アーカイブ : 2016年10月27日

PCとスマホのSEOが分離!?

ダブルループの福田です。

最近、何か気になっていることや考え事をする際のヒントは、

移動中にスマホで情報を探すようになりました。

 

 

スマホで検索。

気になったサイトがあれば、ブックマークしたり、メモに残す。

そして、後々パソコンでじっくりと読み込む。

 

 

このような思考行動プロセスです。

 

こうなると、スマホで見やすいwebサイトの方が当然、閲覧しようという気持ちが働きます。

 

そんな矢先、GoogleよりスマホとPCの検索評価に関する発表がありました。

 

 

今回のWEB戦略コラムは、これをテーマにお話しします。

 

images-1

 

PCとスマホのSEOが分離!?

 

 

先日、

「Googleが、パソコン版とスマートフォン版のインデックスを分離することを発表した」

というニュースが入ってきました。

 

これは端的に言うと・・・

 

パソコンとスマホのそれぞれにおいて、webサイトが適正かどうかを評価する

という意味です。

 

スマートフォンが普及してから今日まで、

基本的にはPC版のSEO対策がPCにもスマホにも反映されていました。

 

それが近年になって、

「スマホでも見やすいwebサイトに加工されていること」

がSEO対策で評価されたり・・・

というアルゴリズムの変更がなされていました。

 

しかし、今回の発表を見ると、

パソコンとスマートフォンで異なる検索エンジンになる

と表現しても過言ではないほどの変更が考えられそうです。

 

webサイトを、スマホのような小さな画面でも見られるように画面サイズが閲覧端末によって自動最適化することは当然のこと、

(ここからは私の想像の域ですが)

 

・スマホ向けのクリック(タップ)しやすい問合せボタンがある

・電話番号が画像ではなくテキストで、タップするだけで電話がかけられる

・SNS上でwebサイトの情報をアップしやすくなっている

・スマホ最適化がなされているwebサイトに被リンクが貼られているか

などなど

 

 

「スマホゆえの工夫がされているwebサイトが検索時に

上位表示されるようになる未来」

 

が近くなったと言えるでしょう。

 

昨年時点で、スマホの検索数がパソコンのそれを超えた

という発表がありました。

 

今回のGoogleのスマホ対応の如何にかかわらず、

スマホでwebサイトを見やすくする加工は必要最低条件

と言える時代に突入しています。

 

多様化する情報過多の現代において、

見やすく発見してもらいやすいwebサイトを作ることは、

もはや当たり前の企業努力となりました。

 

もし、会社や取扱商品・サービスのwebサイト(ホームページ)が、

まだ、スマホ最適化されていないようでしたら、

一度、当社にご相談ください。

 


images

 

 

ペンギンアップデート4.0が開始

ダブルループの福田です。

前回のコラムで

「Googleでひそかにアルゴリズムの変更が行われていて、検索順位がなんだか大きく変動しているぞ」

といった記事を書いたのですが。

Google検索ランキング変動?
http://www.doubleloop.co.jp/2016/09/5594/

 

すると、9月23日にGoogleより

「ペンギンアップデートを順次開始する」

と発表がありました。

 

やはり9月の検索順位変動はアルゴリズム変動の予兆、

というよりもGoogle内のテストによるものだったのでしょうね。。。

 

ということで(?)、

今回はペンギンアップデートの基礎から最新情報までをお伝えします!

 

 

9月23日にGoogleより

「ペンギンアップデート4.0」を順次展開していくことが発表されました。

 

「そもそもペンギンアップデートって何?」という疑問から、

今回新たに施行されたペンギンアップデート4.0の内容とその対策について

まとめました。
 
 
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
 
 

ペンギンアップデートとは

 

ペンギンアップデートというのは、

Googleでの検索結果の順位(ランキング)を決定するための

順位決定・評価プログラム=アルゴリズムの機能更新のことです。

 
大規模の更新がある毎に、1.0、2.0と名付けられ、

今回は四度目の更新ということでペンギンアップデート4.0と呼ばれてます。
 

 

ペンギンアップデートによるSEO対策への影響は?

 

ペンギンアップデートが行われると、リンクに対する評価基準が変動します。

 
つまり、webサイトの被リンクの評価が変わるため、被リンクが低品質であると評価されれば、検索順位が下がったりすることがあり得るというわけです。

 
ペンギンアップデートでは、被リンクの評価基準の変動が大きいため、
世の中の検索結果(ランキング)が大きく変動します。

 

それゆえ、WEB業界内ではとても注目されています。

 
images-1

 
 

ペンギン4.0では何が変わったのか?

 

今回のペンギンアップデート(以下、ペンギン4.0)の主な変更点は、
次の2点です。

 

1.リアルタイム化

2.順位変動の繊細化

 

 

1から説明してみます。
 

リアルタイム化

 
リアルタイム化を噛み砕いていうと

「SEO対策をリアルタイムで評価して、検索結果に反映させる」

という意味です。

 

例を挙げると、

良い被リンクが自社のwebサイトにつけば即座に順位が上がるということです。

 

裏を返せば、

悪いリンクがつくとすぐに検索順位が下がってしまうとも言えます。

 

一方で次のように考えることもできるはずです。

 

「あるリンクをつけた(SEO対策を実施した) → しかし順位が下がってしまった → ただ悪い結果の検証スピードが速くなり、自社のwebサイトにとって良いリンクを見つけやすくなった。」

 

つまり最適なSEO対策を実施しやすい環境になったとも言えるでしょう。

 

続いて2の順位変動が繊細になった、ということについて説明します。

 

 

位変動の繊細化

 
これまでは低品質なリンクをサイトにつけた際、検索結果で一気に圏外まで落ち込んでしまった、といったことがあり得ました。

 

しかし今回のこの発表内容によると、
たとえ低品質なリンクを張ってしまったとしても一気に圏外まで飛ばすことはせず、緩やかに検索結果が下がっていくようにします、
という意味が見て取れます。
 
web-developer
 
 

ペンギン4.0への対策

 

今回のペンギン4.0の変更点を見る限り、

SEO対策がよりチャレンジしやすい環境になったと言えるでしょう。

 

これまでは・・・

「ちょっとリスキーだが、良さそうな被リンクをたくさん集めてみよう」

というトライをした場合、

「一気に検索上位に表示されるようになった!」

「上位どころか、圏外までランクダウンした・・・orz」

と極端な結果になることがあり得たため、
リンクによる対策はギャンブル的要素がありました。

 

しかしペンギン4.0によりリアルタイムにSEO対策の結果が反映され、
なおかつ極端に順位変動することはなくなったことから、スピーディーかつ最善のSEO対策を実施できるようになりました。

 

もっと言えば、
WEB集客、WEB戦略に対して日ごろから一手一手を検証していけば小さなリスクで他社と差別化を行うことが出来るようになった言い換えられます。

 

みなさんの会社のwebサイトは、日、少なくとも週単位でSEO対策を見直していらっしゃいますか?

 

「WEB戦略を策定し、その戦略を日々、愚直なまでに検証することがインターネット時代の集客の在り方である」

と今回のアップデートでGoogleが示唆しているのではないかと私は考えます。

 

WEB戦略、WEB集客について一度、見直したい場合は、
いつでもお気軽にご相談下さい。

 

 

Google検索ランキング変動?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

梅雨のような空模様が続きますね。

これが明けたらまた夏が来るのでは・・・と思わせるような気候です。

体調管理には気を付けていきましょう。

 
 

さて、今回のコラムでは、

「Googleの検索ランキングの変動」

について触れてみました。
 
 
30e94e108e6ddb5561c65e7e84e2646f_s
 
 

Google検索ランキング変動?

 

今月に入ってからというもの、

「日本のGoogle検索ランキングが大きく変動している」

と、WEB業界では何やら騒がしくなっています。

 

Googleからは正式なアルゴリズムのアップデートの発表は出ていません。

よって、「テスト的なアルゴリズムの変更が行われているのでは?」と、

今のところ考えられています。

 

アルゴリズムには、

「コアランキングアルゴリズム」

と呼ばれるものがあります。

 

コアランキングアルゴリズムの変更や更新の場合、Googleから更新アナウンスは発表されません。

よって、今回の検索ランキング変動はもしかしたらコアランキングアルゴリズムが変更された可能性があります。

 

ではコアランキングアルゴリズムとはそもそも何なのかを今日はご紹介します。

 

コアランキングアルゴリズムとはそもそも何なのか

 

紹介しますと申したものの。。。。

「コアランキングアルゴリズムが正確にどういったものをさすのか」は、

WEB業界で明らかになっていません。

 

Googleの検索アルゴリズムのベース(基本)になっているもの

と表現することが精いっぱいです。

しかし、よくSEO対策において重要だと言われている以下の対策は、

コアランキングアルゴリズムの一部と言えるでしょう。

SEO対策

・「titleタグに検索順位対策のキーワードが含まれている」
・「被リンク」
・「webサイトのページ構成」
・「descriptionでの対策」
・「h1,2,3などhタグの対策」等

ペンギンアップデートやパンダアップデートのような大掛かりなアルゴリズムの

変更の際には、Googleが発表することもあり、とても注目されます。

 

でも実は日々、コアランキングアルゴリズムの変更は行われており、

「大掛かりなアップデートでなくとも、検索ランキングには大きな影響を及ぼしている」

ということです。

 
 

まとめ

 

Googleは日々、

検索者のニーズに応え、利便性を高めるために様々な工夫を施しているのです。

 

そのため、情報提供側(私たちWEB業界はもちろん、企業である皆様)も、

「日」単位でWEBからの情報発信を改善していかなければなりません。

 
新製品やイベントを開催する時だけ情報を発信するのでは、

検索者、そしてGoogleのアルゴリズムは満足しないのです。

 

「日々の情報発信、コンテンツ作成を続けていくこと」

が、今後のWEBマーケティングにおける課題と言えるでしょう。

 

 

facebookページのデザイン変更の意図とは!?

今や、電車やバスなど公共交通機関に乗ると、

本や雑誌を読んでいる人よりもスマートフォンを眺めている人の方が

圧倒的に多く目につきます。

新たな情報を仕入れたり、気になっているwebサイトを探すことを

まずはスマホで・・・という人が多いようです。

今日はwebサイトにおけるスマートフォンとパソコンの画面デザインについて、

facebookを例に解説してみました。

15760573253_b420052918_b

facebookページのデザイン変更の意図とは!?

今年6月にfacebookが、facebookページのパソコン用画面デザインを
変更しました。

約2年ぶりにページデザインが変更されました。

主な変更点

主な変更点としては・・・

1. タイムラインが2カラムから1カラムに
2. タイムライン上(投稿)のサムネイル画像のサイズ
3. カバー写真のサイズおよびレイアウト
4. お知らせが確認しやすく仕様に
5. 設定画面が見やすい仕様に

といったところです。

 

軽微なデザイン変更の理由

デザイン変更といっても画面レイアウトや仕様が大きく変更したわけでは

ないので、お気づきになられなかった方が多かったのではないでしょうか。

軽微な変更と言えるでしょう。

 

しかし・・・

「なぜ、今更、これほどまでに軽微なデザイン変更をしたのか?」

と考えられませんか。

 

察するに(あくまで私の推察です)、

スマートフォンとパソコン画面の差を減らすためではないかと考えます。

 

facebookの日本国内利用者数は2,500万ユーザーいるといわれていて、
そのうちスマホ(モバイル)からのアクセスが92%だそうです。

 

スマホユーザーはパソコンでもfacebookを開くことが予想されます。

 

となると、スマホでもパソコンでも画面構成に大きな違いがないユーザーは
ストレスなくfacebookを利用できるはずです。
つまり、facebook社は、

「スマホとパソコン画面の相違をなくすことが、facebookをヘビーユーズしてもらうためのポイント」

だと考えているのではないでしょうか。

facebook-257829_960_720

まとめ

パソコン画面のデザインをスマートフォンに近づける取り組みはfacebookだけでなく、Googleでも行われています。

Googleアドワーズの右側広告が廃止

http://www.doubleloop.co.jp/2016/03/5022/

 

このようなスマートフォンへの最適化は、スマホ利用者の拡大により今後、
ますます加速していくと考えられます。

実際に弊社においても、
「ホームページをスマートフォンでも見やすく最適化したい」
というお問合せが多くなっています。

もし会社のホームページのスマホ最適化をお考えの場合は、
どうぞお気軽にご相談ください!

知らないと危険!? 間違ったSEO対策とは

これまで当コラムでSEO対策の手法を幾度にわたって述べてきました。

Googleのガイドラインに従って、検索する人、

言い換えればあなたにとっての見込客が欲している情報・コンテンツを

継続して提供していくことで検索順位は自ずと上がるようになっています。

 

※Googleガイドライン:

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

しかしガイドラインの穴をつくような、グレーゾーンをつつくようなSEO対策

により、検索結果で上位表示されるよう意図的に操作する手法が

以前より存在しています。

 

これらの手法は、現在において「ブラックハットSEO」と呼ばれ、

真っ当なSEO対策の効果を下げてしまう可能性があります。

 

今日は知らず知らずのうちにブラックハットSEOを実施していないかを

ご確認いただくために、ブラックハットに分類されるSEO対策を紹介します。
 
3431433137_1329a1f5cc
 

 1.有料リンク

業者からリンクを購入し、意図的に被リンク(外部リンク)を増やす方法です。

以前までは「被リンク数=そのサイトが賑わっている」と判断され、
検索結果に良い意味で大きく影響していました。

しかし、近年においては被リンクをお金で購入するなど、被リンク数の増加を自作することができるようになったため、Googleは

意味のない被リンクを多く含むホームページに対してはペナルティを課す傾向にあります。

※もちろん意味のある被リンクに対してはSEOにおいて正しく評価されます。

 

2.相互リンク集

自社のホームページを特定のサービスに登録すれば、そのサービスに関連しているホームページからの被リンクをもらえるというものです。

こちらも有料リンク同様、被リンクを劇的に増やす手法として一時期とても流行りましたが、現在ではペナルティの対象と言われています。

 

3.隠しテキスト・隠しリンク

ホームページ上の背景と同じ色の文字リンクを貼り付けておくことで、SEO対策を実施するという手法です。

しかしSEOで評価されるべきは「ユーザー(検索者)にとって有益かどうか」です。

隠しテキストは、ユーザーにとって意味のない行為とみなされ、ペナルティの対象です。

 

4.ブログなどへのコメントリンク

ブログを過去にやったことがある方なら一度はご経験があるかと思います。

ブログとは関係のない意味のない文章とともに不明なリンクが張られるコメント、これがコメントリンクという手法にあたります。

これもブログ内容とは関係のないコメントとリンクは悪質な手法ということで現在は対策がとられています。

 

5.ワードサラダ

GoogleやYahoo!といった検索エンジンでは、
「ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、そのニーズを満たすコンテンツが用意されたホームページを表示させる」
ことを目指しています。

ニーズを満たすコンテンツには当然、特定のキーワードが含まれた文章が入っています。

この特定のキーワードが含まれた文章をコンピュータで自動生成させることを「ワードサラダ」と言います。

コンピュータによる自動生成のため、ユーザーにとって意味のないコンテンツであるケースが多く、SEO対策においてのみ有効な手法なので現在においては、
ワードサラダを大量に含むホームページはペナルティの対象となっています。

 

 

本日はブラックハットSEOの中でも代表的な5つの手法を紹介しました。

もしあなたの会社のホームページで、この中に当てはまる対策をとられている

場合は中止して、検索者が求めている有益なコンテンツ作りを始めましょう。

 

【ご参考】

検索ニーズを満たすコンテンツの作り方http://www.doubleloop.co.jp/2016/02/4923/

 
 

地域特化型WEBサイトにおける SEO対策の勘所とは!?

地域特化型WEBサイト

皆さんは、「ヴェニスアップデート」という言葉をご存じでしょうか?

Googleのアルゴリズムが変更する際には、「●●アップデート」と特定名称がつきます。

ペンギンアップデートやパンダアップデートという名称を耳にしたことがある人も多いのではないかと思います。

ヴェニスアップデートも例にもれずアルゴリズムの変更を指します。

実施時期は少し昔で2014年末頃でした。

このヴェニスアップデート以降、検索ユーザーの地域性を考慮した検索結果が表示されるようになってきています。

飲食・観光・士業・教育等の地域性の高い業種の会社や、複数の店舗・拠点を展開している会社の場合には・・・・

『その地域に根差した情報(コンテンツ)をwebサイトから提供できているか』

という点が最近の検索結果では重要視されるようになりました。

では具体的にどういった手を打てばいいのか?

そのような方のために、今日はヴェニスアップデート以降、検索結果に影響を及ぼすようになったSEO対策のポイントを7つお伝えします。
 
c7b1573d4a1ea36209ebef3bda7eafeb_s 

SEO対策のポイント

titleタグやhタグの地名キーワードを記載する

titleタグ、hタグそれぞれに「地名+サービス名称」を入れましょう。

例:新宿の相続なら●●税理士事務所

ただし地名キーワードをむやみやたらに詰め込めばOK、ということでは決してありません。

検索者にとってきちんと意味が伝わるかどうかを意識して、書きましょう。

地域について書いたコンテンツ(ブログなどページ)を作る

地域に関係するコンテンツページを用意しましょう。

例:新宿区で物件をお探しの方向け!スーパーマーケット事情

会社名称(サービス名称)・住所・電話番号を統一する

自社のwebサイト上で、会社やサービス名称・住所・電話番号を統一して記載しておくことはもちろん、外部サイトにおいても統一した情報を記載するようにしましょう。

例:dobleloopやダブルループが混在するのではなく「ダブルループ」で統一

店舗・拠点毎のページを制作する

地域ビジネスをしている場合には、店舗・拠点毎のWEBページを制作しましょう。

地名入りリンクを挿入する

地名が入ったアンカーテキストでのリンクを外部サイトからもらえるチャンスがあれば、是非、挿入しましょう。

構造化データでマークアップする

会社(サービス)名称・住所・電話番号を構造化データでマークアップしましょう。

もちろん、上記3点の他にも、ビジネスに関連する情報があればマークアップすべきと言えます。

Googleマイビジネスに関連付けする

Googleマイビジネスのアカウントを各店舗・拠点毎に作成し、店舗のwebサイトとの関連付けを承認しましょう。

 
 
以上7つの対策により検索者に対して、地域にマッチしたサービスであることを伝えやすいサイトにしていくことが可能です。

 

地域密着ビジネスを展開されているのであれば、是非、お試しください!

 
 

6 / 6« 先頭...23456

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから