アーカイブ : 2017年09月6日

WEBアプリへの移行が加速!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今や多くの会社がメルマガやLINE@、facebookページなど様々な手法を用いて

見込客に対してアプローチしています。

 

今回お届けする内容は、

それらの手法に取って代わる可能性を持つWEBアプリについてです。

 

webサイトのwebアプリ化ならダブルループ

 

WEBアプリへの移行が加速!?

皆さんは「WEBアプリ」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

アプリと言うとiPhoneやアンドロイド端末などいわゆるスマホの中で操作する

アプリを思い浮かべる方が多いことでしょう。

 

WEBアプリというのはスマホのアプリとは別で、

WEBブラウザ上で動くアプリのことを指します。

 

まだ「???」という感じですよね^^;

分かりやすいアプリでいうと、

Google ChromeのChromeアプリWEBアプリです。

※もともとWEBアプリは定義があいまいで、
 Wikiや各種BLOGサービスもWEBアプリと呼ばれることがあります。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが今日のテーマ。

今後はネイティブアプリよりもWEBアプリが加速すると

最近になって言われ始めています。

ネイティブアプリとはPCやスマホにインストールして利用するアプリで、

 我々が慣れ親しんでいるアプリはこちらを指します。

 

その大きな理由が、iPhoneの標準ブラウザであるSafariのPWA標準対応です。

横文字ばかりでますます「???」となってしまうかもしれませんが、

もう少しお付き合いください。

 

PWAとはブラウザを通じて、

Push通知やオフラインでWEBサイトの情報を入手するための技術のことです。

 

このPWAに対して、Google Chromeやfirefoxというブラウザでは

既に対応していました。

しかしSafariが長らく「対応未定」状況でした。

 

これが最近になって「対応予定」に変わったのです。

Safariが対応予定になったことが何を意味しているか

(対応することになったとする)というと・・・・

 

スマホでお気に入りのWEBサイトをブックマーク、

 ホーム画面アイコンに追加しておくことで、

 サイトが更新されたときに通知が届く

 

オフライン環境下にあっても

 スマホでお気に入りのサイトの情報を参照することができる

 

などといったことが可能になるのです。

 

ネイティブアプリの良いところは上記2点でした。

PWA対応によってWEBアプリでも実現できてしまうということです。

 

webサイトのwebアプリ化ならダブルループ

メルマガの題名で「WEBアプリへの移行が加速!?」と書いたのは、

日本のスマホ市場においてはiPhoneが圧倒的なシェアを占めていることから

SafariがPWA対応することによって

WEBアプリの普及が一気に進むかもしれない・・・

という理由からです。

 

WEBアプリの良い点はネイティブアプリと比べて

開発コストが安く済むという点にあります。

 

そのため皆さんの会社のWEBサイトをWEBアプリ化すれば、

ユーザーに対していち早く最新情報やお得な情報を

届け(易くす)ることが出来るようになるかもしれません。

 

そうなるとこれまで以上にWEBサイトからの情報発信が

重要になることは間違いありません。

 

将来のWEBアプリの普及を見越して、

WEBサイトから見込客やファンに対してどのような情報を提供するべきかを

今のうちに見直しておくべきでしょう。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから