アーカイブ : 2019年03月22日

Googleマイビジネスで お得・特典情報を発信

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleマイビジネスに新機能が追加されました。

今回は・・・

・そもそもGoogleマイビジネスを使うとどんなことが出来るのか

・新たに搭載された新機能について

この2つをまとめてみました。

 

Googleマイビジネスでお得・特典情報を発信

店舗ビジネスをされている方の間では有名なGoogleマイビジネスですが、今月より特典やオトク情報、クーポンなどを発信できるようになりました。

Googleマイビジネスってそもそも何?」という方がいらっしゃるかもしれませんので、今日はその基本機能と上述した新機能について解説してみます。
 

Googleマイビジネスに会社やお店の情報を登録しておくと、
Googleの検索結果・Googleマップなどに無料で情報を表示させることができるようになり、なおかつ最新情報を更新・管理できます。

(facebookページのGoogle版というイメージです)
 

店舗を必要としないBtoBビジネスなどにおいても登録することができます。

Googleマイビジネスに登録しておくことで、Googleの検索結果やGoogleマップ上で、社名・店名や屋号・電話番号・住所・営業時間などの基本情報を検索ユーザーに見てもらうチャンスが拡がります。

 

「ホームページと何が違うの!?」

というと・・・

・Googleマップ上で「近くのカフェ」とユーザーが検索した場合、
Googleマイビジネスに登録されている現在地近くのカフェが表示される

・Google検索で「渋谷区 会議室」と検索すれば、
検索結果1ページ目にGoogleマップと一緒にGoogleマイビジネスに登録されている渋谷区の貸会議室情報が表示される
 

このように、ホームページであればSEO対策を万全に行い、検索結果上位に表示されることを目指さなければなりません。

ところがGoogleマイビジネスであれば、Googleが提供しているサービス(マップなど)上に優先的に情報が掲載されるようになります。

 
以前までは、

「検索」→「上位表示のサイトを閲覧」→「検索上位に自社サイトがあれば流入」という流入経路が一般的でした。

しかしGoogleマイビジネスが始まったことにより

「検索」→「Googleマップ上の情報を閲覧」→「Googleマイビジネス上の情報を参照」→「Googleマイビジネスに記載されているWEBサイトにアクセス」→「自社サイトに流入」

Googleマイビジネス経由で見込客を獲得するアプローチが新たに登場したわけです。

Googleマイビジネスの登録や更新はとても簡単ですし無料なので、まだ登録されていない方は是非、登録することをオススメします。
 

さらに今日のタイトルにある「オトク・特典情報」を掲載できるクーポンという新機能を活用することで、Googleマイビジネスから自社サイト、更には短期的な取引への導線をより強化することができるはずです。

クーポン機能では検索ユーザーが興味を持ちそうな特典情報を目のつきやすいところに配置する事が出来ます。

特典情報は最大で10個登録できるので、様々なユーザータイプを考慮した特典を作っておくことで見込客を獲得する機会を作れるようになります。

以上のように、Googleマイビジネスではクーポンサイトを使わずとも集客できる機能を備えています。

 

また今回の新機能実装からもわかる通り、今後、検索ユーザーにとってますます利便性の高いプラットフォームになっていくことが予想されます。

店舗ビジネスをされている方は是非、一度、お試しください!

 


 

 


お知らせ情報

■弊社クライアントのイベント紹介
会計事務所RPA研究株式会社様

RPA会計事務所導入成功事例セミナー
~RPAが税理士業界に浸透していない「今」学んでライバルに差をつけるチャンス~

総務省は「働き方改革」の推進の一環として、2025年までに事務作業の三分の一をRPAへ置き換えることを目標としています。今後はこれまで税理士が行っていた業務の一部を、RPAが代行していくようになるわけです。

「もしかしたら、将来的には税理士としてやっていけないのでは…」
「廃業するはめになるかも…」
などと不安に思う方もいらっしゃる方もいるかもしれません。

裏を返せば、「RPAに精通した税理士」は希少価値が非常に高いといえます。
今ならRPAの知識を身につけ対応力を磨くことで、「勝ち抜け」することができるのです。

当セミナーでは、実際の成功事例や専門家による業界予測、RPAのデモンストレーションなど、豊富な内容をご用意されているとのことです。

RPAをいち早く取り入れ、差別化を図りたいとお考えの方は是非、ご参加されることをオススメします。

▽RPA会計事務所導入成功事例セミナー
~RPAが税理士業界に浸透していない「今」学んでライバルに差をつけるチャンス~
https://tax-rpa.com/seminar/


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

時代遅れのSEO対策をしてませんか?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleのテクノロジーは日進月歩の成長を遂げています。

それはつまり、我々のSEO対策も変わってきていることを意味しています。

今日は、以前までは王道とされていたSEO対策の中から、時代遅れになってしまったSEO対策、そしてそれに代わる対応策を紹介します。

 

web戦略ならダブルループ

 

時代遅れのSEO対策をしてませんか?

 

さて、いきなりですが質問です。

 

Q.SEO対策において検索結果1位よりも大切なこととは何でしょうか!?



パッと答えが出た方は今日のコラムをご覧いただかなくても大丈夫かもしれません。

 

さて、回答に移る前にSEO対策の新旧比較を解説させてください。

 

以前までであれば、検索結果で最上位、つまり1位になることSEO対策で求められる成果でした。

今も1位になることに越したことはない、という点では変わっていません。

ただし、1位になることと同等に取り組むべき対策があります。

スニペットがその最たる対策の1つです。

 

スニペットとは何なのかを説明します。

たとえばWEBで「SEO 対策」と検索します。

すると、ズラ―っ検索結果のタイトルが並びます。

各検索結果タイトルの下には説明文が記載されているはずです。

この説明文のことをスニペットと呼ぶのですが、スニペットの中の「SEO対策」の部分が太文字になって強調されているはずです。

 

このようにGoogleの検索結果では検索したキーワードが強調されるようになりました。

スニペットが搭載されるようになってから、検索ユーザーはスニペット、すなわち説明文をタイトルよりも重視して、その検索結果をクリックするか否かを判断するようになってきています。

たとえ検索結果1位でもスニペットの内容が検索ユーザーが求めていたような内容でなかったり、時代遅れのSEO対策に乗じたキーワードをとりあえず並べている感がある場合などはクリックされません。

よって検索1位を目指すことが重要であることは代わりませんが、検索ユーザーの利便性を考えたSEO対策が同じくらい重要になってきているということです。

 

もう1つ例を挙げると、h1やh2タグにキーワードを入れる、記事を投稿する際にはタイトルにキーワードを必ず盛り込むといった対策も今となっては必要性が下がってきています。

 

正確に言うならば・・・

・やりすぎ(盛り込みすぎ)はNG

・正しくサイト全体の構成を意識したタグにする

・キーワードではなく記事の内容に基づいた記事のタイトルをつける
(もしくはその逆)

といったところでしょう。

 

WEBサイトとは1冊の本なのです。

Googleは、検索ユーザーの求めている、探している答えに近しい本を見つけやすくするべく、アルゴリズムを改善しています。

以前まではアルゴリズムがチープだったため、タイトルやメタキーワード、ディスクリプションに特定のキーワードを盛り込んでおけば検索上位表示になりやすかったことがありました。

 

ところが、今やアルゴリズムによるサイト解析の対象はタイトルやディスクリプションだけではなく、サイト全体の構成で判断するようになりました。

つまり本の例えに戻すならば、タイトルや目次で煽っている中身のない書籍ではダメになったということです。

タイトルや目次に合致する内容が書かれていること、これが重要になっています。

 

今日は一例とテクニカルな話を書きましたが、結局のところは・・・

質の高い情報をユーザーが見やすいように作っているか

ということが古今東西変わらないSEO対策の王道であることには間違いありません。

 

SEO対策はGoogle対策ではなく、お客様のための対応なのです。

是非あらためて皆さんのサイトがお客様にとって親切で見つけやすいサイトになっているかをご確認ください。

 


 

 


臨時休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では3月15日(金)~3月16日(土)の2日間、社員旅行のため3月15日(金)を臨時休業とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

休業日 :3月15日(金)終日

なお、3月18日(月)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のメール・お電話・ファックスでのご連絡に関しましては、確認・ご返信が3月18日(月)以降となります。
ご不明な点は、各担当者へご連絡ください。


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

スマートスピーカーが変える検索の世界

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

ビックカメラにてキャンペーンでGoogle Home

半額で買えると少し前に話題になりましたが、

Google Homeをはじめとしたスマートスピーカー

検索の世界をどのように変えるか、

という点について本日は私の考えを述べてまいります。

 

スマートスピーカー時代のSEO対策・検索対策のことならダブルループ

 

スマートスピーカーが変える検索の世界

 

スマートスピーカーが続々とリリースされました。

 

Google Home、Amazon Echo、LINE Clova WAVEと

IT大手がこぞって参入してきている状況です。

(来年にはApple製のスマートスピーカー「HomePod」もリリース予定だとか)

 

このように今、何かと話題のスマートスピーカーについて、今日は・・・

・スマートスピーカーが我々の生活にもたらすメリット

・スマートスピーカーが検索の世界に与える影響

を考えてみます。

 

スマートスピーカー以前にSiriの登場により音声検索が一般的になりました。

※誰しもが街中でSiri(アンドロイドならGoogleアシスタント)に

話しかけているわけではないので、

一般的という表現が適しているかはアレですが。。。

 

今後はますます音声検索ニーズが増加していくと

一部の調査機関では言われています。

 

その最大の理由は・・・

速くて簡単

だからです。

 

検索してくれるハードウェアのそばで

「●●を検索して」と声をかけるだけですから、

指を動かすよりもよっぽど早く検索できることは間違いありません。

 

手を動かして起動させたり、操作していた身の回りの

ハードウェア(TVやエアコンなど電子機器)についても同様でしょう。

 

このような流れからスマートスピーカーが今後の我々の生活では

当たり前になっていくと考えられています。

 

では次にWEB業界に身を置く者としての意見を。

 

スマートスピーカーでの検索が当たり前になると仮定すると、

検索の仕方」までもが変わるであろうと想定されます。

 

具体例をあげてみましょう。

たとえばランチに飯田橋駅周辺で美味しい蕎麦を食べたいと考えているとしてください。

そういった時にこれまでは検索エンジンを開いて

【飯田橋 蕎麦 ランチ 美味しい】

と検索していたはずです。

 

ところがスマートスピーカーだと

【飯田橋の美味しい蕎麦屋でランチしているとことを教えて】

といった内容で尋ねることになるでしょう。

 

このようにスマートスピーカーだと、まず検索キーワードが変わってきます。

となると、これまでの文字検索を前提としたSEO対策の効果が

落ちてしまう可能性があるとが予想されます。

 

そして、次に考えられることは、

スマートスピーカーで検索した人は音声で結果を知りたいのでは、ということです。

 

文字検索であれば1ページ目に表示されれば目を通してもらう機会がありました。

しかし音声で返答することを想定すると、

1ページ(検索結果10位以内)目全てのページの内容を

音声で聞くかと言われたら「?」です。

 

おそらく1〜3位くらいまでしか聞くことはないでしょう。

またもしかしたらスマートスピーカー側でも

上位3件しか読み上げないといった設定になったり、

設定できるようになることでしょう。

 

同じくリスティング広告の内容は排除するといった設定も出来るはずです。

よってリスティング広告は現在ほどの効果が見られなくなるかもしれません。

 

以上のように検索キーワードが変わること、

そしてよりSEO対策を入念に施し、

上位に表示させることは今以上に重要になることが

スマートスピーカーの台頭によって

もたらされるであろう変化だと考えられます。

 

如何でしたでしょうか。

あくまで私個人の見解です。

とはいえ、おそらく大きくは外れていないはずです。

 

スマートスピーカーという最新ハードの登場により

上述のように検索スタイルが変わるかもしれません。

 

かといって焦る必要はなく、根本は一緒で、

検索者にとって有益な情報を提供することを地道にコツコツと続ければ

ハードの変化には対応できるはずです。

 

 

SEO対策に必要な記事の文字数について考えてみた

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はSEO対策でたびたびご相談いただく内容である

ブログの文字量」について考えてみました。

 

ブログでSEO対策をしている方は是非、ご覧ください。

 

SEO対策に必要な記事の文字数のことならダブルループ

 

SEO対策に必要な記事の文字数について考えてみた

 

自社のWEBサイトにワードプレスを入れて、

ブログ投稿によりSEO対策している会社が最近は多くみられます。

 

そして、そういった方々からよくいただく質問が・・・

「何文字くらい書けば、SEOにおいて有効と言えるのでしょうか?」

という内容があります。

 

今日はブログ投稿によるSEO対策における

1記事あたりの文字数について考えてみます。

 

WEBで「ブログ SEO 文字数」と検索すると、

様々な情報が出てきます。

 

800文字以上なら上位表示されやすくなる とか

最近は2000文字以上の記事を書かなければダメ などなど

様々な憶測が飛び交っています。

 

以前より口を酸っぱくして繰り返していますが、

記事で大切なことは文字数よりも中身、品質です。

 

とはいえ今回は品質に関する議論は一旦、

横置きとして文字量についてのみもう少し考えてみます。

 

そもそも「自社のサイトを検索結果の上位に表示する」

SEO対策のゴールです。

 

検索結果上位になるということは

検索者のニーズを満たす可能性が高いサイトだということで、ここが重要です。

 

「検索者のニーズを満たす可能性が高い」という点を

Googleがどのようにして認識しているかを読み解かなければなりません。

 

SEO対策に必要な記事の文字数のことならダブルループ

 

検索結果を決める際、Googleの中の人が目視で検索キーワード1つ1つに対して、

これは良質なサイトだから上位だな、と判断しているわけはなく、

ロボットと呼ばれるものを回遊させて、

検索ニーズに対して上位表示させるサイトを決定しています。

 

では、ロボットの身になって、

どんなサイトが良質なサイトと判断するかを考えてみましょう。

 

文字量が他のサイトよりも多い 【文字量

画像などが貼ってあって分かりやすそう 【記事構成

サイトに訪れた検索者が他の記事も読んでいる 【多くの良い記事が存在】

有名企業が紹介しているサイトである 【被リンク

検索のサイト滞在時間が多い 【記事を熟読している=良質な記事

 

このあたりではないでしょうか。

 

上記判断軸の中でもロボットにとっては、

やはり文字量が判断しやすいはずだと考えられます。

なので文字量は多いことに越したことはないと言えるでしょう。

 

さらに言えば、記事の品質(サイトの品質)が

皆さんの会社と競合他社のサイトで同じだとした場合、

ロボットは何を持って上位に表示するサイトを決定するでしょうか。

 

文字量が多い方を上位に表示しようと考えるはずです。

 

以上から考えられることとして・・・・

SEO対策ワードでGoogle検索

・上位記事の内容と文字量を調査

・上位記事(競合サイト)の文字量を超える記事を投稿

 

このように何文字以上書くかというよりも、

他社のリサーチが重要だと私は考えます。

 

ただ、繰り返しとなりますが文字量以上に大切なことは品質です。

 

読みやすく、内容が深く、ボリューム満点の記事を

地道に作ることが検索上位表示の近道です。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから