アーカイブ : 2017年03月23日

まとめサイトにペナルティ!?

 

ダブルループの福田です

 

 

WEBで何かを検索する際、必ずといって良いほど上位に表示される

「まとめサイト」

 

検索者側からすると、まとめサイトである程度の情報を参照することが

できるので、便利と言えば便利なのですが、

真偽が怪しいと思われる情報もチラホラ見られますよね。

 

なので、情報を鵜呑みにせず、自分で判断することが求められるのですが、

最近まとめサイトの検索結果が下がっていることが多々見られます。

 

その理由について書いてみました。

 

 

まとめサイトにペナルティ!?

 

今月上旬、朝日新聞に次のような記事があがっていました。

 

「朝日新聞は2月、IT・サービスや金融、小売り、教育など検索を通じて

顧客獲得を図る12業種の上場100社(ホールディングス傘下も含む)に

アンケートを実施。

回答した72社のうち23社が、最近5年間にグーグルから

ガイドライン違反の通知や警告などを受け、

2012年7月〜16年4月に順位を引き下げるペナルティーを科されていた。

 

〜中略〜

 

朝日新聞の取材では、この前後に、旅行や生活のまとめ情報を提供する

人気サイトのうち10件超が順位を大きく落とすペナルティーを受けていた。」

 

(引用元:朝日新聞デジタルより)

 

 

以前も当メルマガで書きましたが、

昨年末の医療系まとめサイトの信頼性に関する騒動が

上述のような「ペナルティ」という形で波紋を広げています。

 

 

ではそもそもGoogleのペナルティとはどういったケースで科せられ、

どのようなマイナスが生じるのかを述べてみます。

 

 

まずペナルティが科せられるケースとしては・・・・

 

・似たような内容(コンテンツ)が書かれたページばかりが存在しているサイト

 

・他のサイトから内容が(無断で)転載されているサイト

 

・独自性のない内容(コンテンツ)ばかりが載せられているサイト

 

・不自然なリンクがついているサイト(ブラックハットSEO)

 

 

これらに1つでも該当する場合は、

Googleからペナルティが科せられるケースがあります。

 

このようなサイトに対して、Googleは自動ペナルティと手動ペナルティという

手法を用いて、ペナルティを科します。

 

自動ペナルティというのはGoogleのアルゴリズム内で

「あれ、このサイトはサイトに無関係なリンクばかりがついているぞ」

「このサイトって他のサイトと内容が類似しすぎているな」

と自動的に判断され、検索順位を下げるペナルティです。

 

 

一般的に自動ペナルティは軽めのペナルティが多いと言われています。

 

手動ペナルティはGoogle関係者が直接サイトを閲覧し、

Googleのガイドラインに違反していると判断した場合に科すペナルティです。

 

この場合、サイトには厳しいペナルティが科せられるケースが多くみられます。

 

手動ペナルティを受けた際には、サイト運営者へSearch Console上にて

Googleよりメッセージが届きます。

 

メッセージにてGoogleのガイドラインに違反している内容をお知らせしてくれる

ので、その内容に則してサイトを修正し、Googleに再審査をリクエストします。

 

そうすると、Googleが確認を行い、検索順位も回復します。

(あくまで悪質なサイトではなかった場合です)

 

 

Googleからペナルティを受けないためにどうすればいいのかというよりも

『独自性があり、そして何より検索者が喜ぶコンテンツを作成すること』

を目指していただければと思っています。

 

 

オリジナルで役に立つ情報を作ることこそが、

検索上位表示のための最短距離なのです。

 

 

PCとスマホのSEOが分離!?

ダブルループの福田です。

最近、何か気になっていることや考え事をする際のヒントは、

移動中にスマホで情報を探すようになりました。

 

 

スマホで検索。

気になったサイトがあれば、ブックマークしたり、メモに残す。

そして、後々パソコンでじっくりと読み込む。

 

 

このような思考行動プロセスです。

 

こうなると、スマホで見やすいwebサイトの方が当然、閲覧しようという気持ちが働きます。

 

そんな矢先、GoogleよりスマホとPCの検索評価に関する発表がありました。

 

 

今回のWEB戦略コラムは、これをテーマにお話しします。

 

images-1

 

PCとスマホのSEOが分離!?

 

 

先日、

「Googleが、パソコン版とスマートフォン版のインデックスを分離することを発表した」

というニュースが入ってきました。

 

これは端的に言うと・・・

 

パソコンとスマホのそれぞれにおいて、webサイトが適正かどうかを評価する

という意味です。

 

スマートフォンが普及してから今日まで、

基本的にはPC版のSEO対策がPCにもスマホにも反映されていました。

 

それが近年になって、

「スマホでも見やすいwebサイトに加工されていること」

がSEO対策で評価されたり・・・

というアルゴリズムの変更がなされていました。

 

しかし、今回の発表を見ると、

パソコンとスマートフォンで異なる検索エンジンになる

と表現しても過言ではないほどの変更が考えられそうです。

 

webサイトを、スマホのような小さな画面でも見られるように画面サイズが閲覧端末によって自動最適化することは当然のこと、

(ここからは私の想像の域ですが)

 

・スマホ向けのクリック(タップ)しやすい問合せボタンがある

・電話番号が画像ではなくテキストで、タップするだけで電話がかけられる

・SNS上でwebサイトの情報をアップしやすくなっている

・スマホ最適化がなされているwebサイトに被リンクが貼られているか

などなど

 

 

「スマホゆえの工夫がされているwebサイトが検索時に

上位表示されるようになる未来」

 

が近くなったと言えるでしょう。

 

昨年時点で、スマホの検索数がパソコンのそれを超えた

という発表がありました。

 

今回のGoogleのスマホ対応の如何にかかわらず、

スマホでwebサイトを見やすくする加工は必要最低条件

と言える時代に突入しています。

 

多様化する情報過多の現代において、

見やすく発見してもらいやすいwebサイトを作ることは、

もはや当たり前の企業努力となりました。

 

もし、会社や取扱商品・サービスのwebサイト(ホームページ)が、

まだ、スマホ最適化されていないようでしたら、

一度、当社にご相談ください。

 


images

 

 

ペンギンアップデート4.0が開始

ダブルループの福田です。

前回のコラムで

「Googleでひそかにアルゴリズムの変更が行われていて、検索順位がなんだか大きく変動しているぞ」

といった記事を書いたのですが。

Google検索ランキング変動?
http://www.doubleloop.co.jp/2016/09/5594/

 

すると、9月23日にGoogleより

「ペンギンアップデートを順次開始する」

と発表がありました。

 

やはり9月の検索順位変動はアルゴリズム変動の予兆、

というよりもGoogle内のテストによるものだったのでしょうね。。。

 

ということで(?)、

今回はペンギンアップデートの基礎から最新情報までをお伝えします!

 

 

9月23日にGoogleより

「ペンギンアップデート4.0」を順次展開していくことが発表されました。

 

「そもそもペンギンアップデートって何?」という疑問から、

今回新たに施行されたペンギンアップデート4.0の内容とその対策について

まとめました。
 
 
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
 
 

ペンギンアップデートとは

 

ペンギンアップデートというのは、

Googleでの検索結果の順位(ランキング)を決定するための

順位決定・評価プログラム=アルゴリズムの機能更新のことです。

 
大規模の更新がある毎に、1.0、2.0と名付けられ、

今回は四度目の更新ということでペンギンアップデート4.0と呼ばれてます。
 

 

ペンギンアップデートによるSEO対策への影響は?

 

ペンギンアップデートが行われると、リンクに対する評価基準が変動します。

 
つまり、webサイトの被リンクの評価が変わるため、被リンクが低品質であると評価されれば、検索順位が下がったりすることがあり得るというわけです。

 
ペンギンアップデートでは、被リンクの評価基準の変動が大きいため、
世の中の検索結果(ランキング)が大きく変動します。

 

それゆえ、WEB業界内ではとても注目されています。

 
images-1

 
 

ペンギン4.0では何が変わったのか?

 

今回のペンギンアップデート(以下、ペンギン4.0)の主な変更点は、
次の2点です。

 

1.リアルタイム化

2.順位変動の繊細化

 

 

1から説明してみます。
 

リアルタイム化

 
リアルタイム化を噛み砕いていうと

「SEO対策をリアルタイムで評価して、検索結果に反映させる」

という意味です。

 

例を挙げると、

良い被リンクが自社のwebサイトにつけば即座に順位が上がるということです。

 

裏を返せば、

悪いリンクがつくとすぐに検索順位が下がってしまうとも言えます。

 

一方で次のように考えることもできるはずです。

 

「あるリンクをつけた(SEO対策を実施した) → しかし順位が下がってしまった → ただ悪い結果の検証スピードが速くなり、自社のwebサイトにとって良いリンクを見つけやすくなった。」

 

つまり最適なSEO対策を実施しやすい環境になったとも言えるでしょう。

 

続いて2の順位変動が繊細になった、ということについて説明します。

 

 

位変動の繊細化

 
これまでは低品質なリンクをサイトにつけた際、検索結果で一気に圏外まで落ち込んでしまった、といったことがあり得ました。

 

しかし今回のこの発表内容によると、
たとえ低品質なリンクを張ってしまったとしても一気に圏外まで飛ばすことはせず、緩やかに検索結果が下がっていくようにします、
という意味が見て取れます。
 
web-developer
 
 

ペンギン4.0への対策

 

今回のペンギン4.0の変更点を見る限り、

SEO対策がよりチャレンジしやすい環境になったと言えるでしょう。

 

これまでは・・・

「ちょっとリスキーだが、良さそうな被リンクをたくさん集めてみよう」

というトライをした場合、

「一気に検索上位に表示されるようになった!」

「上位どころか、圏外までランクダウンした・・・orz」

と極端な結果になることがあり得たため、
リンクによる対策はギャンブル的要素がありました。

 

しかしペンギン4.0によりリアルタイムにSEO対策の結果が反映され、
なおかつ極端に順位変動することはなくなったことから、スピーディーかつ最善のSEO対策を実施できるようになりました。

 

もっと言えば、
WEB集客、WEB戦略に対して日ごろから一手一手を検証していけば小さなリスクで他社と差別化を行うことが出来るようになった言い換えられます。

 

みなさんの会社のwebサイトは、日、少なくとも週単位でSEO対策を見直していらっしゃいますか?

 

「WEB戦略を策定し、その戦略を日々、愚直なまでに検証することがインターネット時代の集客の在り方である」

と今回のアップデートでGoogleが示唆しているのではないかと私は考えます。

 

WEB戦略、WEB集客について一度、見直したい場合は、
いつでもお気軽にご相談下さい。

 

 

Google検索ランキング変動?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

梅雨のような空模様が続きますね。

これが明けたらまた夏が来るのでは・・・と思わせるような気候です。

体調管理には気を付けていきましょう。

 
 

さて、今回のコラムでは、

「Googleの検索ランキングの変動」

について触れてみました。
 
 
30e94e108e6ddb5561c65e7e84e2646f_s
 
 

Google検索ランキング変動?

 

今月に入ってからというもの、

「日本のGoogle検索ランキングが大きく変動している」

と、WEB業界では何やら騒がしくなっています。

 

Googleからは正式なアルゴリズムのアップデートの発表は出ていません。

よって、「テスト的なアルゴリズムの変更が行われているのでは?」と、

今のところ考えられています。

 

アルゴリズムには、

「コアランキングアルゴリズム」

と呼ばれるものがあります。

 

コアランキングアルゴリズムの変更や更新の場合、Googleから更新アナウンスは発表されません。

よって、今回の検索ランキング変動はもしかしたらコアランキングアルゴリズムが変更された可能性があります。

 

ではコアランキングアルゴリズムとはそもそも何なのかを今日はご紹介します。

 

コアランキングアルゴリズムとはそもそも何なのか

 

紹介しますと申したものの。。。。

「コアランキングアルゴリズムが正確にどういったものをさすのか」は、

WEB業界で明らかになっていません。

 

Googleの検索アルゴリズムのベース(基本)になっているもの

と表現することが精いっぱいです。

しかし、よくSEO対策において重要だと言われている以下の対策は、

コアランキングアルゴリズムの一部と言えるでしょう。

SEO対策

・「titleタグに検索順位対策のキーワードが含まれている」
・「被リンク」
・「webサイトのページ構成」
・「descriptionでの対策」
・「h1,2,3などhタグの対策」等

ペンギンアップデートやパンダアップデートのような大掛かりなアルゴリズムの

変更の際には、Googleが発表することもあり、とても注目されます。

 

でも実は日々、コアランキングアルゴリズムの変更は行われており、

「大掛かりなアップデートでなくとも、検索ランキングには大きな影響を及ぼしている」

ということです。

 
 

まとめ

 

Googleは日々、

検索者のニーズに応え、利便性を高めるために様々な工夫を施しているのです。

 

そのため、情報提供側(私たちWEB業界はもちろん、企業である皆様)も、

「日」単位でWEBからの情報発信を改善していかなければなりません。

 
新製品やイベントを開催する時だけ情報を発信するのでは、

検索者、そしてGoogleのアルゴリズムは満足しないのです。

 

「日々の情報発信、コンテンツ作成を続けていくこと」

が、今後のWEBマーケティングにおける課題と言えるでしょう。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから