アーカイブ : 2019年12月24日

クローラビリティ改善によるSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

当ブログではこれまで「良質なコンテンツ(記事やページ)作り」こそが検索
結果上位に表示させるための近道であると何度も書いてきました。

今日は少し視点を変えて、コンテンツ以外のSEO対策について考えてみました。

クローラビリティ改善によるSEO対策

「クローラビリティ」

この言葉を皆さんは御存知でしょうか?

GoogleではGoogleボットいわゆるクローラーがweb上のリンクを回遊しています。

そしてこのクローラーが

「このwebページは○○について詳しく書いてあるページである」

と認知することこそが、検索順位付けの材料の1つです。

よって、「ページの内容(コンテンツ)が重要になる」というのはこれまで書い
てきた通りなのですが、これ以外にもクローラーが回遊している時に集めている
情報があります。

それが回遊(ページ認知)のし易さであり、
「クローラビリティが良いこと」です。

クローラビリティが良いというのを一言でいうと
『webページに辿り着きやすいこと』です。

クローラビリティが悪い例を挙げるともっとわかりやすいかもしれません。

・低品質なページが多い
・404エラーなどページ表示エラーが起こる
・内部リンクの構成が悪い など

これらのページがwebサイト内に散在していると、クローラーが回遊しづらく、
それゆえにクローラビリティが悪いと評価されます。
これはすなわち、SEO対策において不利益を被る可能性が高くなると言えます。

クローラビリティの現状についてはGoogleサーチコンソールを活用することで把握できます。

クロール統計情報を見て、webサイトのページ数に対してクロールされたページ
数が少ない場合にはクローラーが回遊しづらいサイトになっていると言えます。
※クロールされたページ数の多い少ないについては、サイトのページ数によって
良し悪しが異なるため、具体的な数値は一概に何とも言えませんが。

ではどのように対策を施せばいいのか、代表的な対策について説明を続けてまいります。

サイト(ディレクトリ)構造を見直す

webサイトが大分類から中、小分類へと上手く構造化されているとクロールされ
やすくなります。

たとえば食品スーパーを例に挙げると
悪い例だと
トップページー牛肉
ー豚肉
ー肉特売
ー魚
ー野菜
ーフルーツ
このような構成になります。

一方、良い例は
トップページー肉ー牛肉
ー豚肉
ー魚ー刺し身
ー加工品
ー青果ー野菜
ーフルーツ
ー特売ー・・・・
このように検索者が見やすようグルーピングされているサイト構造だと、クローラーも回遊しやすい構造だと言えます。

シンプルなURLに設定する

URLの文字数が長く、?や&が混合している場合、URLの読み込みが大変なので、クローラビリティが下がる要因になりえます。

検索者に見てほしいページにはシンプルなURLを設定しましょう。

404エラーをなくして、内部リンクを正す

たとえばあるページに同一webサイトの別ページのリンクを貼ったとします。
またその後、別ページが不要になって削除したとします。

すると、別ページのリンクをクリックすると404エラーが発生してしまいます。

これは検索者にとって親切ではない事象であるため、また、クローラーも回遊で
きないことから好ましくない状態だと言えます。

よって正しいリンク構成に変更することが求められます。

他にもいくつか細かいテクニックはありますが、まずは上述した3点を見直してみては如何でしょうか。

いずれもWordpressで内製した場合などに発生しやすい要因です。

「頑張って記事を書いているし、ページも見直しているのに成果に繋がらない」
という場合、もしかしたらクローラビリティが原因かもしれません。

思い当たる方は是非、一度ご相談ください。

 

お知らせ情報

弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン

ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

営業パーソン向けMAがリリースキャンペーン中!

弊社クライアントのエクレアラボ様が営業パーソン向けのMAをリリースし、
12月末まで4ヶ月無料キャンペーンを行っています。

▼顧客ニーズを見抜く簡易MA「オファーリンク」
https://ecrea-event.com/offerlink-doubleloop

営業パーソンがお客様にwebページの情報をメールで送信する際に、このシステム
をご利用いただくことで・・・
・メールで送信したURLがクリックされたかどうかがチェックできる
・クリックされた瞬間に担当営業社員に通知が届く
というシステムです。

営業パーソンはこのシステムを活用することで、抱えている顧客の中から見込度
の高い顧客を瞬時に見抜くことが可能となります。

通常1,000円/月額(営業パーソン1人あたり)の同システムが、12月末までは4ヶ
月無料で1ライセンスお試し可能となっております。

新規顧客開拓、ルート営業で取引数アップをお考えの企業においては活用できる
ITツールなのかなと思います。

▼顧客ニーズを見抜く簡易MA「オファーリンク」
https://ecrea-event.com/offerlink-doubleloop

 

■弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

wordpressを活用したホームページ10万円パック

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

facebookページ制作19,800円~

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

Facebook広告運用代行:月額40,000円(税別)~

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホワイトハットSEO

 

■編集後記

今年ももうすぐ終わりですね。
来年の戦略を決めるまでが今年の仕事です。

2020年、スタートダッシュを決めるためにも仕込みまでを完了させましょう!

CMSシェアに見るWordPressのメリット

ダブルループの福田です。

 

web業界のトレンドについて書いてみました。
Web戦略ならダブルループ

CMSシェアに見るWordpressのメリット

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、

webサイトを管理・更新できるシステムのことを指します。

 

webサイトの更新には、テキストや画像の情報だけでなく、

HTMLやCSSと呼ばれる専門的な知識が通常は必要で、

他のページからのリンクを設定するなど、

大変手間がかかる作業です。

 

この手間がかかる部分をCMSでは、

専門知識が必要な部分を全てシステム側に制御させ、

テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、

簡単にwebサイトを更新することができます。

 

要するにCMSを使うことで、専門的な知識を学習することなく、

誰でも簡単にwebサイトを更新・管理することができるようになり

大変便利になるというわけです。

 

そのCMSの代表格が皆さんも1度は耳にしたことがあるであろう

WordPressです。

 

ではWordPressは数多有るCMSの中でどれくらいのシェアを誇っているのか、

そしてCMSトレンドはどうなっていくのかを2017年12月に発表された

CMSシェア率をもとに見ていきましょう。

 

1.WordPress 59.9% (29.1%)
2.Joomla 6.6% (3.2%)
3.Drupal 4.6% (2.3%)
4.Magento 2.3% (1.1%)
5.Blogger 1.9% (0.9%)
※()内の数字はWebサイト全体におけるシェアの割合。
※Q-Successより引用

 

このようにWordPressが過半数を超える圧倒的なシェアを誇っています。

 

まだCMSを利用していないwebサイトが多くあるため

()内の数字は合計で4割弱くらいですが、

その中においてもWordPressのシェアは目を見張るものがあります。

 
Web戦略ならダブルループ
 

なぜWordPressがここまで人気なのかを本日は紹介してみましょう。

 

まず「無料」で使用できることが理由の1つでしょう。

 

さらにWordPressオープンリソースであることから、

世界中のエンジニアが新たなテンプレートやプラグインを開発し、

公開しています。

 

これもWordPressが流行っている理由と言えます。

 

テンプレートやプラグインが充実している(していく)ことから、

企業は専門知識を必要とせずに自身のwebサイトに

多彩な機能を追加していくことが可能となります。

 

これによりユーザー獲得が容易になります。

 

「テンプレートやプラグインが充実しているから」と文字にすると、

なんだそれだけか、と感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、

これはかなりスゴイことなのです。

 

例を挙げると・・・

CMS未実装のホームページを持っていて、たとえば

お問合せページを作りたいというニーズが皆さんにあったとしましょう。

 

WordPressがないと、webデザイナーに依頼して

ページを1から作るしかありませんでした。

 

またお問合せ項目について変更を加えなければなった際には、

都度、デザイナーに依頼をするしかありません。

 

つまり費用と時間をかけるしかありませんでした。

 

これがWordPressであれば、

contactform7というプラグインを利用することで

ものの数分でお問合せページを作成することが出来ます

 

お問合せ項目もオフィスのword・Excelが使えるレベルの

ITリテラシーさえあれば変更可能です。

 

上述はあくまで一例ですが、

このようなレベル感でwebサイトの修正ができます。

 

そして何より役立つことがWordPressはそのシェアと

オープンリソースであることから

大きなコミュニティが形成されていることです。

 

世界中のエンジニア、webデザイナーがこのコミュニティに参加し、

お互いの疑問をサポートし合っています。

 

メーカーサポートを必要とすることなく、

このコミュニティ上で疑問を解決することが出来る事

WordPressの大きな利点と言えるでしょう。

 

今回挙げたメリットは一部ではあるものの、

高いシェアを誇り、オープンリソースであるWordPress

今後も勢力を伸ばしていくことが考えられます。

 

CMSを利用したホームページにお考えの方は各CMSのメリット・デメリットを

比較したうえで導入を決めましょう。

WordPressにおけるサイバー攻撃への備え

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

最近、弊社のクライアントにてMicrosoftを謳った音声警告がPCが流れてきて、

とても焦ったという報告がありました。

 

近年になってサイバー攻撃はあの手この手で

PC、ネットをアタックしてきています。

 

攻撃を未然に防ぐためには、その危険性と手口を理解することが大切です。

ということで、今回はWordPressのサイバー攻撃について考えてみました。

 

WordPressにおけるサイバー攻撃への備え

今年2月に「Wordpressで深刻な脆弱性が見つかった」

というニュースがありました。

※こちらに関しては下記にて詳しく書いています。

コラム:WordPressに重大な脆弱性が見つかったと発表

 

WordPressを代表としたCMSでは、

このような脆弱性をターゲットとしたサイバー攻撃を仕掛けられることが

少なくありません。

 

今回はサイバー攻撃の主な内容と対策について(一部ではありますが)

書いていきます。

Wordpressにおけるサイバー攻撃への備えならダブルループ

まず、Wordpressのサイバー攻撃は大きく2つに分類できます。

 

1.Wordpress自体の脆弱性を狙ったもの

2.Wordpressのプラグインの脆弱性を狙ったもの

 

1については上述した通り、

WordPressなどCMSがバージョンアップした際に、

プログラムの検証が不十分のため「穴」が存在してしまい、

それに伴い、攻撃を仕掛けられてしまうという内容です。

 

具体的にはサイト内のコンテンツが改ざんされるということが

この2月には多くのwebサイトで見られました。

 

WordPress自体の脆弱性を突いたサイバー攻撃への対策としては、

WordPressも早急な対応を施すので、

対応を施したバージョンへとアップデートすることが

最大の対処と言えるでしょう。

 

次に2について。

ご存知の通り、Wordpressの魅力の1つは

プラグインツールを利用できることにあります。

 

プラグインツールを利用することで、

簡単にwebサイトが構築できるようになるからです。

 

そしてこのプラグインツールもWordpressのバージョンアップや

世の技術革新に伴い、アップデートされていきます。

 

そのアップデートの過程の中で

プラグインツールのプログラム内に「穴」が出来てしまうのです。

 

たとえば近年だとWP Job ManagerやWP Mobile Detectorで脆弱性が見つかり、

サイバー攻撃を受けた例があります。

 

2のサイバー攻撃も1と同様、

対象プラグインツールのアップデートにより対処が可能です。

Wordpressにおけるサイバー攻撃への備えならダブルループ

WordPressは簡単にwebサイトを構築できる一方、

プラグインが多数あるため、

プラグインに脆弱性が含まれている場合が多いことを

理解しておく必要があります。

 

もしwebサイトの制作・運営をweb制作会社に委託している場合には、

委託先企業が定期的にバージョンアップを実施していることや、

脆弱性に関するレポートを定期提出してくれていることが

1つのリスクマネジメント指標と言えるでしょう。

 

自社でサイト運営している場合は、サイバー攻撃の対象とならないためには、

日ごろから最新バージョンへアップデートしておくこと、

そしてアップデートの際に脆弱性が見つかったバージョンではないかと

慎重を期することが重要です。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから