アーカイブ : 2018年10月11日

スマホ用WEBサイトは不可避か!?


以前、といってもかなり前(2016年12月)に「モバイルファーストインデックス」
について、当コラムでお伝えしました。
https://www.doubleloop.co.jp/2016/12/5856/

詳しくは上のリンクから当時のコラムをご覧いただければと思いますが、
モバイルファーストインデックス(以下、MFI)とは何かを簡単に説明します。

MFI適用前
PC用WEBページのコンテンツの質と量で検索結果順位を決定

MFI適用後
スマホなどモバイル用WEBページのコンテンツの質と量で検索結果順位を決定

このようにMFIが適用されると、検索結果の結果表示の評価基準がPCページでは
なくモバイル(スマホ)ページに準拠する
ようになります。

そして検索結果はPC・モバイルそれぞれで異なった結果(検索順位)になるわけ
ではなく、モバイル向けページの評価に基づき、PC・モバイル共に同じ検索結果
が表示される
ようです。

つまりは、スマホ用ページがない場合、MFI適用に伴い、もしかしたらガクンと
検索順位が落ちる可能性があるというわけです。

そして、ここからが今日の本題となりますが、このMFIがついに適用され始めて
います。
サーチコンソールをお使いの方には最近になって、モバイルファーストインデッ
クス適用の通知が届いたはずです。
※サーチコンソールとはGoogleが無料提供しているサイト解析ツールのことです。

では、MFI適用が皆さんにとってはチャンスなのかリスクなのかを調べる方法を
説明してまいります。

まず、Googleのモバイルフレンドリーテストツールでご自身のWEBサイトがモバ
イル用に最適化されているかをチェックしてみましょう。

▼モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/test/mobile-friendly
※ちなみにスマホ対応が必要なWEBサイトである場合、サーチコンソール上でも
通知される予定とのことです。

そして、もしモバイルフレンドリーではない、つまりスマホ向けにWEBサイトが
最適化されていない場合には、WEBサイトのスマホページ対応が必要
となります。

その場合、レスポンシブデザインで制作することを現段階ではオススメします。
MFIが導入され始めた今日においても、レスポンシブデザインのWEBサイトであれ
ば問題ないと、今のところ言われています。

MFIに対してやるべきことは、ここまで述べたスマホ対応したページを作ること
だけです。

MFIが本格化しても検索結果の上位順位には、コンテンツの質とボリューム、見
やすさが重要要因であることは変わりません。

SEO対策でせっかく良質なコンテンツを多く作ってきたのにMFIのせいで・・・
とならぬよう早い段階でスマホページ対応を実施しましょう。

 


■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

Googleがアルゴリズムをアップデート

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本日はGoogleのアルゴリズムアップデートの内容についてです。

 

Googleがアルゴリズムをアップデート

8月にGoogleがアルゴリズムのアップデートを実施しました。

アルゴリズムについて、詳しくはWEBで検索していただければと思いますが、簡潔に言うと

「検索結果順位を決める要因」のことです。

この要因を8月に変更したというわけです。

本記事をご覧いただいている方の中にも、もしかしたら「そういえば8月からWEB問合せが増えたな~」もしくは「8月からメッキリ問い合わせが減った・・・」という企業がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の発表の中で、具体的にどのようなアルゴリズムに変更したかの記載は(毎度のことながら)なく、

「(今回のアップデートは)コンテンツと検索キーワードとの関連性をターゲットにしたものである」

という内容だけでした。

よって今日は、弊社が管理しているwebサイトや、協力会社からの情報をもとに、アルゴリズムの変更内容を読み解いてまいります。

発表内容を私なりに要約すると検索したキーワードに関連性が高いwebサイトを表示させるの意だと解釈しています。

あくまで私の意訳ではありますが、今までのアルゴリズムもこの意訳にそって、検索順位を決定していました。

なので、最近のSEO対策の王道としては

「検索者ニーズを満たしたボリューム満点かつ品質の高い記事(などコンテンツ)をwebサイトに設ける」

というアプローチでした。

ところが、今回のアップデート後の順位変動を見ていると、もう1歩踏み込んでいるようです。

あくまで私の推測ですが具体例をあげます。

たとえば「品川 税理士」で検索したとします。(実際にしてみてください)

すると、リスティング広告部分を除くと、トップに表示されるのはGoogleプレイスというGoogleマップに品川周辺の税理士事務所がプロットされているマップのはずです。

それ以降に税理士事務所のホームページが順に掲載されているはずです。

ここで重要なのが「Googleプレイス」がトップに表示されるという点です。

「品川 税理士」 Googleではこの検索キーワードを、『検索者が(きっと)品川近辺の税理士事務所をとりあえず知りたい』と解釈するようなアルゴリズムにしていると思われます。

なので、ホームページをトップ表示せず、Googleプレイスという場所情報を最上位で表示させているのだと私は考えます。

要するに、上の例で言うと 場所≧事務所実績・経験=価格=事業内容の ではないかと予想されます。

よって、ホームページ上で対策すべきは正しい事務所所在地情報を記載しておくことです。

また上の例でいうと品川駅や品川区の●●から徒歩●分などといった位置情報に関する記載があるとモアベターと言えるでしょう。

さらに言うと、所在地情報のページを検索者が見たとします。

そのページに検索者が満足した場合、きっとサービス内容など他のページに遷移するはずです。

ページ遷移の有無についてもきっとGoogleでは監視していて、検索順位に反映させているはずです。

このように近年のGoogleのアルゴリズムアップデートでは、検索者の機微・嗜好を汲み取った検索結果を表示させるように改善がなされていると私は感じています。

そのため、1つのページに膨大な情報を提供することが、SEO対策において必ずしも正解と言えるわけではない傾向になりつつあります。

検索者が見たい情報を1ページに分かりやすく簡潔に。

そのページを見たユーザーが満足して、同webサイトの他のページを読もうとする導線設計を作ること。(いわゆる直帰率の低下、ページセッションの増加)

こういった対策が今後のホームページなどwebサイトには求められるのではないかと予想しています。

今回ご紹介したように、ボリュームが多く、品質が高いwebサイトなのでSEO対策はバッチリ!という時代ではなくなりつつあります。

「ボリュームが多いこと」「品質が高いこと」これらはあくまで検索者を満足させるためのプロセスです。

SEO対策で最も重要なことは「検索者を満足させてあげることができた」かどうかという成果です。

成果にこだわったサイト構築をしていきましょう。

■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

GoogleがSSL対応に本腰を入れ始める!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

Googleが7月よりホームページのSSL対応に本腰を入れて警告するとのことで、今日はその内容とリスクについてまとめました。

皆さんのホームページやwebサイトをSSL非対応(URLがhttp:~~)であるならば是非ご覧ください。

Web戦略ならダブルループ

 

GoogleがSSL対応に本腰を入れ始める!?

 

昨年、メルマガで紹介しましたWEBサイトの常時SSL対応についてですが、更に動きがありそうです。

※当時の内容:https://www.doubleloop.co.jp/2017/08/6360/

 

昨年段階では「お問合せページ(入力フォームを有するページ)がSSL化されていないと、ブラウザ(Google Chrome)のURL欄で警告が表示される」というものでした。

これに対して、今年7月からは「webサイトがSSL化、つまりhttps:~~でなければブラウザで警告を表示する」

という対応を行う予定であるとGoogleが発表しました。

 

つまり、ホームページ全体をSSL対応しなければならないということです

SSL対応していないhttp:~~のページだとどのような表示になるかというと、Google ChromeのURL欄(アドレスバー)に「保護されていません」「保護されていない通信」という警告が出てきます

サイトを訪れた見込客が「あれ、なんだか怪しいサイトに来てしまったのかな」と思ってしまうであろうことは容易に想像できます。

 

なぜSSL化、URLをhttps:~~対応することをGoogleが重要視しているのかを改めて説明します。

 

SSL対応することはつまり、通信を暗号化することになり、第三者による盗聴・改ざんを防ぐことが出来ます。

・SSL非対応のサイトでお問合せを行った

・その後、スパムメールが大量に届くようになった

 

SSL非対応だと上の例の通り、第三者がお問合せフォームのアドレスを抜き取り、悪用することが可能なのです。

今日の内容をまとめると・・・

「保護されていません」という警告を見て、サイトから離脱する見込客が増えるかもしれません。そうなるとせっかくリスティング広告やSNSで集客の手を打っていたとしても、効果が下がる可能性があるというのがSSL非対応デメリットの1つ目です。

そしてもう1つはサイト訪問者のセキュリティとプライバシーを保護できないという点です

 

Google Chromeは国内で3人に1人が使っていて、トップシェアを誇っていますのでwebから集客したり、販売活動を行っている場合は対策が必須と言えるでしょう。

※ちなみにChromeに次ぐシェアはIE11.0(23%)、FireFox(10%弱)です。

webの重要度はますます高まるばかりですので、早い段階でのSSL対応をオススメします。

 

SSL対応についてご不安のある方はいつでもお気軽にご相談ください。

 

 

お問い合わせページのSSL対応

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

もしかしたら今年10月から皆さんの会社で多くの

機会損失が発生するかもしれません。

その理由はGoogle ChromeのSSL未対応時の警告にあります。

今回はその内容と対策について書いてみました。

 

お問い合わせページのSSL対応

 

過去に何度かホームページのSSL対応については触れてきました。

 

過去記事①:機会損失を防止するためのSSL対応

過去記事②:ホームページをSSL対応させよう!

 

そして、つい先日、弊社が過去に運営していたwebサイトに対して、

Googleより次のようなメッセージが届きました。

 


 

「http://www.●●● の所有者様

 2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で

 HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、

 「保護されていません」という警告が表示されるようになります。

 また、シークレット モードを使用している場合は、
 
 HTTP ページにアクセスするだけで「保護されていません」と表示されます。
 
 〜以下、省略〜」

 ※Google Search Consoleより引用

 


 

このように今年10月から、Google Chromeにおいては

お問い合わせ者の名前やメールアドレスなど

何か情報を入力させるページでSSL対応をしていない場合は

保護されていません」という警告が表示されるようになります。

 

一言でいえば・・・

お問い合わせページをSSL対応させることが急務である

ということです。

 

なぜ急務かというと

 

・「保護されていません」という警告文により、

 せっかくお問い合わせページに辿り着いた見込客が

 離脱してしまうかもしれない(離脱率の向上

 

・もっというと警告文によりWEBサイト、

 いや会社に対して不信感を持たれてしまう可能性があるかもしれない

 (ブランド価値の低下

 

・日本ではGoogle Chromeユーザーが50%以上である

 

からです。

 

ホームページはもちろんのこと、ランディングページでも同様です。

ランディングページ上で、セミナーやメルマガ申込などをはじめとした

フロント商品への誘導を行っている場合においても、

メールアドレスや氏名入力欄があるはずです。

 

見込客がテキストで何か情報を打ち込む必要があるページでは

全て警告が表示されます

 


 

10月になってから

「急に問合せが減ってしまった・・・・・」

ということになりかねないよう、今から対策を進めるべきです。

 

対策方法はSSLサーバ証明書をホームページ、

webサイトのサーバーにインストールするだけです。

弊社ではホームページの常時SSL対応

30,000円〜(別途SSL証明書料金必要)より承っております。

 

SSL証明書は有料のものから

ご利用中のレンタルサーバーによっては無料のものまでピンキリです。

皆さんのご予算や状況に合わせてベストなサービスを弊社では提案致します。

 

10月に機会損失が発生してしまわないよう、

どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

人材採用もGoogleに

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleが新たな検索軸(プラットフォーム)をリリースしました。

今日はその新サービスを解説してみました。

 

人材採用もGoogleに

求人

先日、Googleが「Google for Jobs」をリリースしました。

 

Google for Jobsを一言でいうならば

「求人情報をGoogleで検索できるもの」です。

※現在はアメリカでのみの先行リリースとなっています。

 

Google for Jobsでは、就職・転職希望者が

希望する企業の条件をGoogle検索で入力すると、

希望に該当する求人情報が表示されます。

 

LinkedInなどの求人・転職サイトに掲載されている求人情報が、

Googleの検索結果として自動的に表示されるようになっています。

 

つまり、就職・転職希望者からすると、

様々な転職サイトやアプリに登録することなく、

Googleで希望の条件を打ち込むだけで、

求人を出している企業情報を探すことができるというわけです。

 

Googleの狙いは、(日本で言えば)リクルートやエンジャパン、

マイナビなどの人材採用市場と競合することではなく、

むしろ共存だと言われています。

 

各求人サイトに掲載されている情報をGoogleが集約することで、

就職希望者が簡単、お手軽に自分の希望とマッチする

求人情報を見つけやすくなります。

 

上述の人材採用ビジネスを行っている各社は

多くの求人情報を自社媒体(サイト)にアップすることさえしていれば、

Googleから求職者が流れてきます。

 

これが何を意味しているかというと、

これまで転職ワードに対して行ってきたSEO対策や広告が

極端な話、不要になります。

 

そのため求人ビジネス各社は人材を必要としている企業の発掘、

そして最適な人材を紹介すればいいだけです。

 

最も重要なビジネスプロセスに注力することができるようになる

可能性をGoogle for Jobsは秘めています。

(既存のアドワーズの代わりに

 Google Adwords for Jobsというのが出てきそうですが^^;)

求人

ITの巨人、Googleが新たに転職市場に乗り出したわけですが、

コンセプト変わらず、「検索者に対してより有益な情報を提示すること」です。

 

当メルマガでは口酸っぱく繰り返していますが、

我々、皆さんにとってはWEBサイト上で

検索者のニーズを満たすことが出来る情報発信を努力するのみです。

 

そしてGoogle for Jobsの登場によって求人情報についても、

ホームページの中で求職者・転職希望者にとって分かりやすく、

詳しい情報を提供していかなくてはならなくなることでしょう。

 

ダブルループでは求人ページの制作実績も多数ありますので、

お気軽にご相談ください!

 

 

Googleがアルゴリズムを変更!

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

先日のWordPressの脆弱性に関するコラムでは、

多数の反響をいただきました。

 

webサイトを格納しているレンタルサーバー各社よりも早く

皆様に情報をお届けしたことで、

「助かった」「ありがとう」というお声をいただくことになりました。

 

おかげさまでコラムを書く励みになりました。

 

これからも皆様の会社を守る、そしてweb集客の一助になるような情報を

お届けしてまいります。

 

今日の内容も要チェックです!

 

 

Googleがアルゴリズムを変更!

 

今月3日にGoogleが異例の発表を行いました。

 

その内容を原文より一部抜粋します。

 

「今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供する

ことよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、

品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、

より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を

意図しています。

このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する

皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを

期待しています。」

 

※Googleウェブマスター向け公式ブログ

「日本語検索の品質向上にむけて」より抜粋

 

 

Googleの意思が珍しく前面に出ている内容です。

 

少々長めではありますが、熟読いただくことをオススメします。

 

 

要するに

「SEO対策に重きを置いた某キュレーションメディア(※)

のようなwebサイトじゃダメ」

という内容だと私は考えています。

 

※昨年末の、ある医療情報サイトの信頼性に関する騒動はご存知の通りです。

 

 

今回のGoogleの発表は、

記事ボリュームによるSEO対策を狙ったwebサイトへの警告です。

 

 

Googleが求めているのは

『検索者にとっての最適解となりえる質の高いサイト』です。

 

 

記事(コンテンツ)のボリュームを増やしていくことももちろん大切ですが、

やはりそれよりも

「検索でサイトに訪れてきた人が喜ぶような質の高い、

そして確かな情報をwebサイトに上げていくこと」

が検索上位の近道ということです。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから