アーカイブ : 2021年11月11日

ローカルSEO対策のポイント

お世話になっております。ダブルループの福田です。

ここ数年、「周辺の〇〇」「近くの〇〇」という検索ワードが急増しているみた いです。

※コロナによって緊急事態宣言が出てからは若干、減ったようですが。

実際私も休日に家族で遊びに出かけた時なんかには「近くの公園」と子供との 遊び場を検索したりします。

今日はこの「近くの〇〇」において、皆さんのサイトが検索結果に表示されるよ うになるためのポイントを解説します。

ローカルSEO対策のポイント

周辺の〇〇
近くの〇〇
新宿(※)の〇〇
※には特定の地域名

このようなキーワードでGoogle検索する人が増えた最大の要因は、検索結果の最
上位にマップとともに店舗情報が出るようになったことです。

たとえば新宿にて少しだけカフェで時間を潰したいと考えた場合 「新宿のカフェ」もしくは「新宿 カフェ」 と検索する人が多いはずです。

すると検索結果には新宿周辺マップの上に候補店舗がマッピングされて、さらに マップの下側には店舗名と5段階の口コミ評価などが3店舗分表示されます。

ここがポイントです。

3店舗の下側の「さらに表示」「すべて表示」をクリックすると他の店舗も表示 されますが、この上位3店舗に入るための対策のことを『ローカルSEO対策』と 言います。

一般のSEOは検索結果で上位表示を狙う施策のことを意味していましたが、 ローカルSEOはGoogleマップ上での上位表示を意味します。 ※ローカルSEOはMEOとも呼ばれたりします。

ローカルSEOと一般SEOでは対策方法も異なりますので今日はそのポイントを解 説してまいります。

まずローカルSEO対策を行う上での前提条件的なポイントはGoogleマイビジネス の登録です。

先ほど紹介したマップの下に表示される情報は全てGoogleマイビジネスの情報を もとにGoogleがピックアップさせて表示させています。

ローカルSEOの観点からGoogleマイビジネスに登録する際のポイントは・・・・
1.店舗名(社名)、住所、電話番号
2.関連性
3.距離
4.知名度 の4点です。

まず1について。

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、社名や店舗名、そして住所と電話番号は正確に記載するようにしましょう。 万が一、これらの情報が誤っていると検索者が皆さんの店舗に辿り着けない可能 性が高くなります。

続いては関連性です。 関連性とは検索者が検索したキーワードおよびそれに近しいキーワードの情報が Googleマイビジネス上に登録されているか否かを意味しています。


「〇〇市 パン屋」という検索にて上位表示されるようになりたい場合は 「〇〇市」というキーワードと「パン屋」というキーワードをGoogleマイビジネ ス上に散りばめておく必要があります。

3の距離はその名の通り検索者との距離です。
これも2と同様、「新宿 パン屋」で検索されるようであれば「新宿」というキー ワードをGoogleマイビジネス上で盛り込んでおくことで有利になります。

たとえば「東京都のパン屋」とGoogleマイビジネスで説明しておくよりも、「東京都新宿区のパン屋」の方が検索者から見つけてもらいやすくなります。


最後は知名度です。 知名度は主に口コミの数と口コミの平均スコアによって決まります。 (他にもサイトのリンクなど一般SEOと同様の評価も加味されるという情報もあります)

口コミが多い=すなわち知名度が高い、とGoogleは考えます。 続いて、口コミが多くてスコアが高い=知名度が高くて評価も高い、このように 知名度は評価されるようになっています。

如何でしたでしょうか。 店舗型ビジネスにおいてローカルSEOは今や重要な集客手段の1つです。


今回紹介した4つについてまだ対策が不十分な場合は直ちに実施してみてくださ い。

設定方法がご不明な場合はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

検索者の動きが丸裸!?ヒートマップとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

webの世界は日進月歩と言えます。 絶え間なく改善されていくwebテクノロジーの中から今日はヒートマップについて解説してまいります。

検索者の動きが丸裸!?ヒートマップとは

自社のサイトをどんな属性の人が見ているのか、どのページからの問合せ率が高い のか、はたまたどのページでは離脱率(サイトから離れていく割合)が高いのかと いったデータだけでは今やweb対策としては不十分です。

検索者である見込客の導線を意図してコントロールしていくためには更に多くの 情報を集める必要があります。

こと導線整理のための重要な情報を得られるのが今回ご紹介する「ヒートマップ」 です。

ヒートマップとは一言でいえば・・・ webサイト上でのユーザーの行動をサーモグラフィによる温度分布のように色の 濃淡で可視化して表す分析手法 のことです。

TVで体温の変化を示す時にサーモグラフィで赤色は高温、青色なら低温と示され た画像をご覧になられたことが皆さんあることでしょう。

あれのweb版がヒートマップです。

ヒートマップ関連のツールを導入すると、自社のwebサイトに訪れた人(=ユー ザー)がページのどの部分を「よく見ている」のかを把握することが可能となり ます。

ヒートマップで分かることは他にもあります。 端的にまとめると ・webページのどの部分がよく見られているのか ・どの部分から見られなくなっているのか ・どこにカーソルを合わせたのか ・どこをクリックしているのか ザックリとですがこのようなことが分かる(視える)ようになります。

webマーケティングの観点からこのヒートマップをどう活用するかというと、 「ユーザーの実際の導線がコチラ(マーケッター)の意図した通りか否か」 という点に尽きます。

たとえば、皆さんが 「トップページ中段のキャンペーンバナーはユーザー全員に見てほしい」 と思っていたとしましょう。

ヒートマップを使えば実際にユーザーは見てるのかどうかをパッと見て把握できます。

もしキャンペーンバナーが全く見られていない場合は・・・ ・最も見られているコンテンツの傍にキャンペーンバナーを移動する ・キャンペーンバナーの画像を変更する ・キャンペーンバナーまでの導線を変える などといった改善策を講じる必要があります。

巧みなwebマーケティングとは仮説(戦略、戦術)を素早く改善して、より良い 仮説を作ることにあります。

そのためには仮説を検証するためのツールを活用せねばなりません。 ヒートマップはそういった検証ツールの中の重要な1つです。

皆さんの会社でご利用されていない場合は是非ともお試しください。

※ヒートマップの導入にあたってお悩みの際にはどうぞお気軽にご相談下さいませ。

■弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

Googleによるタイトル書き換え事件(現在進行中)

お世話になっております。ダブルループの福田です。

webマーケティング業やSEO対策を行っている会社の間で8月末から話題というか、
困っているというか、もっと言えば怒っている事象が発生しています。

それが今回のタイトルにした「タイトル書き換え事件」です。

SEO対策をしておらずともホームページを公開している会社であればもしかしたら知らぬ間に被害を受けている可能性がありますので、今日のメルマガを是非ご覧ください。

Googleによるタイトル書き換え事件(現在進行中)

Googleは8月末、そして9月に検索エンジンのアルゴリズムのアップデートを行いました。

アップデートの主な内容および目的(意図)は


「検索者が求めている情報を更に見つけやすくするために検索結果に表示される
 webページのタイトルを自動変換する」


というものでした。
※細かく言えばタイトルタグをGoogleが書き換えるという機能の実装です。

このアップデートが行われてからというもの、既に公開されているwebページのタイトルの80%以上が自動的に書き換わりました。いえ、書き換えられてしまったのです。

タイトルが自動変更したことに各社のwebマーケッターが激怒していて、Googleはどう対応しようかと悩んでいる・・・というが今の状況です。

なぜwebマーケッターが激怒しているのかというと、SEO対策を行っている会社では検索者の琴線に触れるようなタイトルを各webページにつけています。正確にはつけていました。

例えば、皆さんの会社が企業に研修を提供する教育研修会社(A社)だったとします。
A社のターゲットは人事担当者です。

とある企業の人事担当者が
「新卒 研修 事例」
でGoogleにて検索したとします。

すると以前までは
「新卒をたった3ヶ月で戦力に変えた教育研修事例集八選」
というタイトルをつけていたA社の記事が検索結果のトップに表示され、またそのキャッチーなタイトルから多くのクリック、そして問合せを獲得することが出来ていました。

ところが今回のアップデートによって
「教育研修による事例」(※)
というタイトルに書き換えられてしまい、クリックが減ってしまいました・・。
※タイトルがどのように書き換えられるのかという法則性はまだ判明していません。

如何でしょうか。
上に書いたストーリーは私の創作ですが、このようなことが起きかねないのが今回のアップデートです。

8月末に最初のアップデートを行ってから何度かのアップデートを経たものの未だに自動変換されるという状況です。

Googleとすれば
「おかしなタイトルを自動的に修正できるようにしてあげたぞ」
と思っているかもしれませんが、
SEO対策している会社からすれば
「意図したタイトルをつけてたのにおかしなタイトルに変換しやがって!」
と怒っているというのが現状です。

なので、最近になって問い合わせが減った・・・という事象がもし皆さんにおいて起こっている場合は、もしかしたらタイトル自動変換が原因である可能性があります。

本日時点でこれといった対策を講じることが出来るわけではありませんが、皆さんのwebサイトの各ページが検索結果においてどのように表示されているかを一度チェックしておいた方が良いでしょう。


※ちなみに今のところ、今回のタイトル変更が検索順位(ランキング)には影響しないと言われています。

お知らせ情報

■セミナー登壇のご案内
KACHIEL様から機会を頂戴しまして、久しぶりにセミナーに登壇します。

今回はweb集客の原理原則について語る予定です。
・起業したばかりであるが、集客に苦戦している経営者
・ホームページを作ったが、思うような活用ができていない経営者
・継続的に売上がたつ仕組みを作りたい経営者
・ネット集客の基本を押さえておきたい経営者
の方にはお役に立てる内容で構成してます。

開催日時:2021年10月22日(金)18:00~20:00

ご都合よろしければ是非、お申込みくださいませ。
※オンラインセミナーです。

https://provisit.jp/seminar/211022_fukuda/

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

Googleの新データ検証ツール「Search Console Insights」とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

ビジネスでは随所でPDCAサイクルを素早く正確に回していくことが肝心です。
これは当然、webマーケティングにも当てはまります。

とはいえ普通の企業においてwebマーケティングのPDCA、特に検証フェーズを行うことは容易ではありません。

ところが今回、Googleがリリースしたデータ検証ツールSearch Console Insightsを使えば、誰でも一定水準で検証できるようになるかもしれません。

ということでSearch Console Insightsとはどんなツールなのかを今日は紹介します。

Googleの新データ検証ツール「Search Console Insights」とは

webサイトのアクセスを解析するデータ検証ツールといえばGoogleアナリティクスが有名です。

web制作に携わっているビジネスマンであれば誰しもが触れたことがあるツールです。

またたとえweb制作に関わっていなくとも、webサイトの改修などでweb制作会社と打ち合わせした際に
「2020年度の4~3月の新規ユーザー数、セッション数は・・・」
「離脱率は・・・」
というキーワードを耳にしたことはありませんか?

上述したユーザー数やセッション数といったデータを抽出できるのがGoogleアナリティクスです。

・webページに新たなコンテンツ(ページ)を追加したら新規ユーザー数が増えた
・ページデザインを変更したら直帰率が高まった  など

といった具合にwebアクセスを解析するためには無くてはならないツールです。

Googleアナリティクスを使いこなせれば、幅広くとても多くのデータを解析することが出来ます。

が、豊富な機能ゆえ操作を覚えることに加えて、データを対比させる解析力が利用者には求められ、それゆえに非web制作の方からは敬遠されがちでした。

このようにツールの利用難易度が高かったことから、web解析には初級者と上級者の間には大きな隔たりがあったのです。

そこで新たに登場したのがSearch Console Insightsです。

今回、GoogleがリリースしたSearch Console Insightsはこの隔たりを解消し、
たとえ初級者であってもSearch Console Insightsにアクセスすることで


・自社のサイトで盛り上がっている(好評な)ページはどれなのか
・新たに追加したコンテンツは見られているのか
・自社のサイトにはどんな経路でのアクセスが多いのか
・さらにはどんなキーワードを検索した人が自社のサイトに辿り着いたのか
・SNSや他のwebサイトで自社のコンテンツは紹介されているのか

こういったことがパッと見て分かるようになっています。

▼Search Console Insights
https://search.google.com/search-console/insights/

盛り上がっているページが分かれば・・・
更に情報やノウハウを追加して、更に盛り上げていくといった手が打てます。
検索キーワードが分かれば・・・
キーワードに合わせたコンテンツを追加して更に見込客を囲い込めるかもしれません。

このようにweb戦略の策定、修正のヒントを提供してくれるのがSearch Console Insightsです。

費用はGoogleアナリティクス同様無料です。

これまでにGoogleアナリティクスを使いこなそうと思っては頓挫してしまった・・
という方にはピッタリなツールですので、是非、一度ご覧になられては如何でしょうか。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

SEOに効果的な内部リンクの構成とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

webサイトは検索してくれた人にとって見やすいものにすることがポイントです。
愚直に工夫し続けることがSEOにおいてもとても有効になります。

今日は改善ポイントの1つである内部リンクについて解説してみます。

SEOに効果的な内部リンクの構成とは

内部リンク、外部リンクというキーワードについて、SEO対策を講じたことがある方であればその重要性はご存知のはずでしょう。

一般的には外部リンクの方が重要視されています。
というのも、外部リンクとはその名の通り外部のサイトからのリンクのことで皆さんの会社のホームページがとても有益な内容であれば、他のサイトやSNSでホームページURLをシェアされるはずです。

このように
ホームページURLのシェアされていく≒外部リンクを貼られる
ことです。

「有益なwebサイト運用ならば上述のように外部リンクがどんどん貼られていくのが自然である」とGoogleは考えているので、外部リンクが多いサイトを検索結果の上位に表示させるのです。

では本日のテーマである内部リンクはどうなのでしょうか。
内部リンクとは同一サイトのページ間に張られたリンクのことです。

内部リンクが正しく張られていると・・・・

・サイトに訪れたユーザーにとってはサイト内を回遊(移動)しやすくなる
・それによってユーザーのサイト滞在時間が長くなる
・それによって購買や問合せが増える(可能性が上がる)

というwebマーケティング本来の目的を達成しやすくなります。

またSEO観点からも内部リンクは重要です。

というのもGoogleの公式ページで
・新たに作成されたwebページにはリンクを辿ってURLを検出する
・ページのコンテンツ(内容)を理解しやすくなる
と書かれています。

これはつまり

・Googleの検索結果に表示させるためには内部リンクを貼った方が良い
・検索結果の上位に表示させるためには内部リンクを最適化(正しく張るべき)した方が良い

ということです。

では内部リンクを正しく張るというのは具体的にどうするべきかの2大ポイントを書いてまいります。

1.関連性の高いページへの内部リンクを増やす

同一webサイト上のページが増えていくと、以前にも書いた内容を再び説明する必要が出てきます。
この時に「●●を■■する方法はこちら」といったようにリンクを貼ることでそのページの重要性をGoogleにもユーザーにも認識させることができます。

2.アンカーテキストを見直す

アンカーテキストとは「詳しくはコチラ」や「ここをクリック」といったリンク誘導のための文字列のことです。
アンカーテキストではリンク先のページを分かりやすく簡易的にまとめることが良しとされています。
裏を返せば「詳しくはコチラ」のような汎用的な表現はNGということです。
なので、もし皆さんのサイトで内部リンクを「詳しくはコチラ」のような表現で張られている場合は修正すべきです。

他にもいくつかポイントはあるのですが、まずは上述した2つをチェックしてみてください。

その上で改善をご希望される方は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

検索上位を目指すためのページエクスペリエンスへの備え

お世話になっております。ダブルループの福田です。

SEO対策は古今東西、大きく変わりません・・・・ということはあり得ません。

スマホの普及、webサイト技術の発展などに伴い、Googleのアルゴリズムは日々
変化していっています。

今回は5月にアナウンスのあったGoogleのアルゴリズムについてまとめてみまし
た。

検索上位を目指すためのページエクスペリエンスへの備え

先日、GoogleはPage Experience Update(ページ エクスペリエンス アップデート)について、6月以降に段階的に導入していくことを公式サイトで発表しました。

ページ エクスペリエンスとは何かというと

ユーザーがwebサイトで操作を行った際の、情報そのものの価値以外に関する
エクスペリエンスの尺度となるシグナルのことだとGoogleは言っています。

うーん、これだけ読むとよく分からないですね。

端的に言うと(若干意訳が入ります)

サイト訪問者にとってサイトの情報以外の価値を評価すること

これがページエクスペリエンスです。

例を挙げるならば

・欲しい情報がそれなりに載っている
 けれども表示速度がとても遅いAというwebサイト

・欲しい情報がそれなりに載っている
 そして表示速度はまあまあ早いBというwebサイト


以前までのGoogleにおいては同等の評価だったものの、ページエクスペリエンス
アップデート以後は情報価値以外の点も評価対象となるため、後者のBサイトの
方が検索結果では上位に表示される(可能性が高い)と言われています。

このように情報価値以外のアルゴリズムが近く導入されるというのが冒頭の内容
なのです。

ではページエクスペリエンスにおいて具体的にどのような内容が評価されるのか
というと・・・

1.モバイルユーザビリティ
2.セキュリティ/https
3.広告
4.コアウェブバイタル

の4つです。

1~4について当ブログをご覧の皆さんであれば耳にしたことがある方も多いで
しょう。

そう、過去にどれも取り上げた内容で、いずれも検索者(サイト訪問者)にとっ
て見やすかったり、安全にアクセスできたりという指標です。

皆さんの会社やサービスのwebサイトのページエクスぺリンスについてはGoogle
Search Consoleの「ページエクスペリエンス」というメニューを参照することで状況を把握することが出来ます。

まずは是非、Google Search Consoleをご覧ください。

もしくは弊社にご相談いただければ無料で皆さんのサイトを診断致しますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

貴方の業界はスマホ派?PC派?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

毎年、この季節は街で新入社員を見かけることで初心を思い出していました。
が、今年は4月1日を除いて見かけることすらない日があったり・・・。

オンラインでの入社式や新人研修に移り変わっていっているのでしょうか。

働き方同様、web事情も常に変わってきています。

今日は最新のweb事情について解説してまいります。

貴方の業界はスマホ派?PC派?

ドイツのSEO会社SISTRIXがスマホとPCの検索に関する調査結果を公開しました。
※SISTRIX社ブログ:https://www.sistrix.com/blog/the-proportion-of-mobile-searches-is-more-than-you-think-what-you-need-to-know/

この調査結果によると日本では

PCでの検索:約25%
スマホ(モバイル)での検索:約75%

という比率であることが分かったとのことです。

4人に1人、なのか、4回に1回なのかはさておき、スマホでの検索が多数派です。

以上より
「スマホ向けのページデザインにするべきだな!」
などといったUI/UX改善の話にはまだなりません。

さらに興味深いデータがSISTRIX社のブログには掲載されていて、業種や業界に
よってPC・スマホの検索比率は異なるというものです。
(こちらは日本だけではないのですが)

例えば・・・

ファッションや家具              PC30%:スマホ70%
保険や銀行など金融関連     PC40%:スマホ60%
BtoBのソフトウェア            PC52%:スマホ48%
BtoBの取引、調達系サイト PC55%:スマホ45%

やはりBtoCとBtoBで検索比率が大きく異なる結果となりました。

BtoBにおいてはPCでの検索の方が未だに多く見られます。
おそらくですが、BtoBの取引先候補や取引先をweb検索するとなるとオフィス
で検索することが多く、それはすなわち「(オフィスの)PCで検索する」とい
う行動であることから、結果としてPC検索率が高いことが予想されます。

またもう1つ興味深いデータがありました。
それは検索順位別のクリック率なのですが、まずはデータを紹介します。

PC検索時のクリック率
1位:35.8%
2位:13.0%
3位:8.4%
4位:6.3%
5位:4.9%

これに対してスマホ(モバイル)のクリック率はというと・・

スマホ検索時のクリック率
1位:29.7%
2位:14.8%
3位:9.9%
4位:7.4%
5位:7.0%


というデータがSISTRIX社の記事の中で紹介されています。

どちらも1位のクリック率(以下、CTR)が高いことはいわずもがなですが、ことスマホに関しては2位以下だと絶望的なのかというとそうとも言い切れません。

というのも、スマホについては1位のCTRがブッチぎりというわけでもなく、また2位以下のCTRも大差がないためPCに比べればたとえ2位以下であっても悲観するようなことではないように見えます。

たとえばPCにおいては1位と5位では約9倍ものCTR差がありますが、スマホで
いうと約4倍程度です。

4倍の差は小さくありませんが、PCの5位よりもスマホの5位の方が少なからず
割合的には多くの閲覧者を獲得できています。

webマーケッターとして
「検索順位が5位の場合、どのような手を打つべきか」と私が問われたならば、

1)まずはターゲット顧客や業種としてのPC/スマホ検索比率を確認する
2-1)BtoBならば検索順位を上げることが優先。つまりSEO対策が課題である
2-2)BtoCならばスマホで一定の閲覧者を獲得できているのでUI/UXの改善が課題である

このような課題設定を行います。

つまり、自社の業種・業界によってwebマーケティングの講じる手は異なるの
です。杓子定規的なweb施策はあり得ないのです。

是非、皆さんの会社においても属する業種、ターゲットとする顧客群、自社の
現状などなどを見極めた上で、適切な一手を打ってみてください。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから