カテゴリー : SEO対策

コアアップデートから読み取るGoogleの狙い

昨年は大変にお世話になりましてありがとうございました。
ダブルループの福田です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年が明けて2021年、いかがお過ごしでしょうか。

限定的ではありますが緊急事態宣言が発出(する見込が高く)し、マーケティン
グ的には2021年も対面などの地上戦は厳しい環境となりそうです。

webマーケティングの重要性がますます高まる今日ですが、新年1発目の今回は
Googleの最新アップデートについてまとめてみました。

コアアップデートから読み取るGoogleの狙い

Googleのコアアルゴリズムアップデートは通常、年に3、4回実施されています。
コロナ禍の2020年も例外ではなく3回実施され、最後のコアアルゴリズムアップ
デートは12月にありました。

今回のアップデートによって検索順位にどのような影響を及ぼすようになったか
については、例によってGoogleから正式なアナウンスはありません。

Googleがリリースしている記事や関係者のSNSによると、今回のアップデート内容に特筆すべき点はなさそうです。
ただ、これまでと同様にコンテンツ(記事やページ)の専門性やオリジナリティ、読みやすさについては言及されていました。

また弊社のクライアントの様子やweb関係者からの情報を見る限りだと、医療関
連のwebサイトにおいて大きな順位変動が見られました。
※あくまで弊社調べです。

以上から今回のコアアルゴリズムアップデートの内容を総括すると・・・

・ブラックハットSEOのような大きな制約や改正は無い

・コンテンツの専門性やオリジナリティなどE-A-T基準で優れたコンテンツを作る 努力を怠らないようにすること

・ユーザービリティを持続的に高めていくこと

・医療関係(クリニックなどの病院、美容、病気など)においては上記3点を再評価し直したからなのか、順位が変動している

というのが今のところ、掴んでいるファクトです。

この中の「E-A-T」については以前にも当ブログで解説しましたが、Googleの
SEO対策における根幹をなすものとされているので改めて説明してみます。

E-A-TはGoogleの検索品質評価ガイドライン
https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/10/core-updates.html
に登場するキーワードです。

上のリンクの中の「コンテンツに集中する」というタイトル以下の内容がE-A-T
に関する日本語訳内容となります。

ポイントを抜粋すると・・・

・コンテンツは独自性のある内容か

・独自性があり、なおかつ高品質である(誤情報がない)か

・具体的で信頼性が高く、安心して見て良い内容か

・事実のみだけではなく、洞察など意見を含んでいるか

・スマホなどあらゆる端末で適切に表示されているか

・読者の読む気を削ぐほど大量の広告を表示させていないか

・読んだユーザーがシェアしたり、ブックマークする内容か


ザックリですがこんな感じです。




文章として眺めると「当たり前のことじゃないか」という印象を受けます。
が、裏返しに表現してみると、もしかしたら皆さんの中にも思い当たる節がある
のではないでしょうか。

検索品質評価ガイドラインの裏返し一例

・他社のコンテンツに乗じて、似たような業界情報を記事にしている
・速報的な情報を記事にしている(説明が不十分な可能性がある記事である)
・推測ばかりで、十分に調査していない内容を記事にしている
・外部のライターに委託して制作させた低品質コンテンツである、
 それも大量生産(制作させた)したうちの1つである

皆さまがたにおいては、2021年は(も)是非、このような点に注意していただき
ながら、良質なコンテンツを制作していただければと思います。

コンテンツ制作で何かお悩みがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

SEOにおける被リンクの重要性と集め方

お世話になっております。ダブルループの福田です。

前回はスマホ版SEOのポイントについて書きましたが、今回はSEOの王道「被リ
ンク」について書いてみます。

SEOにおける被リンクの重要性と集め方

SEO対策における被リンクの重要性は今も昔も変わらず高いままです。

もう説明不要かもしれませんが、被リンクとは他のサイトで自社サイトをリンク
付きで紹介された時のリンクのことを指します。

ではいきなりですが
なぜ被リンクはSEOにおいて重要度が高いのでしょうか?

簡単です。

被リンクが多い≒記事の信用性が高いからです。

様々なサイトにリンクを貼られるということは、その(リンク元の)記事やサイ
トのコンテンツが面白かったり、役に立つということを示しています。

この被リンクについてはGoogleも触れていて、サイト評価の1つの指標にしてい
ることは間違いなさそうです。

被リンクを増やし、SEO対策を行う一連の流れをまとめてみると・・・

1.検索者などユーザーが喜ぶようなコンテンツ(記事)を作成する。
  ※サイト単位ではなくまずは1ページでOK。
  ※この時、検索者に見つけてもらいやすいページ構造にする。

2.コンテンツを発信する。
  発信手段はメルマガやSNSなど。

3.自社コンテンツが他サイトにて掲載される=被リンクの獲得

ザックリとですが、このような感じです。



このうち、皆さんご自身で実施せねばならないことは1と2です。
結局は良質なコンテンツを作って、自身の手で発信することがという努力が必要
で、webだからといって打ち出の小槌的な楽な方法なんてないのです。

上にあげた1~3の方法は新たに被リンクを獲得していく話でした。
さて、既に自社にwebコンテンツがあり、一定数以上の流入が発生している場合
の被リンクSEO対策は少しだけ話が異なります。
既存コンテンツがある場合の被リンクを用いたアプローチは次の通りです。

1.被リンクを調べる


Googleサーチコンソール(https://search.google.com/search-console/about?hl=ja
など被リンクチェックツールを使って被リンク元を調べる。

2.質の低い被リンクを否認する


被リンク元のサイトが低品質だったり、以前に流行ったディレクトリ登録型サイ
トからの被リンクについてはリンク否認を行いましょう。

相互リンクのように「のべつまくなしにどんなサイトでも構わないのでとにかく
多くの被リンクを獲得しようとしている」という意思が皆さんのサイトに見える
場合、現在のSEOにおいてはプラスどころか悪影響を及ぼすことすらあり得ます。

よって上述したように被リンクの質を調査して、良い被リンクを残し、悪い被リ
ンクを削除していく必要があります。

被リンクはその重要性の意味を理解した上で正しく対策しなければいけません。

小手先のテクニックではなく、しっかりとユーザーに評価されるようなコンテン
ツを作って、良質な被リンクを獲得していくことを意識してください。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」


スマホ版SEOの肝

お世話になっております。ダブルループの福田です。

以前までは、webサイトのスマホ対応が急がれていたのはBtoC業界だけでした。
ところが今日ではあらゆる業界においてスマホなどモバイルデバイスでのサイト アクセスの方が増えてきている状況で、業界問わずホームページなどwebサイト のスマホ対応を迫られています。

さらにはサイトのスマホ対応は必須である上に、SEO対策も徹底せねば検索者に
見つけてもらえません。

ということで今日はスマホ版のSEO対策のポイントをまとめてみました。

スマホ版SEOの肝

スマホなどモバイル端末でのwebサイトの利便性が重要であること

これは私個人の意見ではなく、Googleが正式に表明していることです。
Googleの言葉を借りればモバイルフレンドリーというのが、スマホでのサイト利 便性のことを指します。

そして2018年から本格的にスマホ利便性はSEOにおける重要な指標の1つになり
ました。

スマホSEO対策において何が重要なのかというと、3つのポイントを今日は紹介
してまいります。

1.webサイトのスマホ対応化


当たり前のことですがまずはwebサイトをスマホに対応させねばなりません。
具体的にはPCとスマホで同じような画面構成(ユーザーインターフェース)では ダメということです。

考えてみてください。

PCならばそこそこ大きな画面(モニター)でお客さんはwebサイトを閲覧します。
ところがスマホはどうでしょう。
比較にならないくらい小さな画面です。なのに同じサイト構成であったとしたら
お客さんはピンチアウトし、目を凝らしながらサイトを閲覧しなくていはいけま せん。

そう、お客さんにとって見づらくてしょうがない(不利益を与えている)のです。
そのようなサイトはスマホ版SEOにおいて低評価を与えられてしまうのは当然と
言えます。

ところで、webサイトのスマホ対応には

・レスポンシブデザイン
・スマホ専用サイト

大きくこの2つの方法があります。

前者はお客さんの閲覧している端末に合わせて自動的にサイトの構成(UI)を
変化させるシクミです。
一方、後者はお客さんがスマホでアクセスしていることを感知し、スマホ専用の サイトへ誘導するパターンです。

最近になって前者のレスポンシブデザインの方がスマホ版SEO対策においても評
価されやすいことが分かりましたので、今からサイトのスマホ対応を実施する場
合はレスポンシブデザインで対応するべきでしょう。

皆さんのサイトがスマホ対応しているか否かについては

モバイルフレンドリーテスト
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

Googleのこのツールを使うと一発で判定できますのでご興味ある方はお試しく
ださい。

2.ページ表示速度の改善


5Gが当たり前の時代になると変わってくるのかもしれませんが、現在においては スマホユーザーにとっていわゆる「重たいサイト」は大きなストレスを与えます。
よってスマホ版SEOにおいても悪影響を及ぼすことになります。

ページスピードインサイトhttps://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

Googleからこのようなページの表示速度測定ツールが出ています。
こちらにURLを打ち込み、測定してもらうだけで速度が良いのか悪いのかに加え 悪い場合、改善すべきポイントはどこなのかを教えてくれる代物です。

まずは測定してみていただくことをオススメします。

3.メインコンテンツのブラッシュアップ


webサイトとはメインコンテンツの引きの強さによって問合せ数が増えます。
よってメインコンテンツをスマホ版にブラッシュアップすることで、スマホから
アクセスしたお客さんが喜ぶのであれば、スマホ版SEO対策においてもとても良
い影響を与えるはずです。

メインコンテンツまでのアクセス(到達)方法
メインコンテンツからの問合せ導線
ヘッダーやフッターメニューの位置、表示方法 など
画面構成をブラッシュアップして、いわゆるユーザーエクスペリエンス=UXの
向上を目指しましょう。
 


 
如何でしたでしょうか。他にも細かい点を挙げたらキリがないのですが、大きく
影響を及ぼすポイントをかいつまんで解説してみました。

PCのSEO対策同様、原理原則は
「お客さんにとって見やすいかどうか」
「お客さんにとって有益か否か」
です。

皆さんのサイトのスマホ版SEO対策状況を見直すヒントになれば嬉しいです。

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

meta descriptionでSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

本メルマガでは繰り返し伝えていますが、SEO対策における王道は質の高い記事
やサイトを制作することです。

それに加えて

Googleに正しくサイトや記事の内容を認識させる努力

これもまた重要です。
今日はそのテクニック的な部分に関して解説していきます。

meta descriptionでSEO対策

meta descriptionを皆さんはご存知でしょうか?

WEB業界やWEBに携わっている方でないと耳覚えのない言葉でしょう。

meta description(メタディスクリプションと言います)とは、webページの
説明文のことを指します。

Googleで検索した際、検索結果には大きな文字(見出し)で記事のタイトルが
表示され、また小さな文字でその記事の説明文が表示されます。

この説明文こそがmeta descriptionです。

検索結果の中からmeta descriptionを見て記事を読むかどうかを判断された経験
をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そうなんです。
meta descriptionの内容次第でその記事を読むかどうかを判断する人がいるのです。
さらにmeta descriptionによって検索順位が高くなることもありえます。

ではどのようなmeta descriptionが効果的なのかを
・meta descriptionに書くべき内容
・文字数

という点から解説を進めます。

まず

書くべき内容について

meta descriptionで書くときに検討すべきは・・・

・ページとmeta descriptionの内容の整合性をとること
・検索者の検索キーワードを配置すること

まず当然のことながら作成したページとmeta descriptionの整合性が取れていな
ければなりません。

整合性が取れていない場合、meta descriptionを見てページに入ってきた検索者
のニーズを満たすことが出来ず、その結果としてページ滞在時間が短いことなど
からSEO効果を望めなくなります。

次に「検索者がどのようなキーワードを検索して、自分のページにたどり着くか
という点を考慮してmeta descriptionを作ることも重要です。

PCで検索した場合、meta description上では検索キーワードが太文字で強調さ
ます。

検索者としては検索キーワードに興味があるわけなので、キーワード(太文字)
の前後文を読み込むはずです。

このように検索者の行動導線を想像しながらmeta descriptionを作成しなければ
いけないのです。

さて続いては

meta descriptionの文字数について。

検索エンジンのアップデートに伴いSEOに有効な推奨文字数は変わりますが、今
時点では「約90文字」と言われています。

PCでの検索時には140文字前後が、スマホでの検索時には90文字程度がmeta
descriptionに表示されます。

PCとスマホ両方での見やすさを考慮するとなると、(表示文字数が少ない)ス
ホの文字数に合わせるべきと言えるので
「約90文字」
という推奨文字数になるのです。

meta descriptionも結局は検索者の利便性を高めるための設定です。
検索者のニーズを満たすという本質的な価値にそってこそ、SEO対策と言えます。

記事制作も設定面も検索者(ユーザー)目線で作っていきましょう。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

海外SEOで販路拡大

お世話になっております。ダブルループの福田です。

コロナウイルスによる経済活動の停滞を目の当たりにして
「事業の多角化」「事業の多方面展開」
の重要さを再認識しました。

ということで、今日は多方面展開の際のSEO対策について解説してみました。

海外SEOで販路拡大

海外SEOというweb用語があります。

その名の通り、外国の検索者に向けて自社の会社やサービスサイトを最適化する
海外向けSEO対策のことです。

サービスや製品を海外へ販売展開することをお考えの場合、海外SEOにうまく対応 することができれば販路をより広く構えることができます。

では海外SEOで具体的に何を取り組めばいいのか、どんな対策をすればいいのか
を今日は紹介してまいります。

まずやってはいけないことから。

これは国内向けのSEO対策が不十分なケースの話ですが、質の低いwebサイトコン テンツを単に翻訳して海外向けのサイトとして提供するだけでは、Googleから最 大限の評価をされないので、海外SEOが失敗に終わってしまうことが考えられます。

そう、国内も海外SEOも原理原則は一緒なのです。

検索者が求めているであろう良質なコンテンツを作ること、これに限ります。

では国内向けの良質なサイトコンテンツがいくつか出来あがってきて、国内から
は一定のサイト流入が発生し始めたとしましょう。

こうなってようやく海外SEOへ着手できます。

まず国内で検索結果上位に表示されている質の高いコンテンツをサイトの中から
ピックアップします。

そしてそのコンテンツを翻訳します。
翻訳する際、自動翻訳ツールを使ってもいいのですが、まだまだ精度が高いとは 言えません。

せっかく良質なサイトコンテンツであっても翻訳の仕方次第で、海外においては
低質であると判断されてしまうかもしれません。
なので本腰を入れて海外SEOを行う場合、海外の検索者視点で翻訳していくよう
相応の時間・費用コストを投じるべきです。

また細かい点にはなりますが、

・ターゲット海外地域に認識してもらいやすいURLを構える

・海外向けのサイト上では言語や会社地域を記す

・ターゲット地域のサーバーを利用する など

このようなポイント(E-A-Tやユーザビリティ)を考慮することで、Googleより 「海外向けのサイトである」と認識(インデックス)され、海外で検索上位表示されやすくなっていきます。

※E-A-Tについては下記ブログをご参照ください。
https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7840/

国内でのSEOがうまくいっている場合、海外SEOを実施することで(もし海外に
2倍以上のマーケットがあると単純に仮定すれば)倍以上の成果を得ることが
望めます。

海外向けのwebマーケティングをお考えの際には一度、ご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

いつでもできるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

Google Search Consoleを活用し、SEOを強化

お世話になっております。ダブルループの福田です。

遂に一部地域で緊急事態宣言が出されました。
新型コロナウイルスによる未曾有の危機は治まる兆しが見えません。

こんな状況だから経営活動が上手くいかなくてもしようがないとも言えます。
けれどもこんな環境下でも伸びている会社はあります。

通常の活動を行うことが出来ない今を、これまで出来なかったことを実施する機会と捉えて臨むことこそ今やるべきことと言えるでしょう。

今日はwebマーケティング面から誰でも対策できることをお伝えします。

Google Search Consoleを活用し、SEOを強化

Google Search Consoleというツールをご存知でしょうか。

▼Google Search Console
https://search.google.com/search-console/

Google Search Consoleは自社サイトの流入を分析するためのGoogleが提供する無料ツールです。

機能はいくつかありますが、その中でも検索パフォーマンスという機能がSEO対策を行うにあたってはとても便利です。

端的に言うと検索パフォーマンスでは
「誰がどんなキーワードでどのデバイスを使ってどれくらい検索し、自社サイト
 にアクセスしてくれているのか」

というデータを掴むことができます。

具体的には
クエリ、ページ、デバイス、クリック数、表示回数、平均CTR(クリック数/表示回数)、平均掲載順位
これらのデータを見ることが可能です。

たとえばクエリとクリック数、表示回数、平均掲載順位(以上をAと呼ぶことに
します)を組み合わせることでどんなことがわかるか例を挙げてみます。

皆さんが港区で税理士事務所を経営していて、webマーケティングにそこそこ力を入れているとします。

この時、Aの画面を見てみると
「港区 税理士」  = クリック数 100 表示回数 1,000 掲載順位 19
というデータがあったとしましょう。

これは検索者がGoogleで「港区 税理士」と検索した際、

・自分のサイトが大体19番目に表示される
・特定の期間内で検索者の検索結果に1,000回表示された
・そのうち100回クリックされた

ということを意味します。

19番目にも関わらず、そこそこクリックされていることがわかりますよね。
ここから仮説立てられることとしては「検索結果に表示されるページのタイトル
やメタディスクリプションが検索者の琴線に触れているのかも?」ということで
す。

すると、掲載順位をもう少し押し上げることができればクリック数が増え、問い
合わせが増えるかもしれない、という打つべき一手を検討することが出来ます。

このように検索者のニーズを見える化し、自社サイトをどのようにすれば検索者
ニーズに近づけることができるかというデータをGoogle Search Consoleによって得られるのです。

データからの仮説立案例を他にも挙げると・・・

・検索キーワードの平均掲載順位が高い。しかし平均CTRが低い。

というクエリがあれば、ページのタイトルやディスクリプションを見直すことで
一気に流入数を増やすことが望めるかもしれません。

・検索キーワードの順位が低い。さらに平均CTRも低い。

この場合はその検索キーワードを検索した人のニーズを満たすべく、新たにペー
ジを作成した方が良いかもしれません。

このように検索者の動向と自社サイトの実績データを相関することで、正しい
(であろう可能性が高い)打ち手を講じることが出来るようになります。

現在のような外部活動が制限される状況においては、内部で得られるデータをも
とに仮説を立てて、閉塞感を打破する一手を考えるチャンスです。

是非、皆さんの会社のサイトをGoogle Search Consoleで分析してみては如何で
しょうか!?

弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

クローラビリティ改善によるSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

当ブログではこれまで「良質なコンテンツ(記事やページ)作り」こそが検索
結果上位に表示させるための近道であると何度も書いてきました。

今日は少し視点を変えて、コンテンツ以外のSEO対策について考えてみました。

クローラビリティ改善によるSEO対策

「クローラビリティ」

この言葉を皆さんは御存知でしょうか?

GoogleではGoogleボットいわゆるクローラーがweb上のリンクを回遊しています。

そしてこのクローラーが

「このwebページは○○について詳しく書いてあるページである」

と認知することこそが、検索順位付けの材料の1つです。

よって、「ページの内容(コンテンツ)が重要になる」というのはこれまで書い
てきた通りなのですが、これ以外にもクローラーが回遊している時に集めている
情報があります。

それが回遊(ページ認知)のし易さであり、
「クローラビリティが良いこと」です。

クローラビリティが良いというのを一言でいうと
『webページに辿り着きやすいこと』です。

クローラビリティが悪い例を挙げるともっとわかりやすいかもしれません。

・低品質なページが多い
・404エラーなどページ表示エラーが起こる
・内部リンクの構成が悪い など

これらのページがwebサイト内に散在していると、クローラーが回遊しづらく、
それゆえにクローラビリティが悪いと評価されます。
これはすなわち、SEO対策において不利益を被る可能性が高くなると言えます。

クローラビリティの現状についてはGoogleサーチコンソールを活用することで把握できます。

クロール統計情報を見て、webサイトのページ数に対してクロールされたページ
数が少ない場合にはクローラーが回遊しづらいサイトになっていると言えます。
※クロールされたページ数の多い少ないについては、サイトのページ数によって
良し悪しが異なるため、具体的な数値は一概に何とも言えませんが。

ではどのように対策を施せばいいのか、代表的な対策について説明を続けてまいります。

サイト(ディレクトリ)構造を見直す

webサイトが大分類から中、小分類へと上手く構造化されているとクロールされ
やすくなります。

たとえば食品スーパーを例に挙げると
悪い例だと
トップページー牛肉
ー豚肉
ー肉特売
ー魚
ー野菜
ーフルーツ
このような構成になります。

一方、良い例は
トップページー肉ー牛肉
ー豚肉
ー魚ー刺し身
ー加工品
ー青果ー野菜
ーフルーツ
ー特売ー・・・・
このように検索者が見やすようグルーピングされているサイト構造だと、クローラーも回遊しやすい構造だと言えます。

シンプルなURLに設定する

URLの文字数が長く、?や&が混合している場合、URLの読み込みが大変なので、クローラビリティが下がる要因になりえます。

検索者に見てほしいページにはシンプルなURLを設定しましょう。

404エラーをなくして、内部リンクを正す

たとえばあるページに同一webサイトの別ページのリンクを貼ったとします。
またその後、別ページが不要になって削除したとします。

すると、別ページのリンクをクリックすると404エラーが発生してしまいます。

これは検索者にとって親切ではない事象であるため、また、クローラーも回遊で
きないことから好ましくない状態だと言えます。

よって正しいリンク構成に変更することが求められます。

他にもいくつか細かいテクニックはありますが、まずは上述した3点を見直してみては如何でしょうか。

いずれもWordpressで内製した場合などに発生しやすい要因です。

「頑張って記事を書いているし、ページも見直しているのに成果に繋がらない」
という場合、もしかしたらクローラビリティが原因かもしれません。

思い当たる方は是非、一度ご相談ください。

 

お知らせ情報

弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン

ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

営業パーソン向けMAがリリースキャンペーン中!

弊社クライアントのエクレアラボ様が営業パーソン向けのMAをリリースし、
12月末まで4ヶ月無料キャンペーンを行っています。

▼顧客ニーズを見抜く簡易MA「オファーリンク」
https://ecrea-event.com/offerlink-doubleloop

営業パーソンがお客様にwebページの情報をメールで送信する際に、このシステム
をご利用いただくことで・・・
・メールで送信したURLがクリックされたかどうかがチェックできる
・クリックされた瞬間に担当営業社員に通知が届く
というシステムです。

営業パーソンはこのシステムを活用することで、抱えている顧客の中から見込度
の高い顧客を瞬時に見抜くことが可能となります。

通常1,000円/月額(営業パーソン1人あたり)の同システムが、12月末までは4ヶ
月無料で1ライセンスお試し可能となっております。

新規顧客開拓、ルート営業で取引数アップをお考えの企業においては活用できる
ITツールなのかなと思います。

▼顧客ニーズを見抜く簡易MA「オファーリンク」
https://ecrea-event.com/offerlink-doubleloop

 

■弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

wordpressを活用したホームページ10万円パック

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

facebookページ制作19,800円~

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

Facebook広告運用代行:月額40,000円(税別)~

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホワイトハットSEO

 

■編集後記

今年ももうすぐ終わりですね。
来年の戦略を決めるまでが今年の仕事です。

2020年、スタートダッシュを決めるためにも仕込みまでを完了させましょう!

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから