アーカイブ : 2021年05月7日

ホームページ制作に使える補助金・助成金(2021年度最新版)

お世話になっております。ダブルループの福田です。

さて、今回のコラムは新年度に入ったのでホームページ制作に関連する2021
年度の助成金・補助金についてまとめてみました。

ホームページ制作に使える補助金・助成金

あまり知られていないのですが、国や都の他にも実は各自治体にてホームページ
制作を補助する助成金や補助金があります。

新年度に突入したので、今回はホームページ制作に関わる助成金・補助金につい
てまとめてみました。

小規模事業者持続化補助金(中小企業庁)


中小企業の販路開拓を支援するための補助金です。国の支援制度なので対象企業
要件にさえ該当すれば、全国どの企業でも申請することができます。

この補助金はチラシ制作など販促品の制作費から展示会出展費用などの広告宣伝
費まで、販路開拓に関わる経費を補助してくれる制度です。

ホームページは販路開拓において今や必要不可欠と言えるので、もちろん本補助
金の対象経費に含まれています。

補助率:対象経費の2/3
補助上限金額:50万円
URL:https://r1.jizokukahojokin.info/

小規模事業者持続化補助金の採択率は30~50%ほどと言われています。
しっかりとした事業計画書(ホームページを用いた販路開拓計画)を用意する必
要があり、次に紹介する自治体の補助制度よりは難易度が高めです。

自治体のホームページ作成補助、助成金


一部自治体ではホームページ制作費用を補助してくれる補助金や助成金が用意さ
れています。

一部だけですが令和3年度にHP制作の補助金・助成金をピックアップしてみまし
た。

東京都中央区 補助率:1/2 上限:5万円    申請期日:5月7日
東京都港区  補助率:1/2 上限:10万円 申請期日:12月28日 
※初めてHPを制作する企業に限る
東京都江東区 補助率:1/2 上限:5万円
東京都豊島区 補助率:1/2 上限:5万円 申請期日:2022年2月24日
※初めてHPを制作する企業に限る
東京都練馬区 補助率:1/2 上限;5万円
※初めてHPを制作する企業に限る
東京都葛飾区 補助率:100% 上限:10万円
東京都江戸川区 補助率:1/2 上限:10万円

葛飾区は補助率100%というのが、嬉しいですね。葛飾区で登記をしている法人の方は是非活用してください。

申請期日を記載しなかった自治体の補助金については自治体の告知ページの中で
期日記載がありませんでした。
「今年度中」や「30社限定」といった条件が自治体ごとにありましたので、詳し
くは区市町村のホームページをご確認くださいませ。

また八王子市や羽村市など上述した自治体以外でも補助制度が用意されています。

皆さんの会社の自治体ホームページから確認できますので、是非、一度確認して
みてください。

IT導入補助金


こちらは「既にホームページはリニューアルしてしまった」企業向けの補助金で
す。
ホームページを使って見込客、いわゆるリード獲得の最大化を図るツールの1つ
にMA(マーケティングオートメーション)と呼ばれるITツール群があります。

IT導入補助金を使えばこのツールの導入費や運用費の1/3~1/2補助されますので
webマーケティングを次の段階に押し上げたい方はこちらをオススメします。
 

如何でしたでしょうか。皆さまの会社にてご利用いただけそうな助成金や補助金
はございましたか?

リアルでのマーケティングは未だ厳しい状況です。
コロナ以前よりもwebマーケティングの重要性は増してきています。

今回ご紹介したような制度を上手く活用して見込客獲得体制を築いていきましょう。

自治体の助成金・補助金を使ってホームページを制作

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

4月になりました。働き方改革法が施行されるなど、新年度が始まって外部環境が目まぐるしく変わっていきます。

今日は、各自治体から発表されたた中小企業に有益な助成金・補助金を紹介します。

 

自治体の助成金・補助金を使ってホームページを制作

ホームページ制作に使える補助金と言えば、昨年はIT導入補助金が一斉を風靡しました。

ところが、今年度ではどうやらホームページ制作はIT導入補助金の対象外になる模様だとか。

そうなると、今年からはホームページを作るのにもう補助金は使えないのか・・という声をよく聞きます。

そこで、落胆されている方にオススメの情報を今日は紹介致します。

 
実は自治体で補助金や助成金の名目でホームページ制作の費用を補助してくれる制度があるのです。

 
自治体によっては・・・・

・そもそもホームページ制作補助の制度がなかったり

・補助内容が異なったり

・補助対象となる企業規模や業種が限られたり

などなど制約がありますので、注意が必要ですが。

 
一例をあげると、たとえば港区の場合は「中小企業向けの補助制度」の中にホームページ制作費用の補助があります。

ホームページ制作費用、サーバー費用、ドメイン取得費などの経費の1/2が、補助金で戻ってきます。
※補助上限は100,000円まで。

 
ただし、ホームページを申請時に開設していないことが条件の1つに含まれています。

※詳しくは
MINATOあらかるとHP「 ホームページ作成費用を補助します」
こちらのページをご覧いただければと思います。

 
他にも練馬区でも「ホームページ作成費補助金」という港区とほぼ同様の補助金があります。ただし、こちらは上限が40,000円となっています。

ネリサポ(練馬ビジネスサポートセンター)HP「融資あっせん・補助金」

 
ザッと調べただけでも港区、練馬区のほかに、中央区、江戸川区、豊島区、江東区、葛飾区ではホームページ制作を経費を補助する制度がありました。
※自治体によって補助金といったり、助成金といっていたりしますので、お調べになられる際は注意が必要です。

 
今回、紹介したようにものづくり補助金IT導入補助金小規模事業者持続化補助金といった国の補助金だけでなく、各自治体においても企業の成長をサポートする補助金・助成金制度が設けられています。

ホームページ以外にも展示会出展費用を負担してくれる補助制度などがあります。

 
皆さんが登記している区市町村の補助制度を1度調べてみては如何でしょうか!?

 

 


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから