アーカイブ : 2018年09月25日

Googleがアルゴリズムをアップデート

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本日はGoogleのアルゴリズムアップデートの内容についてです。

 

Googleがアルゴリズムをアップデート

8月にGoogleがアルゴリズムのアップデートを実施しました。

アルゴリズムについて、詳しくはWEBで検索していただければと思いますが、簡潔に言うと

「検索結果順位を決める要因」のことです。

この要因を8月に変更したというわけです。

本記事をご覧いただいている方の中にも、もしかしたら「そういえば8月からWEB問合せが増えたな~」もしくは「8月からメッキリ問い合わせが減った・・・」という企業がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の発表の中で、具体的にどのようなアルゴリズムに変更したかの記載は(毎度のことながら)なく、

「(今回のアップデートは)コンテンツと検索キーワードとの関連性をターゲットにしたものである」

という内容だけでした。

よって今日は、弊社が管理しているwebサイトや、協力会社からの情報をもとに、アルゴリズムの変更内容を読み解いてまいります。

発表内容を私なりに要約すると検索したキーワードに関連性が高いwebサイトを表示させるの意だと解釈しています。

あくまで私の意訳ではありますが、今までのアルゴリズムもこの意訳にそって、検索順位を決定していました。

なので、最近のSEO対策の王道としては

「検索者ニーズを満たしたボリューム満点かつ品質の高い記事(などコンテンツ)をwebサイトに設ける」

というアプローチでした。

ところが、今回のアップデート後の順位変動を見ていると、もう1歩踏み込んでいるようです。

あくまで私の推測ですが具体例をあげます。

たとえば「品川 税理士」で検索したとします。(実際にしてみてください)

すると、リスティング広告部分を除くと、トップに表示されるのはGoogleプレイスというGoogleマップに品川周辺の税理士事務所がプロットされているマップのはずです。

それ以降に税理士事務所のホームページが順に掲載されているはずです。

ここで重要なのが「Googleプレイス」がトップに表示されるという点です。

「品川 税理士」 Googleではこの検索キーワードを、『検索者が(きっと)品川近辺の税理士事務所をとりあえず知りたい』と解釈するようなアルゴリズムにしていると思われます。

なので、ホームページをトップ表示せず、Googleプレイスという場所情報を最上位で表示させているのだと私は考えます。

要するに、上の例で言うと 場所≧事務所実績・経験=価格=事業内容の ではないかと予想されます。

よって、ホームページ上で対策すべきは正しい事務所所在地情報を記載しておくことです。

また上の例でいうと品川駅や品川区の●●から徒歩●分などといった位置情報に関する記載があるとモアベターと言えるでしょう。

さらに言うと、所在地情報のページを検索者が見たとします。

そのページに検索者が満足した場合、きっとサービス内容など他のページに遷移するはずです。

ページ遷移の有無についてもきっとGoogleでは監視していて、検索順位に反映させているはずです。

このように近年のGoogleのアルゴリズムアップデートでは、検索者の機微・嗜好を汲み取った検索結果を表示させるように改善がなされていると私は感じています。

そのため、1つのページに膨大な情報を提供することが、SEO対策において必ずしも正解と言えるわけではない傾向になりつつあります。

検索者が見たい情報を1ページに分かりやすく簡潔に。

そのページを見たユーザーが満足して、同webサイトの他のページを読もうとする導線設計を作ること。(いわゆる直帰率の低下、ページセッションの増加)

こういった対策が今後のホームページなどwebサイトには求められるのではないかと予想しています。

今回ご紹介したように、ボリュームが多く、品質が高いwebサイトなのでSEO対策はバッチリ!という時代ではなくなりつつあります。

「ボリュームが多いこと」「品質が高いこと」これらはあくまで検索者を満足させるためのプロセスです。

SEO対策で最も重要なことは「検索者を満足させてあげることができた」かどうかという成果です。

成果にこだわったサイト構築をしていきましょう。

■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

Googleのアルゴリズムアップデート内容について

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

4月下旬にGoogleがアルゴリズムアップデートを発表しました。

今回はそのアップデート内容について解説します。

googleアップデート

 

Googleのアルゴリズムアップデート内容について

 

先月末にGoogleがアルゴリズムアップデート「アウルアップデート」

公式に実施したとリリースしました。

 

アウルアップデートを一言で言うならば、

フェイクニュースサイトなど低品質コンテンツが掲載されたwebサイトの

評価を下げるアルゴリズムアップデートのことです。

 

今回のアップデートで大きく3つの変更点があります。

 

1.検索ランキングの変更(フェイクニュースサイトの順位down)

 

アルゴリズムの変更(改良)により、

フェイクニュースなど低品質コンテンツが掲載されているサイト

広告が溢れているサイトの検索結果順位が下落しています。

 

また現在は以前と変わらぬ順位であったとしても

今後、検索順位が落ちていくことが予想されます。

 

ちなみに今回のアルゴリズム変更で、

順位が上がったサイトの傾向や法則性などは今のところ見つかっていません。

 

2.ガイドラインの更新

 

今回のアップデートに伴い、Googleの検索品質評価ガイドライン

(検索結果の品質を判定するために用いるマニュアル)において

フェイクニュースに関する具体的な例が追記されました。

 

3.フィードバックシステムの実装

 

普段からGoogleをお使いの方はご存知かと思いますが、

Google検索にはサジェスト機能というものがあります。

検索キーワードを打ち込んだ際に

キーワード候補が予測で表示される機能がサジェスト機能です。

 

この予測候補において好ましくない、

不適切なキーワードが候補として挙がった際に

「不適切な予測の報告」が画面上で行えるようになりました。

これがフィードバックシステムです。

 

このように今回のアウルアップデートでは

悪い(と思われる)サイトに対する評価システムが刷新されたと言えます。

 

昨年の米大統領選におけるフェイクニュース、

日本では昨年末に話題となった医療関連のキュレーションサイト問題などに対しての

Googleの姿勢が見えるアップデートです。

 

では、今回のアップデートに対してどのように備えればいいのかというと・・・

 

「特に対策すべきことはない、検索者のために良質なオリジナルコンテンツを作り続けるのみ」

 

というのが私の見解です。

 

アウルアップデートはあくまでフェイクニュースや低品質なサイトに

検索者が行きついてしまわないようにすることが目的ですので、

裏を返せば良質なサイト作りを目指しているのであれば無関係と言えるでしょう。

 

SEO対策は今後ますます検索者にとって

喜ばれるようなコンテンツが用意されているサイトだけが

検索結果に反映されるような環境になっていくはずです。

 

安易な誰しもが出来るような取り組みではなく、

皆さんにだからこそ可能な優良なコンテンツ作りに地道に取り組まれることをオススメします。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから