カテゴリー : SEO対策

スニペット量増加に伴うSEO対策

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はGoogleのスニペットの改良に伴い、

クリック率をアップさせるためにはどうすればいいのかを考えてみました。

 
Web戦略ならダブルループ
 

スニペット量増加に伴うSEO対策

昨年末よりスニペットの文字数が以前よりも多く表示されるようになりました。

 

スニペットとはGoogleで検索した際の検索結果で

ページタイトルの下に表示されている説明文のことです。

 
≪イメージ≫
Web戦略ならダブルループ
 

検索の際にスニペットを見て、

そのサイトを見るか見ないかを判断される方はきっと多いことでしょう。

 

そのスニペットの文字数は以前までは120〜130程度でした。

これが昨年末からは200〜250文字ほどまで拡張されました。

 

検索者が自分のニーズを満たすサイトに辿り着きやすくするための

改善と思われます。

 

WEB戦略においては当コラムでこれまで何度も書いてきている通り、

検索者にとって質の高いwebサイトを制作することはもちろんのこと、

検索結果にサイトが表示された際、検索者の目を惹いて

クリックしてもらう魅力的なスニペットを用意することも重要です。

 

スニペットにはwebサイトの

meta descriptionタグが反映されることがあります。

※meta descriptionタグ以外には記事の冒頭文が記載されたりもします。

 

よって皆さんのサイトの各ページのmeta descriptionが、

以前の120文字のままであるならば、

検索者に対してサイトをPRするために200字以上に書き直すべきです

 

しかし全てのページのmeta descriptionを書き直すには

大変な労力がいることだと思います。

 

ということで、今日は「サイトを多くの人に見てもらう」ことを主眼に

最善のmeta descriptionの書き換え方法を説明してまいります。

 

【meta descriptionの見直し手順】

1.検索上位に表示されているページや検索の表示回数が多いページを抽出する

(Search Consoleの検索アナリティクスを使うことで容易に抽出できます)

 

2.該当ページの中でクリック率が低いページを抽出する

 

3.2のページのスニペットを実際に確認する

 

4.スニペットを検索者ニーズの目線にあわせて修正する

 

以上です。

 

むやみやたらにスニペットのボリュームを増やしてもしょうがありません。

まずは検索にヒットしているページから手を打つべきです。

 

なぜなら(繰り返しになりますが)スニペット

検索結果にヒットされたページのクリック率を高めるための手段だからです。

 

たかがスニペット、されどスニペット

 

ページタイトルをキャッチーにしてクリック率を高める努力をすることと同様、

スニペット内容を検索者に対して親切で魅力的な内容にすることで、

皆さんのwebサイトのクリック率を高めるよう改善してみては如何でしょうか。

 

 

SEO対策に必要な記事の文字数について考えてみた

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はSEO対策でたびたびご相談いただく内容である

ブログの文字量」について考えてみました。

 

ブログでSEO対策をしている方は是非、ご覧ください。

 

SEO対策に必要な記事の文字数のことならダブルループ

 

SEO対策に必要な記事の文字数について考えてみた

 

自社のWEBサイトにワードプレスを入れて、

ブログ投稿によりSEO対策している会社が最近は多くみられます。

 

そして、そういった方々からよくいただく質問が・・・

「何文字くらい書けば、SEOにおいて有効と言えるのでしょうか?」

という内容があります。

 

今日はブログ投稿によるSEO対策における

1記事あたりの文字数について考えてみます。

 

WEBで「ブログ SEO 文字数」と検索すると、

様々な情報が出てきます。

 

800文字以上なら上位表示されやすくなる とか

最近は2000文字以上の記事を書かなければダメ などなど

様々な憶測が飛び交っています。

 

以前より口を酸っぱくして繰り返していますが、

記事で大切なことは文字数よりも中身、品質です。

 

とはいえ今回は品質に関する議論は一旦、

横置きとして文字量についてのみもう少し考えてみます。

 

そもそも「自社のサイトを検索結果の上位に表示する」

SEO対策のゴールです。

 

検索結果上位になるということは

検索者のニーズを満たす可能性が高いサイトだということで、ここが重要です。

 

「検索者のニーズを満たす可能性が高い」という点を

Googleがどのようにして認識しているかを読み解かなければなりません。

 

SEO対策に必要な記事の文字数のことならダブルループ

 

検索結果を決める際、Googleの中の人が目視で検索キーワード1つ1つに対して、

これは良質なサイトだから上位だな、と判断しているわけはなく、

ロボットと呼ばれるものを回遊させて、

検索ニーズに対して上位表示させるサイトを決定しています。

 

では、ロボットの身になって、

どんなサイトが良質なサイトと判断するかを考えてみましょう。

 

文字量が他のサイトよりも多い 【文字量

画像などが貼ってあって分かりやすそう 【記事構成

サイトに訪れた検索者が他の記事も読んでいる 【多くの良い記事が存在】

有名企業が紹介しているサイトである 【被リンク

検索のサイト滞在時間が多い 【記事を熟読している=良質な記事

 

このあたりではないでしょうか。

 

上記判断軸の中でもロボットにとっては、

やはり文字量が判断しやすいはずだと考えられます。

なので文字量は多いことに越したことはないと言えるでしょう。

 

さらに言えば、記事の品質(サイトの品質)が

皆さんの会社と競合他社のサイトで同じだとした場合、

ロボットは何を持って上位に表示するサイトを決定するでしょうか。

 

文字量が多い方を上位に表示しようと考えるはずです。

 

以上から考えられることとして・・・・

SEO対策ワードでGoogle検索

・上位記事の内容と文字量を調査

・上位記事(競合サイト)の文字量を超える記事を投稿

 

このように何文字以上書くかというよりも、

他社のリサーチが重要だと私は考えます。

 

ただ、繰り返しとなりますが文字量以上に大切なことは品質です。

 

読みやすく、内容が深く、ボリューム満点の記事を

地道に作ることが検索上位表示の近道です。

 

 

SEO対策は費用対効果に見合ってる?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

今日はSEO対策のあるべき姿について、

検索結果1〜20位でどれくらいクリック率が変わるのかという

データに基づいて考えてみました。

 

SEO対策は費用対効果に見合ってる?

クリック率

「最近、SEO対策に力を入れていたんだけど、ようやく成果が出始めて、

●●というキーワードで検索すると、ウチのサイトが10位以内に

表示されるようになったんだよー(エッヘン)」

という話を商売柄よく聞きます。

 

10位以内と聞くと結構スゴイように聞こえますよね。

でも実は検索5位以下は大したことがないというデータが発表されました。

Internet Marketing Ninjas社の発表によると

検索順位別のクリック率は下記の通りです。

 

1位:21%
2位:10%
3位:7%
4位:4%
5位:3%
6位:2%
7位:2%
8位:1%
9位:1%
10位:1%
11〜20位:1%

※引用:Internet Marketing Ninjas社の2017年7月24日ブログより

 

検索結果1位がダントツであることは想像通りと言えます。

一方で5位以下は100回の検索があったとしても、3回しかクリックされません。

 

検索ボリューム(※)が少ないキーワードだと、

検索結果が10位以内と言えどもほぼクリックされていないことになります。

※検索ボリューム:特定のキーワードが検索される回数

 

となると、検索上位になるためにSEO対策としてブログを週に1回、

月に数回書いていたとしても、検索結果10位以内では問合せに繋がる可能性は

とても低いということです。

(あくまで検索ボリュームが少ないキーワードの場合、

またブログ作成というSEO対策を行っている場合の話です)

 

社員1人の時間をそれなりに投下して、検索結果5〜10位までしか対策が

施せない場合は、適したプロモーションとは言えない可能性があります。

 

ただ、ビッグワード(検索ボリュームが多いキーワード)であれば、

5位以下でも効果は期待できます。

 

要するに

「費用対効果に見合ったSEO対策が出来ているか」

ということを冷静に判断し、

WEB戦略を実行しなければいけないということです。

悩む女性

もし、皆さんがSEO対策のためにブログを書いていて、

それなりに検索結果が上昇しているという状況であっても、

上述のように一向に問合せに繋がらない場合がありえます。

 

業界、取り扱っている商品の性質などに応じては

ブログ作成に時間という費用を投下するよりも

WEB広告を出稿した方が費用対効果が高いケースが考えられます。

 

ブログ作成もWEB広告も手段です。

手段と成果(問合せ数など)を検証し、

自社に合った最適なプロモーション方法を選択しましょう。

 

 

Googleがアルゴリズムを変更!

お世話になっております。

ダブルループの福田です

 

先日のWordPressの脆弱性に関するコラムでは、

多数の反響をいただきました。

 

webサイトを格納しているレンタルサーバー各社よりも早く

皆様に情報をお届けしたことで、

「助かった」「ありがとう」というお声をいただくことになりました。

 

おかげさまでコラムを書く励みになりました。

 

これからも皆様の会社を守る、そしてweb集客の一助になるような情報を

お届けしてまいります。

 

今日の内容も要チェックです!

 

 

Googleがアルゴリズムを変更!

 

今月3日にGoogleが異例の発表を行いました。

 

その内容を原文より一部抜粋します。

 

「今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供する

ことよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、

品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、

より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を

意図しています。

このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する

皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを

期待しています。」

 

※Googleウェブマスター向け公式ブログ

「日本語検索の品質向上にむけて」より抜粋

 

 

Googleの意思が珍しく前面に出ている内容です。

 

少々長めではありますが、熟読いただくことをオススメします。

 

 

要するに

「SEO対策に重きを置いた某キュレーションメディア(※)

のようなwebサイトじゃダメ」

という内容だと私は考えています。

 

※昨年末の、ある医療情報サイトの信頼性に関する騒動はご存知の通りです。

 

 

今回のGoogleの発表は、

記事ボリュームによるSEO対策を狙ったwebサイトへの警告です。

 

 

Googleが求めているのは

『検索者にとっての最適解となりえる質の高いサイト』です。

 

 

記事(コンテンツ)のボリュームを増やしていくことももちろん大切ですが、

やはりそれよりも

「検索でサイトに訪れてきた人が喜ぶような質の高い、

そして確かな情報をwebサイトに上げていくこと」

が検索上位の近道ということです。

 

 

PCとスマホのSEOが分離!?

ダブルループの福田です。

最近、何か気になっていることや考え事をする際のヒントは、

移動中にスマホで情報を探すようになりました。

 

 

スマホで検索。

気になったサイトがあれば、ブックマークしたり、メモに残す。

そして、後々パソコンでじっくりと読み込む。

 

 

このような思考行動プロセスです。

 

こうなると、スマホで見やすいwebサイトの方が当然、閲覧しようという気持ちが働きます。

 

そんな矢先、GoogleよりスマホとPCの検索評価に関する発表がありました。

 

 

今回のWEB戦略コラムは、これをテーマにお話しします。

 

images-1

 

PCとスマホのSEOが分離!?

 

 

先日、

「Googleが、パソコン版とスマートフォン版のインデックスを分離することを発表した」

というニュースが入ってきました。

 

これは端的に言うと・・・

 

パソコンとスマホのそれぞれにおいて、webサイトが適正かどうかを評価する

という意味です。

 

スマートフォンが普及してから今日まで、

基本的にはPC版のSEO対策がPCにもスマホにも反映されていました。

 

それが近年になって、

「スマホでも見やすいwebサイトに加工されていること」

がSEO対策で評価されたり・・・

というアルゴリズムの変更がなされていました。

 

しかし、今回の発表を見ると、

パソコンとスマートフォンで異なる検索エンジンになる

と表現しても過言ではないほどの変更が考えられそうです。

 

webサイトを、スマホのような小さな画面でも見られるように画面サイズが閲覧端末によって自動最適化することは当然のこと、

(ここからは私の想像の域ですが)

 

・スマホ向けのクリック(タップ)しやすい問合せボタンがある

・電話番号が画像ではなくテキストで、タップするだけで電話がかけられる

・SNS上でwebサイトの情報をアップしやすくなっている

・スマホ最適化がなされているwebサイトに被リンクが貼られているか

などなど

 

 

「スマホゆえの工夫がされているwebサイトが検索時に

上位表示されるようになる未来」

 

が近くなったと言えるでしょう。

 

昨年時点で、スマホの検索数がパソコンのそれを超えた

という発表がありました。

 

今回のGoogleのスマホ対応の如何にかかわらず、

スマホでwebサイトを見やすくする加工は必要最低条件

と言える時代に突入しています。

 

多様化する情報過多の現代において、

見やすく発見してもらいやすいwebサイトを作ることは、

もはや当たり前の企業努力となりました。

 

もし、会社や取扱商品・サービスのwebサイト(ホームページ)が、

まだ、スマホ最適化されていないようでしたら、

一度、当社にご相談ください。

 


images

 

 

Google検索ランキング変動?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

梅雨のような空模様が続きますね。

これが明けたらまた夏が来るのでは・・・と思わせるような気候です。

体調管理には気を付けていきましょう。

 
 

さて、今回のコラムでは、

「Googleの検索ランキングの変動」

について触れてみました。
 
 
30e94e108e6ddb5561c65e7e84e2646f_s
 
 

Google検索ランキング変動?

 

今月に入ってからというもの、

「日本のGoogle検索ランキングが大きく変動している」

と、WEB業界では何やら騒がしくなっています。

 

Googleからは正式なアルゴリズムのアップデートの発表は出ていません。

よって、「テスト的なアルゴリズムの変更が行われているのでは?」と、

今のところ考えられています。

 

アルゴリズムには、

「コアランキングアルゴリズム」

と呼ばれるものがあります。

 

コアランキングアルゴリズムの変更や更新の場合、Googleから更新アナウンスは発表されません。

よって、今回の検索ランキング変動はもしかしたらコアランキングアルゴリズムが変更された可能性があります。

 

ではコアランキングアルゴリズムとはそもそも何なのかを今日はご紹介します。

 

コアランキングアルゴリズムとはそもそも何なのか

 

紹介しますと申したものの。。。。

「コアランキングアルゴリズムが正確にどういったものをさすのか」は、

WEB業界で明らかになっていません。

 

Googleの検索アルゴリズムのベース(基本)になっているもの

と表現することが精いっぱいです。

しかし、よくSEO対策において重要だと言われている以下の対策は、

コアランキングアルゴリズムの一部と言えるでしょう。

SEO対策

・「titleタグに検索順位対策のキーワードが含まれている」
・「被リンク」
・「webサイトのページ構成」
・「descriptionでの対策」
・「h1,2,3などhタグの対策」等

ペンギンアップデートやパンダアップデートのような大掛かりなアルゴリズムの

変更の際には、Googleが発表することもあり、とても注目されます。

 

でも実は日々、コアランキングアルゴリズムの変更は行われており、

「大掛かりなアップデートでなくとも、検索ランキングには大きな影響を及ぼしている」

ということです。

 
 

まとめ

 

Googleは日々、

検索者のニーズに応え、利便性を高めるために様々な工夫を施しているのです。

 

そのため、情報提供側(私たちWEB業界はもちろん、企業である皆様)も、

「日」単位でWEBからの情報発信を改善していかなければなりません。

 
新製品やイベントを開催する時だけ情報を発信するのでは、

検索者、そしてGoogleのアルゴリズムは満足しないのです。

 

「日々の情報発信、コンテンツ作成を続けていくこと」

が、今後のWEBマーケティングにおける課題と言えるでしょう。

 

 

知らないと危険!? 間違ったSEO対策とは

これまで当コラムでSEO対策の手法を幾度にわたって述べてきました。

Googleのガイドラインに従って、検索する人、

言い換えればあなたにとっての見込客が欲している情報・コンテンツを

継続して提供していくことで検索順位は自ずと上がるようになっています。

 

※Googleガイドライン:

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

しかしガイドラインの穴をつくような、グレーゾーンをつつくようなSEO対策

により、検索結果で上位表示されるよう意図的に操作する手法が

以前より存在しています。

 

これらの手法は、現在において「ブラックハットSEO」と呼ばれ、

真っ当なSEO対策の効果を下げてしまう可能性があります。

 

今日は知らず知らずのうちにブラックハットSEOを実施していないかを

ご確認いただくために、ブラックハットに分類されるSEO対策を紹介します。
 
3431433137_1329a1f5cc
 

 1.有料リンク

業者からリンクを購入し、意図的に被リンク(外部リンク)を増やす方法です。

以前までは「被リンク数=そのサイトが賑わっている」と判断され、
検索結果に良い意味で大きく影響していました。

しかし、近年においては被リンクをお金で購入するなど、被リンク数の増加を自作することができるようになったため、Googleは

意味のない被リンクを多く含むホームページに対してはペナルティを課す傾向にあります。

※もちろん意味のある被リンクに対してはSEOにおいて正しく評価されます。

 

2.相互リンク集

自社のホームページを特定のサービスに登録すれば、そのサービスに関連しているホームページからの被リンクをもらえるというものです。

こちらも有料リンク同様、被リンクを劇的に増やす手法として一時期とても流行りましたが、現在ではペナルティの対象と言われています。

 

3.隠しテキスト・隠しリンク

ホームページ上の背景と同じ色の文字リンクを貼り付けておくことで、SEO対策を実施するという手法です。

しかしSEOで評価されるべきは「ユーザー(検索者)にとって有益かどうか」です。

隠しテキストは、ユーザーにとって意味のない行為とみなされ、ペナルティの対象です。

 

4.ブログなどへのコメントリンク

ブログを過去にやったことがある方なら一度はご経験があるかと思います。

ブログとは関係のない意味のない文章とともに不明なリンクが張られるコメント、これがコメントリンクという手法にあたります。

これもブログ内容とは関係のないコメントとリンクは悪質な手法ということで現在は対策がとられています。

 

5.ワードサラダ

GoogleやYahoo!といった検索エンジンでは、
「ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、そのニーズを満たすコンテンツが用意されたホームページを表示させる」
ことを目指しています。

ニーズを満たすコンテンツには当然、特定のキーワードが含まれた文章が入っています。

この特定のキーワードが含まれた文章をコンピュータで自動生成させることを「ワードサラダ」と言います。

コンピュータによる自動生成のため、ユーザーにとって意味のないコンテンツであるケースが多く、SEO対策においてのみ有効な手法なので現在においては、
ワードサラダを大量に含むホームページはペナルティの対象となっています。

 

 

本日はブラックハットSEOの中でも代表的な5つの手法を紹介しました。

もしあなたの会社のホームページで、この中に当てはまる対策をとられている

場合は中止して、検索者が求めている有益なコンテンツ作りを始めましょう。

 

【ご参考】

検索ニーズを満たすコンテンツの作り方http://www.doubleloop.co.jp/2016/02/4923/

 
 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから