アーカイブ : 2019年09月17日

Facebookのストーリーズを使ってみよう

 

お世話になっております。ダブルループの福田です。

 

 

10~20代の若者世代ではInstagramのストーリーズ大人気です。
実は同じ機能がFacebookにも搭載されています。

ということで今日はFacebookのストーリーズの機能、そしてその用途について書いてみました。

 


 

Facebookのストーリーズを使ってみよう

 


 

Instagramのストーリーズの利用率が急成長しています。

通常の投稿ではなくストーリーズのみを利用したり、投稿以上にストーリーズの
更新頻度を高くしているユーザーがかなり増えてきています。

ご存じない方のために補足すると、ストーリーズとは撮影した写真や動画を瞬時
にアップする投稿手法のことです。

 

その最大の特徴は投稿後24時間経つと自動で消えるという機能です。
この自動的に消えるという機能がこれまでのSNSにはなかったものです。
ストーリーズ登場以前は、過去の投稿を消すためにはユーザーが意志を持って削
除するしかありませんでした。

自分の投稿欄(フィード)に残り続けることがないため、気軽に利用できること
がストーリーズ躍進の最大の要因だと思われます。

 

一方、通常の投稿はオフィシャル的というか厳選した1枚の写真、1つの動画を
アップするという具合に、ストーリーズと利用方法を区分けされている方が多い
というのが私の印象です。

 

そして今日の本題ですが、このストーリーズに類似した機能が実はFacebookにも
搭載されているのです。

 

その名も「ストーリーズ」という名称で、全く同じです。

 

搭載されている機能についてもほぼInstagramのストーリーズと同じです。

個人アカウントであれば、スマホのFacebookアプリを立ち上げると画面上部に
「+ストーリーズ」という枠があるはずなので、そこをタップし、あとは画面に
従って写真や動画をアップロードして加工するだけです。

 

企業アカウントやサービスアカウントなどFacebookページでももちろんストーリーズは利用可能です。

個人的にストーリーズはFacebookページにおいても有効活用できるのではないかと考えて(捉えて)います。

・サービスや商品の疑似体験
・実績紹介
・社員やオフィスなど会社の雰囲気を紹介

このようにFacebookページのストーリーズを、自社や取り扱うサービスやブラン
ド認知のために活用することが出来るはずです。

多くの情報を発信していく必要のあるブランド認知活動において、投稿した内容
24時間で自動的に消えるという機能を活かし、手軽に積極的な情報発信できる
この機能を活用しない手はないでしょう。

 

ストーリーズでは自社(サービス)を身近な存在に感じてもらう情報を、
通常の投稿では会社オフィシャルとしての情報を発信していけば、皆さんのマーケティングにおいて有益に活きるはずです。

まだストーリーズを試されたことがないのであれば、是非、この機会にお試し
ください。

 


 

■お知らせ情報

 


 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

リリースにあたってオープン記念キャンペーンを実施しております。

 

●〇 企業向けキャンペーン 〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

そして、9月末までの企業様向けリリースキャンペーンとして、今なら採用決定時
の成果報酬手数料が・・・・

20%になっています!!
※通常は30%の手数料を頂戴します。

詳しくは
https://jobspo.jp/customer
コチラのページをご覧ください!

 


弊社サービス紹介

 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 


 

■編集後記

 


 

昨日は都内在住のスタッフでさえも公共交通機関の混雑で出勤は容易でないだろ
うと判断し、普通に出勤できた2名を除いて、在宅勤務にしました。

IT活用により在宅でもコミュニケーションに困ることはありません。
便利な世の中になったものです^^;

 

facebook広告の無駄な配信をカット

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日のメルマガはfacebook広告を定期的に出稿している方、

もしくはこれからfacebook広告の活用を始めようとしている方向けの内容です。

 

効率よく広告運用するためには必見です。

 

Wordpressにおけるサイバー攻撃への備えならダブルループ

 

facebook広告の無駄な配信をカット

 

facebook広告の有用性について、過去何度か当メルマガで語ってきました。

 

実際にすでにfacebook広告を集客、

プロモーションに活用している人も多いことでしょう。

 

ではfacebook広告を出稿された方に質問です。

 

これまでに出稿したfacebook広告の中で思うように

配信ボリュームが出なかったことはなかったでしょうか?

 

多くのfacebook広告出稿者が

このような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 

配信ボリュームが想定(過去の広告配信)よりも出なかったことには

いくつかの原因が考えられます。

 

予算が少ない

ターゲットに対して配信している広告内容がズレている

そもそも広告がアクティブになっていない

などなど、どれも原因になりえる話ですが、

よく見落とされているのが「配信先が重複していること」という点です。

 

facebook広告の利点の1つに

配信ターゲットの絞り込みを行えることが挙げられます。

 

たとえば絞り込んだ配信先をいくつか作成し、同時に広告を配信したとします。

この場合、作成した複数の配信先の中に

同じユーザーが重複する可能性が発生します。

すると、重複したユーザーには片方の広告のみが配信されてしまいます。

 

よって、もう片方(残り)の広告の配信ボリュームが出ない、

という事象が発生してしまうのです。

 

配信先の重複(率)を調べる方法としては・・・

広告マネージャ

オーディエンス

重複を調べる

対象オーディエンスにチェックを入れる

ターゲット層の重複を表示

以上の手順で調べられます。

 

あらかじめ重複するユーザーに対して、

広告配信をしない方法が「除外設定」です。

 

除外設定は広告セット時に除外する配信先を設定できるので、

配信ターゲット層が大きい(広い)場合などには

除外設定することをオススメします。

 

facebook広告の最大とも言えるメリットは

細かいターゲット設定が可能である点です。

 

すでに自社や自社のサービス・商品に興味を持っている人はもちろん、

新規の顧客獲得にも非常に有効なプロモーション手段です。

 

しかしターゲット設定を怠り、

常に似たようなターゲットに向けて配信を行っていると、

効果がどんどん落ちてしまいます。

 

せっかく作成した広告を無駄にすることのないよう、

ターゲット設定は都度見直しを徹底すること、

そして重複チェックも怠らないことが、

効果的な広告配信を実現するための重要なポイントです。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから