アーカイブ : 2020年12月14日

HTTP/2とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

11月よりSEO対策について書いてきましたが、今回もSEO対策といえばそれに
あてはまる話です。

これまでのSEO対策がwebコンテンツ上の対策ならば、今回のはハード(ミド
ルウェア)上の対策と言えます。

HTTP/2とは

ホームページなどwebサイトはサーバーの中に格納されていて、HTTPという通
信手段を通じて、クライアント端末からサーバーへアクセスし、画像や文字情報
を表示させています。

拙い例で恐縮ですが、噛み砕いていえばHTTPは「レストランのウェイター」だ
と思ってください。

HTTPがウェイターならばお客さんはスマホやPCなどクライアント端末で、web
サイトを構えているサーバーが厨房となります。

お客さんのオーダーをウェイターが聞き取り、それを厨房に届けてお客さんの
オーダー通りのwebページを表示させるのです。

このようにオーダーを正しく受け取り、届ける役目のHTTPですが実は進化して
います。

それがタイトルにある通り、HTTP/2です。

1つ前のHTTP/1.1は1999年に公開されました。
その後、約16年の時を経て2015年にHTTP/2が公開されました。

ではHTTP2と以前とでは何が違うのかを説明してまいります。

まず従来のHTTP/1.1の場合、サーバーに対して原則1つずつしかリクエストを送
ることができません。

ウェイターで例えるならば、1品ずつしかオーダーを受けられない上に、そのオーダーを提供するまでの次の注文ができないのです。
ウェブページに表示する画像が2つある場合、1つ目の画像を読み込み終わってか
らようやくもう1つの画像を読み込み始めるということです。

ウェイターの例で考えればウェイターが何度も行き来しなければならなく、非効
率が生じていることを意味します。

一方でHTTP/2ならば複数のリクエストを送って処理することが可能です。
ウェイターでいうならば普通のウェイターにようやくなったという意味でしょう
か(笑)

これに伴い通信効率が改善され、webページの読み込み速度が早くなります。

ここまで見る限りだとHTTP/2には良いこと尽くめに思えますが、まだまだ課題
が残っているのが実情です。

GoogleChromeなど主要なブラウザでは、暗号化が行なわれたHTTPSの通信上でしかHTTP/2が使えません。
またそもそもコンテンツが少ないwebサイトの場合はHTTP/2に対応したとて、
その読み込みスピードを体感できるほどのメリットを享受できない可能性があり
ます。
※前者に関してはGoogleの暗号化通信推奨により、だいぶ浸透してきたので対象外となりえるサイトは少なくなってきました。

読み込み速度が改善されれば、ユーザーにとっては大きな利益と言えるでしょう。

多くの人にとって映える・興味を惹くwebコンテンツを作ることはもちろん、コ
ードや画像サイズを工夫してアクセススピードを高めること、さらには今回ご紹
介したようなサーバー環境やミドル、ソフトウェアにおいて最新技術を活用する
こともまたwebマーケティングと言えます。

サーバーやミドル・ソフトウェアに関しては専門性が必要になりますので、お困
りの方はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

話題のマテリアルデザインって何!?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

目を惹くwebサイトの条件の1つにデザインがあります。
デザインは時代によって流行が変わっていきます。

そんな中、今のトレンドは「マテリアルデザイン」です。

ということで今回はマテリアルデザインについて紹介します。

話題のマテリアルデザインって何!?

マテリアルデザインは2014年にGoogleが発表した新たなデザインの概念のこと
です。

マテリアル=物質的ということからデザインする対象のwebパーツを物質として考えて、我々の現実世界の物理的構造ルールに基づいてそのwebパーツをデザインすれば、より直感的にユーザーが操作できる

という概念です。

この説明では「?」の方が多いことかと思います。かくいう私も自分で書いてお
いて「?」です^^;

わかりやすく、身近で具体的な例を挙げるなら

・GoogleディスカバーなどGoogleの各種アプリ内の表示方法
・Android端末のUI

これらをご覧いただくことが最も早いかと思います。

ではなぜマテリアルデザインが人気なのか、を解説する前にマテリアルデザイン
に至るまでのデザインの歴史について解説してみます。

現在までのデザインの大まかな流れは

スキューモーフィズム

フラットデザイン

マテリアルデザイン

となります。

まずスキューモーフィズムについて。
これは2000~2010年頃に流行ったデザインです。

マテリアルデザイン同様、デザインなので説明しづらいのですが、スキューモー
フィズムは我々の現実世界に存在するリアルさを表現したデザインのことです。

少し昔にリアルなON/OFFのスイッチなどがwebやアプリで流行りました。
これはまさにスキューモーフィズムデザインと言えるでしょう。

具体的な例を挙げるならばiOS6(2012年迄)までのiPhoneのUIがスキューモー
フィズムを採用しています。

続いてフラットデザイン
iPhoneの例を挙げるならばiOS7がこれにあたり、さらにはAppleの公式サイトはフラットデザインで作られています。

また最近のWindowsのメニュー画面もフラットデザインです。

フラットという名の通り2次元的なデザインです。一言でいうならばシンプルに
最小限でこちらの意図を伝えるデザイン、それがフラットデザインです。

そして今日においてはフラットデザインからマテリアルデザインへと進みました。

パッと見る限りフラットデザインとマテリアルデザインでは大差がありません。
では何が異なるのか、というよりもマテリアルデザインの特徴を述べて参ります。

・影

2次元なデザインのフラットデザインに比べて3次元表現になるマテリアルデザインには影があることが特徴と言えます。
たとえば写真をいくつか並べたwebサイトにて、その中の1つをクリックすると
背景が暗くなり、選んだ写真がくっきりと見やすくなる、というのはまさにマテ リアルデザインです。この細かな動きにより、ユーザーは数ある写真からその1つを選択したということが理解できるはずです。

・モーション(アニメーション)

ボタンなどタップした際に動きを多く持たせているのがマテリアルデザインの特徴の1つです。これにはユーザーが操作を感覚的に行えるようサポートする意味合いが含まれています。

・画面構成(レイアウト)

上に挙げた影と内容が被りますが、影を使って奥行きを持たせwebサイトを構成
するパーツの動作状態を表現することはマテリアルデザインと言えます。
これによりユーザーの視覚的理解を促します。

さて、今回はデザインに関して解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
デザインもコンテンツも結局はユーザー(検索者)のためです。
検索して自社のサイトにたどり着いてくれた方にとって、見やすいサイトの方が
当然良いはずです。

今回ご紹介したマテリアルデザインはそんな見やすいサイトにするためのヒント
です。皆さんのサイトを見直す際にどうぞお役立てください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ECサイトプラットフォームの利便性とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

新型コロナが登場してから、ECサイトの構築についてご相談やご依頼いただく
ケースが増えてきました。

BtoCはもちろんのことながらBtoBの企業からも結構な数のご相談をいただいて
おります。

ということで今回はECサイト構築プラットフォーム「STORES」の便利機能を
紹介します。

ECサイトプラットフォームの利便性とは

STORES(https://stores.jp/)とは、ECサイト・ネットショップを作るための
WEBサービスです。

ECサイトプラットフォームはいくつもありますが、STORESはデザインが洗練
されていて、また気の利く機能が多く、ECサイト初心者にとってはオススメの
サービスです。

そもそもECを始める場合、無理にSTORESなどECサイトプラットフォームを利用する必要はありません。

ではなぜオススメするのかというと・・・

「管理・運営が圧倒的に楽だから」

です。

ECサイトを始めるとなると

・商品登録や在庫管理
・受発注管理
・顧客情報(個人情報)の徹底管理
・安全な請求~支払いシステムの構築
・集客のためのデジタルマーケティング
などなど顧客を増やし、取引を維持・拡大していくための業務が山ほど出てきま
す。

これらを自社開発でシステム化しようとすると数百~数千万円かかってしまうの
ですが、ECサイトプラットフォームであれば月々数千円からスタートすることができます。
STORESなら無料からスタートすることすら可能です。
(情報漏洩などの多大な責任を負うリスクも避けられることも特長の1つでしょう)

ECサイトを楽々開設できるサービス「STORES」ですが、数あるメリットの中か
ら今日は3点紹介します。

1:秒速でおしゃれなサイトを構築

STORESにはお洒落なWEBショップのデザインテンプレートが豊富に用意されて
います。
テンプレートをもとにカスタマイズしていけば、あっという間に自分好みのWEBショップを開設できること間違いなしです。

2:無料プランでお試し可能

上にも書きましたが、自社開発でECサイトを構築しようとなると数百万の開発費用を要したりします。一方、STORESならば無料プランでまずはお試しスタートすることが出来ます。コスト面でのリスクを負うことなくECショップを始められるという点は、STORESの利点の1つと言えます。

3:豊富な集客支援機能

個人的に最大のメリットはこの機能群です。
いくつも機能があるのですべてを紹介することはできませんが、一部を紹介する
と・・・

・Instagram投稿連携
これは特定のアカウントでInstagramに投稿した画像をそのままSTPORESに連携できるという機能です。
SNSの画像をそのままショップにアップして販促活動に転用することができます。

・クーポン発行
当たり前の機能とも言えますが、割引や送料無料のクーポンを発行する機能です。
クーポンは細かく条件設定できるのでリピート率を高めたい客層を絞ってクーポ
ンを発行することが可能です。

・メールマガジン配信
購入者に対してメルマガを配信する機能です。
最新情報や新着商品などをメルマガで定期的に配信することで、潜在的ニーズを
抱える顧客の興味を喚起させることが出来ます。

如何でしょうか。ECサイトプラットフォームは単なる商品管理、決済代行サービスではありません。

集客を伸ばし、スムーズな決済を可能にして、更にリピート率(顧客満足度)を
高めることがECサイトプラットフォームによって実現可能なのです。

ダブルループではWEBサイト制作を行っておりますが、お客様にとって有益だと判断した場合は今回ご紹介したようなプラットフォームを利用して制作します。

ECサイト構築でお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

タグマネージャで楽々管理

お世話になっております。ダブルループの福田です。

今日はwebサイトの運営・管理テクニックについて書いてみます。
結構コアな内容に聞こえるかもしれませんが、Googleアナリティクスや各種リスティング広告を社内運用されている場合は是非、ご覧ください。

タグマネージャで楽々管理

webサイトを管理・運営していると、アクセス解析やコンバージョン計測などの
ツールを活用するために「タグ」をサイトに埋め込む必要があります。

これが意外と大変でして、たとえば計測のためのタグをいくつものページに埋め
込むとなると結構な作業時間がかかります。

このようなタグ埋め込みの悩みを解決してくれるのが

Googleタグマネージャ(以下、タグマネージャ)
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/tag-manager/
Yahoo!タグマネージャー
https://marketing.yahoo.co.jp/service/tagmanager/

です。
※いずれも無料ツールです。

タグマネージャを活用することによるメリットはいくつかありますが、その最大
の利点は「HTMLファイルにタグを追記する編集作業が不要となる」点ではない
でしょうか。

通常はGoogleアナリティクスやGoogle AdWords、Yahoo!プロモーション広告などアクセス解析やコンバージョン計測ツールなどから発行されたタグを、webページごとのHTMLファイルに対してタグを記述し、アップロードすることでそれぞれのツールを利用することができるようになります。

サイトの規模が大きくなっていくとこの作業量が増えていきますし、管理する手
間や設置ミスなどのヒューマンエラーも増えるはずです。
(マーケティング部門からwebデザイナーへタグ設置依頼があったものの、忘れ
 ていた・・・という話はよくありますよね)

ところがタグマネージャであれば、ページごとにタグを記述する必要はありませ
ん。代わりにタグマネージャのタグを設置するだけでOKです。

一度、タグを設置した以後にタグを追加する場合は、ファイルを編集する必要は
なく、タグマネージャの管理画面から追加する事が可能となります。
SNSのアカウント設定画面レベルの管理画面なので非エンジニアの方でも簡単に
追加できます。

要するに

・タグの設定(設置)が簡単になる
・タグの更新、管理が容易になる

というのがタグマネージャの最大の利点と言えるでしょう。

始め方としては上述のGoogle、もしくはYahoo!のタグマネージャURLにアクセ
スしていただき、アカウントを作成し、あとはサイトの指示に従えば(アナリ
ティクスのタグを設置できる方であれば)設定完了できるはずです。

もう1点、タグマネージャの便利な点を紹介するならば、設置したタグが正しく
実装されているかどうかを「プレビューモード」を使って即座に確認できるとい
う点です。

アクセス解析のタグ管理にお悩みの場合、タグマネージャがオススメです。
ご利用されてみてはいかがでしょうか。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

■リスティング広告活用で集客倍増!?「月額25,000円からのリスティング広告運用」

■ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円からのfacebook広告運用代行」

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

スマホ向けのサイト最適化が急務

お世話になっております。ダブルループの福田です。

日本国内のスマホ保有率は85%にのぼるというデータ(2019年時点)がありまし
た。

ググる」

という言葉が一般化したように、今やスマホで何でも調べられる時代です。

裏を返せば、スマホに最適化したサイトでなければ検索者に見てもらうことが出
来なくなってきているとも言えます。

今月、Googleよりサイトのスマホ最適化について発表がありましたので、そちら のニュースについて解説してまいります。

スマホ向けの サイト最適化が急務

3月5日にGoogleより
「すべてのサイトのモバイルファーストインデックスへの移行を2020年9月に開始する」
という発表がありました。
https://webmasters.googleblog.com/2020/03/announcing-mobile-first-indexing-for.html

web業界の方でないと

「ん??どういうこと?」

という内容だと思いますので、今日はモバイルファーストインデックスを解説し
てみます。

まず、Googleで何かキーワードを入力して検索を行うと、検索結果が表示される ことについては皆さんご存知の通りです。この検索結果について今は主に
「PCページが評価基準」になっています。

PC向けのサイトで、情報が充実していて、検索者のニーズに答えられそう。

こういったサイトが検索結果の上位に表示されているのが現在です。

ところが、上に書きましたモバイルファーストインデックスへの移行するという のは「スマホ向けページが評価基準」になることを意味しているのです。

・スマホでも見やすいサイトである
・スマホでも十分な情報が掲載されているサイトである
・求めていた情報以外の発見が得られるスマホサイトである

このような評価基準に変わるのです。

「ウチの場合はPCで検索してくれている人に見つけてもらえさえすれば良い」と 考えていらっしゃった企業は、モバイルファーストインデックスの移行に伴い、 ピンチに陥る可能性があります。

なぜなら全ての検索結果が「スマホで見た時のサイト(ページ)」をもとにした
検索結果評価基準に変わるからです。

よって、もし皆さんの会社やサービスのwebサイトが次のような形式であった場合、 今年の9月以降はサイト流入が減ってしまう恐れがあります。

・スマホでアクセスしてもPC向けページが開くサイト
・PCページから一部を抜粋したスマホ用のサイト
・部分的なスマホ最適化を行ったサイト

ご不安になられた方は、まず下記ツールを使ってモバイルファーストインデック
ス移行の準備ができているかどうかを調べてみてください。

▼Mobile First Index Checker
https://zeo.org/seo-tools/mfi/

このツールを開いたら、皆さんの会社やサービスのサイトURLを入力し「CHECK」 をクリックするとモバイルファーストインデックスに適用されているかどうかの判定がくだされます。

緑色のチェックマークは適用されていることを示してますが、×マークが1つでもあればサイトのスマホ最適化を検討するべきでしょう。

まずは是非、このモバイルファーストインデックス適用ツールで自社サイトをご
確認ください。

×マークがあった場合、ご相談に乗りますのでどうぞお気軽にお問い合わせいただければと思います。

弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホームページ制作にあたっての適正価格とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

ホームページ制作の費用って高いのか安いのかよくわからなくて不安・・・
というお話を稀に耳にすることがあります。
※ネット上ではしょっちゅう耳にしますが(笑)

今日はそのホームページ制作の価格についてタネ明かしをしてみます。

ホームページ制作にあたっての 適正価格とは

面白い記事がありました。

「同じホームページが「300万円」と「30万円」…?その決定的な差」

内容もさることながら、タイトルがまさに「ホームページ制作あるある!」だと 思われた方も多いでしょう。
実際、ホームページ制作の値付けは会社によってピンキリです。

今日はホームページ制作の値付けの背景について解説してまいります。

制作価格が高い、はたまた安い、この理由には大きく3つのポイントが値付け要因 として絡んできます。

(1)マーケティングコンサルティング的サポート
(2)ディレクター的サポートとディレクターのスキルレベル
(3)制作スキル

この3つです。

1つずつ解説していきましょう。

(1)マーケティングコンサルティング的サポートについて

たとえば皆さんの会社でホームページのリニューアルを検討し始めたとします。

この時、ホームページのリニューアルに対して費用対効果を

・社内で検討するか
・外部の専門家とともに検討するか

いずれかを選ぶかでホームページ制作費用は大きく異なってきます。
(また選ぶべきweb制作会社が変わります)

上で紹介した記事の中にもある通り、今の(リニューアル前の)ホームページへ のアクセス数、問合せ(コンバージョン)数などに対して、リニューアルするこ とでどれくらいの数を見込むか、それもSEOなのか、リスティング広告などのweb 広告を用いてなのか。

これらを外部専門家であるweb制作会社と一緒に検討する必要がある場合は、当然 のことながらマーケティングコンサルティングの費用も上乗せされるため、ホー ムページだけを作るケースと比べたら割高になります。

(2)ディレクター的サポートとディレクターのスキルレベル

次に(2)についてですが、これは(1)と似ています。

(1)で策定した戦略に対して、どんな形式のホームページであれば最適なのかを 検討するのが(2)です。

いわゆるワイヤー制作やカスタマージャーニーマップの制作がこのフェーズなの ですが、これを外部専門家にイチからの制作を依頼する場合、当然その費用が制 作コスト=値付けの中に含まれます。

(3)制作スキル

多くの方が勘違いされているのが(3)です。

ホームページ制作にあたっての価格の違いは制作者および制作会社の制作スキル だと思われていることが多く見られます。

ホームページの多くはhtmlで制作されるのですが、web制作会社と名乗っている 会社間でhtmlによるホームページ制作スキル面で実は大きな差はありません。
※もちろん大差がある場合もあります。

差があるのは(1)(2)のノウハウや経験なのです。

ただ例外としまして、Wordpressなどのテンプレートを利用する場合は制作費用を ガツンと下げることが出来ます。よって(1)(2)が明確に決まっている場合は、 テンプレ利用系のweb制作会社に発注した方がコスパが良いといえるケースがあり 得ます。

「名刺交換したお客様が、名刺に記載されているURLを辿ってホームページを見た 時に信頼を獲得したい。」

このようなケースであれば(1)は関係なく、多少の(2)を有するweb制作会社
に発注すべきでしょう。よってあまり費用はかからないはずです。

一方で、「webからの顧客獲得をとにかく増やしたい」というweb集客をテーマ にホームページをリニューアルする場合には、制作費用の高い・安いといった基 準でweb制作会社を選んではいけません。

上述した通り、目星をつけたweb制作会社に(1)(2)をどこまで依頼するかを
正直に伝えて、各社の提案を受けましょう。

web制作会社の中では「とにかく安く作ること」をウリにしている会社が数多く 存在します。

「今のホームページがダサいから、イマドキっぽく少しカッコよくしたいだけ」

たとえそんな理由であっても、可能であるならばwebからの集客を増やしたいと お考えのはずです。

仮に以前よりもカッコいいホームページになったとしても、問合せが全くない 状況が続くと「何のためにホームページをリニューアルしたんだっけ?ムダな 投資をしただけだったのかな・・・」ということになりかねません。

制作コストではなく、ホームページを作る、リニューアルする目的から考え直し web制作会社を選ぶこと、これこそが最もコストパフォーマンスが良いと言える でしょう。

■弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

IT導入補助金でwebサイト制作が最大半額に

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今、WEB制作業界でIT導入補助金が盛り上がっています。

というのもホームページ制作に対して国から半額の補助がおりるというホットな話だからです。

 
今回はIT導入補助金の概要と活用方法について書いてみました。

ホームページを作ろう、ホームページをweb広告で宣伝し集客しようと考えていた方は必見です。

 

 

IT導入補助金を皆さんはご存知でしょうか?

 

昨年から始まった補助金なのですが、「経産省が認定したweb制作会社へのサイト制作依頼やITツールの導入に関して最大で半額補助される」という補助金です。
 

補助金概要を記載すると・・・

補助対象: webサイト制作費、保守料1年分、web広告運用代行手数料 など
補助率 : 1/2 以内
補助額 : 上限50万円 、下限15万円
申請期限: 8月3日(金) ※二次公募
採択発表: 8月3日の締め切り後、1~2週間後 (予定)

という内容です。
 

・webサイトを新たに1から作り直すことを考えていた
・webサイトを作成し、広告を回して集客することを考えていた

上記に当てはまる方にはドンピシャな補助金と言えるでしょう。
 

ただ、

「補助金というと申請手続きが面倒だし、面倒な割に採択されるかどうかわからないから敬遠してるんだよね・・・」という方も多いかと思います。
 

このIT導入補助金の良いところには、

・申請がお手軽であること
・採択率がかなり高いこと
・採択後の申請の手間や負担も少ないこと

があげられます。
 

採択率に関してですが、先日一次公募の採択結果が発表されましたが、噂では90%オーバーの採択率だったとか。
 

このように良い事尽くめのIT導入補助金の裏には・・・

「ITやWEBを活用すれば、もっと生産性(1人あたりの業務効率)が高まるはず。しかし日本の中小企業ではまだまだITを活用しきれていない」

といった事情をクリアしたいという背景があります。
 

なので、国がサポートして積極的なIT活用を推進していこう、というのが狙いだと思われます。
 

ホームページの刷新や新たな商品紹介サイトの制作を考えていた方は、この機会を使わない手はないでしょう。
 

ちなみに、このIT導入補助金を利用できるweb制作会社の対象に弊社ダブルループが認定されました。

・ホームページ制作だけ
・ホームページ制作だけでなくweb広告を使って集客までサポート

など様々なニーズにお応えできるプランを用意しております。
 


▼IT導入補助金を活用したweb制作プラン
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/ithojo/


 

IT導入補助金が活気づいていて、多数のお申込みをいただくことが予想されます。

そのため弊社のサービス品質維持するべくIT導入補助金を用いたweb制作に関しては限定10社までとさせていただきますので、ご興味ある方はお早めにお問い合わせくださいませ。
 

IT導入補助金について何かご不明なことや活用方法でお悩みあればお気軽にご相談くださいませ。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから