アーカイブ : 2018年04月25日

見込客を獲得するリスティング運用のコツ ~その3

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日もリスティング広告運用のポイントについて書きました。

「安く」「効果的」なリスティング広告運用のポイントをまとめています。

 

Web戦略ならダブルループ

 

見込客を獲得するリスティング運用のコツ~その3

 

リスティング広告を効果的に安く運用する方法を今日は考えてみます。

前回、チラッと話をしましたが、GoogleAdwordsには品質スコアという概念・尺度があります

 

たとえば皆さんが「新宿 相続」とGoogleで検索したとします。

すると・・・

「新宿対応|相続に強い税理士事務所」

「新宿で初めての相続なら●●事務所」

といったリスティング広告が表示されることでしょう。

 

しかし広告の中に

「品川区で実績多数|●●法律事務所」

という広告があったら、検索者である皆さんはどのように思いますか?

 

(品川区の士業事務所じゃ遠いな~)

(品川だと行くのも大変だし、対応も遅そう…)

などの反応を示す方が多いことでしょう。

 

このように検索者のニーズを満たせない広告の場合、品質スコアが下がります

品質スコアは1~10段階で評価され、Adwordsでいつでも評価を確認することができます。

上述した品川区の広告内容だと、検索者ニーズを満たしていないため低評価になることが考えられます。

 

そしてようやく今日の本題についてですが、効果的に安く広告運用するためには品質スコアを上げることが必須となります。

リスティング広告には掲載順位があります。

見込客が検索した際に広告が掲載順位に従った位置で表示されますが、この掲載順位は・・・

品質スコア × 入札価格

にて決定されます。

これが広告運用の費用対効果に大きく影響を及ぼします。

 

例を挙げてみましょう。

たとえばA社の広告では、品質スコアが「5」、入札価格が「100円」だとします。

この場合、掲載順位を決める値は

5×100=500

となります。

仮にこの広告が掲載順位1位だとします。

一方でB社では品質スコアは「1」、入札価格は「500円」です。

よって掲載順位を決める値は

1×500=500

です。

こちらも同じく500なので、上の会社と同じく掲載順位が1位となります。

A社、B社、どちらも掲載順位が高くてWEBから集客できそうです。

 

しかし、ここで少し考えてみましょう。

掲載順位1位ならばそれなりのクリックが見込めます。1日で10クリックを獲得出来たとします。

A社の場合は入札価格が100円なので

10クリック×100円=1,000円

B社の場合は入札価格が500円なので

10クリック×500円=5,000円

ご覧の通り広告コストに5倍もの差が付いています。

仮にA社、B社が同じ商品を販売していたとしたら、どちらのビジネスが上手く回っているかは言わずもがなです。

 

更に細かいことを述べると、B社の品質スコアは最低の「1」なので、掲載順位1位を維持することは難しくなっていくはずです。

なぜなら検索者のニーズに応えていないため、1位維持のための入札価格が上がっていくはずですから。

 

今日のテーマである「効果的」というのは多くのクリックを獲得することです。

多くのクリックを得るためには品質スコアを改善していく、もしくは入札価格を高く設定するしかありません。

そしてもう1つのテーマである「安く」を実現するためには品質スコアを改善するしかないのです。

 

つまりは品質スコアが上げることがリスティング広告運用において重要なことであるということです。

 

もし皆さんがリスティング広告を運用されているのであれば、出稿キーワードに対する品質スコアをご確認くださいませ。

これからリスティング運用を考えている方は、見込客が検索するであろうキーワードに則した広告文の作成を熟慮することをオススメします。

 

 

SEO対策は費用対効果に見合ってる?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はSEO対策のあるべき姿について、

検索結果1〜20位でどれくらいクリック率が変わるのかという

データに基づいて考えてみました。

 

SEO対策は費用対効果に見合ってる?

クリック率

「最近、SEO対策に力を入れていたんだけど、ようやく成果が出始めて、

●●というキーワードで検索すると、ウチのサイトが10位以内に

表示されるようになったんだよー(エッヘン)」

という話を商売柄よく聞きます。

 

10位以内と聞くと結構スゴイように聞こえますよね。

でも実は検索5位以下は大したことがないというデータが発表されました。

Internet Marketing Ninjas社の発表によると

検索順位別のクリック率は下記の通りです。

 

1位:21%
2位:10%
3位:7%
4位:4%
5位:3%
6位:2%
7位:2%
8位:1%
9位:1%
10位:1%
11〜20位:1%

※引用:Internet Marketing Ninjas社の2017年7月24日ブログより

 

検索結果1位がダントツであることは想像通りと言えます。

一方で5位以下は100回の検索があったとしても、3回しかクリックされません。

 

検索ボリューム(※)が少ないキーワードだと、

検索結果が10位以内と言えどもほぼクリックされていないことになります。

※検索ボリューム:特定のキーワードが検索される回数

 

となると、検索上位になるためにSEO対策としてブログを週に1回、

月に数回書いていたとしても、検索結果10位以内では問合せに繋がる可能性は

とても低いということです。

(あくまで検索ボリュームが少ないキーワードの場合、

またブログ作成というSEO対策を行っている場合の話です)

 

社員1人の時間をそれなりに投下して、検索結果5〜10位までしか対策が

施せない場合は、適したプロモーションとは言えない可能性があります。

 

ただ、ビッグワード(検索ボリュームが多いキーワード)であれば、

5位以下でも効果は期待できます。

 

要するに

「費用対効果に見合ったSEO対策が出来ているか」

ということを冷静に判断し、

WEB戦略を実行しなければいけないということです。

悩む女性

もし、皆さんがSEO対策のためにブログを書いていて、

それなりに検索結果が上昇しているという状況であっても、

上述のように一向に問合せに繋がらない場合がありえます。

 

業界、取り扱っている商品の性質などに応じては

ブログ作成に時間という費用を投下するよりも

WEB広告を出稿した方が費用対効果が高いケースが考えられます。

 

ブログ作成もWEB広告も手段です。

手段と成果(問合せ数など)を検証し、

自社に合った最適なプロモーション方法を選択しましょう。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから