アーカイブ : 2017年09月21日

ネット利用はスマホがメイン!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

皆さんはインターネットをご利用される際に、

スマホPCどちらのデバイスを用いていますか?

 

今回はインターネットにアクセスするデバイス(端末)に関する

最新統計データをお送り致します。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

ネット利用はスマホがメイン!?

 

スマホでのインターネット利用が今や当たり前になっていることは

周知のとおりです。

 

ではインターネットを利用する端末の利用率について・・・

【スマホだけ】 vs 【PCだけ】 vs 【スマホ&PC】

このような比較をしたとき、どれが最も割合が高いでしょうか?

 

LINE株式会社の

「〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年上期)」

によると・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  46%  :  6%  :  39%

という調査結果が得られたとのことです。

 

さらに、10代は「スマホだけ」が70%に上がり、

逆に50代では「スマホだけ」は33%にとどまり

「PCだけ」が16%へ増加しています。

 

ちなみに間の30代はというと・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  4%  :  4%  :  39%

とちょうど平均といえる数値を示していました。

 

このデータが示す通り、

インターネットへアクセスする端末としては

スマホが圧倒的な地位を築いています。

 


 

ではWEB戦略上、どのようなことを考慮したり、

検討すべきか、私の考えを書いてみましょう。

 

まず、上述のデータからわかる事実、そして可能性として・・・

・スマホのみのネット利用者がいる

・若年層(10〜30代)はPCのWEBサイトよりスマホのWEBサイトに慣れている

・ネットにアクセスするのはまずはPCで、という人は超少数派と思われる

・むしろ調査対象にネット系の会社に勤めている人がいるとしたら、

 PCのみの人の割合は限りなく0%に近づくのでは?

などなど様々な推測が出来ます。

 

推測から考えられることとして、

「PCのみのWEBサイトはスマホ対応しないと間違いなく機会損失を生む」

ということがハッキリ言えることでしょう。

※もちろん業種によってはスマホ対応する必要性が

 とても低いと言える場合もあるでしょう。

 

ビジネスにおいて重要なことは『顧客視点』です。

 

顧客がスマホを利用して、皆さんの会社やサービスの

WEBサイトにアクセスする可能性が高いことは

ここまで書いてきた通り今や当たり前なのです。

 

これまではキャッチコピーやフロント商品を開発すること、

そしてどの広告に出稿すべきかが

WEB戦略においては重要視されていました。

 

しかしこれからは、

スマホで見やすいサイトにする

スマホで見やすいコンテンツを作る

スマホで問合せやすい動線を構築する

といったことをプラスアルファとして考えていくことが重要です。

 

WEBサイトのスマホ対応についてお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談ください。

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

 

スマホ対応しないリスクとスマホ対応時のポイント

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

今回のコラムですが、

自社のサイトやホームページをスマホ対応していない方は

是非ともご覧ください。

 

スマホ対応しないリスクとスマホ対応時のポイント

スマホ対応

自社のサイトやホームページをスマホに対応していないことは

リスクだというけれども、実際どれくらいヤバいの?

こういったご質問をよくいただきます。

 

私の答えは・・・

 
「スマホ対応させないとかなりヤバい」です。
 

※もちろん業種によります。

 

今回はその理由についてデータをもとに解説してまいります。

 


 

まずスマホとPC、それぞれのインターネット利用について、

昨年末段階で下記のようなデータが出ています。

(引用:総務省 通信利用動向調査)

 

スマホ:パソコン = 57.9%:58.6%

※合わせて100%にならないのは両方を使っている人がいるからです。

 

このようにスマホがパソコンに肉薄してきています

 

さらに年代別のPCとスマホの利用機器の状況でいえば、

10〜40代まではスマホの利用がPCを上回っています

 

50代でもPCが64.9%に対して、スマホが54.8%と、

半数を上回っている状況です。

(同じく総務省の通信利用動向調査から引用)

 


 

ちなみに弊社のクライアントで

企業向けにソフトウェアを販売している会社のホームページへの

直近3カ月のアクセスでは、PC:スマホ=62%:38%という

データがあります。

 

BtoBビジネスの会社においても

約40%はスマホからアクセスしているということです。

 

そしてWEBサイトへのアクセスに限らず、

ネット広告においてもスマホ比率が6割を上回っていると言われています。

 

つまり、企業はスマホユーザーに向けての情報発信を重視しているということです。

 

事実としてスマホアクセスが増えていること、

そして企業動向としてスマホ向けのアプローチが増えていることから

会社のサイトやホームページをスマホ対応させることは不可避と言えるでしょう。

BtoB

 

SEOの観点からもGoogleがMFIの導入を公言しているように、

スマホ対応は企業にとって死活問題になりえます。

 

(ただ、MFIの導入については、2018年以降になるであろうと噂されています。

昨年末に2017年はMFIに用心しようといった内容を配信しましたが、

もう少し遅れるとのことです。

当時の内容については下記にアップしております。)

 

▼参考記事「2017年はMFIに備えよう!」

 


 

では、実際にスマホ対応させる際の注意点を箇条書きであげてみると・・・

 

  • シンプルなレイアウト
  • 指で操作しやすいインターフェース
  • スマホアプリに似せたデザイン
  • 画像を極力少なめに

 

ポイントだけをあげると以上4点です。

 

この4点についてそれぞれ解説していきたいところですが、

長文になってしまうのでご興味ある方は当社にご相談ください^^;

 

 

webサイトのスマホ対応ニーズが加速!?

AMPがついに日本のGoogle (google.co.jp) に導入

 

以前にも本コラムで、「AMP」が注目されていると述べましたが、

今回、新たな進展がありましたので改めてAMPについて触れてみます。

 

AMPとは

「Accelerated Mobile Pages」

の略称です。

 

モバイル端末でホームページを高速表示するためのフレームワーク

のことです。

 

スマートフォンで何かキーワードを検索した際に、

検索者がストレスなく(≒素早く)情報を表示できるよう、

サイト制作者がwebサイトを作るための技術のことを指します。

 

このAMPがついに日本のGoogle (google.co.jp) に導入されました。

 

スマートフォンで検索した際に、AMP対応されているwebページには、

雷マークのようなアイコンが表示されています。

 

日本のGoogleにAMPが導入されたとはいえ、

まだまだAMP化しているwebページが少なく、

見つけることは容易くありません。

 

よって、下記サイトにて、

AMP対応しているwebページがどのように検索結果として表示され、

さらにはどれくらいの表示速度であるか

を体感してみてください。

 

 

体感方法

 

▼Google検索(AMP対応デモ版)

http://bit.ly/2fCIr6a

※以前にGoogleからリリースされていたAMP対応ページを検索するためのツールです。

 

1.お手持ちのスマートフォンに上記URLを打ち込みます。

2.開いたGoogle検索にて思いついたキーワードを入力してください。

3.検索結果上位に、「雷マーク」と「AMP」と書かれたWEBページが表示されたら、そちらをタップしてください。

※AMPページが検索結果に現れない場合、別のキーワードで再度検索して下さい。

 

 

如何でしょうか!?

 

高速でwebページが開いたはずです。

 

現在のところ、AMP対応の有無がモバイル検索のランキングアルゴリズムに

影響するという発表はありません。

 

しかし、近い将来、

ランキングに影響してくる、もしくは、

「AMP対応とそれ以外」という分類がされるかもしれません。

 

なぜなら、スマートフォン利用者にとって、

ストレスなくスピーディーに検索結果に辿り着くことが出来るからです。

 

 

会社や商品、サービスのwebサイトをスマートフォン対応について、

お悩みの場合は、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

 

tablet-1442900_960_720

 

 

 

Googleがスマホ対応の強化を発表

こんにちは。ダブルループの福田です。

弊社は3月決算なので、今月より7期目に突入しました。

6期目はスタッフも3人増え、共著ながら本も出版し、売上も大きく伸びた1年となりました。

7期目は更なるスタッフの拡充、及びお客様に喜ばれるサービスを提供できるように頑張ってまいりたいと思います。

さて、今回は、webサイトのスマホ対応についてコラムを書かせて頂きたいと思います。

 
471bb64fba5c262befbc5db2d21bafcc_s
 

Googleがスマホ対応の強化を発表

 

約1年前に本コラムで「自社のwebサイトがスマホ対応しているかどうかが

SEOに影響されるようになった」と書きました。

自社のページがスマホ対応しているかを判別!?

 

そして先月、Googleがこのwebサイトのスマホ対応について、

「今後さらに強く検索結果に反映させる」と発表しました。
 

webサイトのスマホ対応のことを

「モバイルフレンドリー」とweb用語では言います。

 

今回のGoogleの発表では、

「モバイルフレンドリーアルゴリズムのアップデート」を示しています。

 

要するに、

スマホで見やすいサイトでなければ、検索結果で上位表示されづらくなる

ということをGoogleが公式に発表したということです。
 

会社や商品のwebサイトがモバイルフレンドリーに適合していれさえすれば、

今回のアップデートを気にする必要はありません。

 

ところが・・・

 

「そもそも自社のwebサイトがモバイルフレンドリー対応しているかどうかなんて分からないのだが・・・」

 

という方が意外に多いので、今日は自社サイトのモバイルフレンドリーチェックの方法を説明します。

 
fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_s
 

モバイルフレンドリーチェックの方法

 

モバイルフレンドリーは下記のサイトからチェックすることができます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

こちらに自社のサイトURLを入力して分析をクリックするだけです。

 

モバイルフレンドリーであれば

「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです」と、

適合していなければ

「モバイルフレンドリーではありません」

と表示されます。

 

後者の場合、今後予定されているGoogleのアップデートによって検索結果に
影響をきたすかもしれません。

(検索結果順位がこれまでよりも下がってしまうかもしれません)

 

Googleは、ユーザー=検索者が必要としている疑問や悩みに対して上質な情報であることはもちろん、情報が見やすく提供されているwebサイトを求めています。

 

もしもあなたのサイトがモバイルフレンドリーに適合していなかった場合、
これまでのようなWEBからの問合せが望めなくなるかもしれません。

 

是非、お早めにご相談ください!
 
 

自社のページがスマホ対応しているかを判別!?

 

以前、「Googleはwebサイトのスマホ対応を望んでいる」という内容をお送りしました。

詳しくはこちら▼
http://www.doubleloop.co.jp/2015/02/4073/

そして来週、4月21日に遂に「スマホ対応しているか否かが検索ランキング」

反映されます。

つまり、スマホ対応していなければ、SEO対策しているキーワードをスマホで検索した場合に

検索順位が大きく落ちるかもしれない、ということです。

Googleがこのようなアルゴリズムの変更を事前アナウンスすることはあまりなく、

その分、検索結果に大きな影響を及ぼすだろうというもっぱらの噂です。

「自社のwebサイトがスマホ対応しているかどうかなんてどうやったらわかるの?」

という方に向けて今日はスマホ対応判別ツールをご紹介します。

 

手順は超簡単!

(1)モバイルフレンドリーテスト サイトを開く。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

(2)自社のwebサイトのURLを入力し、「分析」をクリック。

以上!!です。
たとえば弊社の会社アクセスページ(http://www.doubleloop.co.jp/access/)で

分析してみると、「モバイルフレンドリーではありません」という結果が出てき

ます。

次に弊社のメイン事業の1つ、facebookページ制作のURLを入れてみます。
http://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

そうすると「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」

という分析結果が得られます。

そう、弊社では主力事業のページ(SEO上、重要なページ)からスマホ対応化を進

めましたので、問合せなどリード獲得に大きく貢献されるページは4月21日のアル

ゴリズム変更のダメージを受けずに済むよう対策を施しているというわけです。
4月21日まで時間はありませんが、まずは取り急ぎ、貴方様のサイトがどの

ような状況であるかを上述のモバイルフレンドリーテストサイトで分析してみて

ください。

 

<モバイルフレンドリーテストサイト>
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

こちらの分析結果で「モバイルフレンドリーではありません」という分析結果が

万が一、表示されるようであればお気軽にご相談ください。

弊社がどのような対策をしたか、対処療法から根本治療まで対応方法を説明させ

ていただきます。

Googleはwebサイトのスマホ対応を望んでいる?

http://www.●●.com でモバイルユーザビリティ上の問題が検出されました

最近、ウェブマスターツールにこのような通知が届くという報告が多方面から上

がってきております。

この通知が届いたからといってSEOでペナルティを受けるというわけではありま

せん。(2015年1月末現在)

どうやら

もっとスマートフォンからアクセスしたお客様に対しても見やすいサイトにし

 てあげるべきでは?

というGoogleの親心(?)からくるお知らせというか指導のようです。

この通知対象となるwebサイトであるかどうかは次の2点から判断されています。

(1)Flashで作られているサイトである場合

(2)可読性が低い場合

 

まず(1)について、ご存知の方も多いと思いますがFlashで構築されたサイトは

iOS=iphoneでは閲覧が出来ません。

それゆえに(おそらく)Googleでは「スマートフォンで見るお客様にとって見づ

らいサイト=モバイルユーザビリティが低い」と判断し、上述のような通知を送

るようにしているのです。

 

(2)については、「スマートフォンでお客様が情報を探す時代において、スマホ

からのアクセスに対応したサイトでない=パソコンのフルブラウザ用の画面サイ

ズのみにしか対応できていないサイトは如何なものか」と理由からGoogleが通知

を出しています。
私が「お知らせというか指導」と書いたのはコレが理由です。

Googleは「スマホで情報を探しているお客様が多く、スマホに対応したサイトに

しておくことで貴方のサイトの問合せが増えますよ」ということを示唆してくれ

ているわけです。

福田(私のことです)よ、、、、そうは言うがスマホ対応のサイトって簡単には

作れないのだろう?

というご質問が出そうなので回答しておきますと、

あなたの会社のサイトに、お客様がアクセスした端末に応じて見やす

いサイトを表示させることを「レスポンシブデザイン」と言いますが、今はこれ

が簡単に出来ます。

またレスポンシブデザインはSEO上でも優位に働くとGoogleが推奨しています。
今日、タブレットやスマホを1人1台持ち歩く時代です。

あなたの会社のサイトも端末問わずお客様が必要としている情報を読

みやすい(最適化されて表示される)サイトになっていますか?

レスポンシブデザイン構築によるスマホ最適化のサイト制作について、サイトの

診断からご提案までダブルループでは承っておりますので、もしご検討される場

合はどうぞお気軽にご相談くださいませ♪

41974610

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから