アーカイブ : 2021年05月18日

検索上位を目指すためのページエクスペリエンスへの備え

お世話になっております。ダブルループの福田です。

SEO対策は古今東西、大きく変わりません・・・・ということはあり得ません。

スマホの普及、webサイト技術の発展などに伴い、Googleのアルゴリズムは日々
変化していっています。

今回は5月にアナウンスのあったGoogleのアルゴリズムについてまとめてみまし
た。

検索上位を目指すためのページエクスペリエンスへの備え

先日、GoogleはPage Experience Update(ページ エクスペリエンス アップデート)について、6月以降に段階的に導入していくことを公式サイトで発表しました。

ページ エクスペリエンスとは何かというと

ユーザーがwebサイトで操作を行った際の、情報そのものの価値以外に関する
エクスペリエンスの尺度となるシグナルのことだとGoogleは言っています。

うーん、これだけ読むとよく分からないですね。

端的に言うと(若干意訳が入ります)

サイト訪問者にとってサイトの情報以外の価値を評価すること

これがページエクスペリエンスです。

例を挙げるならば

・欲しい情報がそれなりに載っている
 けれども表示速度がとても遅いAというwebサイト

・欲しい情報がそれなりに載っている
 そして表示速度はまあまあ早いBというwebサイト


以前までのGoogleにおいては同等の評価だったものの、ページエクスペリエンス
アップデート以後は情報価値以外の点も評価対象となるため、後者のBサイトの
方が検索結果では上位に表示される(可能性が高い)と言われています。

このように情報価値以外のアルゴリズムが近く導入されるというのが冒頭の内容
なのです。

ではページエクスペリエンスにおいて具体的にどのような内容が評価されるのか
というと・・・

1.モバイルユーザビリティ
2.セキュリティ/https
3.広告
4.コアウェブバイタル

の4つです。

1~4について当ブログをご覧の皆さんであれば耳にしたことがある方も多いで
しょう。

そう、過去にどれも取り上げた内容で、いずれも検索者(サイト訪問者)にとっ
て見やすかったり、安全にアクセスできたりという指標です。

皆さんの会社やサービスのwebサイトのページエクスぺリンスについてはGoogle
Search Consoleの「ページエクスペリエンス」というメニューを参照することで状況を把握することが出来ます。

まずは是非、Google Search Consoleをご覧ください。

もしくは弊社にご相談いただければ無料で皆さんのサイトを診断致しますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

Googleの品質評価ガイドラインとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

前回はCore Web Vitals(コアウェブバイタル)をGoogleが新たに導入すると発表した話を解説しました。

Core Web Vitalsが検索結果順位に影響することをその際に触れましたが、同様に検索結果順位に大きく関わるもので「品質評価ガイドライン」があります。

今日はこちらについて解説してまいります。

Googleの品質評価ガイドラインとは

Googleの品質評価ガイドラインとは
「Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために、外部の品質評価者に向けて評価方法を説明した資料のこと」
と言われています。

ちょっと分かりづらいので噛み砕いて言うと

「webに存在するサイトの品質を評価するために、Googleが雇った(開発した)人(技術)に対しての評価方法を説明した資料」
です。

まだ分かりづらいですね。。
意訳しすぎかもしれませんが

「サイト品質を評価するための説明書」

です。

つまり、品質評価ガイドラインに則ってサイトを制作・運営していくことで
Googleから高品質なサイトであると評価してもらいやすくなると考えられます。

では品質評価ガイドラインにはどのようなことが書かれているのか。

今回は品質評価ガイドラインの要点を3つほどピックアップしてみました。

品質評価ガイドラインの要点

1.webサイト(ページ)のクオリティ


当ブログで口を酸っぱくして伝えているようにGoogleが求めているのは高品質なコンテンツが並ぶwebサイト、webページです。

では何をもって高品質であるかというと、GoogleはE-A-Tで判断しています。
これは

E:Expertise(専門性)、

A:Authoritativeness(権威性)

T:Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取った略称です。

ページ内容のジャンル(スポーツ、美容系など)
コンテンツの作成者(の実績や権威性)
webサイトの運営者情報(の実績や権威性)
webサイトの評判

これらがE-A-Tの代表的な評価軸と言えるでしょう。

2.ニーズ満足


検索結果が検索者(ユーザー)のニーズにマッチしていたかどうかをGoogleは評
価します。
ニーズのマッチをどのように解釈すべきかについては諸説あるのですが、最近は
「モバイルユーザーのニーズを満たすこと」と言われています。

今日においてはスマホでの検索が圧倒的に増えていて、それに対してwebページ
はPC向けのものがまだまだ存在しています。

それゆえスマホユーザーが検索した際には見づらくて、欲しい情報が得られな
かった=ニーズの不一致が発生しています。

よってスマホユーザー向けの使いやすさを追求すること、これがニーズ満足にお
いて重要だと言われています。

3.使いやすさ


2と重複する部分もありますが、2の内容に加えて情報から情報への移りやすさの
ことを示しています。

つまりサイト内UXがこれにあたります。

検索結果のwebページの中で関連する情報が紹介されて、ついクリックした
検索結果のサイトの中に他にも興味をそそるコンテンツがあった

こういったことをGoogleは求めています。

以上3点が品質評価ガイドラインのポイントです。

品質評価ガイドラインを意識してサイトを構築していくと、サイトに辿り着いた
ユーザーの満足度を高めることができます。

結局のところ、Googleにとってもそれは嬉しいことなのです。
そのゆえユーザー満足の高いサイトについては検索結果の上位に表示させてくれ
ます。

品質評価ガイドラインは都度、更新されているので定期的にチェックしてGoogleの意図を汲みながらサイトを更新していきましょう。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」


コアアップデートから読み取るGoogleの狙い

昨年は大変にお世話になりましてありがとうございました。
ダブルループの福田です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年が明けて2021年、いかがお過ごしでしょうか。

限定的ではありますが緊急事態宣言が発出(する見込が高く)し、マーケティン
グ的には2021年も対面などの地上戦は厳しい環境となりそうです。

webマーケティングの重要性がますます高まる今日ですが、新年1発目の今回は
Googleの最新アップデートについてまとめてみました。

コアアップデートから読み取るGoogleの狙い

Googleのコアアルゴリズムアップデートは通常、年に3、4回実施されています。
コロナ禍の2020年も例外ではなく3回実施され、最後のコアアルゴリズムアップ
デートは12月にありました。

今回のアップデートによって検索順位にどのような影響を及ぼすようになったか
については、例によってGoogleから正式なアナウンスはありません。

Googleがリリースしている記事や関係者のSNSによると、今回のアップデート内容に特筆すべき点はなさそうです。
ただ、これまでと同様にコンテンツ(記事やページ)の専門性やオリジナリティ、読みやすさについては言及されていました。

また弊社のクライアントの様子やweb関係者からの情報を見る限りだと、医療関
連のwebサイトにおいて大きな順位変動が見られました。
※あくまで弊社調べです。

以上から今回のコアアルゴリズムアップデートの内容を総括すると・・・

・ブラックハットSEOのような大きな制約や改正は無い

・コンテンツの専門性やオリジナリティなどE-A-T基準で優れたコンテンツを作る 努力を怠らないようにすること

・ユーザービリティを持続的に高めていくこと

・医療関係(クリニックなどの病院、美容、病気など)においては上記3点を再評価し直したからなのか、順位が変動している

というのが今のところ、掴んでいるファクトです。

この中の「E-A-T」については以前にも当ブログで解説しましたが、Googleの
SEO対策における根幹をなすものとされているので改めて説明してみます。

E-A-TはGoogleの検索品質評価ガイドライン
https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/10/core-updates.html
に登場するキーワードです。

上のリンクの中の「コンテンツに集中する」というタイトル以下の内容がE-A-T
に関する日本語訳内容となります。

ポイントを抜粋すると・・・

・コンテンツは独自性のある内容か

・独自性があり、なおかつ高品質である(誤情報がない)か

・具体的で信頼性が高く、安心して見て良い内容か

・事実のみだけではなく、洞察など意見を含んでいるか

・スマホなどあらゆる端末で適切に表示されているか

・読者の読む気を削ぐほど大量の広告を表示させていないか

・読んだユーザーがシェアしたり、ブックマークする内容か


ザックリですがこんな感じです。




文章として眺めると「当たり前のことじゃないか」という印象を受けます。
が、裏返しに表現してみると、もしかしたら皆さんの中にも思い当たる節がある
のではないでしょうか。

検索品質評価ガイドラインの裏返し一例

・他社のコンテンツに乗じて、似たような業界情報を記事にしている
・速報的な情報を記事にしている(説明が不十分な可能性がある記事である)
・推測ばかりで、十分に調査していない内容を記事にしている
・外部のライターに委託して制作させた低品質コンテンツである、
 それも大量生産(制作させた)したうちの1つである

皆さまがたにおいては、2021年は(も)是非、このような点に注意していただき
ながら、良質なコンテンツを制作していただければと思います。

コンテンツ制作で何かお悩みがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

meta descriptionでSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本メルマガでは繰り返し伝えていますが、SEO対策における王道は質の高い記事
やサイトを制作することです。

それに加えて

Googleに正しくサイトや記事の内容を認識させる努力

これもまた重要です。
今日はそのテクニック的な部分に関して解説していきます。

meta descriptionでSEO対策

meta descriptionを皆さんはご存知でしょうか?

WEB業界やWEBに携わっている方でないと耳覚えのない言葉でしょう。

meta description(メタディスクリプションと言います)とは、webページの
説明文のことを指します。

Googleで検索した際、検索結果には大きな文字(見出し)で記事のタイトルが
表示され、また小さな文字でその記事の説明文が表示されます。

この説明文こそがmeta descriptionです。

検索結果の中からmeta descriptionを見て記事を読むかどうかを判断された経験
をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そうなんです。
meta descriptionの内容次第でその記事を読むかどうかを判断する人がいるのです。
さらにmeta descriptionによって検索順位が高くなることもありえます。

ではどのようなmeta descriptionが効果的なのかを
・meta descriptionに書くべき内容
・文字数

という点から解説を進めます。

まず

書くべき内容について

meta descriptionで書くときに検討すべきは・・・

・ページとmeta descriptionの内容の整合性をとること
・検索者の検索キーワードを配置すること

まず当然のことながら作成したページとmeta descriptionの整合性が取れていな
ければなりません。

整合性が取れていない場合、meta descriptionを見てページに入ってきた検索者
のニーズを満たすことが出来ず、その結果としてページ滞在時間が短いことなど
からSEO効果を望めなくなります。

次に「検索者がどのようなキーワードを検索して、自分のページにたどり着くか
という点を考慮してmeta descriptionを作ることも重要です。

PCで検索した場合、meta description上では検索キーワードが太文字で強調さ
ます。

検索者としては検索キーワードに興味があるわけなので、キーワード(太文字)
の前後文を読み込むはずです。

このように検索者の行動導線を想像しながらmeta descriptionを作成しなければ
いけないのです。

さて続いては

meta descriptionの文字数について。

検索エンジンのアップデートに伴いSEOに有効な推奨文字数は変わりますが、今
時点では「約90文字」と言われています。

PCでの検索時には140文字前後が、スマホでの検索時には90文字程度がmeta
descriptionに表示されます。

PCとスマホ両方での見やすさを考慮するとなると、(表示文字数が少ない)ス
ホの文字数に合わせるべきと言えるので
「約90文字」
という推奨文字数になるのです。

meta descriptionも結局は検索者の利便性を高めるための設定です。
検索者のニーズを満たすという本質的な価値にそってこそ、SEO対策と言えます。

記事制作も設定面も検索者(ユーザー)目線で作っていきましょう。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

口コミ精査でイメージダウン対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

web上の口コミは今や、見込客がそのお店や商品、はたまた会社を選ぶ際の極め
て重要な要因の1つでしょう。

また(匿名の)webゆえに起こりえるのが口コミというプラットフォームにおけ
る悪口、そう誹謗中傷です。

今日はMEOにおける誹謗中傷対策について説明してみます。

口コミ精査で イメージダウン対策

以前、当メルマガでMEO対策について解説しました。

Googleマイビジネスに会社や店舗情報を登録することで、見込客の検索結果の一 部にマップ情報が表示され、そこに皆さんの会社がマッピングされている

ザックリ言えばこれがMEO対策の概要です。

MEOではGoogleマップ上には会社名(や店名など屋号)に加えて連絡先、さら
には口コミも表示されます。
口コミの内容を見て、そのお店を選ぶかどうかを決める人は少なくないことでし
ょう。

この口コミが店舗側にとっては良くも悪くも大きな集客要因になります。
良い口コミだけならば何の問題もありません。集客にプラスに働いてくれます。

問題は悪い口コミです。
・事実無根の悪意ある書き込み
・一方的な誹謗中傷 など

あることないことを書く人が悲しいことに一定数は存在します。

こういったネガティブな口コミが原因で、集客のマイナス要因になってしまって
いる場合は対策を行うべきです。

対策は大きく・・・
・Googleへの報告(削除依頼)
・口コミ当人へ真摯な対応

この2つがあります。

まず前者について。

投稿された口コミが事実無根など不適切である場合、Googleに「違反報告」とい う形式で削除を依頼することができます。

具体的にはGoogleマイビジネスもしくはGoogleマップ上から該当するコメントを 開いて「不適切な口コミとして報告」を選択します。

すると次の「違反の種類」の選択が求められます。

・スパムと虚偽のコンテンツ
・関連性のないコンテンツ
・制限されているコンテンツ
・違法なコンテンツ
・露骨な性的コンテンツ
・不適切なコンテンツ
・危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツ
・なりすまし
・利害に関する問題

上のいずれかに当てはまる口コミであればGoogleに報告することで削除してもら える(かもしれない)ということです。
Googleへ違反報告してから削除されるまで1~数週間はかかります。
また必ず削除されるとも限らないという点については注意が必要です。

そして、上にあてはまらないサービスに対する意見など真っ当な口コミは削除で
きません。

この場合はGoogleマイビジネス上で真摯に対応していくしかありません。
コメント者に対して
「貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
 またご満足いただけないサービスを提供してしまい、失礼しました。
 ●●様のご意見を参考に・・・」
このようなコメントを返し、実際にサービス改善を行っていくことこそ、口コミ
をプラスに変えるアプローチだといえます。

今回ご紹介したようにweb上の口コミは、運営者に報告するか、もしくは真摯に
向き合うしかないのです。

ネガティブな口コミに目くじらを立てることはせず、冷静に対処し、事実である
ならば冷静に改善に努めていきましょう。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

クローラビリティ改善によるSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

当ブログではこれまで「良質なコンテンツ(記事やページ)作り」こそが検索
結果上位に表示させるための近道であると何度も書いてきました。

今日は少し視点を変えて、コンテンツ以外のSEO対策について考えてみました。

クローラビリティ改善によるSEO対策

「クローラビリティ」

この言葉を皆さんは御存知でしょうか?

GoogleではGoogleボットいわゆるクローラーがweb上のリンクを回遊しています。

そしてこのクローラーが

「このwebページは○○について詳しく書いてあるページである」

と認知することこそが、検索順位付けの材料の1つです。

よって、「ページの内容(コンテンツ)が重要になる」というのはこれまで書い
てきた通りなのですが、これ以外にもクローラーが回遊している時に集めている
情報があります。

それが回遊(ページ認知)のし易さであり、
「クローラビリティが良いこと」です。

クローラビリティが良いというのを一言でいうと
『webページに辿り着きやすいこと』です。

クローラビリティが悪い例を挙げるともっとわかりやすいかもしれません。

・低品質なページが多い
・404エラーなどページ表示エラーが起こる
・内部リンクの構成が悪い など

これらのページがwebサイト内に散在していると、クローラーが回遊しづらく、
それゆえにクローラビリティが悪いと評価されます。
これはすなわち、SEO対策において不利益を被る可能性が高くなると言えます。

クローラビリティの現状についてはGoogleサーチコンソールを活用することで把握できます。

クロール統計情報を見て、webサイトのページ数に対してクロールされたページ
数が少ない場合にはクローラーが回遊しづらいサイトになっていると言えます。
※クロールされたページ数の多い少ないについては、サイトのページ数によって
良し悪しが異なるため、具体的な数値は一概に何とも言えませんが。

ではどのように対策を施せばいいのか、代表的な対策について説明を続けてまいります。

サイト(ディレクトリ)構造を見直す

webサイトが大分類から中、小分類へと上手く構造化されているとクロールされ
やすくなります。

たとえば食品スーパーを例に挙げると
悪い例だと
トップページー牛肉
ー豚肉
ー肉特売
ー魚
ー野菜
ーフルーツ
このような構成になります。

一方、良い例は
トップページー肉ー牛肉
ー豚肉
ー魚ー刺し身
ー加工品
ー青果ー野菜
ーフルーツ
ー特売ー・・・・
このように検索者が見やすようグルーピングされているサイト構造だと、クローラーも回遊しやすい構造だと言えます。

シンプルなURLに設定する

URLの文字数が長く、?や&が混合している場合、URLの読み込みが大変なので、クローラビリティが下がる要因になりえます。

検索者に見てほしいページにはシンプルなURLを設定しましょう。

404エラーをなくして、内部リンクを正す

たとえばあるページに同一webサイトの別ページのリンクを貼ったとします。
またその後、別ページが不要になって削除したとします。

すると、別ページのリンクをクリックすると404エラーが発生してしまいます。

これは検索者にとって親切ではない事象であるため、また、クローラーも回遊で
きないことから好ましくない状態だと言えます。

よって正しいリンク構成に変更することが求められます。

他にもいくつか細かいテクニックはありますが、まずは上述した3点を見直してみては如何でしょうか。

いずれもWordpressで内製した場合などに発生しやすい要因です。

「頑張って記事を書いているし、ページも見直しているのに成果に繋がらない」
という場合、もしかしたらクローラビリティが原因かもしれません。

思い当たる方は是非、一度ご相談ください。

 

お知らせ情報

弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン

ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

営業パーソン向けMAがリリースキャンペーン中!

弊社クライアントのエクレアラボ様が営業パーソン向けのMAをリリースし、
12月末まで4ヶ月無料キャンペーンを行っています。

▼顧客ニーズを見抜く簡易MA「オファーリンク」
https://ecrea-event.com/offerlink-doubleloop

営業パーソンがお客様にwebページの情報をメールで送信する際に、このシステム
をご利用いただくことで・・・
・メールで送信したURLがクリックされたかどうかがチェックできる
・クリックされた瞬間に担当営業社員に通知が届く
というシステムです。

営業パーソンはこのシステムを活用することで、抱えている顧客の中から見込度
の高い顧客を瞬時に見抜くことが可能となります。

通常1,000円/月額(営業パーソン1人あたり)の同システムが、12月末までは4ヶ
月無料で1ライセンスお試し可能となっております。

新規顧客開拓、ルート営業で取引数アップをお考えの企業においては活用できる
ITツールなのかなと思います。

▼顧客ニーズを見抜く簡易MA「オファーリンク」
https://ecrea-event.com/offerlink-doubleloop

 

■弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

wordpressを活用したホームページ10万円パック

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

facebookページ制作19,800円~

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

Facebook広告運用代行:月額40,000円(税別)~

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホワイトハットSEO

 

■編集後記

今年ももうすぐ終わりですね。
来年の戦略を決めるまでが今年の仕事です。

2020年、スタートダッシュを決めるためにも仕込みまでを完了させましょう!

サブドメインの有効利用

お世話になっております。ダブルループの福田です。

webサイトのSEO対策の議論において「サブドメインの有用性」がフォーカスされることがあります。

今日はサブドメインとは何なのか、そしてサブドメインはSEOにおいてどのように有効に働くのかを書いてみます。

サブドメインの有効利用

サブドメインとはメインのドメイン(ルートドメインと呼びます)の前に特定の文字列を挿入したドメインのことを言います。

たとえば弊社でいうと

ルートドメイン:doubleloop.co.jp
サブドメイン:subdomain.doubleloop.co.jp
※このサブドメインは実在しません。

このような形式になります。

では、サブドメインをどういうシーンで利用するかについてを次に書いていきます。

webサイトを運用しようとした時に必ず必要になるのがドメインです。
サブドメインは、1つのドメインを用途に応じて複数のサイトに割り振ることができます。

つまり、複数のルートドメインを取得する手間や費用、また管理コストを削減できることがサブドメインのメリットの1つ言えます。

たとえばwebサイトを「サービス専用」「会社案内専用」「採用専用」と分けて運用したい場合には・・・

サービス:service.doubleloop.co.jp
会社案内:doubleloop.co.jp
採用 :recruit.doubleloop.co.jp

といった具合にサブドメインを割り振ることで独立したサイトとして運営していくことが可能となります。

サブドメインと似た言葉でサブディレクトリというものがあります。

ルートドメイン:doubleloop.co.jp
サブディレクトリ:doubleloop.co.jp/service/

サブディレクトリについては見慣れた方も多いことでしょう。

企業のwebサイトではサブディレクトリに様々なコンテンツを配置することが一般的です。例をあげてみると

トップページー会社案内    ー代表挨拶
ー商品ラインナップー商品A
ー商品B

このようにトップページから様々なコンテンツに、そしてより深い情報にアクセスできるよう作られているのを皆さんも目にしたことがあるはずです。

そしてこのようなサイトの場合、トップページの配下にあるコンテンツはサブディレクトリに配置されているのです。

サブドメイン、サブディレクトリについて書いてきましたが、端的にはサブドメインは全くの別サイトのこと、サブディレクトリはサイトの階層のことと言えます。

ではサブドメインがSEOにおいて有効なのかどうかという話に移りましょう。

まず事実として、新たに作ったサブドメインはSEO上では優位に働きません。
サブドメインとは結局のところ、新たなドメインと同じですので、初期段階ではSEOで特に優位な点がないのです。

ただし、ルートドメインを割り振っているサイトがとても影響力のあるwebサイトであるならば、ルートドメインのサイトにサブドメインのリンクを貼ることでSEO対策を行うことが出来ます。
※いわゆる被リンクによるSEO対策です。

つまり、ルートドメインのサイトをPVやセッション数が多いなど「強いサイト」にすることができれば、サブドメインで関連サイトを作成し、リンクを貼ることでSEOにおいても有利にwebマーケティングを行うことができるようになります。

以上よりまずやるべきはメインとなるルートドメイン下のwebサイトコンテンツの強化です。

ドメインの話でしたが、結局いつもの通り、良質なコンテンツを作ろうという話に落ち着いてしまいました(汗)

■お知らせ情報

 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

 

 

■弊社サービス紹介

 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

wordpressを活用したホームページ10万円パック

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

facebookページ制作19,800円~

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

Facebook広告運用代行:月額40,000円(税別)~

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホワイトハットSEO

 

■編集後記

 

IT業界のトップが騒がしいですね。ZOZOに引き続き、LINEもYahoo傘下になると
かならないとか。

購入サイト、コミュニケーションツールは様相が変わるかもしれませんね。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから