カテゴリー : SEO対策

競合分析によるSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

3C分析、この言葉に出会ったのは大学生の頃でした。

当時はサラッと聞き流していましたが、

社会人になってからというものの常に意識させられる言葉です。

実はSEO対策においても重要です。

 

ということで、今日は3C分析×SEO対策について解説してみます。

 

競合分析によるSEO対策

経営戦略の考え方の1つに「3C分析」というものがあります。

Customer(市場/顧客)
Competitor(競合)
Company(自社)

の頭文字をそれぞれとって、3C分析と呼ばれるこの考え方については

ご存じの方も多いことでしょう。

念の為解説すると自社を取り巻く環境を明らかにして、
市場、そして競合優位な戦略を築くためのフレームワークのことです。

このフレームワークはSEO対策においても有効です。

実はこれまで当ブログで紹介してきた
SEO対策のほとんどは3C分析に当てはまります。

直近でいうと前回の「UX重視のSEO対策とは」もまさにコレで
顧客に対して自社優位性をわかりやすく訴求していくことが
SEO対策において妙手であるということを解説しました。
https://www.doubleloop.co.jp/2019/09/7965/

 

今回は3Cの中から競合についてのSEO対策を考えてみます。
まず、SEOとは結局のところ、市場での競争と同じです。

ターゲット顧客が検索するであろうキーワードに対して、


良質な記事を作ることで上位表示することができ、

問合せを獲得することができます。

これを市場競争に置き換えると


ターゲット顧客が抱えているであろう課題に対して、

高品質なサービスを開発することで、

課題を解決することができます。

と表現できます。

一緒ですよね。

 

 

よってSEO対策においても競合分析、競合調査はとても重要です

競合サイトの調べるべきは

・対策を施しているキーワード


・そのキーワードに対するコンテンツなど記事

です。

 

 

まず対策を施しているキーワードについて。

こちらはSEOチェキというツールを使うと簡単に調べることができます。

SEOチェキ:http://seocheki.net/

SEOチェキを開いて競合企業のURLを入力します。

するとサイト解析情報が表示されます。
解析情報の中に「キーワード出現頻度チェック」という枠があります。

ここの「チェック」ボタンをクリックすると、

そのページで使用されているキーワードが出現回数の多い順に並びます。

言い換えれば、

そのサイトがSEO対策を行っているキーワードの順に並んでいる

とほぼ同じ意味です。

これにより競合サイトのSEO対策傾向がつかめます。
次にその対策している上位キーワードの(競合サイトの)検索順位を調べます。

「キーワード出現頻度チェック」の上に「検索順位チェック」という枠があります。

この検索窓に対象キーワードを入力して「チェック」をクリックします。

そうすると、Google・Yahoo!それぞれの検索順位が表示されます。

たとえば調べたキーワードの(競合サイトの)検索順位が1位だった場合、

その競合他社はかなりSEO対策していると言えます。
キーワードによりますが、1位になることはなかなか簡単なことではありません。
よって2位以下のキーワードを見つけましょう。
2位以下のキーワードを見つけたら、次にそのキーワードで

実際に検索してみます。
この時にGoogleChromeならばシークレットモード

EdgeならばInPrivateウィンドウでブラウザを立ち上げます。

通常、ブラウザでは検索者の過去の検索や参照したページなどの

報資産をもとに検索結果を表示します。

シークレットモード、InPrivateウィンドウならば

過去の検索を考慮しない検索を実施するため、検索者視点での検索が可能です。

話を戻しまして、対象キーワードをシークレットモードで検索し、

競合他社のサイトが見つかったとします。

そのサイトを開いてみます。

すると、対象キーワードで上位表示している

競合サイトの特定のページが開きます。

 

この競合サイトのページを参考に

競合よりも検索上位になるようなサイト作りを目指すのです。

これが3C分析によるSEO対策アプローチです。

競合サイトがどのような情報を上げていて、


どんなキーワードを散りばめているのか。


参考になる表や画像はあるか。

などなど見込客の立場になって競合サイトを眺め、分析しましょう。

分析結果を自社のサイトにフィードバックし、

修正を試みて、数週間・数ヶ月後に

競合サイトより上位に表示されるようになっていれば対策完了です。

同様の方法で他のキーワードについても対策を行っていきます。
以上がSEO対策における3C分析です。

SEO対策は原則、顧客目線での改善が求められます。

とはいえ自社サイトとにらめっこばかりしていると、いつしか主観が先行してしまいがちです。

競合サイトからヒントを得て、

対策を行うということも時に必要だと思います。

そんな時は今日の方法を用いて対策してみては如何でしょうか。

 

 

 

お知らせ情報

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

 

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

 

編集後記

季節の変わり目で風邪をひいたのか、鼻水が止まりません。
昼と朝晩で寒暖差が割とありますので皆さんもお気をつけください

UX重視のSEO対策とは

 

お世話になっております。ダブルループの福田です。

 

 

横文字が多いweb業界ですが、そんな中でも最近特に注目されているのがUXです。
今日はUXについてあまりご存知ない方への解説記事を書いてみました。

 

UX重視のSEO対策とは

UX(ユーザーエクスペリエンスの略称)という言葉を皆さんはご存知でしょうか?

UXとはザックリ申し上げると「検索者(ユーザー)の利便性」ことを指します。

少し噛み砕いて説明すると、何かしらのお困りごとを抱える検索者がGoogleや
Yahoo!で検索し、皆さんのサイトに辿り着き、そこで利便性を感じてもらえたか
どうかということです。

GoogleはこのUXをとても重視しています。

検索者が「利便性が高い」と感じたということはつまり、Googleが検索者のニーズを満たしたと言えるからです。

そう考えると、UXが良ければ検索順位は自ずと上がっていく(SEO対策になる)はずですよね。

 

では次に考えるべきは「利便性」って何!?ということになります

利便性はサイトによって定義が異なります。

ザッと網羅的に挙げるならば・・・

・求めていた情報が分かりやすく掲載されていた
・さらに他にも発見(副次的効果)があった
・サイトのデザインが良かった、見やすかった
・とても使いやすく、情報に辿り着きやすかった などなど

このようなwebサイトが利便性が高いと言えるでしょう。

 

具体的に何をするかを説明する前に、UXと似た言葉である「UIについて説明致
します。

 

UIとはユーザーインターフェースの略称です。

webサイトのデザイン(色や配置、文字フォント・サイズなど)
コンテンツの配置、導線のことを主に指します。

UXと何が違うかというと、UIはUXを上げるための手段です。
デザインを変更≒UIを変更することで、検索者の利便性が高まり、UXが上がりま
す。このようにUX向上のために手を打つ対象がUIなのです。

 

では具体的な施策としては・・・・については過去に当メルマガ書いてきた通
りです。

最近の内容だと

「Googleが重視するE-A-Tとは」
https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7840/

「引用で検索順位UP」
https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7858/

 

こういった1つ1つのテクニックを駆使しながら、検索者にとって見やすく分かり
やすく、そしてお悩みを解決するコンテンツを提供していく、そうすれば自ずと
検索順位は上がっていくはずです。

 

UXという観点からサイトの見直しを行いたい場合は無料相談を承っておりますの
でどうぞお気軽にお問合せください。

 

 

お知らせ情報

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

リリースにあたってオープン記念キャンペーンを実施しております

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

そして、9月末までの企業様向けリリースキャンペーンとして、今なら採用決定時
の成果報酬手数料が・・・・

20%になっています!!
※通常は30%の手数料を頂戴します。

詳しくは
https://jobspo.jp/customer
コチラのページをご覧ください!

 

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

 

編集後記

一気に秋が顔を出してきました。
今年は例年に比べて夏の期間が短かった気がします。

早く衣替えして季節に追いつかなくては^^;

 

Googleが重視するE-A-Tとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

当コラムではSEO対策のポイントについて、何度も書いてきました。

端的に言うならば

「質の高い情報をわかりやすくボリューミーに高頻度で書く」

というのが総論です。

しかしながら、総論とは別にSEO対策において外せない観点があります。

それが「E-A-T」なのです。
今日はE-A-Tについて解説してみます。

Googleが重視するE-A-Tとは

まずE-A-Tという言葉はGoogleの検索品質評価ガイドラインの中に登場します。

検索品質評価ガイドラインにはGoogleが検索エンジンを通じて、世の中に提供した価値を実現するための指針がまとめられています。

裏を返せば検索品質評価ガイドラインに従って、サイトを制作していけば検索上位に表示されやすくなるとも言えます。

※Googleのアルゴリズムがオープンにされていない現在において、検索品質評価ガイドラインが検索上位に表示させるための唯一の手掛かりと言えるでしょう。

このガイドラインの中に次のような一文があります。

For all other pages that have a beneficial purpose,the amount of expertise,
authoritativeness, and trustworthiness (E-A-T) is very important.

要約すると・・・

「WEBサイトが持つ専門性と権威性、信頼性 (E-A-T) の量は非常に重要です。」

です。

E:Expertise(専門性)
A:Authoritativeness (権威性)
T:TrustWorthiness (信頼性)

E-A-Tとはこの3つの英単語の頭文字をとったもので、上述の通り、専門性・権威性・信頼性をGoogleは重視・評価すると言っています。

考えてみればその通りでして、専門性が高く、権威があり、信頼できるサイトであれば当然のことながら検索上位に表示されるはずです。
※私達が日常で誰かを紹介する場合でもE-A-Tを満たす人を紹介するはずです。

では1つずつもう少し噛み砕いていくと、まず専門性について。
専門性が高ければ・・・・

・専門知識が豊富なはずなので、一定以上の文字量が書けるはずである
・専門家なのだから最新知識にも精通していて、他には表現や最新のキーワードを盛り込んで書けるはずである

このようなことをGoogleがアルゴリズムに組み込んでいると想定されます。

次に権威性について。

権威があるならば・・・・

・医者に循環器科、消化器科のように専門分野が存在するように、その道の権威ある者(会社)であるならばある程度テーマを絞って書くはず※のべつまくなしに薄く広い情報を書くはずがない
・他のサイトからも評価されリンクを獲得(被リンク)できるはず
・定期的に記事を更新するはず

とGoogleは考えており、権威性を評価します。

そして最後に信頼性

これは運営者情報の開示です。

社名や記事制作者、経歴、運営歴など出来る限りサイト運営者の顔(実態)が視えることをGoogleは評価します。

上述したのは専門性、権威性、信頼性をGoogleが評価する際のポイント(の一部)ですが、このポイントを重視してサイトを運営していけば検索結果で上位に表示されやすくなると言えます。

もし皆さんがブログを書いたりなどしてSEO対策を行っている場合はE-A-Tの各ポイントに従って作ってみては如何でしょうか。

また、E-A-Tを考慮した細かいテクニックをあげると・・・
・権威性のある(みんなが認める)サイトからの引用を使う
・権威性のあるサイトから被リンクを獲得する
・著者名を書く、会社名を書く、従業員数を書くなど運営者情報で開示可能な限りの情報を公開する
といったところが短期的かつ簡単にできることでしょう。

誰かに自分自身を紹介してもらう際に提供する情報をGoogleも必要としています。
どうぞその観点からSEO対策を行っていただければと思います。

 


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

サイト更新頻度はSEO対策において重要なのか

お世話になっております。ダブルループの福田です。

SEO対策については古今東西さまざまな情報が飛び交っています。

今日はその中の1つ「サイト更新頻度」の重要性について解説してみました。

サイト更新頻度はSEO対策において重要なのか

SEO対策におけるテクニックについて、いまだにWEB界隈では様々な議論(憶測も含む)が絶えません。

その1つがWEBサイトの更新頻度です。
ブログ記事をアップするなどの更新頻度が高いWEBサイトは検索結果で上位表示されやすい、という話がありますが・・・

結論から申し上げると、更新頻度が検索順位に影響を及ぼすことはありません。

毎日新しく記事をアップしても、月に1回アップしても、大差はないということです。

結局のところ、Googleが評価する点は「検索者にとって有益な内容であるかどうか」という点なのです。

当コラムで何度も繰り返し述べていますが、質の高い記事をアップすることこそがSEOにおいて最重要です。

なんだよ、結局良い記事を書けって話かよ・・・・

と思われた方がいらっしゃると思うので、今日のテーマに基づいて少し補足していきます。

サイト更新頻度は重要ではありません(というより意味がありません)。

しかし過去の記事(ページ)を更新することに意味はあります。

というのは、自社のWEBサイトの流入データを分析し、
・流入が少ないページ
・流入は多いのだけれども離脱率が高いページ
をまず把握します。

そして、それらの記事を修正するのです。

記事を修正し、品質が上がることで上述した点が改善されれば、検索順位でより上位に表示される可能性があります。

このように、検索順位で上位を目指すためには・・・
新たに質の高いページ(記事)を作成する
過去の質の低いページを修正することで、質を高める
以上2つの方法が最善です。

そして、愚直に
高品質の記事を頻度高くアップする
過去の記事を高頻度で更新する
ことを続けていくことはつまり、サイトの更新頻度が高くなることを意味します。

サイトの更新頻度がSEO対策上重要である、というのは現在、検索結果で上位に表示されているサイトがこのような取り組みをしているから囁かれる手法なのです。

確かにメタディスクリプションを記述するなどのテクニックが多少SEOに有効に働くケースはありますが、結局は検索者にとって有益か否かなのです。

ページ全体の質が高く、サイト更新頻度が高いそんなサイトであれば、当然のことながらGoogleも上位に表示させます。

SEOとは結局、検索者のための対策なので、検索者にとって見やすく価値のある情報をアップすることがSEOマーケティング上、最短の手段と言えるでしょう。

 


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

時代遅れのSEO対策をしてませんか?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

Googleのテクノロジーは日進月歩の成長を遂げています。

それはつまり、我々のSEO対策も変わってきていることを意味しています。

今日は、以前までは王道とされていたSEO対策の中から、時代遅れになってしまったSEO対策、そしてそれに代わる対応策を紹介します。

 

web戦略ならダブルループ

 

時代遅れのSEO対策をしてませんか?

 

さて、いきなりですが質問です。

 

Q.SEO対策において検索結果1位よりも大切なこととは何でしょうか!?



パッと答えが出た方は今日のコラムをご覧いただかなくても大丈夫かもしれません。

 

さて、回答に移る前にSEO対策の新旧比較を解説させてください。

 

以前までであれば、検索結果で最上位、つまり1位になることSEO対策で求められる成果でした。

今も1位になることに越したことはない、という点では変わっていません。

ただし、1位になることと同等に取り組むべき対策があります。

スニペットがその最たる対策の1つです。

 

スニペットとは何なのかを説明します。

たとえばWEBで「SEO 対策」と検索します。

すると、ズラ―っ検索結果のタイトルが並びます。

各検索結果タイトルの下には説明文が記載されているはずです。

この説明文のことをスニペットと呼ぶのですが、スニペットの中の「SEO対策」の部分が太文字になって強調されているはずです。

 

このようにGoogleの検索結果では検索したキーワードが強調されるようになりました。

スニペットが搭載されるようになってから、検索ユーザーはスニペット、すなわち説明文をタイトルよりも重視して、その検索結果をクリックするか否かを判断するようになってきています。

たとえ検索結果1位でもスニペットの内容が検索ユーザーが求めていたような内容でなかったり、時代遅れのSEO対策に乗じたキーワードをとりあえず並べている感がある場合などはクリックされません。

よって検索1位を目指すことが重要であることは代わりませんが、検索ユーザーの利便性を考えたSEO対策が同じくらい重要になってきているということです。

 

もう1つ例を挙げると、h1やh2タグにキーワードを入れる、記事を投稿する際にはタイトルにキーワードを必ず盛り込むといった対策も今となっては必要性が下がってきています。

 

正確に言うならば・・・

・やりすぎ(盛り込みすぎ)はNG

・正しくサイト全体の構成を意識したタグにする

・キーワードではなく記事の内容に基づいた記事のタイトルをつける
(もしくはその逆)

といったところでしょう。

 

WEBサイトとは1冊の本なのです。

Googleは、検索ユーザーの求めている、探している答えに近しい本を見つけやすくするべく、アルゴリズムを改善しています。

以前まではアルゴリズムがチープだったため、タイトルやメタキーワード、ディスクリプションに特定のキーワードを盛り込んでおけば検索上位表示になりやすかったことがありました。

 

ところが、今やアルゴリズムによるサイト解析の対象はタイトルやディスクリプションだけではなく、サイト全体の構成で判断するようになりました。

つまり本の例えに戻すならば、タイトルや目次で煽っている中身のない書籍ではダメになったということです。

タイトルや目次に合致する内容が書かれていること、これが重要になっています。

 

今日は一例とテクニカルな話を書きましたが、結局のところは・・・

質の高い情報をユーザーが見やすいように作っているか

ということが古今東西変わらないSEO対策の王道であることには間違いありません。

 

SEO対策はGoogle対策ではなく、お客様のための対応なのです。

是非あらためて皆さんのサイトがお客様にとって親切で見つけやすいサイトになっているかをご確認ください。

 


 

 


臨時休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では3月15日(金)~3月16日(土)の2日間、社員旅行のため3月15日(金)を臨時休業とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご容赦いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

休業日 :3月15日(金)終日

なお、3月18日(月)より通常通りに営業いたします。
当該期間中のメール・お電話・ファックスでのご連絡に関しましては、確認・ご返信が3月18日(月)以降となります。
ご不明な点は、各担当者へご連絡ください。


 

 


弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 

Googleがアルゴリズムをアップデート

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本日はGoogleのアルゴリズムアップデートの内容についてです。

 

Googleがアルゴリズムをアップデート

8月にGoogleがアルゴリズムのアップデートを実施しました。

アルゴリズムについて、詳しくはWEBで検索していただければと思いますが、簡潔に言うと

「検索結果順位を決める要因」のことです。

この要因を8月に変更したというわけです。

本記事をご覧いただいている方の中にも、もしかしたら「そういえば8月からWEB問合せが増えたな~」もしくは「8月からメッキリ問い合わせが減った・・・」という企業がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の発表の中で、具体的にどのようなアルゴリズムに変更したかの記載は(毎度のことながら)なく、

「(今回のアップデートは)コンテンツと検索キーワードとの関連性をターゲットにしたものである」

という内容だけでした。

よって今日は、弊社が管理しているwebサイトや、協力会社からの情報をもとに、アルゴリズムの変更内容を読み解いてまいります。

発表内容を私なりに要約すると検索したキーワードに関連性が高いwebサイトを表示させるの意だと解釈しています。

あくまで私の意訳ではありますが、今までのアルゴリズムもこの意訳にそって、検索順位を決定していました。

なので、最近のSEO対策の王道としては

「検索者ニーズを満たしたボリューム満点かつ品質の高い記事(などコンテンツ)をwebサイトに設ける」

というアプローチでした。

ところが、今回のアップデート後の順位変動を見ていると、もう1歩踏み込んでいるようです。

あくまで私の推測ですが具体例をあげます。

たとえば「品川 税理士」で検索したとします。(実際にしてみてください)

すると、リスティング広告部分を除くと、トップに表示されるのはGoogleプレイスというGoogleマップに品川周辺の税理士事務所がプロットされているマップのはずです。

それ以降に税理士事務所のホームページが順に掲載されているはずです。

ここで重要なのが「Googleプレイス」がトップに表示されるという点です。

「品川 税理士」 Googleではこの検索キーワードを、『検索者が(きっと)品川近辺の税理士事務所をとりあえず知りたい』と解釈するようなアルゴリズムにしていると思われます。

なので、ホームページをトップ表示せず、Googleプレイスという場所情報を最上位で表示させているのだと私は考えます。

要するに、上の例で言うと 場所≧事務所実績・経験=価格=事業内容の ではないかと予想されます。

よって、ホームページ上で対策すべきは正しい事務所所在地情報を記載しておくことです。

また上の例でいうと品川駅や品川区の●●から徒歩●分などといった位置情報に関する記載があるとモアベターと言えるでしょう。

さらに言うと、所在地情報のページを検索者が見たとします。

そのページに検索者が満足した場合、きっとサービス内容など他のページに遷移するはずです。

ページ遷移の有無についてもきっとGoogleでは監視していて、検索順位に反映させているはずです。

このように近年のGoogleのアルゴリズムアップデートでは、検索者の機微・嗜好を汲み取った検索結果を表示させるように改善がなされていると私は感じています。

そのため、1つのページに膨大な情報を提供することが、SEO対策において必ずしも正解と言えるわけではない傾向になりつつあります。

検索者が見たい情報を1ページに分かりやすく簡潔に。

そのページを見たユーザーが満足して、同webサイトの他のページを読もうとする導線設計を作ること。(いわゆる直帰率の低下、ページセッションの増加)

こういった対策が今後のホームページなどwebサイトには求められるのではないかと予想しています。

今回ご紹介したように、ボリュームが多く、品質が高いwebサイトなのでSEO対策はバッチリ!という時代ではなくなりつつあります。

「ボリュームが多いこと」「品質が高いこと」これらはあくまで検索者を満足させるためのプロセスです。

SEO対策で最も重要なことは「検索者を満足させてあげることができた」かどうかという成果です。

成果にこだわったサイト構築をしていきましょう。

■弊社サービス紹介


■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

GoogleがSSL対応に本腰を入れ始める!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

Googleが7月よりホームページのSSL対応に本腰を入れて警告するとのことで、今日はその内容とリスクについてまとめました。

皆さんのホームページやwebサイトをSSL非対応(URLがhttp:~~)であるならば是非ご覧ください。

Web戦略ならダブルループ

 

GoogleがSSL対応に本腰を入れ始める!?

 

昨年、メルマガで紹介しましたWEBサイトの常時SSL対応についてですが、更に動きがありそうです。

※当時の内容:https://www.doubleloop.co.jp/2017/08/6360/

 

昨年段階では「お問合せページ(入力フォームを有するページ)がSSL化されていないと、ブラウザ(Google Chrome)のURL欄で警告が表示される」というものでした。

これに対して、今年7月からは「webサイトがSSL化、つまりhttps:~~でなければブラウザで警告を表示する」

という対応を行う予定であるとGoogleが発表しました。

 

つまり、ホームページ全体をSSL対応しなければならないということです

SSL対応していないhttp:~~のページだとどのような表示になるかというと、Google ChromeのURL欄(アドレスバー)に「保護されていません」「保護されていない通信」という警告が出てきます

サイトを訪れた見込客が「あれ、なんだか怪しいサイトに来てしまったのかな」と思ってしまうであろうことは容易に想像できます。

 

なぜSSL化、URLをhttps:~~対応することをGoogleが重要視しているのかを改めて説明します。

 

SSL対応することはつまり、通信を暗号化することになり、第三者による盗聴・改ざんを防ぐことが出来ます。

・SSL非対応のサイトでお問合せを行った

・その後、スパムメールが大量に届くようになった

 

SSL非対応だと上の例の通り、第三者がお問合せフォームのアドレスを抜き取り、悪用することが可能なのです。

今日の内容をまとめると・・・

「保護されていません」という警告を見て、サイトから離脱する見込客が増えるかもしれません。そうなるとせっかくリスティング広告やSNSで集客の手を打っていたとしても、効果が下がる可能性があるというのがSSL非対応デメリットの1つ目です。

そしてもう1つはサイト訪問者のセキュリティとプライバシーを保護できないという点です

 

Google Chromeは国内で3人に1人が使っていて、トップシェアを誇っていますのでwebから集客したり、販売活動を行っている場合は対策が必須と言えるでしょう。

※ちなみにChromeに次ぐシェアはIE11.0(23%)、FireFox(10%弱)です。

webの重要度はますます高まるばかりですので、早い段階でのSSL対応をオススメします。

 

SSL対応についてご不安のある方はいつでもお気軽にご相談ください。

 

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから