アーカイブ : 2017年08月23日

お問い合わせページのSSL対応

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

もしかしたら今年10月から皆さんの会社で多くの

機会損失が発生するかもしれません。

その理由はGoogle ChromeのSSL未対応時の警告にあります。

今回はその内容と対策について書いてみました。

 

お問い合わせページのSSL対応

 

過去に何度かホームページのSSL対応については触れてきました。

 

過去記事①:機会損失を防止するためのSSL対応

過去記事②:ホームページをSSL対応させよう!

 

そして、つい先日、弊社が過去に運営していたwebサイトに対して、

Googleより次のようなメッセージが届きました。

 


 

「http://www.●●● の所有者様

 2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で

 HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、

 「保護されていません」という警告が表示されるようになります。

 また、シークレット モードを使用している場合は、
 
 HTTP ページにアクセスするだけで「保護されていません」と表示されます。
 
 〜以下、省略〜」

 ※Google Search Consoleより引用

 


 

このように今年10月から、Google Chromeにおいては

お問い合わせ者の名前やメールアドレスなど

何か情報を入力させるページでSSL対応をしていない場合は

保護されていません」という警告が表示されるようになります。

 

一言でいえば・・・

お問い合わせページをSSL対応させることが急務である

ということです。

 

なぜ急務かというと

 

・「保護されていません」という警告文により、

 せっかくお問い合わせページに辿り着いた見込客が

 離脱してしまうかもしれない(離脱率の向上

 

・もっというと警告文によりWEBサイト、

 いや会社に対して不信感を持たれてしまう可能性があるかもしれない

 (ブランド価値の低下

 

・日本ではGoogle Chromeユーザーが50%以上である

 

からです。

 

ホームページはもちろんのこと、ランディングページでも同様です。

ランディングページ上で、セミナーやメルマガ申込などをはじめとした

フロント商品への誘導を行っている場合においても、

メールアドレスや氏名入力欄があるはずです。

 

見込客がテキストで何か情報を打ち込む必要があるページでは

全て警告が表示されます

 


 

10月になってから

「急に問合せが減ってしまった・・・・・」

ということになりかねないよう、今から対策を進めるべきです。

 

対策方法はSSLサーバ証明書をホームページ、

webサイトのサーバーにインストールするだけです。

弊社ではホームページの常時SSL対応

30,000円〜(別途SSL証明書料金必要)より承っております。

 

SSL証明書は有料のものから

ご利用中のレンタルサーバーによっては無料のものまでピンキリです。

皆さんのご予算や状況に合わせてベストなサービスを弊社では提案致します。

 

10月に機会損失が発生してしまわないよう、

どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

人材採用もGoogleに

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleが新たな検索軸(プラットフォーム)をリリースしました。

今日はその新サービスを解説してみました。

 

人材採用もGoogleに

求人

先日、Googleが「Google for Jobs」をリリースしました。

 

Google for Jobsを一言でいうならば

「求人情報をGoogleで検索できるもの」です。

※現在はアメリカでのみの先行リリースとなっています。

 

Google for Jobsでは、就職・転職希望者が

希望する企業の条件をGoogle検索で入力すると、

希望に該当する求人情報が表示されます。

 

LinkedInなどの求人・転職サイトに掲載されている求人情報が、

Googleの検索結果として自動的に表示されるようになっています。

 

つまり、就職・転職希望者からすると、

様々な転職サイトやアプリに登録することなく、

Googleで希望の条件を打ち込むだけで、

求人を出している企業情報を探すことができるというわけです。

 

Googleの狙いは、(日本で言えば)リクルートやエンジャパン、

マイナビなどの人材採用市場と競合することではなく、

むしろ共存だと言われています。

 

各求人サイトに掲載されている情報をGoogleが集約することで、

就職希望者が簡単、お手軽に自分の希望とマッチする

求人情報を見つけやすくなります。

 

上述の人材採用ビジネスを行っている各社は

多くの求人情報を自社媒体(サイト)にアップすることさえしていれば、

Googleから求職者が流れてきます。

 

これが何を意味しているかというと、

これまで転職ワードに対して行ってきたSEO対策や広告が

極端な話、不要になります。

 

そのため求人ビジネス各社は人材を必要としている企業の発掘、

そして最適な人材を紹介すればいいだけです。

 

最も重要なビジネスプロセスに注力することができるようになる

可能性をGoogle for Jobsは秘めています。

(既存のアドワーズの代わりに

 Google Adwords for Jobsというのが出てきそうですが^^;)

求人

ITの巨人、Googleが新たに転職市場に乗り出したわけですが、

コンセプト変わらず、「検索者に対してより有益な情報を提示すること」です。

 

当メルマガでは口酸っぱく繰り返していますが、

我々、皆さんにとってはWEBサイト上で

検索者のニーズを満たすことが出来る情報発信を努力するのみです。

 

そしてGoogle for Jobsの登場によって求人情報についても、

ホームページの中で求職者・転職希望者にとって分かりやすく、

詳しい情報を提供していかなくてはならなくなることでしょう。

 

ダブルループでは求人ページの制作実績も多数ありますので、

お気軽にご相談ください!

 

 

Googleがアルゴリズムを変更!

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

先日のWordPressの脆弱性に関するコラムでは、

多数の反響をいただきました。

 

webサイトを格納しているレンタルサーバー各社よりも早く

皆様に情報をお届けしたことで、

「助かった」「ありがとう」というお声をいただくことになりました。

 

おかげさまでコラムを書く励みになりました。

 

これからも皆様の会社を守る、そしてweb集客の一助になるような情報を

お届けしてまいります。

 

今日の内容も要チェックです!

 

 

Googleがアルゴリズムを変更!

 

今月3日にGoogleが異例の発表を行いました。

 

その内容を原文より一部抜粋します。

 

「今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供する

ことよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、

品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、

より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を

意図しています。

このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する

皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを

期待しています。」

 

※Googleウェブマスター向け公式ブログ

「日本語検索の品質向上にむけて」より抜粋

 

 

Googleの意思が珍しく前面に出ている内容です。

 

少々長めではありますが、熟読いただくことをオススメします。

 

 

要するに

「SEO対策に重きを置いた某キュレーションメディア(※)

のようなwebサイトじゃダメ」

という内容だと私は考えています。

 

※昨年末の、ある医療情報サイトの信頼性に関する騒動はご存知の通りです。

 

 

今回のGoogleの発表は、

記事ボリュームによるSEO対策を狙ったwebサイトへの警告です。

 

 

Googleが求めているのは

『検索者にとっての最適解となりえる質の高いサイト』です。

 

 

記事(コンテンツ)のボリュームを増やしていくことももちろん大切ですが、

やはりそれよりも

「検索でサイトに訪れてきた人が喜ぶような質の高い、

そして確かな情報をwebサイトに上げていくこと」

が検索上位の近道ということです。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから