんなことがわかるか例を挙げてみます。

皆さんが港区で税理士事務所を経営していて、webマーケティングにそこそこ力を入れているとします。

この時、Aの画面を見てみると
「港区 税理士」  = クリック数 100 表示回数 1,000 掲載順位 19
というデータがあったとしましょう。

これは検索者がGoogleで「港区 税理士」と検索した際、

・自分のサイトが大体19番目に表示される
・特定の期間内で検索者の検索結果に1,000回表示された
・そのうち100回クリックされた

ということを意味します。

19番目にも関わらず、そこそこクリックされていることがわかりますよね。
ここから仮説立てられることとしては「検索結果に表示されるページのタイトル
やメタディスクリプションが検索者の琴線に触れているのかも?」ということで
す。

すると、掲載順位をもう少し押し上げることができればクリック数が増え、問い
合わせが増えるかもしれない、という打つべき一手を検討することが出来ます。

このように検索者のニーズを見える化し、自社サイトをどのようにすれば検索者
ニーズに近づけることができるかというデータをGoogle Search Consoleによって得られるのです。

データからの仮説立案例を他にも挙げると・・・

・検索キーワードの平均掲載順位が高い。しかし平均CTRが低い。

というクエリがあれば、ページのタイトルやディスクリプションを見直すことで
一気に流入数を増やすことが望めるかもしれません。

・検索キーワードの順位が低い。さらに平均CTRも低い。

この場合はその検索キーワードを検索した人のニーズを満たすべく、新たにペー
ジを作成した方が良いかもしれません。

このように検索者の動向と自社サイトの実績データを相関することで、正しい
(であろう可能性が高い)打ち手を講じることが出来るようになります。

現在のような外部活動が制限される状況においては、内部で得られるデータをも
とに仮説を立てて、閉塞感を打破する一手を考えるチャンスです。

是非、皆さんの会社のサイトをGoogle Search Consoleで分析してみては如何で
しょうか!?

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

スマホ向けのサイト最適化が急務

お世話になっております。ダブルループの福田です。

日本国内のスマホ保有率は85%にのぼるというデータ(2019年時点)がありまし
た。

ググる」

という言葉が一般化したように、今やスマホで何でも調べられる時代です。

裏を返せば、スマホに最適化したサイトでなければ検索者に見てもらうことが出
来なくなってきているとも言えます。

今月、Googleよりサイトのスマホ最適化について発表がありましたので、そちら のニュースについて解説してまいります。

スマホ向けの サイト最適化が急務

3月5日にGoogleより
「すべてのサイトのモバイルファーストインデックスへの移行を2020年9月に開始する」
という発表がありました。
https://webmasters.googleblog.com/2020/03/announcing-mobile-first-indexing-for.html

web業界の方でないと

「ん??どういうこと?」

という内容だと思いますので、今日はモバイルファーストインデックスを解説し
てみます。

まず、Googleで何かキーワードを入力して検索を行うと、検索結果が表示される ことについては皆さんご存知の通りです。この検索結果について今は主に
「PCページが評価基準」になっています。

PC向けのサイトで、情報が充実していて、検索者のニーズに答えられそう。

こういったサイトが検索結果の上位に表示されているのが現在です。

ところが、上に書きましたモバイルファーストインデックスへの移行するという のは「スマホ向けページが評価基準」になることを意味しているのです。

・スマホでも見やすいサイトである
・スマホでも十分な情報が掲載されているサイトである
・求めていた情報以外の発見が得られるスマホサイトである

このような評価基準に変わるのです。

「ウチの場合はPCで検索してくれている人に見つけてもらえさえすれば良い」と 考えていらっしゃった企業は、モバイルファーストインデックスの移行に伴い、 ピンチに陥る可能性があります。

なぜなら全ての検索結果が「スマホで見た時のサイト(ページ)」をもとにした
検索結果評価基準に変わるからです。

よって、もし皆さんの会社やサービスのwebサイトが次のような形式であった場合、 今年の9月以降はサイト流入が減ってしまう恐れがあります。

・スマホでアクセスしてもPC向けページが開くサイト
・PCページから一部を抜粋したスマホ用のサイト
・部分的なスマホ最適化を行ったサイト

ご不安になられた方は、まず下記ツールを使ってモバイルファーストインデック
ス移行の準備ができているかどうかを調べてみてください。

▼Mobile First Index Checker
https://zeo.org/seo-tools/mfi/

このツールを開いたら、皆さんの会社やサービスのサイトURLを入力し「CHECK」 をクリックするとモバイルファーストインデックスに適用されているかどうかの判定がくだされます。

緑色のチェックマークは適用されていることを示してますが、×マークが1つでもあればサイトのスマホ最適化を検討するべきでしょう。

まずは是非、このモバイルファーストインデックス適用ツールで自社サイトをご
確認ください。

×マークがあった場合、ご相談に乗りますのでどうぞお気軽にお問い合わせいただければと思います。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

ホームページ制作にあたっての適正価格とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

ホームページ制作の費用って高いのか安いのかよくわからなくて不安・・・
というお話を稀に耳にすることがあります。
※ネット上ではしょっちゅう耳にしますが(笑)

今日はそのホームページ制作の価格についてタネ明かしをしてみます。

ホームページ制作にあたっての 適正価格とは

面白い記事がありました。

「同じホームページが「300万円」と「30万円」…?その決定的な差」

内容もさることながら、タイトルがまさに「ホームページ制作あるある!」だと 思われた方も多いでしょう。
実際、ホームページ制作の値付けは会社によってピンキリです。

今日はホームページ制作の値付けの背景について解説してまいります。

制作価格が高い、はたまた安い、この理由には大きく3つのポイントが値付け要因 として絡んできます。

(1)マーケティングコンサルティング的サポート
(2)ディレクター的サポートとディレクターのスキルレベル
(3)制作スキル

この3つです。

1つずつ解説していきましょう。

(1)マーケティングコンサルティング的サポートについて

たとえば皆さんの会社でホームページのリニューアルを検討し始めたとします。

この時、ホームページのリニューアルに対して費用対効果を

・社内で検討するか
・外部の専門家とともに検討するか

いずれかを選ぶかでホームページ制作費用は大きく異なってきます。
(また選ぶべきweb制作会社が変わります)

上で紹介した記事の中にもある通り、今の(リニューアル前の)ホームページへ のアクセス数、問合せ(コンバージョン)数などに対して、リニューアルするこ とでどれくらいの数を見込むか、それもSEOなのか、リスティング広告などのweb 広告を用いてなのか。

これらを外部専門家であるweb制作会社と一緒に検討する必要がある場合は、当然 のことながらマーケティングコンサルティングの費用も上乗せされるため、ホー ムページだけを作るケースと比べたら割高になります。

(2)ディレクター的サポートとディレクターのスキルレベル

次に(2)についてですが、これは(1)と似ています。

(1)で策定した戦略に対して、どんな形式のホームページであれば最適なのかを 検討するのが(2)です。

いわゆるワイヤー制作やカスタマージャーニーマップの制作がこのフェーズなの ですが、これを外部専門家にイチからの制作を依頼する場合、当然その費用が制 作コスト=値付けの中に含まれます。

(3)制作スキル

多くの方が勘違いされているのが(3)です。

ホームページ制作にあたっての価格の違いは制作者および制作会社の制作スキル だと思われていることが多く見られます。

ホームページの多くはhtmlで制作されるのですが、web制作会社と名乗っている 会社間でhtmlによるホームページ制作スキル面で実は大きな差はありません。
※もちろん大差がある場合もあります。

差があるのは(1)(2)のノウハウや経験なのです。

ただ例外としまして、Wordpressなどのテンプレートを利用する場合は制作費用を ガツンと下げることが出来ます。よって(1)(2)が明確に決まっている場合は、 テンプレ利用系のweb制作会社に発注した方がコスパが良いといえるケースがあり 得ます。

「名刺交換したお客様が、名刺に記載されているURLを辿ってホームページを見た 時に信頼を獲得したい。」

このようなケースであれば(1)は関係なく、多少の(2)を有するweb制作会社
に発注すべきでしょう。よってあまり費用はかからないはずです。

一方で、「webからの顧客獲得をとにかく増やしたい」というweb集客をテーマ にホームページをリニューアルする場合には、制作費用の高い・安いといった基 準でweb制作会社を選んではいけません。

上述した通り、目星をつけたweb制作会社に(1)(2)をどこまで依頼するかを
正直に伝えて、各社の提案を受けましょう。

web制作会社の中では「とにかく安く作ること」をウリにしている会社が数多く 存在します。

「今のホームページがダサいから、イマドキっぽく少しカッコよくしたいだけ」

たとえそんな理由であっても、可能であるならばwebからの集客を増やしたいと お考えのはずです。

仮に以前よりもカッコいいホームページになったとしても、問合せが全くない 状況が続くと「何のためにホームページをリニューアルしたんだっけ?ムダな 投資をしただけだったのかな・・・」ということになりかねません。

制作コストではなく、ホームページを作る、リニューアルする目的から考え直し web制作会社を選ぶこと、これこそが最もコストパフォーマンスが良いと言える でしょう。

■弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

動的検索広告でニーズを漏らさず掴む

昨年は大変にお世話になりましてありがとうございました。
ダブルループの福田です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年が明けて2020年、いかがお過ごしでしょうか。

さて、2020年初回のブログは、動的検索広告について書いてみます。
web広告で効率的に集客を行うことをご検討の方は是非、ご覧ください。

動的検索広告でニーズを漏らさず掴む

リスティング広告ではターゲットとなる見込客が
「ニーズを解決するために(おそらく)こういうキーワードで検索するであろう」
ということを想定し、対象キーワードを登録することで広告という網を張ります。

しかし実際のところ、Googleのデータによると、

リスティング広告で登録しているキーワードと完全に一致しない検索語句の割合は70~80%にも及ぶそうです。

裏を返せば想定したキーワードから広告を表示させている=リーチできている見込客は20%にしか満たないということです。

つまり見込客がニーズ解決するための検索キーワードは多様化してきており、
我々の想定を超えているというのが現状です。

今回ご紹介する動的検索広告はそのような幅広い検索キーワードを網羅するために開発されたGoogleの機能です。

結論的に何ができるかを申し上げると・・・

見込客の検索キーワードと関連性が高いと思われる皆さんの会社のwebページを
マッチさせるキーワード選びと登録、広告文の作成を自動で行ってくれる

という代物です。

上述した通り、見込客が検索するであろうキーワードはこれまで広告出稿側の人が選定しなければいけませんでした。

同様に広告文についても見込客の琴線に触れる文章を人が作らなければなりませんでした。

ところが動的検索広告では人の手によるキーワード選びもキーワード登録も広告文作成も一切必要ありません。

通常のリスティング広告では、見込客のニーズを満たす幅広い検索キーワードを
検討して、更にはキーワードに応じた広告文を作らなければなりません。
それを実現させようとすると、とても手間がかかります。

そのため検索ニーズを網羅しきれず、20%の見込客にしかリーチ出来ていないのです。

では動的検索広告がどんな仕組み化を簡単に紹介しましょう。

以前、当ブログでもご紹介したとおりGoogleはクローラーを通じて皆さんのwebサイトを分析し、検索順位を決定しています。
※クローラーについて:https://www.doubleloop.co.jp/2019/12/8153/

動的検索広告ではこのクローラーが取得した皆さんのwebサイト情報をもとに、
「このサイト(皆さんのwebサイト)にマッチしているのは○○を検索する人だろう」
ということを自動的にジャッジして広告を出す、これだけです。

出稿方法も簡単で、Google広告の出稿設定画面で「動的検索広告」を選ぶだけです。

ちなみに動的検索広告がオススメな業種は

・商品やサービスの取り扱い点数が多い企業
・顧客属性がまばらで想定外のお客様との取引が多い企業

です。

競合(同業)他社がアプローチしきれていない顧客層に動的検索広告を使うことでリーチできるかもしれません。

人力では大変な小さく幅広いニーズをカバーする動的検索広告を是非、2020年のスタートダッシュのために使ってみては如何でしょうか?

お知らせ情報

■弊社サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」キャンペーンのご案内
弊社の転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」にて2020年3月まで
キャンペーンを行っております。

JOBSPOキャンペーン:
https://jobspo.jp/customer

3月末までのキャンペーン期間中ならば、採用決定時の成果報酬手数料が・・・

20%になっています!!
※通常は30%の手数料を頂戴します。

詳しくは
https://jobspo.jp/customer
コチラのページをご覧ください!

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


LP制作費用は安い方が良い?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

2019年も当ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

今回の記事は私の過去の過ち(?)から自戒の念を込めた内容になってます。

LP制作費用は安い方が良い?

先日、あるクラウドサービス開発会社からご相談がありました。

「ランディングページ(以下、LP)の制作をお願いしたいのだけれども
出来る限り安く作りたいと考えてます。
御社ならいくらで制作していただけますか?」

ザックリまとめるとこのようなご相談でした。

このご相談に対して、
私は・・・・

『LP制作後の集客方法はどのようにお考えでしょうか?』

と逆質問しました。

ご相談者のお気持ちはとてもよく分かります。
LP制作代金の相場は年々下がってきているとはいえ、安く制作できるに越したことはありません。

ただ、安く作ることはあくまでも手段であって、目的は集客を増やすことです。

「集客を増やす」

という目的を達成するためには、次のようなことを検討せねばなりません。

  1. どんな顧客層にLPを見てもらいたいのか
  2. 見込客にどんな方法でLPへたどり着いてもらうか
  3. LPのどのパーツを見てもらって、どのような心の変化をさせるか
  4. LPを見て、高まった欲求に対して最適なサービス(フロント商品)を提供することが可能か

1~4がしっかりと検討されていれば、LPを安く制作することは可能です。

なぜならweb制作会社、少なくとも弊社の場合は制作することがゴールではなく、集客を増やすことを目的としてLPを制作するからです。
クラウドサービス会社の方に私が逆質問したのは、2を確認するためだったのです。
※追って1、3、4についても相談したのは言うまでもなく。

1~4が十分に検討されていない場合、お客様が望んだLPを作っても大した集客増加に、いやもしかしたら全く集客に繋がらない場合があります。

失敗事例

1つご紹介しましょう。
以前、弊社が仕事に飢えていた頃の話です。

お客様に言われるがまま低価格でLP制作を請け負い、言われるがままリスティング広告を運用しました。

LP制作と広告運用代行代金はトータルすると40万円程度でした。

結果、集客出来たのはゼロでした。

こんな費用対効果でもクライアントには満足していただけた・・・・わけがありません。

その後、リピートでwebサイト制作のご依頼はいただけず、私としても「なぜ、言われるがまま作ってしまったのか」という後悔が残りました。

今、思い返すとこのお客様の場合は1~4が不透明で、私(弊社)としてもそれを指摘することなく、仕事がほしかったので文字通り言いなりになってました。

それっぽいカッコいいページを作って、お客様も弊社も納品段階では満足しましたが、いざ集客フェーズに移った時には愕然としました。

当ブログをご覧の皆さんにはそのような思いをしてほしくありません。

今日の話はLPに限った話ではありませんが、webからの集客を増やしたいとお考えの場合は・・・

  1. 1~4をしっかりと煮詰めた上で、安く制作してくれるweb制作会社を探す
  2. もしくは1~4を一緒に二人三脚で考えられるweb制作会社を探す

このいずれかだと私は考えてます。

弊社ダブルループとしては1~4をじっくりと検討できる余力や人的リソースのない企業のパートナーとしてweb集客戦略立案からサイトやLP制作をお手伝いしていくスタンスです。

2020年にwebマーケティングでスタートダッシュしたいとお考えの方は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

逆質問してしまうかもしれませんが・・・^^;

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

wordpressを活用したホームページ10万円パック

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

facebookページ制作19,800円~

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

Facebook広告運用代行:月額40,000円(税別)~

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホワイトハットSEO

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから