アーカイブ : 2020年06月17日

マーケティングに利用可能な補助金特集

お世話になっております。ダブルループの福田です。

以前にもメルマガで書きましたが、コロナによってビジネス環境は大きく変化し
ました。

環境変化に伴い、施策や方針を見直している方も多いのではないでしょうか。

今日は企業の施策や方針の見直しをサポートしてくれる補助金について書いてみ
ました。

マーケティングに利用可能な補助金特集

コロナショックと言われるほどの大きな景気変動の波に揺れている今の日本市場
ですが、今こそ攻めの経営をしていくために、マーケティングを見直したり強化
したいというご相談を結構いただいております。

そのようなご相談を頂いた際に、マーケティング戦略を一緒に策定することはも
ちろんのことですが、今活用すべき補助金についてもお伝えしています。

今日はその中から特にオススメの補助金を4つピックアップして紹介します。

1)小規模事業者持続化補助金

https://r2.jizokukahojokin.info/corona/index.php/%E6%8C%81%E7%B6%9A%E5%8C%96%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%87%91%E3%81%A8%E3%81%AF/
補助上限:50万円
補助率 :対象経費の2/3

ホームページ制作費用だけでなく、マーケティング戦略立案のコンサルティング
にかかった費用も対象となる補助金です。

今年はさらにコロナ特別対応型という特別なプランも公募されていて、マーケティング面でいうと「非対面型ビジネスモデルへの転換」に関わる費用の場合・・・
補助上限:100万円
補助率 :対象経費の3/4

このように支援内容が拡がっています。

2)IT導入補助金

https://www.it-hojo.jp/
補助上限:450万円
補助率 :対象経費の1/2

IT導入補助金には注意が必要で、単なるホームページ制作では補助金はおりませ
ん。

ホームページ上の顧客の動きを分析して、1to1マーケティングを実施する
チャットをホームページ上に構築し、ユーザーの満足度を高める対応を行う
受付や予約など対面の代わりとなる機能をホームページが担う

このような機能を有するホームページ構築であればIT導入補助金の対象となりま
す。

またIT導入補助金も小規模事業者持続化補助金と同様にコロナ特別枠が追加され
ました。

補助上限:450万円
補助率 :対象経費の3/4

小規模事業者持続化補助金より条件が厳しい分、補助上限が高くなっているとい
えます。付加価値の高いホームページをリニューアルする場合などはIT導入補助
金がオススメといえます。

3)販路拡大助成事業

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/hankaku.html
補助上限:150万円
補助率 :小規模企業者は対象経費の2/3
注意  :東京都限定

これは東京都の助成金事業です。そのため東京都に所在がないと利用できません。

販路拡大助成事業では主に展示会出展に関わる費用が補助されます。
皆さん御存知の通り、コロナで多くの展示会が開催中止となりました。

コロナが落ち着けばきっと展示会はまた活気を取り戻すはずだと私は思ってます。
というのも、展示会はまだまだ企業にとって新規販路拡大の有効の一手なのです。

展示会に置き換わるリアルマーケティングの手段は台頭してきていません。

そしてもし皆さんが展示会に出展をお考えの場合、この販路拡大助成事業が便利
です。

出展費用の補助もさることながら、webサイト制作やパンフレットなど販促物の
費用も補助されます。

展示会&webマーケティングで集客を加速させたい場合はとても有効な補助金と
言えます。

4)業態転換支援(新型コロナウイルス感染症緊急対策)事業

https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/conversion.html
補助上限:100万円
補助率 :対象経費の4/5
注意  :東京都内の飲食業限定

超限定的な補助金です。
東京都の、それも飲食業が新たなサービスとして「テイクアウト」「宅配」「移
動販売」を始める際に掛かった費用を補助するという内容です。
コロナ以後、テイクアウト業務を既に開始してしまっているという場合において
も、使った経費を補助してもらえるケースがあるとのことなのでご確認されるこ
とオススメします。

今回ご紹介したのはごく一部の補助金です。
コロナショックを乗り切るサポート≒補助金として様々なタイプのものが出てい
ますので、自社の経営方針や状況にマッチした補助金をこの機会に探してみては
いかがでしょうか。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

自治体の助成金・補助金を使ってホームページを制作

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

4月になりました。働き方改革法が施行されるなど、新年度が始まって外部環境が目まぐるしく変わっていきます。

今日は、各自治体から発表されたた中小企業に有益な助成金・補助金を紹介します。

 

自治体の助成金・補助金を使ってホームページを制作

ホームページ制作に使える補助金と言えば、昨年はIT導入補助金が一斉を風靡しました。

ところが、今年度ではどうやらホームページ制作はIT導入補助金の対象外になる模様だとか。

そうなると、今年からはホームページを作るのにもう補助金は使えないのか・・という声をよく聞きます。

そこで、落胆されている方にオススメの情報を今日は紹介致します。

 
実は自治体で補助金や助成金の名目でホームページ制作の費用を補助してくれる制度があるのです。

 
自治体によっては・・・・

・そもそもホームページ制作補助の制度がなかったり

・補助内容が異なったり

・補助対象となる企業規模や業種が限られたり

などなど制約がありますので、注意が必要ですが。

 
一例をあげると、たとえば港区の場合は「中小企業向けの補助制度」の中にホームページ制作費用の補助があります。

ホームページ制作費用、サーバー費用、ドメイン取得費などの経費の1/2が、補助金で戻ってきます。
※補助上限は100,000円まで。

 
ただし、ホームページを申請時に開設していないことが条件の1つに含まれています。

※詳しくは
MINATOあらかるとHP「 ホームページ作成費用を補助します」
こちらのページをご覧いただければと思います。

 
他にも練馬区でも「ホームページ作成費補助金」という港区とほぼ同様の補助金があります。ただし、こちらは上限が40,000円となっています。

ネリサポ(練馬ビジネスサポートセンター)HP「融資あっせん・補助金」

 
ザッと調べただけでも港区、練馬区のほかに、中央区、江戸川区、豊島区、江東区、葛飾区ではホームページ制作を経費を補助する制度がありました。
※自治体によって補助金といったり、助成金といっていたりしますので、お調べになられる際は注意が必要です。

 
今回、紹介したようにものづくり補助金IT導入補助金小規模事業者持続化補助金といった国の補助金だけでなく、各自治体においても企業の成長をサポートする補助金・助成金制度が設けられています。

ホームページ以外にも展示会出展費用を負担してくれる補助制度などがあります。

 
皆さんが登記している区市町村の補助制度を1度調べてみては如何でしょうか!?

 

 


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

カスタムインテントとカスタムアフィニティで新規顧客を獲得

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本日はGoogle広告の中の「カスタムインテント」と「カステムアフィニティ」について

説明します。

カスタムインテントと カスタムアフィニティで新規顧客を獲得

 

GoogleAdwords改めGoogle広告の「カスタムインテントオーディエンス」「カスタムアフィニティカテゴリ」という機能を皆さんはご存知ですか?

機能的な要旨を最初に伝えると、

カスタムインテントオーディエンスでは、自社商品やサービスに対して購買意欲が高いであろう広告ターゲティングが可能です。

カスタムアフィニティカテゴリでは、自社や自社商品の認知を拡げるための広告ターゲティングが可能です。

このターゲティング便利機能について、今日は解説してまいります。

まずカスタムインテントオーディエンスについて。

Google広告の管理画面で・・・

ツール→オーディエンス マネージャー→カスタム オーディエンス と進んでいくと

左上に「+」ボタンがあるのでクリックします。

すると「カスタム アフィニティ」と「カスタム インテント」が選べるので、後者を選択します。

開いた画面がカスタムインテントオーディエンス作成画面です。

ここでは、自社商品やサービスを購買する可能性がある人の条件を入力します。

条件とは「検索キーワード」や「URL」のことで、検索キーワードは通常の検索キャンペーンで

設定しているキーワードを設定しましょう。

URLでは同業や競合他社のサービスサイトを入力します。

これでカスタムインテントオーディエンスの作成は完了です。

設定方法を説明してきましたが、何を設定していたのかというと、「検索キーワード」と「URL」

をもとに広告を表示させるターゲットを絞っていたのです。

まだ『??』ですよね。

例をあげます。

皆さんが相続に特化した税理士事務所を開業したとしましょう。

web広告で顧客を獲得したいと考え、カスタムインテントオーディエンスを使います。

まず検索キーワードに

相続,相続 相談,相続 税理士 

などターゲット顧客が相続で悩んでいる時に検索するであろうキーワードを設定します。

次にURLです。ここでは同業、つまり自社と同じく相続に特化した税理士事務所のURLを入力します。

そして、このカスタムインテントオーディエンスを広告キャンペーンに設定して配信すると、

相続に強い関心を持つ(であろう)ターゲット顧客にだけ広告が出ます。

正確には「相続 相談」で検索したり、競合他社のwebサイトに訪問した人、

つまりニーズが高い人に対して広告を配信します。

このようにニーズが顕在化している顧客に対して広告アプローチを行う際、

有効なターゲティング機能がカスタムインテントオーディエンスです。

次にカスタムアフィニティカテゴリについて説明します。

設定方法はカスタムインテントオーディエンスと同様です。

では、カスタムインテントオーディエンスと何が違うのかと言うと、

ニーズの大きさが異なります。

カスタムアフィニティカテゴリでは長期的に対象キーワードを検索していたり、

対象URLを見ている人にアプローチします。

長期的というのがミソで、要するに「潜在層」をターゲティングしているのです。

そのためカスタムインテントオーディエンスよりも更に多くの、広い層に広告を配信します。

イメージとしてはカスタムアフィニティカテゴリではカスタムインテントオーディエンス

のターゲットを包括しているといった感じです。

カスタムインテントオーディエンスとカスタムアフィニティカテゴリについて、

具体的なターゲット抽出の違いについてはGoogleがオープンにしていませんが、

おそらくターゲット顧客の検索キーワードやURLにアクセスする

頻度と期間から抽出しているのでは、と私は考えています。

なので、

ニーズが顕在化されている顧客へアプローチしたい場合はカスタムインテントオーディエンスを。

潜在ニーズの顧客に対して認知活動をしたい場合は、カスタムアフィニティカテゴリを使うことで

効率的な広告アプローチが実現できるというわけです。

今回ご紹介した2つの機能をまだご利用されたことがない場合は、是非1度、使ってみては如何でしょうか。

設定方法などで何かご不明な点あれば、どうぞお気軽にご相談くださいませ。


■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

IT導入補助金でwebサイト制作が最大半額に

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今、WEB制作業界でIT導入補助金が盛り上がっています。

というのもホームページ制作に対して国から半額の補助がおりるというホットな話だからです。

 
今回はIT導入補助金の概要と活用方法について書いてみました。

ホームページを作ろう、ホームページをweb広告で宣伝し集客しようと考えていた方は必見です。

 

 

IT導入補助金を皆さんはご存知でしょうか?

 

昨年から始まった補助金なのですが、「経産省が認定したweb制作会社へのサイト制作依頼やITツールの導入に関して最大で半額補助される」という補助金です。
 

補助金概要を記載すると・・・

補助対象: webサイト制作費、保守料1年分、web広告運用代行手数料 など
補助率 : 1/2 以内
補助額 : 上限50万円 、下限15万円
申請期限: 8月3日(金) ※二次公募
採択発表: 8月3日の締め切り後、1~2週間後 (予定)

という内容です。
 

・webサイトを新たに1から作り直すことを考えていた
・webサイトを作成し、広告を回して集客することを考えていた

上記に当てはまる方にはドンピシャな補助金と言えるでしょう。
 

ただ、

「補助金というと申請手続きが面倒だし、面倒な割に採択されるかどうかわからないから敬遠してるんだよね・・・」という方も多いかと思います。
 

このIT導入補助金の良いところには、

・申請がお手軽であること
・採択率がかなり高いこと
・採択後の申請の手間や負担も少ないこと

があげられます。
 

採択率に関してですが、先日一次公募の採択結果が発表されましたが、噂では90%オーバーの採択率だったとか。
 

このように良い事尽くめのIT導入補助金の裏には・・・

「ITやWEBを活用すれば、もっと生産性(1人あたりの業務効率)が高まるはず。しかし日本の中小企業ではまだまだITを活用しきれていない」

といった事情をクリアしたいという背景があります。
 

なので、国がサポートして積極的なIT活用を推進していこう、というのが狙いだと思われます。
 

ホームページの刷新や新たな商品紹介サイトの制作を考えていた方は、この機会を使わない手はないでしょう。
 

ちなみに、このIT導入補助金を利用できるweb制作会社の対象に弊社ダブルループが認定されました。

・ホームページ制作だけ
・ホームページ制作だけでなくweb広告を使って集客までサポート

など様々なニーズにお応えできるプランを用意しております。
 


▼IT導入補助金を活用したweb制作プラン
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/ithojo/


 

IT導入補助金が活気づいていて、多数のお申込みをいただくことが予想されます。

そのため弊社のサービス品質維持するべくIT導入補助金を用いたweb制作に関しては限定10社までとさせていただきますので、ご興味ある方はお早めにお問い合わせくださいませ。
 

IT導入補助金について何かご不明なことや活用方法でお悩みあればお気軽にご相談くださいませ。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから