アーカイブ : 2018年12月20日

ランディングページの必要性

お世話になっております。ダブルループの福田です。

2018年も残すところ2週間を切りました。

 

2019年にwebで見込客を集めたい方向けに、今日はランディングページの必要性
について考えてみましたのでぜひ、御覧ください!

 

 

ランディングページの必要性

 

皆さんの会社では、主な商材やサービスに関するランディングページ(以下LP)
をお持ちでしょうか?

 

改めて説明するとLPとは

1つの商品やサービスを知ってもらい、販売のキッカケを作る

1枚の長いwebページのことです。

 

※細かくは見込客が最初に訪れた自社のwebサイトのページなどと定義される場
合もありますが、今回は上述の意味合いでLPを定義します。

 

webで何かを探すと、検索結果に広告が表示されます。こちらをクリックして

みるとわかりますが、たいていのサイトがLPです。

 

なぜ、どの企業もLPを用意するのでしょうか?

 

それは・・・

特定の(1つの)商品やサービスに対して申込を得やすくするため

です。

 

通常のwebサイト、いわゆるホームページでは、会社概要や様々なサービスの

説明が書かれています。このホームページだとサイトに訪れた見込客に対して、

必要以上の情報を与えることになりかねません。

 

その結果として
「また後でじっくりホームページを見よう」
「時間がある時に見よう」
といった風に皆さんのホームページから見込客は離れてしまいます。

※この離れてしまうことをWEB業界では「離脱」と言います。

 

離脱を防ぐためにも

売りたい、問合せを得たい特定のサービス用に1つのページを用意する

これがLPの目的であり、役割です。

 

以上より、何かしらのサービスや商品を販売したいと考え、webで見込客を集客
することを検討する場合にはLPがないと、難しいと言えます。

また、「せっかくLPを用意しているのに、もったいないな~」というパターンも
よく目にします。

 

LPで商品の機能や特徴を事細かに説明し、お客様の声などの事例も記載されてい
る。

しかし、もったいないLPであるケースがあるのです。

もったいないLPというのは

「詳しくは今すぐお問い合わせ!」

といった個別相談に誘導しているLPの場合です。

 

LPの目的は、ページに訪れた見込客の興味を最大限に高め、問合せに繋げること
です。

が、見込客の視点で考えると「個別相談」「個別問合せ」というのは心理的な
ハードルがグンっと高くなってしまいます。

 

よってLPでは個別相談や問合せではなく・・・

・●月までの期間限定でノウハウをまとめた事例集をプレゼント!
・先着■名様まで限定の特別セミナー!
このようにセミナーなどのイベントや、小冊子などの特典プレゼントをLPの着地
点として用意するべきなのです。

 

「個別相談に申し込むと営業の人から電話かかってくるよな、まだその段階では
ないからな・・・」

という顧客心理を

「小冊子を是非とも読んでみたい、期間限定なら早く申し込まなきゃ」

と、魅力的な特典やイベントによって欲求を刺激して、行動をとらせるのです。

 

このようにLPを作る場合にはいくつかコツがあります。
今日はLPの必要性と、効果の高いLPのポイントを1つ紹介しました。

 

また次回以降にLP制作のポイントについては書いていきますが、webから効果的
に見込客を集めたいとお考えでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

▼ダブルループのLP制作
https://www.doubleloop.co.jp/business/landingpage/

 


Instagramアカウント開設のお知らせ

ダブルループの公式instagramアカウントを開設しました。

>ダブルループ公式instagram

インスタグラムのアプリから画像読み取りでフォローも可能です。

 

1→2の順でアイコンをタップすると読み取り画面が開きます。

 

弊社に興味がある方、採用への応募を考えている方は是非ご覧ください。


 


年末年始休暇のお知らせ

ダブルループでは下記の期間、年末年始休暇をいただきます。

2018/12/29(土)~2019/1/3(木)

なお、2019/1/4(金)の電話応対は13時半からとなります。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。


 


採用情報

株式会社ダブルループでは

WEBデザイナーとWEBデザイナーアシスタントを募集しています。

▼詳細は>こちら


 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


リスティング広告運用のコツ ~その2(広告文の親和性)

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

前回に引き続きリスティング広告運用のコツを今日も書きました。

WEB広告を出稿中、もしくはこれからの出稿をお考えの方にはオススメです。

 

Web戦略ならダブルループ

 

見込客を獲得するリスティング運用のコツ~その2

 

今回もリスティング広告運用のコツについて書いていきます。

仮に皆さんがリスティング広告を出稿していたとしましょう。

その時、広告を出稿する目的は何でしょうか?

 

商品やサービスへの問合せの獲得?

セミナーへの申込の獲得?

サンプルやデモへの申込の獲得?

 

などなど目的は様々でしょう。

そして、それぞれの目的に応じた広告文を作成し、リスティング広告を出し、ターゲット顧客からのクリックを得て、webサイトに誘導します。

 

さて、今日のポイントはココで、何かというと・・・・・

webサイトが広告文にマッチした内容かどうか

という点です。

 

たとえば「新宿 相続」でターゲット顧客が検索し、リスティング広告をクリックします。

すると開いたwebサイトはホームーページの「税務顧問、確定申告から相続まで何でもやります」とトップページが開かれました。

 

ターゲット顧客はどのように感じるでしょうか?

「あれ、相続に長けた税理士ではなさそうだ・・・」

と感じて、ブラウザの戻るボタンを押してしまう人がきっと多いことでしょう。

 

このように(最近は少なくなってきましたが、)せっかくリスティング広告を出しているにもかかわらず、広告から誘導されているwebサイトがホームページのトップページになっているというケースが多く見られます。

また会社のホームページの商品案内ページに誘導しているケースも同様に多く見受けます。

 

特定の商品やサービス、セミナーなどで広告を出稿しているのであれば、そのサービス限定のページを案内すべきです。

ターゲット顧客が探している情報に焦点を当てたページを用意しなければなりません。

 

会社のホームページでは商品やサービスに関する情報が不十分であったり、それ以外の情報が掲載されているため、サイトに誘導されたターゲットに対して親切とは言えません。

 

リスティング広告からの誘導先に1ページ、いわゆるランディングページ(LP)が多いのはこのような理由からです

 

よってリスティング広告をはじめとしたWEB広告から見込客を集める場合には広告出稿方法とともにランディングページの制作も検討する必要があります。

 

ここで、リスティング広告出稿時の検討すべき内容を改めて整理して具体的に挙げてみると・・・

 

・広告出稿の目的の明確化

・コンバージョン数の目標設定

・目標クリアのための予算設定

・低予算でクリアするための検索キーワード選定

・広告文言の作成

・コンバージョンに誘導するためのページ(LP)設計

 

少なからずこの6点は検討しておきましょう。

 

それぞれのポイントで更に検討すべきことがあります。

一例を挙げると広告文言およびランディングページがユーザーの検索ニーズにマッチしていると、品質スコアというGoogleが掲げる広告指標がアップします。

品質スコアが上がると広告掲載順位(掲載場所)が上の方に表示されたり、広告費用を抑えることが出来ます

 

各ポイントの検討事項についてはまた次回以降に触れて参ります。

リスティング広告で費用対効果を高くする(CPC単価を抑える)ことについてお悩みの場合はいつでもご相談ください。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから