アーカイブ : 2019年07月23日

「引用」で検索順位UP

お世話になっております。ダブルループの福田です。

前回のコラムでは、E-A-Tについて触れました。
ブログなどコンテンツマーケティングでSEO対策を行っている企業の方から反響があり、やはり意外とGoogleの検索品質評価ガイドラインの内容が世のSEO対策を行っている方々に浸透していないものなのだな、と感じました。

今日は前回の内容をよりテクニカルに踏み込んでみます。

「引用」で検索順位UP

前回、
E:Expertise(専門性)
A:Authoritativeness (権威性)
T:TrustWorthiness (信頼性)
この3つが揃っているwebサイトは検索上位に表示されやすくなるようになっている、という話をしました。

※前回の内容:https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7840/

そして前回のコラムの内容の中で
「権威性のある(みんなが認める)サイトからの引用を使う」
というテクニックを紹介したのですが、今日はこれに付随する話です。

引用することをサイテーションと言います。

サイテーションが実はSEOにおいて重要な役割を果たします。
(正確にはSNSやコンテンツマーケティングでの情報発信が当たり前となった今日において重要になってきました)

なぜサイテーションが重要か。

それは

好意的・参考的なサイテーションが多い
=良い記事である
≒良い記事が掲載されている良いサイトである

とGoogleが認識するような仕組みになっているからです。

Googleの検索品質評価ガイドラインについて、前回も一部を紹介しましたが、
サイテーションについても記載があります。

以下、Googleの検索品質評価ガイドラインより抜粋
「ウェブサイトまたは主要コンテンツの作成者の評判に関する研究
私達は肯定的な評判の証拠として多数の肯定的なユーザーレビューを検討します。
ピューリッツァー賞などの名誉ある賞は、前向きな評判の強い証拠です。
職業団体などの専門家からの勧告は、非常に前向きな評判の強い証拠です。」

このように皆さんの会社のwebサイトの内容が引用されるということ(サイテー
ション)は、良いサイトであるというGoogleにとっての証拠になるのです。

ただ逆も然りで

否定的・ネガティブなサイテーションが多い
=悪質な記事である
≒悪質な記事を載せるよくないサイトかもしれない

とも認識される可能性があります。

いわゆる炎上は否定的なサイテーションと言えるでしょう。

とはいえ、よっぽど悪質なことを書かなければ否定的なサイテーションは起こりえません。

記事を読んでくれる方の悩みや不安の解決に焦点を当てて、良質な記事を書いていけば自ずと好意的なサイテーションが生まれるはずです。

好意的なサイテーションを作るために少し具体的な話をすると・・・・

・公的なデータなどエビデンスを載せる
・自身の意見をハッキリと述べる(独自的な観点で述べる)
・淡々とした文章ではなく、読みやすく、尚且つキャッチーなキーワードを散りばめる
・記事(サイト構造)の中にSNSボタンを設置する
・自信のある記事についてはコラムで告知する
・同様に自信のある記事はSNS広告で宣伝する

このようなアプローチによってサイテーションを生むことが出来ます。

皆さんがブログを書くなどコンテンツマーケティングによりSEO対策を行っている場合、こういったテクニカルな部分に気をつけるだけで、飛躍的にサイト流入者数を増加させることが出来るかもしれません。

 

「記事は書いているのに成果に繋がらない・・・」ということでお悩みの際にはお気軽にご相談くださいませ。


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

Googleが重視するE-A-Tとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

当コラムではSEO対策のポイントについて、何度も書いてきました。

端的に言うならば

「質の高い情報をわかりやすくボリューミーに高頻度で書く」

というのが総論です。

しかしながら、総論とは別にSEO対策において外せない観点があります。

それが「E-A-T」なのです。
今日はE-A-Tについて解説してみます。

Googleが重視するE-A-Tとは

まずE-A-Tという言葉はGoogleの検索品質評価ガイドラインの中に登場します。

検索品質評価ガイドラインにはGoogleが検索エンジンを通じて、世の中に提供した価値を実現するための指針がまとめられています。

裏を返せば検索品質評価ガイドラインに従って、サイトを制作していけば検索上位に表示されやすくなるとも言えます。

※Googleのアルゴリズムがオープンにされていない現在において、検索品質評価ガイドラインが検索上位に表示させるための唯一の手掛かりと言えるでしょう。

このガイドラインの中に次のような一文があります。

For all other pages that have a beneficial purpose,the amount of expertise,
authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T) is very important.

要約すると・・・

「WEBサイトが持つ専門性と権威性、信頼性 (E-A-T) の量は非常に重要です。」

です。

E:Expertise(専門性)
A:Authoritativeness (権威性)
T:TrustWorthiness (信頼性)

E-A-Tとはこの3つの英単語の頭文字をとったもので、上述の通り、専門性・権威性・信頼性をGoogleは重視・評価すると言っています。

考えてみればその通りでして、専門性が高く、権威があり、信頼できるサイトであれば当然のことながら検索上位に表示されるはずです。
※私達が日常で誰かを紹介する場合でもE-A-Tを満たす人を紹介するはずです。

では1つずつもう少し噛み砕いていくと、まず専門性について。
専門性が高ければ・・・・

・専門知識が豊富なはずなので、一定以上の文字量が書けるはずである
・専門家なのだから最新知識にも精通していて、他には表現や最新のキーワードを盛り込んで書けるはずである

このようなことをGoogleがアルゴリズムに組み込んでいると想定されます。

次に権威性について。

権威があるならば・・・・

・医者に循環器科、消化器科のように専門分野が存在するように、その道の権威ある者(会社)であるならばある程度テーマを絞って書くはず※のべつまくなしに薄く広い情報を書くはずがない
・他のサイトからも評価されリンクを獲得(被リンク)できるはず
・定期的に記事を更新するはず

とGoogleは考えており、権威性を評価します。

そして最後に信頼性

これは運営者情報の開示です。

社名や記事制作者、経歴、運営歴など出来る限りサイト運営者の顔(実態)が視えることをGoogleは評価します。

上述したのは専門性、権威性、信頼性をGoogleが評価する際のポイント(の一部)ですが、このポイントを重視してサイトを運営していけば検索結果で上位に表示されやすくなると言えます。

もし皆さんがブログを書いたりなどしてSEO対策を行っている場合はE-A-Tの各ポイントに従って作ってみては如何でしょうか。

また、E-A-Tを考慮した細かいテクニックをあげると・・・
・権威性のある(みんなが認める)サイトからの引用を使う
・権威性のあるサイトから被リンクを獲得する
・著者名を書く、会社名を書く、従業員数を書くなど運営者情報で開示可能な限りの情報を公開する
といったところが短期的かつ簡単にできることでしょう。

誰かに自分自身を紹介してもらう際に提供する情報をGoogleも必要としています。
どうぞその観点からSEO対策を行っていただければと思います。

 


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

サイト更新頻度はSEO対策において重要なのか

お世話になっております。ダブルループの福田です。

SEO対策については古今東西さまざまな情報が飛び交っています。

今日はその中の1つ「サイト更新頻度」の重要性について解説してみました。

サイト更新頻度はSEO対策において重要なのか

SEO対策におけるテクニックについて、いまだにWEB界隈では様々な議論(憶測も含む)が絶えません。

その1つがWEBサイトの更新頻度です。
ブログ記事をアップするなどの更新頻度が高いWEBサイトは検索結果で上位表示されやすい、という話がありますが・・・

結論から申し上げると、更新頻度が検索順位に影響を及ぼすことはありません。

毎日新しく記事をアップしても、月に1回アップしても、大差はないということです。

結局のところ、Googleが評価する点は「検索者にとって有益な内容であるかどうか」という点なのです。

当コラムで何度も繰り返し述べていますが、質の高い記事をアップすることこそがSEOにおいて最重要です。

なんだよ、結局良い記事を書けって話かよ・・・・

と思われた方がいらっしゃると思うので、今日のテーマに基づいて少し補足していきます。

サイト更新頻度は重要ではありません(というより意味がありません)。

しかし過去の記事(ページ)を更新することに意味はあります。

というのは、自社のWEBサイトの流入データを分析し、
・流入が少ないページ
・流入は多いのだけれども離脱率が高いページ
をまず把握します。

そして、それらの記事を修正するのです。

記事を修正し、品質が上がることで上述した点が改善されれば、検索順位でより上位に表示される可能性があります。

このように、検索順位で上位を目指すためには・・・
新たに質の高いページ(記事)を作成する
過去の質の低いページを修正することで、質を高める
以上2つの方法が最善です。

そして、愚直に
高品質の記事を頻度高くアップする
過去の記事を高頻度で更新する
ことを続けていくことはつまり、サイトの更新頻度が高くなることを意味します。

サイトの更新頻度がSEO対策上重要である、というのは現在、検索結果で上位に表示されているサイトがこのような取り組みをしているから囁かれる手法なのです。

確かにメタディスクリプションを記述するなどのテクニックが多少SEOに有効に働くケースはありますが、結局は検索者にとって有益か否かなのです。

ページ全体の質が高く、サイト更新頻度が高いそんなサイトであれば、当然のことながらGoogleも上位に表示させます。

SEOとは結局、検索者のための対策なので、検索者にとって見やすく価値のある情報をアップすることがSEOマーケティング上、最短の手段と言えるでしょう。

 


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

Googleマイビジネスで お得・特典情報を発信

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleマイビジネスに新機能が追加されました。

今回は・・・

・そもそもGoogleマイビジネスを使うとどんなことが出来るのか

・新たに搭載された新機能について

この2つをまとめてみました。

 

Googleマイビジネスでお得・特典情報を発信

店舗ビジネスをされている方の間では有名なGoogleマイビジネスですが、今月より特典やオトク情報、クーポンなどを発信できるようになりました。

Googleマイビジネスってそもそも何?」という方がいらっしゃるかもしれませんので、今日はその基本機能と上述した新機能について解説してみます。
 

Googleマイビジネスに会社やお店の情報を登録しておくと、
Googleの検索結果・Googleマップなどに無料で情報を表示させることができるようになり、なおかつ最新情報を更新・管理できます。

(facebookページのGoogle版というイメージです)
 

店舗を必要としないBtoBビジネスなどにおいても登録することができます。

Googleマイビジネスに登録しておくことで、Googleの検索結果やGoogleマップ上で、社名・店名や屋号・電話番号・住所・営業時間などの基本情報を検索ユーザーに見てもらうチャンスが拡がります。

 

「ホームページと何が違うの!?」

というと・・・

・Googleマップ上で「近くのカフェ」とユーザーが検索した場合、
Googleマイビジネスに登録されている現在地近くのカフェが表示される

・Google検索で「渋谷区 会議室」と検索すれば、
検索結果1ページ目にGoogleマップと一緒にGoogleマイビジネスに登録されている渋谷区の貸会議室情報が表示される
 

このように、ホームページであればSEO対策を万全に行い、検索結果上位に表示されることを目指さなければなりません。

ところがGoogleマイビジネスであれば、Googleが提供しているサービス(マップなど)上に優先的に情報が掲載されるようになります。

 
以前までは、

「検索」→「上位表示のサイトを閲覧」→「検索上位に自社サイトがあれば流入」という流入経路が一般的でした。

しかしGoogleマイビジネスが始まったことにより

「検索」→「Googleマップ上の情報を閲覧」→「Googleマイビジネス上の情報を参照」→「Googleマイビジネスに記載されているWEBサイトにアクセス」→「自社サイトに流入」

Googleマイビジネス経由で見込客を獲得するアプローチが新たに登場したわけです。

Googleマイビジネスの登録や更新はとても簡単ですし無料なので、まだ登録されていない方は是非、登録することをオススメします。
 

さらに今日のタイトルにある「オトク・特典情報」を掲載できるクーポンという新機能を活用することで、Googleマイビジネスから自社サイト、更には短期的な取引への導線をより強化することができるはずです。

クーポン機能では検索ユーザーが興味を持ちそうな特典情報を目のつきやすいところに配置する事が出来ます。

特典情報は最大で10個登録できるので、様々なユーザータイプを考慮した特典を作っておくことで見込客を獲得する機会を作れるようになります。

以上のように、Googleマイビジネスではクーポンサイトを使わずとも集客できる機能を備えています。

 

また今回の新機能実装からもわかる通り、今後、検索ユーザーにとってますます利便性の高いプラットフォームになっていくことが予想されます。

店舗ビジネスをされている方は是非、一度、お試しください!

 


 

 


お知らせ情報

■弊社クライアントのイベント紹介
会計事務所RPA研究株式会社様

RPA会計事務所導入成功事例セミナー
~RPAが税理士業界に浸透していない「今」学んでライバルに差をつけるチャンス~

総務省は「働き方改革」の推進の一環として、2025年までに事務作業の三分の一をRPAへ置き換えることを目標としています。今後はこれまで税理士が行っていた業務の一部を、RPAが代行していくようになるわけです。

「もしかしたら、将来的には税理士としてやっていけないのでは…」
「廃業するはめになるかも…」
などと不安に思う方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

裏を返せば、「RPAに精通した税理士」は希少価値が非常に高いといえます。
今ならRPAの知識を身につけ対応力を磨くことで、「勝ち抜け」することができるのです。

当セミナーでは、実際の成功事例や専門家による業界予測、RPAのデモンストレーションなど、豊富な内容をご用意されているとのことです。

RPAをいち早く取り入れ、差別化を図りたいとお考えの方は是非、ご参加されることをオススメします。

▽RPA会計事務所導入成功事例セミナー
~RPAが税理士業界に浸透していない「今」学んでライバルに差をつけるチャンス~
https://tax-rpa.com/seminar/


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

時代遅れのSEO対策をしてませんか?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleのテクノロジーは日進月歩の成長を遂げています。

それはつまり、我々のSEO対策も変わってきていることを意味しています。

今日は、以前までは王道とされていたSEO対策の中から、時代遅れになってしまったSEO対策、そしてそれに代わる対応策を紹介します。

 

web戦略ならダブルループ

 

時代遅れのSEO対策をしてませんか?

 

さて、いきなりですが質問です。

 

Q.SEO対策において検索結果1位よりも大切なこととは何でしょうか!?



パッと答えが出た方は今日のコラムをご覧いただかなくても大丈夫かもしれません。

 

さて、回答に移る前にSEO対策の新旧比較を解説させてください。

 

以前までであれば、検索結果で最上位、つまり1位になることSEO対策で求められる成果でした。

今も1位になることに越したことはない、という点では変わっていません。

ただし、1位になることと同等に取り組むべき対策があります。

スニペットがその最たる対策の1つです。

 

スニペットとは何なのかを説明します。

たとえばWEBで「SEO 対策」と検索します。

すると、ズラ―っ検索結果のタイトルが並びます。

各検索結果タイトルの下には説明文が記載されているはずです。

この説明文のことをスニペットと呼ぶのですが、スニペットの中の「SEO対策」の部分が太文字になって強調されているはずです。

 

このようにGoogleの検索結果では検索したキーワードが強調されるようになりました。

スニペットが搭載されるようになってから、検索ユーザーはスニペット、すなわち説明文をタイトルよりも重視して、その検索結果をクリックするか否かを判断するようになってきています。

たとえ検索結果1位でもスニペットの内容が検索ユーザーが求めていたような内容でなかったり、時代遅れのSEO対策に乗じたキーワードをとりあえず並べている感がある場合などはクリックされません。

よって検索1位を目指すことが重要であることは代わりませんが、検索ユーザーの利便性を考えたSEO対策が同じくらい重要になってきているということです。

 

もう1つ例を挙げると、h1やh2タグにキーワードを入れる、記事を投稿する際にはタイトルにキーワードを必ず盛り込むといった対策も今となっては必要性が下がってきています。

 

正確に言うならば・・・

・やりすぎ(盛り込みすぎ)はNG

・正しくサイト全体の構成を意識したタグにする

・キーワードではなく記事の内容に基づいた記事のタイトルをつける
(もしくはその逆)

といったところでしょう。

 

WEBサイトとは1冊の本なのです。

Googleは、検索ユーザーの求めている、探している答えに近しい本を見つけやすくするべく、アルゴリズムを改善しています。

以前まではアルゴリズムがチープだったため、タイトルやメタキーワード、ディスクリプションに特定のキーワードを盛り込んでおけば検索上位表示になりやすかったことがありました。

 

ところが、今やアルゴリズムによるサイト解析の対象はタイトルやディスクリプションだけではなく、サイト全体の構成で判断するようになりました。

つまり本の例えに戻すならば、タイトルや目次で煽っている中身のない書籍ではダメになったということです。

タイトルや目次に合致する内容が書かれていること、これが重要になっています。

 

今日は一例とテクニカルな話を書きましたが、結局のところは・・・

質の高い情報をユーザーが見やすいように作っているか

ということが古今東西変わらないSEO対策の王道であることには間違いありません。

 

SEO対策はGoogle対策ではなく、お客様のための対応なのです。

是非あらためて皆さんのサイトがお客様にとって親切で見つけやすいサイトになっているかをご確認ください。

 


 

 


臨時休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では3月15日(金)~3月16日(土)の2日間、社員旅行のため3月15日(金)を臨時休業とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

休業日 :3月15日(金)終日

なお、3月18日(月)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のメール・お電話・ファックスでのご連絡に関しましては、確認・ご返信が3月18日(月)以降となります。
ご不明な点は、各担当者へご連絡ください。


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

スマホ用WEBサイトは不可避か!?


以前、といってもかなり前(2016年12月)に「モバイルファーストインデックス」
について、当コラムでお伝えしました。
https://www.doubleloop.co.jp/2016/12/5856/

詳しくは上のリンクから当時のコラムをご覧いただければと思いますが、
モバイルファーストインデックス(以下、MFI)とは何かを簡単に説明します。

MFI適用前
PC用WEBページのコンテンツの質と量で検索結果順位を決定

MFI適用後
スマホなどモバイル用WEBページのコンテンツの質と量で検索結果順位を決定

このようにMFIが適用されると、検索結果の結果表示の評価基準がPCページでは
なくモバイル(スマホ)ページに準拠する
ようになります。

そして検索結果はPC・モバイルそれぞれで異なった結果(検索順位)になるわけ
ではなく、モバイル向けページの評価に基づき、PC・モバイル共に同じ検索結果
が表示される
ようです。

つまりは、スマホ用ページがない場合、MFI適用に伴い、もしかしたらガクンと
検索順位が落ちる可能性があるというわけです。

そして、ここからが今日の本題となりますが、このMFIがついに適用され始めて
います。
サーチコンソールをお使いの方には最近になって、モバイルファーストインデッ
クス適用の通知が届いたはずです。
※サーチコンソールとはGoogleが無料提供しているサイト解析ツールのことです。

では、MFI適用が皆さんにとってはチャンスなのかリスクなのかを調べる方法を
説明してまいります。

まず、Googleのモバイルフレンドリーテストツールでご自身のWEBサイトがモバ
イル用に最適化されているかをチェックしてみましょう。

▼モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/test/mobile-friendly
※ちなみにスマホ対応が必要なWEBサイトである場合、サーチコンソール上でも
通知される予定とのことです。

そして、もしモバイルフレンドリーではない、つまりスマホ向けにWEBサイトが
最適化されていない場合には、WEBサイトのスマホページ対応が必要
となります。

その場合、レスポンシブデザインで制作することを現段階ではオススメします。
MFIが導入され始めた今日においても、レスポンシブデザインのWEBサイトであれ
ば問題ないと、今のところ言われています。

MFIに対してやるべきことは、ここまで述べたスマホ対応したページを作ること
だけです。

MFIが本格化しても検索結果の上位順位には、コンテンツの質とボリューム、見
やすさが重要要因であることは変わりません。

SEO対策でせっかく良質なコンテンツを多く作ってきたのにMFIのせいで・・・
とならぬよう早い段階でスマホページ対応を実施しましょう。

 


■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

Googleがアルゴリズムをアップデート

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本日はGoogleのアルゴリズムアップデートの内容についてです。

 

Googleがアルゴリズムをアップデート

8月にGoogleがアルゴリズムのアップデートを実施しました。

アルゴリズムについて、詳しくはWEBで検索していただければと思いますが、簡潔に言うと

「検索結果順位を決める要因」のことです。

この要因を8月に変更したというわけです。

本記事をご覧いただいている方の中にも、もしかしたら「そういえば8月からWEB問合せが増えたな~」もしくは「8月からメッキリ問い合わせが減った・・・」という企業がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の発表の中で、具体的にどのようなアルゴリズムに変更したかの記載は(毎度のことながら)なく、

「(今回のアップデートは)コンテンツと検索キーワードとの関連性をターゲットにしたものである」

という内容だけでした。

よって今日は、弊社が管理しているwebサイトや、協力会社からの情報をもとに、アルゴリズムの変更内容を読み解いてまいります。

発表内容を私なりに要約すると検索したキーワードに関連性が高いwebサイトを表示させるの意だと解釈しています。

あくまで私の意訳ではありますが、今までのアルゴリズムもこの意訳にそって、検索順位を決定していました。

なので、最近のSEO対策の王道としては

「検索者ニーズを満たしたボリューム満点かつ品質の高い記事(などコンテンツ)をwebサイトに設ける」

というアプローチでした。

ところが、今回のアップデート後の順位変動を見ていると、もう1歩踏み込んでいるようです。

あくまで私の推測ですが具体例をあげます。

たとえば「品川 税理士」で検索したとします。(実際にしてみてください)

すると、リスティング広告部分を除くと、トップに表示されるのはGoogleプレイスというGoogleマップに品川周辺の税理士事務所がプロットされているマップのはずです。

それ以降に税理士事務所のホームページが順に掲載されているはずです。

ここで重要なのが「Googleプレイス」がトップに表示されるという点です。

「品川 税理士」 Googleではこの検索キーワードを、『検索者が(きっと)品川近辺の税理士事務所をとりあえず知りたい』と解釈するようなアルゴリズムにしていると思われます。

なので、ホームページをトップ表示せず、Googleプレイスという場所情報を最上位で表示させているのだと私は考えます。

要するに、上の例で言うと 場所≧事務所実績・経験=価格=事業内容の ではないかと予想されます。

よって、ホームページ上で対策すべきは正しい事務所所在地情報を記載しておくことです。

また上の例でいうと品川駅や品川区の●●から徒歩●分などといった位置情報に関する記載があるとモアベターと言えるでしょう。

さらに言うと、所在地情報のページを検索者が見たとします。

そのページに検索者が満足した場合、きっとサービス内容など他のページに遷移するはずです。

ページ遷移の有無についてもきっとGoogleでは監視していて、検索順位に反映させているはずです。

このように近年のGoogleのアルゴリズムアップデートでは、検索者の機微・嗜好を汲み取った検索結果を表示させるように改善がなされていると私は感じています。

そのため、1つのページに膨大な情報を提供することが、SEO対策において必ずしも正解と言えるわけではない傾向になりつつあります。

検索者が見たい情報を1ページに分かりやすく簡潔に。

そのページを見たユーザーが満足して、同webサイトの他のページを読もうとする導線設計を作ること。(いわゆる直帰率の低下、ページセッションの増加)

こういった対策が今後のホームページなどwebサイトには求められるのではないかと予想しています。

今回ご紹介したように、ボリュームが多く、品質が高いwebサイトなのでSEO対策はバッチリ!という時代ではなくなりつつあります。

「ボリュームが多いこと」「品質が高いこと」これらはあくまで検索者を満足させるためのプロセスです。

SEO対策で最も重要なことは「検索者を満足させてあげることができた」かどうかという成果です。

成果にこだわったサイト構築をしていきましょう。

■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

1 / 612345...最後 »

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから