アーカイブ : 2018年10月11日

スマホ用WEBサイトは不可避か!?


以前、といってもかなり前(2016年12月)に「モバイルファーストインデックス」
について、当コラムでお伝えしました。
https://www.doubleloop.co.jp/2016/12/5856/

詳しくは上のリンクから当時のコラムをご覧いただければと思いますが、
モバイルファーストインデックス(以下、MFI)とは何かを簡単に説明します。

MFI適用前
PC用WEBページのコンテンツの質と量で検索結果順位を決定

MFI適用後
スマホなどモバイル用WEBページのコンテンツの質と量で検索結果順位を決定

このようにMFIが適用されると、検索結果の結果表示の評価基準がPCページでは
なくモバイル(スマホ)ページに準拠する
ようになります。

そして検索結果はPC・モバイルそれぞれで異なった結果(検索順位)になるわけ
ではなく、モバイル向けページの評価に基づき、PC・モバイル共に同じ検索結果
が表示される
ようです。

つまりは、スマホ用ページがない場合、MFI適用に伴い、もしかしたらガクンと
検索順位が落ちる可能性があるというわけです。

そして、ここからが今日の本題となりますが、このMFIがついに適用され始めて
います。
サーチコンソールをお使いの方には最近になって、モバイルファーストインデッ
クス適用の通知が届いたはずです。
※サーチコンソールとはGoogleが無料提供しているサイト解析ツールのことです。

では、MFI適用が皆さんにとってはチャンスなのかリスクなのかを調べる方法を
説明してまいります。

まず、Googleのモバイルフレンドリーテストツールでご自身のWEBサイトがモバ
イル用に最適化されているかをチェックしてみましょう。

▼モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/test/mobile-friendly
※ちなみにスマホ対応が必要なWEBサイトである場合、サーチコンソール上でも
通知される予定とのことです。

そして、もしモバイルフレンドリーではない、つまりスマホ向けにWEBサイトが
最適化されていない場合には、WEBサイトのスマホページ対応が必要
となります。

その場合、レスポンシブデザインで制作することを現段階ではオススメします。
MFIが導入され始めた今日においても、レスポンシブデザインのWEBサイトであれ
ば問題ないと、今のところ言われています。

MFIに対してやるべきことは、ここまで述べたスマホ対応したページを作ること
だけです。

MFIが本格化しても検索結果の上位順位には、コンテンツの質とボリューム、見
やすさが重要要因であることは変わりません。

SEO対策でせっかく良質なコンテンツを多く作ってきたのにMFIのせいで・・・
とならぬよう早い段階でスマホページ対応を実施しましょう。

 


■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

Googleがスマホ対応の強化を発表

こんにちは。ダブルループの福田です。

弊社は3月決算なので、今月より7期目に突入しました。

6期目はスタッフも3人増え、共著ながら本も出版し、売上も大きく伸びた1年となりました。

7期目は更なるスタッフの拡充、及びお客様に喜ばれるサービスを提供できるように頑張ってまいりたいと思います。

さて、今回は、webサイトのスマホ対応についてコラムを書かせて頂きたいと思います。

 
471bb64fba5c262befbc5db2d21bafcc_s
 

Googleがスマホ対応の強化を発表

 

約1年前に本コラムで「自社のwebサイトがスマホ対応しているかどうかが

SEOに影響されるようになった」と書きました。

自社のページがスマホ対応しているかを判別!?

 

そして先月、Googleがこのwebサイトのスマホ対応について、

「今後さらに強く検索結果に反映させる」と発表しました。
 

webサイトのスマホ対応のことを

「モバイルフレンドリー」とweb用語では言います。

 

今回のGoogleの発表では、

「モバイルフレンドリーアルゴリズムのアップデート」を示しています。

 

要するに、

スマホで見やすいサイトでなければ、検索結果で上位表示されづらくなる

ということをGoogleが公式に発表したということです。
 

会社や商品のwebサイトがモバイルフレンドリーに適合していれさえすれば、

今回のアップデートを気にする必要はありません。

 

ところが・・・

 

「そもそも自社のwebサイトがモバイルフレンドリー対応しているかどうかなんて分からないのだが・・・」

 

という方が意外に多いので、今日は自社サイトのモバイルフレンドリーチェックの方法を説明します。

 
fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_s
 

モバイルフレンドリーチェックの方法

 

モバイルフレンドリーは下記のサイトからチェックすることができます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

こちらに自社のサイトURLを入力して分析をクリックするだけです。

 

モバイルフレンドリーであれば

「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです」と、

適合していなければ

「モバイルフレンドリーではありません」

と表示されます。

 

後者の場合、今後予定されているGoogleのアップデートによって検索結果に
影響をきたすかもしれません。

(検索結果順位がこれまでよりも下がってしまうかもしれません)

 

Googleは、ユーザー=検索者が必要としている疑問や悩みに対して上質な情報であることはもちろん、情報が見やすく提供されているwebサイトを求めています。

 

もしもあなたのサイトがモバイルフレンドリーに適合していなかった場合、
これまでのようなWEBからの問合せが望めなくなるかもしれません。

 

是非、お早めにご相談ください!
 
 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから