アーカイブ : 2021年01月15日

コアアップデートから読み取るGoogleの狙い

昨年は大変にお世話になりましてありがとうございました。
ダブルループの福田です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年が明けて2021年、いかがお過ごしでしょうか。

限定的ではありますが緊急事態宣言が発出(する見込が高く)し、マーケティン
グ的には2021年も対面などの地上戦は厳しい環境となりそうです。

webマーケティングの重要性がますます高まる今日ですが、新年1発目の今回は
Googleの最新アップデートについてまとめてみました。

コアアップデートから読み取るGoogleの狙い

Googleのコアアルゴリズムアップデートは通常、年に3、4回実施されています。
コロナ禍の2020年も例外ではなく3回実施され、最後のコアアルゴリズムアップ
デートは12月にありました。

今回のアップデートによって検索順位にどのような影響を及ぼすようになったか
については、例によってGoogleから正式なアナウンスはありません。

Googleがリリースしている記事や関係者のSNSによると、今回のアップデート内容に特筆すべき点はなさそうです。
ただ、これまでと同様にコンテンツ(記事やページ)の専門性やオリジナリティ、読みやすさについては言及されていました。

また弊社のクライアントの様子やweb関係者からの情報を見る限りだと、医療関
連のwebサイトにおいて大きな順位変動が見られました。
※あくまで弊社調べです。

以上から今回のコアアルゴリズムアップデートの内容を総括すると・・・

・ブラックハットSEOのような大きな制約や改正は無い

・コンテンツの専門性やオリジナリティなどE-A-T基準で優れたコンテンツを作る 努力を怠らないようにすること

・ユーザービリティを持続的に高めていくこと

・医療関係(クリニックなどの病院、美容、病気など)においては上記3点を再評価し直したからなのか、順位が変動している

というのが今のところ、掴んでいるファクトです。

この中の「E-A-T」については以前にも当ブログで解説しましたが、Googleの
SEO対策における根幹をなすものとされているので改めて説明してみます。

E-A-TはGoogleの検索品質評価ガイドライン
https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/10/core-updates.html
に登場するキーワードです。

上のリンクの中の「コンテンツに集中する」というタイトル以下の内容がE-A-T
に関する日本語訳内容となります。

ポイントを抜粋すると・・・

・コンテンツは独自性のある内容か

・独自性があり、なおかつ高品質である(誤情報がない)か

・具体的で信頼性が高く、安心して見て良い内容か

・事実のみだけではなく、洞察など意見を含んでいるか

・スマホなどあらゆる端末で適切に表示されているか

・読者の読む気を削ぐほど大量の広告を表示させていないか

・読んだユーザーがシェアしたり、ブックマークする内容か


ザックリですがこんな感じです。




文章として眺めると「当たり前のことじゃないか」という印象を受けます。
が、裏返しに表現してみると、もしかしたら皆さんの中にも思い当たる節がある
のではないでしょうか。

検索品質評価ガイドラインの裏返し一例

・他社のコンテンツに乗じて、似たような業界情報を記事にしている
・速報的な情報を記事にしている(説明が不十分な可能性がある記事である)
・推測ばかりで、十分に調査していない内容を記事にしている
・外部のライターに委託して制作させた低品質コンテンツである、
 それも大量生産(制作させた)したうちの1つである

皆さまがたにおいては、2021年は(も)是非、このような点に注意していただき
ながら、良質なコンテンツを制作していただければと思います。

コンテンツ制作で何かお悩みがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

WordPressの凄さをバージョンアップの歴史から紐解く

お世話になっております。ダブルループの福田です。

「ホームページを作るならWordpress」こんな話を聞いたことがあるのはweb界
隈の方だけではないはずです。

ではWordpressがなぜ便利なのかを、直近のバージョンアップをもとに紐解いて
みます。

WordPressの凄さをバージョンアップの歴史から紐解く

webサイトを管理・運用・制作していくシステムのことをCMS(コンテンツ・
マネジメント・システム)と言いますが、現在、数あるCMSの中でシェアトップ
なのはどのツールでしょうか!?

正解はWordpressです。
※タイトルからご察しの通りです^^;

皆さんもその名前を1度は耳にしたことがあることでしょう。

WordPressの世界シェアは40%弱でシェア率では断トツです。
なぜそんなにも評価されているのか・・・ということについては多方面で語られ
ていますので割愛して、今日は最近の機能改善、いわゆるバージョンアップ内容
をもとにWordpressの利便性を解説してまいります。

WordPressは2003年に登場して以来、延べ39回のバージョンアップを遂げてきました。
ここ2年は年3回のペースでバージョンアップを行っています。

ご参考までにWindows10は1年に2回です。
※バージョンアップの内容やボリュームを比較できないので対象として正しいの
 かはさておき^^;

要するに頻繁に機能改善が行われているということです。

では具体的にどんな風に使いやすくなってきているのかを直近3回のバージョン
アップ内容をもとにみてまいりましょう。

記事の作成のしやすさ

ソーシャルアイコンの挿入、色のバリエーション、文字数表示などユーザーの見
やすさを考慮するライターにとって有難い機能が搭載されました。

SEO対策

・サイトヘルスステータス
SEOに加えてセキュリティも管理画面上でチェックというか、パフォーマンスが
イマイチだったりセキュリティ異常がある際に通知が届くようになりました。

・XMLサイトマップ生成
WordPressにおいては以前まではプラグインでサイトマップを生成している方が
多かったと思いますが、標準機能で対応できるようになりました。

直近3回のバージョンアップの中で、技術的な改善を除くとこんな感じの機能改善が図られています。

導入当初は使いづらいと非難を浴びたGutenbergも利便性は高まってきていて、
WordPress5.4にバージョンアップした際にはエディターの読み込み時間が14%、入力にかかる時間が51%も短縮したという事例がありました。

このようにWordpressは無料のCMSながら毎年「使い勝手」と「検索性」の面で大きく改善がなされています。

コンテンツを自社で追加していかれるのであれば断然Wordpressがオススメです。
※シェアが高く、オープンソースであるため多くの情報が公開されていることか
 ら脆弱性の問題が多く発生するデメリットを抱えていることも事実ですので、
 その点にはご注意ください。 

コロナによって足を使った営業活動が難しくなった今日において、webサイトの
役割は多様化し、これまで以上にwebマーケティングの重要性は増していくはず
です。

ニューノーマル時代のweb戦略にお悩みの方はどうぞご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

SEOにおける被リンクの重要性と集め方

お世話になっております。ダブルループの福田です。

前回はスマホ版SEOのポイントについて書きましたが、今回はSEOの王道「被リ
ンク」について書いてみます。

SEOにおける被リンクの重要性と集め方

SEO対策における被リンクの重要性は今も昔も変わらず高いままです。

もう説明不要かもしれませんが、被リンクとは他のサイトで自社サイトをリンク
付きで紹介された時のリンクのことを指します。

ではいきなりですが
なぜ被リンクはSEOにおいて重要度が高いのでしょうか?

簡単です。

被リンクが多い≒記事の信用性が高いからです。

様々なサイトにリンクを貼られるということは、その(リンク元の)記事やサイ
トのコンテンツが面白かったり、役に立つということを示しています。

この被リンクについてはGoogleも触れていて、サイト評価の1つの指標にしてい
ることは間違いなさそうです。

被リンクを増やし、SEO対策を行う一連の流れをまとめてみると・・・

1.検索者などユーザーが喜ぶようなコンテンツ(記事)を作成する。
  ※サイト単位ではなくまずは1ページでOK。
  ※この時、検索者に見つけてもらいやすいページ構造にする。

2.コンテンツを発信する。
  発信手段はメルマガやSNSなど。

3.自社コンテンツが他サイトにて掲載される=被リンクの獲得

ザックリとですが、このような感じです。



このうち、皆さんご自身で実施せねばならないことは1と2です。
結局は良質なコンテンツを作って、自身の手で発信することがという努力が必要
で、webだからといって打ち出の小槌的な楽な方法なんてないのです。

上にあげた1~3の方法は新たに被リンクを獲得していく話でした。
さて、既に自社にwebコンテンツがあり、一定数以上の流入が発生している場合
の被リンクSEO対策は少しだけ話が異なります。
既存コンテンツがある場合の被リンクを用いたアプローチは次の通りです。

1.被リンクを調べる


Googleサーチコンソール(https://search.google.com/search-console/about?hl=ja
など被リンクチェックツールを使って被リンク元を調べる。

2.質の低い被リンクを否認する


被リンク元のサイトが低品質だったり、以前に流行ったディレクトリ登録型サイ
トからの被リンクについてはリンク否認を行いましょう。

相互リンクのように「のべつまくなしにどんなサイトでも構わないのでとにかく
多くの被リンクを獲得しようとしている」という意思が皆さんのサイトに見える
場合、現在のSEOにおいてはプラスどころか悪影響を及ぼすことすらあり得ます。

よって上述したように被リンクの質を調査して、良い被リンクを残し、悪い被リ
ンクを削除していく必要があります。

被リンクはその重要性の意味を理解した上で正しく対策しなければいけません。

小手先のテクニックではなく、しっかりとユーザーに評価されるようなコンテン
ツを作って、良質な被リンクを獲得していくことを意識してください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」


スマホ版SEOの肝

お世話になっております。ダブルループの福田です。

以前までは、webサイトのスマホ対応が急がれていたのはBtoC業界だけでした。
ところが今日ではあらゆる業界においてスマホなどモバイルデバイスでのサイト アクセスの方が増えてきている状況で、業界問わずホームページなどwebサイト のスマホ対応を迫られています。

さらにはサイトのスマホ対応は必須である上に、SEO対策も徹底せねば検索者に
見つけてもらえません。

ということで今日はスマホ版のSEO対策のポイントをまとめてみました。

スマホ版SEOの肝

スマホなどモバイル端末でのwebサイトの利便性が重要であること

これは私個人の意見ではなく、Googleが正式に表明していることです。
Googleの言葉を借りればモバイルフレンドリーというのが、スマホでのサイト利 便性のことを指します。

そして2018年から本格的にスマホ利便性はSEOにおける重要な指標の1つになり
ました。

スマホSEO対策において何が重要なのかというと、3つのポイントを今日は紹介
してまいります。

1.webサイトのスマホ対応化


当たり前のことですがまずはwebサイトをスマホに対応させねばなりません。
具体的にはPCとスマホで同じような画面構成(ユーザーインターフェース)では ダメということです。

考えてみてください。

PCならばそこそこ大きな画面(モニター)でお客さんはwebサイトを閲覧します。
ところがスマホはどうでしょう。
比較にならないくらい小さな画面です。なのに同じサイト構成であったとしたら
お客さんはピンチアウトし、目を凝らしながらサイトを閲覧しなくていはいけま せん。

そう、お客さんにとって見づらくてしょうがない(不利益を与えている)のです。
そのようなサイトはスマホ版SEOにおいて低評価を与えられてしまうのは当然と
言えます。

ところで、webサイトのスマホ対応には

・レスポンシブデザイン
・スマホ専用サイト

大きくこの2つの方法があります。

前者はお客さんの閲覧している端末に合わせて自動的にサイトの構成(UI)を
変化させるシクミです。
一方、後者はお客さんがスマホでアクセスしていることを感知し、スマホ専用の サイトへ誘導するパターンです。

最近になって前者のレスポンシブデザインの方がスマホ版SEO対策においても評
価されやすいことが分かりましたので、今からサイトのスマホ対応を実施する場
合はレスポンシブデザインで対応するべきでしょう。

皆さんのサイトがスマホ対応しているか否かについては

モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

Googleのこのツールを使うと一発で判定できますのでご興味ある方はお試しく
ださい。

2.ページ表示速度の改善


5Gが当たり前の時代になると変わってくるのかもしれませんが、現在においては スマホユーザーにとっていわゆる「重たいサイト」は大きなストレスを与えます。
よってスマホ版SEOにおいても悪影響を及ぼすことになります。

ページスピードインサイトhttps://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

Googleからこのようなページの表示速度測定ツールが出ています。
こちらにURLを打ち込み、測定してもらうだけで速度が良いのか悪いのかに加え 悪い場合、改善すべきポイントはどこなのかを教えてくれる代物です。

まずは測定してみていただくことをオススメします。

3.メインコンテンツのブラッシュアップ


webサイトとはメインコンテンツの引きの強さによって問合せ数が増えます。
よってメインコンテンツをスマホ版にブラッシュアップすることで、スマホから
アクセスしたお客さんが喜ぶのであれば、スマホ版SEO対策においてもとても良
い影響を与えるはずです。

メインコンテンツまでのアクセス(到達)方法
メインコンテンツからの問合せ導線
ヘッダーやフッターメニューの位置、表示方法 など
画面構成をブラッシュアップして、いわゆるユーザーエクスペリエンス=UXの
向上を目指しましょう。
 


 
如何でしたでしょうか。他にも細かい点を挙げたらキリがないのですが、大きく
影響を及ぼすポイントをかいつまんで解説してみました。

PCのSEO対策同様、原理原則は
「お客さんにとって見やすいかどうか」
「お客さんにとって有益か否か」
です。

皆さんのサイトのスマホ版SEO対策状況を見直すヒントになれば嬉しいです。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

meta descriptionでSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本メルマガでは繰り返し伝えていますが、SEO対策における王道は質の高い記事
やサイトを制作することです。

それに加えて

Googleに正しくサイトや記事の内容を認識させる努力

これもまた重要です。
今日はそのテクニック的な部分に関して解説していきます。

meta descriptionでSEO対策

meta descriptionを皆さんはご存知でしょうか?

WEB業界やWEBに携わっている方でないと耳覚えのない言葉でしょう。

meta description(メタディスクリプションと言います)とは、webページの
説明文のことを指します。

Googleで検索した際、検索結果には大きな文字(見出し)で記事のタイトルが
表示され、また小さな文字でその記事の説明文が表示されます。

この説明文こそがmeta descriptionです。

検索結果の中からmeta descriptionを見て記事を読むかどうかを判断された経験
をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そうなんです。
meta descriptionの内容次第でその記事を読むかどうかを判断する人がいるのです。
さらにmeta descriptionによって検索順位が高くなることもありえます。

ではどのようなmeta descriptionが効果的なのかを
・meta descriptionに書くべき内容
・文字数

という点から解説を進めます。

まず

書くべき内容について

meta descriptionで書くときに検討すべきは・・・

・ページとmeta descriptionの内容の整合性をとること
・検索者の検索キーワードを配置すること

まず当然のことながら作成したページとmeta descriptionの整合性が取れていな
ければなりません。

整合性が取れていない場合、meta descriptionを見てページに入ってきた検索者
のニーズを満たすことが出来ず、その結果としてページ滞在時間が短いことなど
からSEO効果を望めなくなります。

次に「検索者がどのようなキーワードを検索して、自分のページにたどり着くか
という点を考慮してmeta descriptionを作ることも重要です。

PCで検索した場合、meta description上では検索キーワードが太文字で強調さ
ます。

検索者としては検索キーワードに興味があるわけなので、キーワード(太文字)
の前後文を読み込むはずです。

このように検索者の行動導線を想像しながらmeta descriptionを作成しなければ
いけないのです。

さて続いては

meta descriptionの文字数について。

検索エンジンのアップデートに伴いSEOに有効な推奨文字数は変わりますが、今
時点では「約90文字」と言われています。

PCでの検索時には140文字前後が、スマホでの検索時には90文字程度がmeta
descriptionに表示されます。

PCとスマホ両方での見やすさを考慮するとなると、(表示文字数が少ない)ス
ホの文字数に合わせるべきと言えるので
「約90文字」
という推奨文字数になるのです。

meta descriptionも結局は検索者の利便性を高めるための設定です。
検索者のニーズを満たすという本質的な価値にそってこそ、SEO対策と言えます。

記事制作も設定面も検索者(ユーザー)目線で作っていきましょう。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

Youtubeマーケティングはすぐに取り組める?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

休みの日、家に籠もることが増えた人は多いのではないでしょうか。
かくいう私は原則、StayHomeです^^;

家にいるとちょっとの時間にYoutubeを眺めることが増えました。

最近はいわゆるYoutuberだけではなく、企業や企業人のチャンネルが目立ってきました。

ということで今回は企業がYoutubeを活用する手順をザックリとですが書いてみ
ました。

Youtubeマーケティングはすぐに取り組める?

webマーケティングの王道は独自ノウハウをテキストにまとめあげること、そう
いわゆるコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングは一部画像などで視覚的に訴求することもできますが
主に文字で情報を伝えます。

同じく文字情報のマーケティングではFacebookとTwitterを使ったSNSマーケティングで、これもwebマーケティングの1つのジャンルと言えるでしょう。
※Instagramは画像情報によるマーケティングですね。

文字情報によるwebマーケティングの特長は

・ノウハウを言語化することで自社の無料商品となる
・ノウハウが検索者のニーズを満たすものであれば検索結果で上位に表示される
・その結果、見込客が集まるようになる

このようにノウハウを文字にすることで『情報資産』になり、集客を加速させる
ことが出来るのです。

そして、ギガ放題、さらには5Gが到来するこれからの時代では文字ではなく動画情報が鍵を握ってくると思われます。

それが今日のテーマ、Youtubeマーケティングです
Youtubeマーケティングもwebマーケティングの1つのジャンルと言えるでしょう。

なぜYoutubeがいいのかというと

・「文字を読む」よりも「目で見て耳で聴く」という情報収集を好む人 がいる
・文字情報のマーケティング同様、動画というカタチで情報資産になる
・一度、自社や自分のチャンネルを見てもらえれば検索結果に表示されるようになる

といった特長があるからです。

ところが、一般企業にYoutubeマーケティングの話を提案すると
「どんなコンテンツを発信すればいいのか分からない」
と仰られる方が割といらっしゃいます。

では具体的にどのように取り組んでいくべきかを説明していきましょう。

結論から申し上げると・・・・

コンテンツマーケティングと同じ

です。

見込客が欲していそうな情報を動画でまとめて発信する

ただこれだけです。

たとえば、今、webサイト上でブログなどを用いてノウハウをまとめて発信され
ている場合、それを喋りっている姿をビデオで撮影すればいいのです。

一例をあげるならば弊社がwebサイトの制作に携わったエクレアラボさんという
会社があります。

こちらの会社は数年前よりコンテンツマーケティングを自社で制作し、展開しは
じめました。

https://営業.みんな

このサイトは同社の社員の中に読書好きな方がいらっしゃり、主に営業に関する
内容を読書によって得た知見とご自身のノウハウをミックスさせて記事にしてい
ます。
「営業 不要」で検索すると上位表示されるほどになりました。

そして、今年に入ってからYoutubeもスタートしました。

それがこちらです。

https://www.youtube.com/channel/UCovIH4cbSRhcKnEFHI0ORoQ

まだ始めたばかりなので登録者数は100名弱とのことで、最高視聴数も500回ちょ
っととのことです。

が、話している内容は上のサイトに書いてある内容と一緒なのです。

コンテンツマーケティング用に書いた記事を読み上げてるだけ。

ただそれだけで、集客ルートを2つ作ることが可能です。

このように・・・

・既にコンテンツマーケティングを行っている方
・これからコンテンツマーケティングをスタートしようとしている方

はYoutubeマーケティングも同時に始めるべきでしょう。

1度作成したコンテンツを違うプラットフォームに2つ載せることで、より多くの
集客を見込めます。

まさに一石二鳥です。

コンテンツマーケティング、Youtubeマーケティングにご興味ある方はどうぞお
気軽にご相談くださいませm(_ _)m

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


海外SEOで販路拡大

お世話になっております。ダブルループの福田です。

コロナウイルスによる経済活動の停滞を目の当たりにして
「事業の多角化」「事業の多方面展開」
の重要さを再認識しました。

ということで、今日は多方面展開の際のSEO対策について解説してみました。

海外SEOで販路拡大

海外SEOというweb用語があります。

その名の通り、外国の検索者に向けて自社の会社やサービスサイトを最適化する
海外向けSEO対策のことです。

サービスや製品を海外へ販売展開することをお考えの場合、海外SEOにうまく対応 することができれば販路をより広く構えることができます。

では海外SEOで具体的に何を取り組めばいいのか、どんな対策をすればいいのか
を今日は紹介してまいります。

まずやってはいけないことから。

これは国内向けのSEO対策が不十分なケースの話ですが、質の低いwebサイトコン テンツを単に翻訳して海外向けのサイトとして提供するだけでは、Googleから最 大限の評価をされないので、海外SEOが失敗に終わってしまうことが考えられます。

そう、国内も海外SEOも原理原則は一緒なのです。

検索者が求めているであろう良質なコンテンツを作ること、これに限ります。

では国内向けの良質なサイトコンテンツがいくつか出来あがってきて、国内から
は一定のサイト流入が発生し始めたとしましょう。

こうなってようやく海外SEOへ着手できます。

まず国内で検索結果上位に表示されている質の高いコンテンツをサイトの中から
ピックアップします。

そしてそのコンテンツを翻訳します。
翻訳する際、自動翻訳ツールを使ってもいいのですが、まだまだ精度が高いとは 言えません。

せっかく良質なサイトコンテンツであっても翻訳の仕方次第で、海外においては
低質であると判断されてしまうかもしれません。
なので本腰を入れて海外SEOを行う場合、海外の検索者視点で翻訳していくよう
相応の時間・費用コストを投じるべきです。

また細かい点にはなりますが、

・ターゲット海外地域に認識してもらいやすいURLを構える

・海外向けのサイト上では言語や会社地域を記す

・ターゲット地域のサーバーを利用する など

このようなポイント(E-A-Tやユーザビリティ)を考慮することで、Googleより 「海外向けのサイトである」と認識(インデックス)され、海外で検索上位表示されやすくなっていきます。

※E-A-Tについては下記ブログをご参照ください。
https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7840/

国内でのSEOがうまくいっている場合、海外SEOを実施することで(もし海外に
2倍以上のマーケットがあると単純に仮定すれば)倍以上の成果を得ることが
望めます。

海外向けのwebマーケティングをお考えの際には一度、ご相談くださいませ。

お知らせ情報

■web業界に特化した転職サイト「ネクストキャリアクリエイト」OPEN!
web業界の就職・転職に特化した求人サイトを弊社にてリリースしました。

ネクストキャリアクリエイト
https://nc-create.com/

webデザイナー、webディレクター、グラフィックデザイナー、フロントエンジニ アなどweb制作に関わる人材をご紹介することが可能です。

web制作に関わる企業様のお役にきっと立てるはずです。
ご興味有る方は是非、企業会員(無料)としてご登録ください。
※成果報酬手数料のキャンペーンを行っています!

ネクストキャリアクリエイト 求人企業登録ページ
https://nc-create.com/cliant/

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから