アーカイブ : 2021年06月30日

見込客を引き寄せる言葉の技術

お世話になっております。ダブルループの福田です。

今日はwebからは少し離れて言葉、文章の実践的なテクニックについて紹介してまいります。

webサイトや商品カタログのリニューアル、チラシの作成、メルマガのタイトルなどなどビジネスにおいてはあらゆるシーンで「魅せる言葉遣い」が求められます。

今回の内容が何か1つでも皆さんのビジネスのお役に立てればと嬉しいです。

見込客を引き寄せる言葉の技術(コピーライティング)

webの発展によりメールやチャット、SNSを使って、見込客に文章を読ませて行
動させる、ということが以前にもまして求められるようになりました。

文章に工夫が足りないと・・・・

見込客に対して、ありきたりなメールを送ってしまってはロクに読んでもらえません。それどころか件名(タイトル)次第では開いてももらえずゴミ箱行きかもしれません。

広告費用をかけて、せっかく見込客が皆さんの会社のホームページにアクセスしたとしても、ありふれたフレーズが並んだwebサイトでは問合せを得られません。
それどころかホームページを開いた瞬間にブラウザを閉じて(離脱して)しまうかもしれません。

このように言葉1つでビジネス機会を左右するのです。

ということで今回の記事ではマーケティング、営業的に使えるコピーライティングをジャンル別に具体例を紹介していきます。

問題指摘系


・残念なマーケッターの3つの特徴とは
・営業マンがやってはいけないNGな行動5選

「残念」「NG」を使うことで「ひょっとして私、当てはまったりしてない?」と不安を覚えさせ、惹きつけることができます。

質問系


・あなたはSEO対策でこんな間違いしてませんか?
・広告の見出し、もっとも反応が良かったのはどれ?
・会議での反論方法、あなたはどのタイプ?

どれ、どのタイプ、間違いしてませんかなど「?」で終わる言葉を投げかける技術です。読み手が少なからず不安を抱えている場合、質問系の言葉や文章に反応するはずです。

解決系


・令和を生き残る戦略的営業とは
・オンライン×オフライン 顧客満足度を高める3つのツボ
・出来るビジネスマンがやっているGoogle活用法

文章の中に解決策フレーズを含めるのがこのジャンルです。
「戦略」「ツボ」「活用法」「攻略法」などがビジネスでの解決策フレーズとしてよく使われていますね。

特化系


・千代田区の士業内シェアNo.1のweb制作会社
・業界初!AI機能付き〇〇
・顧客満足度No.1に選ばれた理由
・セミナー集客でお困りの方へ

権威があるように見せるフレーズに似てますが、業界やエリア、はたまた特定の業務の中でNo.1など圧倒的な実績数を提示する方法がこちらです。
特化系はチラシやwebサイトだけでなく、メールなど日々のコミュニケーションの中でチラつかせるような使い方をすると効果的です。

他にはよく知られている限定系や権威系がありますが、王道なので割愛しました。

コピーライティングのコツは相手の抱える問題や痛みに焦点を当てることです。
問題に焦点を当てた後に上のようにジャンルを使い分けて表現していくのです。

たかが言葉、されど言葉です。

是非、販促ツールの表現を今一度見直してみては如何でしょうか!?

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

惹きつけるキャッチコピーの作り方

お世話になっております。ダブルループの福田です。

私は、webはもちろん、電車やTVなどの広告を注視するようにしてます。

どんなターゲットに対して

どのような問合せを求めているのか

という視点で広告を読み解きます。

また同時に「おっ、この広告、すごく惹きつけられるな」という時は

なぜその広告が魅力的だったのか

を分析します。

秀逸な広告やwebサイトにはえてして良い商品であることに加え、目を惹かれるキャッチコピーが配列されています。

今日はキャッチコピーの作り方を紹介してみます。

惹きつけるキャッチコピーの作り方

ホームページやランディングページなどwebサイトを制作する際の重要なポイントの1つに「キャッチコピー」があります。

企業のwebサイトの基本的かつ共通的な目的は、見込客からお申し込みやお問合せを得ることです。

問合せを得るためには、見込客にwebサイトを見てもらわねばなりません。

見てもらうためには見込客の「おっ、このサイト見てみようかな」という欲求を刺激するキャッチコピーが必要なのです。
※広告の文言でも同様です。

ということで、今日は見込客を惹きつけるキャッチコピーの作り方を一部紹介します。

【1.新や初+熟語の感嘆系】

BtoCの広告やLP(ランディングページ)で最も使われている手法と言っていいでしょう。

例:
新発売!ありそうでなかった〇〇
業界初!〇〇機能を搭載した●●
初公開!月たったの●円で~~できた理由

どれも皆さんが一度は目にしたことがあるようなキャッチコピーではないでしょうか。

「新」「初」を熟語に掛け合わせるだけで、見込客の目を惹くことができるのがこの感嘆系キャッチコピーの特徴です。

【2.ターゲット限定系】

webサイトに訪れた見込客に対して、あたかも「貴方のためのサイトである」と語りかける際に使用するキャッチコピー制作テクニックです。

例:
●●エリアにお住いのサラリーマンの方へ
コピー機で年間〇〇円以上のコストをお支払いの企業へ
●●業の新規開拓にピッタリ!

地域や業種、年商、性別などを用いて、ターゲット顧客に対して「まるで私のことじゃん!」と思わせる方法がターゲット限定系キャッチコピーです。

【3.期間や人数限定系】

例から見てみましょう。

例:
先着●名様限定!たった2週間で顧客をドシドシ呼び込む方法
当社が●%もコスト削減できたノウハウを4月30日まで限定公開

期間や人数を限定することで、「今、見ないと損である」と訴える方法です。セミナーなどのフロント商品のイベントでよく使われる手法です。

【4.費用対効果PR系】

現在、見込客が費やしているであろうコストは損であることを想起させるキャッチコピーのことです。

例:
100,000円の●●料を10,000円にする方法
わずか5時間の●●で、年間〇〇万円のコストを削減!?

このように見込客が悩みとして抱えているであろうコストについて、自社の商品やサービスを使うことで大きな費用対効果を得られることを訴求することがキャッチコピーを活用することで可能となります。

今日ご紹介したパターン以外にも、無料訴求系、プロが選んだ系、ノウハウ記載系などいくつものキャッチコピー制作テクニックがあります。

良いwebサイトというのは狙った見込客をたくさん集められるサイトのことです。

デザインなど見栄えも当然のことながら、見込客に興味を持たせる「言葉」が重要なのです。

今日のコラムの内容が、皆さんのwebサイトやイベントページのキャッチコピーを際立たせる際のヒントになれば幸いです。


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「19,800円~のfacebookページ制作」

■ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」


パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから