アーカイブ : 2018年07月19日

web戦略を考え抜き、ビュースルーコンバージョンを獲得

お世話になっております。

ダブルループの福田です。
 

おかげさまでIT導入補助金を利用したwebサイト制作のご相談を多数いただいております

ホームページに限らず、webを活用した生産性の向上にご興味ある方はこの機会にお気軽にご相談くださいませ。

※ほんのわずかですが明日のIT導入補助金セミナーに席があります。
 


 
< IT導入補助金にご興味あればこちらもオススメです。>
https://www.doubleloop.co.jp/business/seminar/ithojoseminar/
 


 

web戦略を考え抜き、ビュースルーコンバージョンを獲得

 

ビュースルーコンバージョンというweb用語があります。

一般の方には馴染みがないと思いますが、web戦略において大切な単語ですので、今日はビュースルーコンバージョンの重要性について解説してまいります。
 

ビュースルーコンバージョンとは「広告を見たものの操作を加えることはしなかったユーザーが、その後サイトを訪れて達成したコンバージョン」(※GoogleAdWordsヘルプより)のことです。
 

噛み砕くと・・・

リスティング広告を出稿した

見込客はその広告を見て、クリックしたが、問合せはしなかった

その後、広告の内容が気になって商品名で検索をかけ、サイトに直接入って問合せた
 

上記は一例ですが、広告から直接問合せたのではなく、自然検索やブックマークなど非広告以外の流入経路から問合せた場合のことをビュースルーコンバージョンと言います。
 

ビュースルーコンバージョンについて、web戦略家の間ではたびたび議論になります。

「広告を出していたからこそ、見込客に商品が認知され、非広告以外から問合せ(コンバージョン)を得ることが出来た。つまりビュースルーコンバージョンの増加において、広告が重要だ」

「いやいや商品、会社、サイトのブランディングが出来ているから検索や紹介でコンバージョンが増えているのである。サイト価値が高い今、広告は無駄なコストである」
 

正解はないのですが、このような議論がweb運用者内では絶えません^^;
 

私としてはビュースルーコンバージョンはブランド価値を示す1つの指標として捉えています。

たとえば、webサイトをリリースして1年くらいで、まだ検索からの流入が極めて少ないサイト「A」があったとします。

Aのコンバージョンを増やしていきたい場合、Adwordsなどリスティング広告を利用することが王道と言えるでしょう。

またリスティング広告と同時にリマーケティングを行い、商品特性によってはディスプレイ広告も出稿します。
 

では、リスティング、リマケ、ディスプレイと3つの広告を出稿したとします。

見込客は商品に関連するキーワードで検索し、まずはリスティング広告を目にし、気になったのでクリックしてサイトに到達しました。

サイトに到達したもののすぐには買いませんでした。

ところがその後、ネットサーフィンをしていると、Aの広告がやたらと目につきます。

すると、購買欲を刺激され、Aを検索して、サイトから問合せを行いました。
 

さて、この一連の流れを見ると、広告のおかげで問合せが発生したと理解できます。

しかし表面の数値だけ見ると「ビュースルーコンバージョン1件」だけとなります。
 

この数値だけ見たら「広告の効果って低くない?」という意見が出てしまうことは、ごもっともなことです。

広告の直接コンバージョンとビュースルーコンバージョンを咀嚼して、対策を打つことがweb戦略において重要です

上述した例は極端な例ではありますが、作りたてのwebサイトであっても広告の出し方を工夫することで、見込客の興味を喚起したり、見込客にブランドイメージを植えつけることができ、コンバージョンを得ることが可能となります。

 
広告、SEO、webサイトの質の3つで見込客を上手に囲い込むことが出来た結果としてビュースルーコンバージョンが発生します。

つまりは、広告から直接コンバージョンを得ること、そして囲い込みによりビュースルーコンバージョンを狙ったボリューム(数)で獲得することがweb戦略の肝要と言えるでしょう。
 

リスティング広告に出稿してコンバージョンを獲得できることに一喜一憂してはいけません。

最大の費用対効果を得るためにビュースルーコンバージョンを1つの指標として取り入れてみては如何でしょうか?
 

ちなみに現在二次公募中のIT導入補助金を使えば、弊社にてweb制作+web広告運用をサポートできます(^_^;)

ご興味ある方はお気軽にご相談くださいませ。

https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/ithojo/

リマーケティングで リスティング広告効果をアップ

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

少し前にリスティング広告のポイントについてシリーズ解説していました。
(正確には3つ前までのコラムまで)
 


<参考記事>

過去の記事:中小企業が見込客を獲得するリスティング広告運用のコツ
https://www.doubleloop.co.jp/2018/03/6609/

過去の記事:リスティング広告運用のコツ ~その2(広告文の親和性)
https://www.doubleloop.co.jp/2018/04/6640/

過去の記事:リスティング広告運用のコツ ~その3(品質スコア)
https://www.doubleloop.co.jp/2018/04/6766/

過去の記事:リスティング広告運用のコツ ~その4(広告カスタマイザ)
https://www.doubleloop.co.jp/2018/05/6736/


 

今回はそのシリーズの後半戦です。

リスティング広告をご利用になられている、今後配信を考えている企業の方は是非、お読みください。

 

リマーケティングでリスティング広告効果をアップ

 

リマーケティング機能を皆さんはお使いになっていますか?

リマーケティングとは・・・

リスティング広告や検索から皆さんのホームページやwebサイトにアクセス(新規訪問)した見込客が、問合せや資料請求といったアクションをせずにサイトから離脱した際に自動でおいかけてくれる広告のことです。

※ちなみにYahoo!では「サイトリターゲティング」、Googleでは「リマーケティング」と呼び方が異なります。

今回は「リマーケティング」で統一します。
 

まとめサイトやブログなどを開いた際に表示されているバナー広告を見て

「あれ、これって前に見た会社のサービスでは?」

という経験をされた方は多いことでしょう。
 

これがリマーケティング機能を使った広告です。
 

見込客、いや人は「すぐに申し込む」や「即決」など『すぐ』に行動することがなかなか出来ません。

他の商品やサービスと比較したり、より良い商品がないか、もっと良い商品があるはずという考えが頭にあるからです。
 

いわゆるAISASの最初のS(調べる・比較)の部分です。
 

WEBでの購買や情報収集が容易になった現代においては当然のことで、見込客は皆さんのホームページに訪れても、その場で『すぐ』に問い合わせをしたり、資料請求を行うことはしません。
 

「後でもう1回詳しく見よう」「他と比較してじっくり検討してからにしよう」

と考え、その結果・・・・

「この前、興味を惹くホームページを見たと思うのだがどこだったっけ??」

となってしまいます。
 

そのため大切なのが、一度ホームページに訪問してくれた見込客を離さないためのシカケです。

それが、リマーケティングである、というわけです。
 

もっと言うと、リスティング広告やSEO対策を実践されている企業においてはリマーケティングを行わないことは極端な話、損をしているかもしれません。
 

業種にもよりますが、サイトCVR(問合せ獲得などのコンバージョン率)が10%を超えているホームページはなかなかありません。

つまり広告を出して100人の見込客を自社のホームページに誘導したにも関わらず90人以上を逃しているのです。

この90人以上の離脱客がリマーケティング広告のターゲットであり、業種によっては3~5%のコンバージョンを獲得できます。
 

このようにリマーケティング広告を使うことで、リスティング広告やSEO対策が更に効果を発揮しますので、まだご利用になられていない場合は是非、お試しください。
 

facebook広告を出稿するならABテストを活用しよう

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

ここ数回のメルマガでリスティング広告運用のコツを書いてきました。

まだお伝えしたいことがあるのですが、今日は箸休めとして久々にfacebook集客についてお伝えします。
Web戦略ならダブルループ

facebook広告を出稿するならABテストを活用しよう

 

ABテストという言葉を皆さんはご存知でしょうか?

マーケティング用語の1つで、「Aの広告とBの広告、2つのうちどちらの方が多くの反応を得ることが出来るのかをテストする」という検証手法のことを指します。

 

WEBの世界では広告用のWEBページ(ランディングページ)や広告用ディスプレイ(バナー)を制作する際に一定期間、一定の費用を投じてABテストを実施します。

そして効果の高かったいずれかを本採用して運用するというのがマーケティングの王道です。

 

しかし中小企業にとってはいざ「ABテストをやってみよう!」となると、かなりの労力がかかります。

WEBページを修正したり、広告出稿媒体を2つ分検討せねばならないなど、なかなかの手間がかかるのです。

 

このように中小企業にとって障壁の高いABテストですが、facebook広告であればAとBという広告を簡単にテストしてくれます!

 

前置きが長くなりましたが、今日はfacebookのABテストの内容と設定の概要を説明致します。

まずfacebookのABテストで出来ることは下記の通りです。

 

1.広告素材
広告フォーマットや広告文、画像、異なるリンク先など広告素材のパターン別にテストすることができます。

 

2.配信の最適化
広告効果の最適化(コンバージョンやリンククリック)やコンバージョンウィンドウの違いによる変化をテストできます。

 

3.ターゲット
30代の女性と40代の女性ではどちらのパフォーマンスが高いかなど、性別、地域、年齢などターゲット別のテストができます。

 

4.配置
自動配置とカスタム配置、モバイルのみとPCのみではどちらのパフォーマンスが
高いかなど、異なる広告配置によるテストができます。

 

1~4のテストを簡単に設定できることから、少ない広告予算で最大の効果を得ることが可能になるわけです。

 

では、どうやってABテストを設定するかというと・・・

・まず広告キャンペーン作成画面で「A/Bテストを作成」というチェックボックスがあるので、こちらにチェックを入れます。

・次に「変数」という入力欄で「広告素材」「配信の最適化」「ターゲット」「配置」の中からABテスト対象変数を選びます。

あとは表示内容に沿って、テスト内容(広告素材やターゲットなど)を入力するだけです。

広告出稿画面の説明に従って入力を進めていけば、ABテストをスムーズに実施できるようになっています。

 

せっかく費用を投じてプロモーションをするのであれば、最大の成果をあげられるようABテストはやるべきです。

 

facebookにおいては簡単にABテストを行うことが出来る仕様なので、使わない手はありません。

facebook広告を出稿されている方は是非、お試しください。

 

 

Instagramのビジネス利用

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

フォトジェニック、インスタ映えという言葉に代表されるように

Instagramは今や若者の必須ツールと言えます。

 

実はこのInstagram、ビジネス利用でも大きな効果を生んでいます。

今日はビジネスにおけるInstagramの効果を解説・紹介してみます。

 

Instagramのビジネス利用

 

Instagramの月間アクティブユーザーが2000万人を突破した、と

今月facebook日本法人より発表がありました。

全世界では8億人に上るそうです。

 

利用者層はというと・・・・

10代:340万人

20代:470万人

30代:350万人

40代:300万人

50代:90万人

60代:40万人

ザックリとこのような内訳です。

※利用者層データは総務省統計局の2015年10月の人口統計より

 

データが少し古めなので、

この割合のまま利用者数が伸びていると仮定するならば

意外にも30代以上で全体の40%超を占めていることになります。

 

一見、Instagramというと

店舗ビジネス向けだと限定的に考えてしまいがちですが

利用者層を紐解くとビジネスマンへの広告宣伝にも有効であることが伺えます。

 

またInstagramにはビジネスアカウントという

企業やブランド専用のアカウントがあり、

Instagram利用者の80%がビジネスアカウントをフォローしている

とも言われています。

 

つまり、プロモーション、ブランディングといった

マーケティング観点から考えると

Instagramは活用すべきツールであると言えるでしょう。

 

実際に「#中小企業」「#製造業」といったハッシュタグで検索すると

かなりの投稿が挙がってきます。

そして大なり小なり「いいね」がついており、

ファンとの交流が生まれている様が見て取れます。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

このように見込客獲得、ファン育成ツールとして

Instagramには十分な素地があります。

 

では具体的に何から始めればいいのかというと・・・

1.ビジネスアカウントの取得

2.Instagram広告をお試し

この2つがオススメと言えるでしょう。

 

1については他のSNSアカウントを取得するのと同様に

簡単にアカウントを作成することが出来ます。

 

また2についてですが、

これまで当メルマガでfacebook広告に関して何度も書いてきている通り、

少額で、それもターゲットを絞り込んで広告を簡単に出稿することが出来ます。

 

まずは1・2をお試しください!

広告運用についてご不明な点やご相談などございましたら、

いつでもお気軽にお問合せくださいませ。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから