アーカイブ : 2021年07月6日

見込客を育成し、問合せを獲得する情報発信の方法

お世話になっております。ダブルループの福田です。

最近は
「ブログ、Youtube、Facebook、Twitter、メルマガなど、どれを重点的に使って集客すればいいの?」
といったご相談を多くいただきます。

今回の記事は情報を発信する媒体の活用方法について書いてみました。

見込客を育成し、問合せを獲得する情報発信の方法

ビジネスにおいてもプライベートでも情報発信することが当たり前の世の中になりました。

役に立つ情報、想い、最新情報、意見など様々な情報がSNSを通じて飛び交っています。

ことビジネスでは有効な情報を発信することで問合せを得ることが出来る・・・
つまり新規顧客開拓を行うことが可能です。

ということで今回は私がオススメする情報発信の手段や媒体について紹介してまいります。

まず情報発信で最も気を付けるべきことは情報の二次利用です。
ここでの二次利用とは「他人に利用させる」という意味ではなく、自身が二度三度情報を活用できることを意味します。

例をあげましょう。

たとえばメルマガを配信して、過去に名刺交換した人の中からの問合せを狙うといった情報発信活動を行います。
これは情報の一次利用です。

続いてメルマガで発信した後に、自社のホームページのブログにメルマガの内容を掲載しSEO対策を強化し、自然流入による見込客からの問合せを狙います。
これは情報の二次利用パート1です。

さらにさらにメルマガの内容をFacebookページに要約して掲載します。
するとfacebookでつながりのある知り合いからサービスについて詳しく教えてほしいという問合せを獲得できるかもしれません。
これは情報の二次利用パート2です。

さらにさらにさらに・・・と、他にもTwitterやYoutubeでも投稿するといったパート3、4の情報活用が可能です。

「媒体や手段を変えても、発信している情報は同じだからあまり意味がないの では?」
というご質問をいただくことがあります。

答えから申し上げると
『意味、効果はとてもある』
です。

ブログ、Facebook、メルマガ、Youtubeそれぞれターゲットが異なります。

ブログ   :Google検索で情報を集める人
Facebook  :自社のメンバーもしくはサービスと繋がりのある人
メルマガ  :過去に名刺交換した人
Youtube   :動画で情報を集める人

このようにそれぞれ情報に対する属性が異なるのです。

よって情報を発信する際にはいくつもの媒体を通じて繰り返し発信するべきです。
現代においては、それぞれの媒体に必ず見込客がいます。

情報発信力が問合せ数増加のカギを握っていると言っても過言ではありません。

・情報を定期的に発信すること
・情報を複数の媒体で発信すること

この2つを是非、取り組んでみてください。

なお、前者の「定期的な情報発信」が難しいという企業を多く見てきました。
今も多くの方のお悩みとしてご相談されます。

そのようなお悩みが多かったので、弊社では

「Facebook投稿代行」

というサービスを通じて、発信する情報の作成を代行しております。
もちろん弊社にて作成した情報はメルマガやブログなどで二次利用していただいて構いません。
※Facebookに関してはアイキャッチ画像制作から投稿までをも代行します。

おかげさまで、情報発信で顧客獲得を行っている企業からはとてもご好評いただいております。

ご興味ある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

自社のfacebookページの運用を頼みたい!「facebook運用(投稿)代行」
https://www.doubleloop.co.jp/wp-content/uploads/facebook-writingsupport.pdf

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

知ってると便利!facebookメッセンジャー最新機能

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

ビジネスシーンでメールだけでなく、facebookメッセンジャーやLINE、チャットワークなどのチャットアプリを使う人が増えてきました。

今日はfacebookメッセンジャーの隠れ(?)機能について書いてみました。

web戦略ならダブルループ

知ってると便利!?facebookメッセンジャー最新機能

本日は息抜き的なコラムとしてfacebookの最新機能を紹介致します。

主にメッセージ機能ですが、LINEと遜色のない機能が実はfacebookメッセンジャーにも実装されています。

今日は多くの機能の中から5点(+おまけ)をピックアップしてみました。

位置情報の共有

スマホでfacebookメッセンジャーアプリを起動し、特定のスレッドを開きます。

すると文字入力欄の横に4つのアイコンが並んでいます。

一番左の点が四つ並んでいるアイコンをタップすると「位置情報」というメニューが出てきます。

こちらをタップすることで、お互いの位置情報(現在地)を地図上で見ることができます。

位置情報の共有は60分と限定的ではありますが、待ち合わせの際などにはお互いの居場所がパッとわかるので合流することが容易になるはずです。

送信メッセージ削除(取り消し)機能

これは今月リリースされたばかりの機能です。

特定の相手やグループに自分が送信したメッセージを削除(取り消し)することが可能となりました。

ブラウザでは送信したメッセージにカーソルを合わせると横の方に「・・・」というアイコンが表示されるので、そちらをクリックし、「削除」を選ぶとメッセージを取り消すことが出来ます。

スマホではメッセージを長押しすると削除の選択肢が出てくるはずです。

誤って送ってしまったメッセージを削除できるようになり、便利になったわけですが2つほど注意点があるのでお気をつけください。

メッセージを削除すると、「メッセージを削除しました」という事実はスレッド中に残ってしまうという点が1つ目です。

そして、2つ目は送信後10分以内のメッセージしか削除できないという点です。

リマインダー機能

メッセンジャーで仕事のやり取りを行っていて、たとえば「来週の金曜までに作成してください」と仕事などの依頼を行ったとします。

この時に木曜日など特定のタイミングでリマインド(アラート)を送ることが出来る機能があります。

1と同様に文字入力欄の横の4つのアイコンの中から一番左のアイコンを選びます。

次の画面に「プラン」というメニューがありますので、こちらをタップします。

すると時間を選択する画面が表示されます。ここにリマインド日時を入れておきます。

指定した日時になると、facebookメッセンジャーにメッセージが届く時と同様の通知音が鳴ります。

アンケート機能

これはグループチャット専用機能です。

1・3と同様の手順で機能メニューを開くと、「アンケート」というメニューを選ぶことが出来ます。

すると
・アンケート質問文
・集計項目
を入力できるようになります。

日程調整を例に説明してみると・・・

アンケート質問文:次回の勉強会の開催日程について
集計項目1:2月12日 10~12時
集計項目2:2月12日 17~19時
集計項目3:2月13日 10~12時

このように複数名との日時調整に活用することが出来ます。

ボイスメッセージ機能

「文字を入力する余裕がない」「電話するほどでもない」そんな時は、ボイスメッセージ機能を利用しましょう。

ボイスメッセージとは、録音した声を相手に送信できる機能のことです。相手が電話に出られなかった時の、留守番電話代わりに使用することができます。

以下送信の手順です。

▼ボイスメッセージを送りたい相手のトーク画面を開く

▼テキストボックスの横にある「マイクのマーク」をタップ

▼マイクのマークを長押しし、録音開始

▼録音が終わったら、指を離すと録音データを相手に送信

となります。

おまけ(facebookとinstagramの統合が進む)

facebookは2020年秋頃に、「facebookとinstagramでアプリ間のメッセージが可能になる」と発表しました。

実際に、facebookメッセージャーアプリのロゴもinstagramよりのロゴに変更されていますし、今後も益々このような機能統合は進むと思われます。

如何でしたでしょうか?

facebookはSNSとしての側面だけでなく、コミュニケーションツールとしてメッセンジャー機能を強化していっています。

ビジネスシーンで有効活用できる機能も多くありますので、一度お試しください。


弊社facebook関連サービス紹介

■企業facebookページを開設!「19,800円~のfacebookページ制作」

■ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

■自社のfacebookページの運用を頼みたい!「facebook運用(投稿)代行」

SNSにおける「ハッシュタグ」の活用方法

お世話になっております。ダブルループの福田です。

最近はInstagramやTwitterの運用に関するご相談を頂くケースが増えてきました。
ということで、今日はSNS運用におけるポイントの1つであるハッシュタグの使
い方を説明してみます。

SNSにおける 「ハッシュタグ」の活用方法

ハッシュタグをご存じない方もいらっしゃるかと思いますので、まずハッシュタ
グとは何かから説明します。

#●●●

ハッシュタグとはSNSの投稿の中の「#」から始まる文字列のことです。
なぜハッシュタグをつけるのかというと・・・

投稿を検索者や閲覧者に見つけてもらいやすくするため

これが主な目的です。

たとえば最近の私自身の実例でいうと、コロナが落ち着いてた7月上旬の話です。
子供と一緒に潮干狩りに行こうと思って、Instagramで「#潮干狩り」で検索しま した。

すると約12万件の投稿がヒットし、その中から
・最近の投稿
・近いエリアの情報
をピックアップして予定を立てる際の材料にしたわけです。
※実際には雨で行くことは叶いませんでした。

このようにハッシュタグを活用することでフォロワーではない新規ユーザーの流
入経路を作ることができるようになります。

よってTwitter、Instagramで新規ユーザーの獲得を考えている場合、

・投稿の中の特定のキーワードをハッシュタグにより強調
・この投稿は特定ジャンルの内容であることを示す分類

大きくはこの2つの観点から投稿の際にハッシュタグをつけるべきでしょう。

また「ハッシュタグはいくつくらいが最適なのか?」という質問をよくいただき
ますが、これについてはSNSによって異なります。

Twitterであればそもそも140文字という制限があるため、ハッシュタグをたくさ
ん入れることが出来ません。またTwitter公式からは2つまでの使用が推奨されて います。

一方、Instagramでは最大30個までハッシュタグをつけることができます。
けれども30個もハッシュタグをつけて投稿することはあまり良い手とは言えない のでご注意ください。

というのも30個ハッシュタグをつけて投稿するとリーチ(ハッシュタグから検索
者に見つけてもらうこと)数が上がらないというデータが何件かあがってきています。
※Instagramの検索アルゴリズムがオープンになっていないので具体的なことは
言えませんが・・。

今のところ、ハッシュタグとリーチ数の相関から鑑みるとどうやら
10~12個程度 が適正と言えそうです。

ただしアルゴリズムの変更によって適正値は変わっていくことが予想されます。

アルゴリズムの変更に毎回右往左往しないためにも
・どんな投稿で
・どのようなハッシュタグをつけた際に
エンゲージメント(投稿に対するいいねなどの反応)が高かったのか低かったの かを検証する体制を敷いておくことがSNS運用における何よりのポイントです。

WEBサイトもSNSも仮説と検証によって効果を高めるしかありません。
今日ご紹介したハッシュタグは検証対象の1つです。

是非、皆さんのSNSにおいてもどのようなハッシュタグが効果的であるかを検証
されてみてはいかがでしょうか。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

日本最強のSNSアプリ、LINE広告について解説

お世話になっております。ダブルループの福田です。

プライベートで、皆さんは連絡手段(チャット・SNS)にどんなアプリを利用さ
れていらっしゃいますか?

LINEをご利用されている方がきっと多いのではないでしょうか。

国内SNS分野で最多の利用者数を誇るLINEですが、今日はこのLINEへの広告出
稿について解説してみます。

日本最強のSNSアプリ、 LINE広告について解説

日本においてSNSの中で最も多くのユーザー数を抱えているのはLINEです。

参考までに2019年末時点での主要SNSのユーザー数をあげると

・LINE:8,200万人
・Twitter:4,500万人
・Instagram:3,300万人
・Facebook:2,600万人

このようにLINEが断トツのユーザー数を誇っています。
そしてTwitter、Facebook(Instagram)と同様にLINEでも広告を出稿すること が可能です。

今日はLINE広告で出来ること、LINE広告のメリットについて解説していきます。

配信について

LINE広告に出稿すると
・トークリストの最上段(検索欄の下)
・タイムライン
に広告が表示されるようになります。

またLINE NEWSやLINEマンガなど、LINEの他のサービスにも配信されます。
さらに、2019年からLINEがアドネットワークを開始したので、クックパッドなど 外部アプリやメディアにも広告を配信することが出来るようになりました。

ターゲティングについて

FacebookやTwitter広告と同じように、LINEでもターゲットを設定して広告を出 稿することができます。

・年齢
・性別
・地域
・興味関心

といったセグメントからターゲティングしていくことに加えて、Facebookのカス タムオーディエンスのように類似配信機能も有しています。

要するに他のSNSと同等のターゲティングを行うことが出来るということです。

広告費用について

広告の費用は「クリック課金タイプ」と「インプレッション課金タイプ」の2つ
方式に分けられます。

他SNSと同じ課金の種類で、端的に言うとクリックされたり、表示された段階で
費用が発生するという方式です。

なお、クリック単価など実際の費用についても他SNSと大きな違いはないのが
今のところの感触です。

LINE広告のメリット

何といっても利用者・ユーザー数です。

Instagramの2倍以上、Facebookの3倍以上のユーザーがLINEにはいます。
それはつまり、InstagramやFacebookでは獲得できなかった見込客にリーチできる可能性を秘めているということです。

また同様に広告からバズッた際の加速度は他SNSの比ではないはずです。

個人的にLINEは

・仕事オフ=プライベートで使用する人が多い
・ユーザー年齢層は幅広い

以上よりBtoCの低単価~高額商材が合っていると考えています。
とはいえ当然、BtoBでも効果は望めるはずです。

アプリやweb媒体は様々な種類、属性のものがあります。
今日のwebマーケティングにおいては「どの媒体に出稿するか」の重要度が上が
ってきています。

皆さんの会社、サービスにあった広告媒体を今一度見直してみてはいかがでしょ
うか?

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

facebookページ運営のポイント

お世話になっております。ダブルループの福田です。

さて、今日は久しぶりに会社(サービス・製品)のfacebookページ運営のコツについて書いてみます。

facebookページで問合せ獲得や集客を実現したい方は是非、ご覧ください。

facebookページ運営のポイント

自社や自社サービスのfacebookページを作っておくことは、見込客獲得において大いに有効です。

というのも「いいね」をクリックしてもらうだけで、クリックしてくれたfacebookユーザーにいつでも情報を届けられるようになるからです。
※ユーザーがフォローを解除しないことが前提ですが。

一言でいえば

掴んだ見込客を離さない

ということがfacebookページで運用することが出来るのです。

そんなfacebookページを過去に作られた方、もしくはこれから作ろうとしている方に弊社が推奨している設定箇所を今日はレクチャーさせていただきます。

◎見込客がfacebookページを見つけやすくするための設定

・ビジネスカテゴリの設定

facebookページではカテゴリを最大3つまで設定することが出来ます。
会社や製品・サービスに当てはまるカテゴリを設定しておくことで、見込客がfa
cebook上で検索した際に見つけてもらいやすくなります。

・住所を追加

店舗ビジネスの方は住所を登録しましょう。
Googleで近くのカフェや物販店舗を検索するように、facebookでも検索される方
はいらっしゃいます。
その際に住所を登録しておくと見つけてもらいやすくなります。

◎見込客が問合せたくなるようにするための設定

・写真を追加

プロフィール画像とカバー画像を設定しましょう。
見込客はfacebookページを細かく読み込んではくれません。

よって、パッと見て「求めているサービス(会社)のようだ」というインパクトを与えねばなりません。

一瞬でメリットを感じてもらえる写真・画像を設定いただくことをオススメします。
ちなみにカバー画像については動画を設定できるので、サービスや会社に関する動画をお持ちの場合は動画を設定した方が効果的なケースもあります。

・webサイト情報を追加

webサイトのURLをfacebookページに追加しておきましょう。
当然のことながらfacebookページ上でサービスや会社に関して伝えられることは限られます。

また興味を持ってくださった見込客に検索エンジンを開いて社名やサービス名で検索してもらうというのは不親切といえます。

webサイトがあるならば必ずfacebookページに設定するようにしましょう。

・営業時間を都度更新

店舗ビジネスの場合は営業時間を変更した際には必ずfacebookページ上の営業時間情報を更新するようにしましょう。

もし営業時間中なのに過去の情報によりfacebook上では閉店時間扱いになってしまっていたら機会損失です。
また反対に閉店時間にも関わらずfacebookでは営業時間中にしている場合は、顧客満足を損なうことが考えられます。

・おすすめをオンに

facebookユーザーが皆さんのfacebookページに評価・レビュー・おすすめを投稿できるようにする設定です。
おすすめをオンにすることで評価など顧客の生の声がfacebookページに反映されるようなるわけですが、現代のマーケティングにおいてwebの口コミは最重要コンテンツと言っても過言ではありません。

今日のところはここまで。
1つでも未設定な箇所がある場合、是非、設定してみてください。

facebookページは日々コツコツと運営していくことでマーケティング資産として活用できます。
日々の積み重ねを続けていけば無料で見込客を獲得できます。

運用で何かお困りの際には無料相談を承っておりますので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

■弊社facebook関連サービス紹介

■企業facebookページを開設!「19,800円~のfacebookページ制作」

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

■自社のfacebookページの運用を頼みたい!「facebook運用(投稿)代行」

Facebookのストーリーズを使ってみよう

お世話になっております。ダブルループの福田です。

10~20代の若者世代ではInstagramのストーリーズ大人気です。
実は同じ機能がFacebookにも搭載されています。

ということで今日はFacebookのストーリーズの機能、そしてその用途について書いてみました。

Facebookのストーリーズを使ってみよう

Instagramのストーリーズの利用率が急成長しています。

通常の投稿ではなくストーリーズのみを利用したり、投稿以上にストーリーズの
更新頻度を高くしているユーザーがかなり増えてきています。

ご存じない方のために補足すると、ストーリーズとは撮影した写真や動画を瞬時
にアップする投稿手法のことです。

その最大の特徴は投稿後24時間経つと自動で消えるという機能です。
この自動的に消えるという機能がこれまでのSNSにはなかったものです。
ストーリーズ登場以前は、過去の投稿を消すためにはユーザーが意志を持って削
除するしかありませんでした。

自分の投稿欄(フィード)に残り続けることがないため、気軽に利用できること
がストーリーズ躍進の最大の要因だと思われます。

一方、通常の投稿はオフィシャル的というか厳選した1枚の写真、1つの動画を
アップするという具合に、ストーリーズと利用方法を区分けされている方が多い
というのが私の印象です。

そして今日の本題ですが、このストーリーズに類似した機能が実はFacebookにも
搭載されているのです。

その名も「ストーリーズ」という名称で、全く同じです。

搭載されている機能についてもほぼInstagramのストーリーズと同じです。

個人アカウントであれば、スマホのFacebookアプリを立ち上げると画面上部に
「+ストーリーズ」という枠があるはずなので、そこをタップし、あとは画面に
従って写真や動画をアップロードして加工するだけです。

企業アカウントやサービスアカウントなどFacebookページでももちろんストーリーズは利用可能です。

個人的にストーリーズはFacebookページにおいても有効活用できるのではないかと考えて(捉えて)います。

・サービスや商品の疑似体験
・実績紹介
・社員やオフィスなど会社の雰囲気を紹介

このようにFacebookページのストーリーズを、自社や取り扱うサービスやブラン
ド認知のために活用することが出来るはずです。

多くの情報を発信していく必要のあるブランド認知活動において、投稿した内容
24時間で自動的に消えるという機能を活かし、手軽に積極的な情報発信できる
この機能を活用しない手はないでしょう。

ストーリーズでは自社(サービス)を身近な存在に感じてもらう情報を、
通常の投稿では会社オフィシャルとしての情報を発信していけば、皆さんのマーケティングにおいて有益に活きるはずです。

まだストーリーズを試されたことがないのであれば、是非、この機会にお試し
ください。

■弊社facebook関連サービス紹介

■企業facebookページを開設!「19,800円~のfacebookページ制作」

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

■自社のfacebookページの運用を頼みたい!「facebook運用(投稿)代行」

Twitter広告で顧客獲得

お世話になっております。ダブルループの福田です。

前回のメルマガではTwitterがマーケティングツールとして有効であることを説明しました。
今回は広告面からTwitter活用の道を探っていきます。

Twitter広告で顧客獲得

facebook広告のビジネスにおける有用性についてはこのブログで何度も何度も書いてきました。

facebook広告の最も優れている点は・・・

広告を配信するターゲットを詳細まで設定できること

に尽きます。

ターゲットの詳細設定

販売したい商品やサービスに親和性の高い顧客属性が分かっている場合、
facebook広告ならばその属性の人たちのみに広告を配信できるのです。

裏を返せば、サービス関心度が低いであろう顧客層をターゲットから外せること
から、高い費用対効果を生むことが出来ると言えます。

実はTwitterでもfacebook同様にターゲットを絞り込んで広告を配信することが出来ます。

1.キーワードによるターゲティング
2.フォロワーターゲティング
3.インタレストターゲティング
4.オーディエンスターゲティング

などといった広告配信する上でのターゲティング方法がTwitterには存在します。
(他にもいくつかのターゲティング方法があります)

今日はその中から短期的に有効な1と2について紹介して参ります。

紹介する前に、facebook広告とTwitter広告の最大の違いとは何でしょうか。

最大の違いというよりもfacebook広告がこれまで注目を浴びていた一方、
Twitterがビジネス面(広告)で大きな注目を浴びなかった
デメリットと言ってもいいかもしれません。

それは匿名性です。

Twitterの匿名性

ご存知の通り、facebookは実名制のSNSです。
一方、Twitterは匿名アカウントが大半を占めます。

匿名ゆえに属性ターゲティングの精度が落ちることから、
Twitter広告はこれまであまり注目されることがありませんでした。

ところが前回述べた通りTwitterの利用頻度やその内容が異なってきたことから、
現在では十分に広告として有効利用できるフェーズに入ってきました。

ではまずキーワードによるターゲティングについて説明してまいります。

これは名称の通り、Twitterでユーザーが入力したキーワード情報に基づいて
ターゲティングを行います。

具体的には

・検索で利用したキーワード
・ツイートに記載されたキーワード

この2つを対象にします。

たとえば、皆さんが家具メーカーだったとしましょう。
キーワードターゲティングで「ダイニングテーブル」と設定した場合、

「ダイニングテーブルが欲しい!」とつぶやいた人
「ダイニングテーブル 良い」で検索した人

といった具合のターゲティングが行われます。

このように欲求をツイートや検索といった行動に移した人に対して広告を出すことが出来るので、
短期的なコンバージョンの獲得にとても向いているターゲティングと言えるでしょう。

次はフォロワーターゲティングです。

フォロワーターゲティング

これは特定のTwitterアカウントのフォロワーに対して広告を出すターゲティングです。

競合他社やターゲット層が重なるwebメディアのアカウントを指定することで、
顕在的ニーズを抱える顧客層にリーチできるはずです。

Twitter広告では匿名という点がメリットになります。

匿名だからこそ欲求に従った呟きを行います。
匿名だからこそ興味のあるアカウントを簡単にフォローします。

このような匿名の利点をうまく活用できるのがTwitter広告なのです。

まだお試しになられたことがない方は是非、この機会にお試しください。
設定やターゲティングでお悩みの際はお気軽にご相談いただければと思います。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額3万円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから