アーカイブ : 2020年11月16日

スマホ版SEOの肝

お世話になっております。ダブルループの福田です。

以前までは、webサイトのスマホ対応が急がれていたのはBtoC業界だけでした。
ところが今日ではあらゆる業界においてスマホなどモバイルデバイスでのサイト アクセスの方が増えてきている状況で、業界問わずホームページなどwebサイト のスマホ対応を迫られています。

さらにはサイトのスマホ対応は必須である上に、SEO対策も徹底せねば検索者に
見つけてもらえません。

ということで今日はスマホ版のSEO対策のポイントをまとめてみました。

スマホ版SEOの肝

スマホなどモバイル端末でのwebサイトの利便性が重要であること

これは私個人の意見ではなく、Googleが正式に表明していることです。
Googleの言葉を借りればモバイルフレンドリーというのが、スマホでのサイト利 便性のことを指します。

そして2018年から本格的にスマホ利便性はSEOにおける重要な指標の1つになり
ました。

スマホSEO対策において何が重要なのかというと、3つのポイントを今日は紹介
してまいります。

1.webサイトのスマホ対応化


当たり前のことですがまずはwebサイトをスマホに対応させねばなりません。
具体的にはPCとスマホで同じような画面構成(ユーザーインターフェース)では ダメということです。

考えてみてください。

PCならばそこそこ大きな画面(モニター)でお客さんはwebサイトを閲覧します。
ところがスマホはどうでしょう。
比較にならないくらい小さな画面です。なのに同じサイト構成であったとしたら
お客さんはピンチアウトし、目を凝らしながらサイトを閲覧しなくていはいけま せん。

そう、お客さんにとって見づらくてしょうがない(不利益を与えている)のです。
そのようなサイトはスマホ版SEOにおいて低評価を与えられてしまうのは当然と
言えます。

ところで、webサイトのスマホ対応には

・レスポンシブデザイン
・スマホ専用サイト

大きくこの2つの方法があります。

前者はお客さんの閲覧している端末に合わせて自動的にサイトの構成(UI)を
変化させるシクミです。
一方、後者はお客さんがスマホでアクセスしていることを感知し、スマホ専用の サイトへ誘導するパターンです。

最近になって前者のレスポンシブデザインの方がスマホ版SEO対策においても評
価されやすいことが分かりましたので、今からサイトのスマホ対応を実施する場
合はレスポンシブデザインで対応するべきでしょう。

皆さんのサイトがスマホ対応しているか否かについては

モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

Googleのこのツールを使うと一発で判定できますのでご興味ある方はお試しく
ださい。

2.ページ表示速度の改善


5Gが当たり前の時代になると変わってくるのかもしれませんが、現在においては スマホユーザーにとっていわゆる「重たいサイト」は大きなストレスを与えます。
よってスマホ版SEOにおいても悪影響を及ぼすことになります。

ページスピードインサイトhttps://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

Googleからこのようなページの表示速度測定ツールが出ています。
こちらにURLを打ち込み、測定してもらうだけで速度が良いのか悪いのかに加え 悪い場合、改善すべきポイントはどこなのかを教えてくれる代物です。

まずは測定してみていただくことをオススメします。

3.メインコンテンツのブラッシュアップ


webサイトとはメインコンテンツの引きの強さによって問合せ数が増えます。
よってメインコンテンツをスマホ版にブラッシュアップすることで、スマホから
アクセスしたお客さんが喜ぶのであれば、スマホ版SEO対策においてもとても良
い影響を与えるはずです。

メインコンテンツまでのアクセス(到達)方法
メインコンテンツからの問合せ導線
ヘッダーやフッターメニューの位置、表示方法 など
画面構成をブラッシュアップして、いわゆるユーザーエクスペリエンス=UXの
向上を目指しましょう。
 


 
如何でしたでしょうか。他にも細かい点を挙げたらキリがないのですが、大きく
影響を及ぼすポイントをかいつまんで解説してみました。

PCのSEO対策同様、原理原則は
「お客さんにとって見やすいかどうか」
「お客さんにとって有益か否か」
です。

皆さんのサイトのスマホ版SEO対策状況を見直すヒントになれば嬉しいです。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ネット利用はスマホがメイン!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

皆さんはインターネットをご利用される際に、

スマホPCどちらのデバイスを用いていますか?

 

今回はインターネットにアクセスするデバイス(端末)に関する

最新統計データをお送り致します。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

ネット利用はスマホがメイン!?

 

スマホでのインターネット利用が今や当たり前になっていることは

周知のとおりです。

 

ではインターネットを利用する端末の利用率について・・・

【スマホだけ】 vs 【PCだけ】 vs 【スマホ&PC】

このような比較をしたとき、どれが最も割合が高いでしょうか?

 

LINE株式会社の

「〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年上期)」

によると・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  46%  :  6%  :  39%

という調査結果が得られたとのことです。

 

さらに、10代は「スマホだけ」が70%に上がり、

逆に50代では「スマホだけ」は33%にとどまり

「PCだけ」が16%へ増加しています。

 

ちなみに間の30代はというと・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  4%  :  4%  :  39%

とちょうど平均といえる数値を示していました。

 

このデータが示す通り、

インターネットへアクセスする端末としては

スマホが圧倒的な地位を築いています。

 


 

ではWEB戦略上、どのようなことを考慮したり、

検討すべきか、私の考えを書いてみましょう。

 

まず、上述のデータからわかる事実、そして可能性として・・・

・スマホのみのネット利用者がいる

・若年層(10〜30代)はPCのWEBサイトよりスマホのWEBサイトに慣れている

・ネットにアクセスするのはまずはPCで、という人は超少数派と思われる

・むしろ調査対象にネット系の会社に勤めている人がいるとしたら、

 PCのみの人の割合は限りなく0%に近づくのでは?

などなど様々な推測が出来ます。

 

推測から考えられることとして、

「PCのみのWEBサイトはスマホ対応しないと間違いなく機会損失を生む」

ということがハッキリ言えることでしょう。

※もちろん業種によってはスマホ対応する必要性が

 とても低いと言える場合もあるでしょう。

 

ビジネスにおいて重要なことは『顧客視点』です。

 

顧客がスマホを利用して、皆さんの会社やサービスの

WEBサイトにアクセスする可能性が高いことは

ここまで書いてきた通り今や当たり前なのです。

 

これまではキャッチコピーやフロント商品を開発すること、

そしてどの広告に出稿すべきかが

WEB戦略においては重要視されていました。

 

しかしこれからは、

スマホで見やすいサイトにする

スマホで見やすいコンテンツを作る

スマホで問合せやすい動線を構築する

といったことをプラスアルファとして考えていくことが重要です。

 

WEBサイトのスマホ対応についてお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談ください。

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから