アーカイブ : 2016年08月25日

知らないと危険!? 間違ったSEO対策とは

これまで当コラムでSEO対策の手法を幾度にわたって述べてきました。

Googleのガイドラインに従って、検索する人、

言い換えればあなたにとっての見込客が欲している情報・コンテンツを

継続して提供していくことで検索順位は自ずと上がるようになっています。

 

※Googleガイドライン:

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

しかしガイドラインの穴をつくような、グレーゾーンをつつくようなSEO対策

により、検索結果で上位表示されるよう意図的に操作する手法が

以前より存在しています。

 

これらの手法は、現在において「ブラックハットSEO」と呼ばれ、

真っ当なSEO対策の効果を下げてしまう可能性があります。

 

今日は知らず知らずのうちにブラックハットSEOを実施していないかを

ご確認いただくために、ブラックハットに分類されるSEO対策を紹介します。
 
3431433137_1329a1f5cc
 

 1.有料リンク

業者からリンクを購入し、意図的に被リンク(外部リンク)を増やす方法です。

以前までは「被リンク数=そのサイトが賑わっている」と判断され、
検索結果に良い意味で大きく影響していました。

しかし、近年においては被リンクをお金で購入するなど、被リンク数の増加を自作することができるようになったため、Googleは

意味のない被リンクを多く含むホームページに対してはペナルティを課す傾向にあります。

※もちろん意味のある被リンクに対してはSEOにおいて正しく評価されます。

 

2.相互リンク集

自社のホームページを特定のサービスに登録すれば、そのサービスに関連しているホームページからの被リンクをもらえるというものです。

こちらも有料リンク同様、被リンクを劇的に増やす手法として一時期とても流行りましたが、現在ではペナルティの対象と言われています。

 

3.隠しテキスト・隠しリンク

ホームページ上の背景と同じ色の文字リンクを貼り付けておくことで、SEO対策を実施するという手法です。

しかしSEOで評価されるべきは「ユーザー(検索者)にとって有益かどうか」です。

隠しテキストは、ユーザーにとって意味のない行為とみなされ、ペナルティの対象です。

 

4.ブログなどへのコメントリンク

ブログを過去にやったことがある方なら一度はご経験があるかと思います。

ブログとは関係のない意味のない文章とともに不明なリンクが張られるコメント、これがコメントリンクという手法にあたります。

これもブログ内容とは関係のないコメントとリンクは悪質な手法ということで現在は対策がとられています。

 

5.ワードサラダ

GoogleやYahoo!といった検索エンジンでは、
「ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、そのニーズを満たすコンテンツが用意されたホームページを表示させる」
ことを目指しています。

ニーズを満たすコンテンツには当然、特定のキーワードが含まれた文章が入っています。

この特定のキーワードが含まれた文章をコンピュータで自動生成させることを「ワードサラダ」と言います。

コンピュータによる自動生成のため、ユーザーにとって意味のないコンテンツであるケースが多く、SEO対策においてのみ有効な手法なので現在においては、
ワードサラダを大量に含むホームページはペナルティの対象となっています。

 

 

本日はブラックハットSEOの中でも代表的な5つの手法を紹介しました。

もしあなたの会社のホームページで、この中に当てはまる対策をとられている

場合は中止して、検索者が求めている有益なコンテンツ作りを始めましょう。

 

【ご参考】

検索ニーズを満たすコンテンツの作り方http://www.doubleloop.co.jp/2016/02/4923/

 
 

地域特化型WEBサイトにおける SEO対策の勘所とは!?

地域特化型WEBサイト

皆さんは、「ヴェニスアップデート」という言葉をご存じでしょうか?

Googleのアルゴリズムが変更する際には、「●●アップデート」と特定名称がつきます。

ペンギンアップデートやパンダアップデートという名称を耳にしたことがある人も多いのではないかと思います。

ヴェニスアップデートも例にもれずアルゴリズムの変更を指します。

実施時期は少し昔で2014年末頃でした。

このヴェニスアップデート以降、検索ユーザーの地域性を考慮した検索結果が表示されるようになってきています。

飲食・観光・士業・教育等の地域性の高い業種の会社や、複数の店舗・拠点を展開している会社の場合には・・・・

『その地域に根差した情報(コンテンツ)をwebサイトから提供できているか』

という点が最近の検索結果では重要視されるようになりました。

では具体的にどういった手を打てばいいのか?

そのような方のために、今日はヴェニスアップデート以降、検索結果に影響を及ぼすようになったSEO対策のポイントを7つお伝えします。
 
c7b1573d4a1ea36209ebef3bda7eafeb_s 

SEO対策のポイント

titleタグやhタグの地名キーワードを記載する

titleタグ、hタグそれぞれに「地名+サービス名称」を入れましょう。

例:新宿の相続なら●●税理士事務所

ただし地名キーワードをむやみやたらに詰め込めばOK、ということでは決してありません。

検索者にとってきちんと意味が伝わるかどうかを意識して、書きましょう。

地域について書いたコンテンツ(ブログなどページ)を作る

地域に関係するコンテンツページを用意しましょう。

例:新宿区で物件をお探しの方向け!スーパーマーケット事情

会社名称(サービス名称)・住所・電話番号を統一する

自社のwebサイト上で、会社やサービス名称・住所・電話番号を統一して記載しておくことはもちろん、外部サイトにおいても統一した情報を記載するようにしましょう。

例:dobleloopやダブルループが混在するのではなく「ダブルループ」で統一

店舗・拠点毎のページを制作する

地域ビジネスをしている場合には、店舗・拠点毎のWEBページを制作しましょう。

地名入りリンクを挿入する

地名が入ったアンカーテキストでのリンクを外部サイトからもらえるチャンスがあれば、是非、挿入しましょう。

構造化データでマークアップする

会社(サービス)名称・住所・電話番号を構造化データでマークアップしましょう。

もちろん、上記3点の他にも、ビジネスに関連する情報があればマークアップすべきと言えます。

Googleマイビジネスに関連付けする

Googleマイビジネスのアカウントを各店舗・拠点毎に作成し、店舗のwebサイトとの関連付けを承認しましょう。

 
 
以上7つの対策により検索者に対して、地域にマッチしたサービスであることを伝えやすいサイトにしていくことが可能です。

 

地域密着ビジネスを展開されているのであれば、是非、お試しください!

 
 

6 / 6« 先頭...23456

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから