アーカイブ : 2018年06月19日

リマーケティングで リスティング広告効果をアップ

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

少し前にリスティング広告のポイントについてシリーズ解説していました。
(正確には3つ前までのコラムまで)
 


<参考記事>

過去の記事:中小企業が見込客を獲得するリスティング広告運用のコツ
https://www.doubleloop.co.jp/2018/03/6609/

過去の記事:リスティング広告運用のコツ ~その2(広告文の親和性)
https://www.doubleloop.co.jp/2018/04/6640/

過去の記事:リスティング広告運用のコツ ~その3(品質スコア)
https://www.doubleloop.co.jp/2018/04/6766/

過去の記事:リスティング広告運用のコツ ~その4(広告カスタマイザ)
https://www.doubleloop.co.jp/2018/05/6736/


 

今回はそのシリーズの後半戦です。

リスティング広告をご利用になられている、今後配信を考えている企業の方は是非、お読みください。

 

リマーケティングでリスティング広告効果をアップ

 

リマーケティング機能を皆さんはお使いになっていますか?

リマーケティングとは・・・

リスティング広告や検索から皆さんのホームページやwebサイトにアクセス(新規訪問)した見込客が、問合せや資料請求といったアクションをせずにサイトから離脱した際に自動でおいかけてくれる広告のことです。

※ちなみにYahoo!では「サイトリターゲティング」、Googleでは「リマーケティング」と呼び方が異なります。

今回は「リマーケティング」で統一します。
 

まとめサイトやブログなどを開いた際に表示されているバナー広告を見て

「あれ、これって前に見た会社のサービスでは?」

という経験をされた方は多いことでしょう。
 

これがリマーケティング機能を使った広告です。
 

見込客、いや人は「すぐに申し込む」や「即決」など『すぐ』に行動することがなかなか出来ません。

他の商品やサービスと比較したり、より良い商品がないか、もっと良い商品があるはずという考えが頭にあるからです。
 

いわゆるAISASの最初のS(調べる・比較)の部分です。
 

WEBでの購買や情報収集が容易になった現代においては当然のことで、見込客は皆さんのホームページに訪れても、その場で『すぐ』に問い合わせをしたり、資料請求を行うことはしません。
 

「後でもう1回詳しく見よう」「他と比較してじっくり検討してからにしよう」

と考え、その結果・・・・

「この前、興味を惹くホームページを見たと思うのだがどこだったっけ??」

となってしまいます。
 

そのため大切なのが、一度ホームページに訪問してくれた見込客を離さないためのシカケです。

それが、リマーケティングである、というわけです。
 

もっと言うと、リスティング広告やSEO対策を実践されている企業においてはリマーケティングを行わないことは極端な話、損をしているかもしれません。
 

業種にもよりますが、サイトCVR(問合せ獲得などのコンバージョン率)が10%を超えているホームページはなかなかありません。

つまり広告を出して100人の見込客を自社のホームページに誘導したにも関わらず90人以上を逃しているのです。

この90人以上の離脱客がリマーケティング広告のターゲットであり、業種によっては3~5%のコンバージョンを獲得できます。
 

このようにリマーケティング広告を使うことで、リスティング広告やSEO対策が更に効果を発揮しますので、まだご利用になられていない場合は是非、お試しください。
 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから