カテゴリー : web戦略コラム

SEO対策に有効な文字数とは!

以前、王道とされていた被リンク集めのSEO対策ですが、今日においてはGoogleか

らペナルティを受け、検索圏外に追いやられてしまうという事例も少なくありません。

ではどのような対策が一体有効なのかというと・・・

「サイトボリューム」

が現代における有効なSEO対策の1つと言えます。

このサイトボリュームですが、

「webサイト(ホームページ)内にオリジナルコンテンツのページ数をとにかく

増やしていくと上位表示されやすい」

と解釈されてる方を多くお見受しますが、実際にはページ数以上に1ページ内の

『文字数』が重要になってきます。

a0001_001903_m

正確には

「ページ数を増やすことは重要だが、十分な文字数(量)がないと意味がない」

ということです。

どういうことかと申し上げますと、

まず大前提として、新たに作成したページが他のページと内容が重複していると

類似コンテンツとGoogleからみなされて良い評価を得られません。

要するにSEO対策上、効果的ではありません。

なのでこれまで作成したページと内容が被らないページを作っていく、

つまり、オリジナルコンテンツを盛り込んだページを作っていかなければならないのです

が、文字数が少ないと「オリジナル」と判断されません。

なぜなら、たとえオリジナルコンテンツが書かれたページであったとしても、文字

数が少ないとサイドバーやフッターなどwebサイト内の共通項目の占める割合の

方が多くなってしまう可能性があり、これによりGoogleから他のページと類似で

あると判断されてしまい、SEO対策に有効に働かないことがあり得ます。

ではオリジナルコンテンツとしてGoogleに認識してもらうためにはどらくらいの

ボリュームを書けばいいのかと申しますと

(サイドバーやフッターなど共通項目のボリュームにもよりますが・・)

『600~800文字』の文字量・文字数があればSEO対策において有効であると一般的

に言われています。

これくらいの文字数があれば以前、当メルマガでお伝えした

ロングテールSEOの観点からも有効でしょう。

※ロングテールSEOについてはこちら
http://www.doubleloop.co.jp/2015/01/4068/

webサイトでページをたくさん作って充実させたものの、

なかなか検索しても上位表示されていないな~という場合には是非、

『文字量・文字数』が600~800文字以上を満たしているか?をご確認ください。

テキストボリュームが変わるだけで、お問い合せが格段に変わるかもしれません!

 

Googleはwebサイトのスマホ対応を望んでいる?

http://www.●●.com でモバイルユーザビリティ上の問題が検出されました

最近、ウェブマスターツールにこのような通知が届くという報告が多方面から上

がってきております。

この通知が届いたからといってSEOでペナルティを受けるというわけではありま

せん。(2015年1月末現在)

どうやら

もっとスマートフォンからアクセスしたお客様に対しても見やすいサイトにし

 てあげるべきでは?

というGoogleの親心(?)からくるお知らせというか指導のようです。

この通知対象となるwebサイトであるかどうかは次の2点から判断されています。

(1)Flashで作られているサイトである場合

(2)可読性が低い場合

 

まず(1)について、ご存知の方も多いと思いますがFlashで構築されたサイトは

iOS=iphoneでは閲覧が出来ません。

それゆえに(おそらく)Googleでは「スマートフォンで見るお客様にとって見づ

らいサイト=モバイルユーザビリティが低い」と判断し、上述のような通知を送

るようにしているのです。

 

(2)については、「スマートフォンでお客様が情報を探す時代において、スマホ

からのアクセスに対応したサイトでない=パソコンのフルブラウザ用の画面サイ

ズのみにしか対応できていないサイトは如何なものか」と理由からGoogleが通知

を出しています。
私が「お知らせというか指導」と書いたのはコレが理由です。

Googleは「スマホで情報を探しているお客様が多く、スマホに対応したサイトに

しておくことで貴方のサイトの問合せが増えますよ」ということを示唆してくれ

ているわけです。

福田(私のことです)よ、、、、そうは言うがスマホ対応のサイトって簡単には

作れないのだろう?

というご質問が出そうなので回答しておきますと、

あなたの会社のサイトに、お客様がアクセスした端末に応じて見やす

いサイトを表示させることを「レスポンシブデザイン」と言いますが、今はこれ

が簡単に出来ます。

またレスポンシブデザインはSEO上でも優位に働くとGoogleが推奨しています。
今日、タブレットやスマホを1人1台持ち歩く時代です。

あなたの会社のサイトも端末問わずお客様が必要としている情報を読

みやすい(最適化されて表示される)サイトになっていますか?

レスポンシブデザイン構築によるスマホ最適化のサイト制作について、サイトの

診断からご提案までダブルループでは承っておりますので、もしご検討される場

合はどうぞお気軽にご相談くださいませ♪

41974610

ロングテールSEOには絶大なる効果がある!?

前回のweb戦略コラムにて、サジェスト検索を活用して、様々なキーワードで

検索結果の上位表示を狙うことの重要性を掲載いたしましたが、

この複合キーワードへの対策を「ロングテールSEO」と言います。

弊社を例にとってロングテールSEOの重要性について今回はお伝えします。

WEB制作を生業とする弊社であれば理想は「WEB制作」と検索した際に、

1位で表示されることです。

しかし!!

「WEB制作」は世のWEB制作会社がみな、表示1位を目指したいと狙ってい

るキーワードです。

このような皆が1位を狙いたいと考えているだろうキーワードを

「ビッグキーワード」と言いますが、ビッグキーワードの上位表示に

こだわりすぎるとGoogleのアルゴリズムに大きな変化があった場合、

表示順位がガクっと下がってしまう恐れがあります。

なのでWEB制作(=ビッグキーワード)では、あわよくば上位に表示されれ

ばいいくらいに考えておいた方が良いでしょう。

 

無題

 

ちょっと話はそれましたがビッグキーワードでのSEO

そしてロングテールSEOの具体的な対策について述べてみると・・・

ビッグキーワードはトップページに!

ロングテールSEOは記事ページで仕込むべし!

簡潔に述べるとこんな感じです(^^;)

弊社で言えばトップページでは「facebookページ制作」「WEB戦略」

というキーワードを仕込んでいて、これはようやく上位表示されるよう

になってきました。(苦節4年・・・・長かった。。)

ロングテールSEOでいうと弊社の場合はブログに仕込んでいます。

たとえば「facebook広告 メリット」で検索すると私が過去に書いた

ブログが上位表示されます。

このようにトップページ以下の下位ページにて、ターゲットとなるお客

様が検索するであろう複合キーワード、つまりロングテールSEO対策を

行っていくのです。

あなたの会社のWEBページにおいてもこのように1つの

キーワードだけでなく、複合キーワードの対策を行い、集客へと繋げて

いく対策を行ってみてください。

お客様の導線を掴むことで 集客を増やす!?

あなたは何かモノを購入することを検討し始めた際に、まずどのような

行動を取りますか?

人は購買をする時に、いわゆる「AISAS」の法則に乗っ取った行動を取ると言われて

います。

ちなみに「AISAS」は下記の行動の英語の頭文字を取って、「AISAS」となります。

AISAS・アイサス・アイシアスの法則

たとえば冷蔵庫の購入を検討することになったとしましょう。

 

① 量販店に見に行く。冷蔵庫のPOPが目に留まる(Attention 気づき)

② 冷蔵庫を実際に触ってみる。段々と興味が湧く。(Interest 関心)

③ webで最新の冷蔵庫事情を調べる。価格比較をする。(Search 検索)

④ 価格や評判の良いところで購買する(Action 行動)

⑤ 比較サイトやECサイトにレビューを記載する(Share 共有)

 

検討方法は人によってさまざまでしょう。

今日はこの中で、3の導線について考えてみたいと思います。

たとえばPCやスマホでGoogleやYahoo!を開いて検索窓に「冷蔵庫」とまず入れてみ

ます。そうすると「冷蔵庫 おすすめ」といった候補単語が自動的に、検索窓の下にぶら下

がって表示されるはずです。

過去に何かを検索する際に、その候補が気になってクリックした

経験をお持ちの方も多いと思います。

このように自動的に検索候補単語が表示されることを、「サジェスト機能」と言います。

検索ワードの「冷蔵庫」に加えて、世の中の人がどういったキーワードを付随して検索したか

を教えてくれるものです。

 

さて、あなたの会社のwebサイトではこういったサジェスト機能に表示されるキーワードも対策されていますか?

「だってどんなサジェストが出るのかを調べるのが手間じゃん!」

とよく伺いますので、今日はサジェスト機能に表示されるであろうキーワードを

簡単に調べる方法を説明致します。

 

1・「goodkeyword」というサイトを開いてください。

 

2・サイトを開くと画面中央にキーワードを入力できる欄がありますので、あなたの会社でSEO対策を施しているキーワードを入力してください。

 

3・そして「検索」ボタンをポチッと押します。

 

そうすると単語の羅列が出てきますよね。

 

たったこれだけ!!

 

この単語のそれぞれが、GoogleやYahoo!でキーワードを入力した際に候補として

現れてくる単語です。

つまり、お客様が商品を探そうとしてwebにキーワードを入力するとこういった

単語を見て、そっちに寄り道してしまうわけです。

そのためあなたのwebサイトでは、こういった候補キーワードに対しても

対策を施しておく必要がある言い換えられます。

私は時代の流れや市場の動向を掴むために、自社の対策キーワードのサジェスト

候補を定期的に調べています。

webサイトは生ものです。1回作って、そして1度、希望のキーワードで上位表示

されたからといって油断していると取り残されてしまいます。

このような情報収集を定期的に実施し、そして時代に即した対策をスピーディー

に行う、この繰り返しにより「集客力の強い会社」になれるわけです。

現在のSEO対策は、1つのキーワードではなく、様々なキーワードで上位表示される

ように対策を行うことが重要です。

これを「ロングテール」と呼びます。これについては、次回のコラムでご説明します。

WEB検索のトレンドを 自社で調査!

今回は、社外=市場においてどのようなキーワードが今、多く検索されているか、

WEB検索のトレンドを調べる方法をご紹介します。

 

 

1・「Google AdWords キーワード プランナー」を検索し、ログインします。

※GoogleのIDが必要となります。お持ちでない方は事前に登録して下さい。

2・左側の「オプションを選択してください」より「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を選択します。(運用ツール)

 

3・詳細画面が現れます。その中の「宣伝する商品やサービス」という欄に検索したいキーワードを入力します。

 

4・そして他の条件は無視して「候補を取得」をクリックします。

 

以上の方法で、その対象キーワードがGoogle(日本)においてどれくらい検索されているかが

表示されます。※「広告グループ」「キーワード候補」というタブが画面中央くらいにありますので

「キーワード候補」を選択してください。

さらに下の方には、検索したキーワードに関連のあるキーワードが

どれくらい検索されているかを表示されます。

 

ここで大切なことは、自社のサイトのSEO対策で掲げているキーワードが

一定ボリューム検索されているかどうかです。

ある程度検索されている=トレンドであるキーワードを自社のサイトに盛り込むことが

できていることがなされていれば、あなたの会社のサイトはバッチリ!と言える

でしょう。

もし検索ボリュームが少なければ、当然、検索する人が少ないことを意味しているので、

ホームページ(webサイト)で見込客から問合せをもらうことは難しくなります。

この検索ボリュームの目安については業界・業種によってマチマチなのですが、

一般的には「1,000」が目安と言われています。

ただ1,000以上あればイイ!とは一概に言えず、あえて検索ボリュームの少ないキーワードを

盛り込むことで上位表示を狙うという戦略を取ることも可能です。

このように市場で今、どのようなことが検索されているか、つまり求められているかを

このツールを用いて調べることが可能です。

私の場合は自社サイトのSEO対策に限らず、チラシを作る際にもこのように市場の声を

調査し、チラシに盛り込むようにしています。

また、検索ボリュームだけではなく、実際にそのキーワードを、Google等の検索エンジン
で検索してみてください。

そのキーワードで広告を買っているところが多ければ、それはビジネスチャンスの高い

キーワードですし、逆に少ないあるいはないということであれば、仮に検索のボリューム
が多くても、ビジネスチャンスの低いキーワードということになります。
(ただ気づいているところが少なく、広告出稿が少ないということもありますので、それを穴場と考えて狙うのもありです。)

如何でしたでしょうか?

前回は自社の対策状況の確認、そして今回は市場分析の方法をお伝えしました。

この2点を調べるだけでも自社サイトの今の立ち位置が分かり、今後の対策が見えてくる

はずです。

超簡単! 自社サイトを診断してみよう♪

webサイトからの集客力を高めるためにはPPC広告を打ったり、SEO対策を

行うことが一般的です。そのコツは追々、当メルマガで触れていきますが、

本日は後者のSEO対策について

「じゃあ今日現在、ウチのサイトはどのような状況なのか?」

をカンタンに診断する方法をお伝えします。

是非、以下の手順に沿って一緒にやってみてください。

1・SEOチェキというサイトを開いてください。

URL:http://seocheki.net/

title2

 

2・画面中央のURL欄に自社のwebサイトアドレスを入力してください

例:弊社であれば「http://www.doubleloop.co.jp/

URL   

 

3・そうすると・・・

あら簡単♪

自社サイトのSEO対策に必要な診断情報が出てきます。

全てを解説するには超長文となってしまうので、一部だけ診断項目の

見方を紹介しますと

 

title

→これはGoogleやyahoo!で検索した際、ページが表示された時
に表示されるメッセージのことです。
検索した人はここのメッセージ=titleでページをクリックするかを
判断します。検索した人が興味を惹かれるメッセージになっています
か!?※一般的にtitleは30文字以内くらいが良いと言われています。

description

→Googleなどで検索した際に太文字で出るのがtitle。その下に簡単な
説明文も一緒に出てきます。その説明文がdescriptionです。
弊社であれば
「web戦略を活用して、売上アップ・集客アップをサポートします。
楽天出身の代表者がweb戦略活用とfacebookページ制作・活用で、
売上アップに繋がるサポートを実施します。facebookページ制作
は19,800円?」とtitle同様、検索者の興味を惹くキャッチコピー
や信頼を得るメッセージを書いています。

Google PageRank

→これはGoogleがくだした当該サイトに対しての評価点です。
0~10の11段階で表示され、11が最大です。
弊社は3ですが、これがまた上がりにくくて・・・(^^;)
私が以前勤めていたあの楽天でも7ですし。。

 

そしてこのSEOチェキの診断画面で大切なのが右下の
検索順位チェック』です。

こちらにワード1、ワード2、ワード3と並んでいますが、その空欄に

ご自身の会社の商品やサービスを検討する立場だとして、

どのようなキーワードでGoogleやYahoo!で検索するでしょうか?思い

浮かんだキーワードをこの1~3に入れて「チェック」を押してみて

下さい。

そうするとGoogleやYahoo!でそのキーワードを検索した場合にそれぞ

れ何番目に表示されるかを教えてくれます。

「良く、自分のサイトが●●というキーワードで上にあがってきた」
仰る方もいらっしゃいますが、
自分のサイトは何度もアクセスをすると、自然に順位が上がってくるので、
それは、正式な順位ではありません。
このツールで出てくる順位が、一般の方も見る本当の順位となります。

弊社で言えば「web戦略」で8位。「facebook 制作」ならば1位です。

WEBを生業にしているのだからオタクが順位が良いのは当然だろう!

というお声が聞こえそうですが、長年の試行錯誤によりようやくここ

まで上がってこられた・・・というのが率直な想いです(汗)。

このキーワードの検索順位を上げるためにはtitleやdescriptionの

内容、そしてwebサイトの構成やそもそもの作りが大切になるわけです。

自社サイトの自己診断方法をお伝えしましたが、皆様の会社のwebサイト

の状況は如何でしたでしょうか?

今、打つべき一手を判断するための材料としてこのサイト診断がお役に

立てたら嬉しい限りです!

facebook広告の類似オーディエンス活用

前回のコラムではfacebook広告のリマーケティング活用について説明をさせて

いただきました。

前回のコラムを読んでいない方は、下記よりご確認ください。

「facebookのリマーケティング広告活用について」

 

今回説明をさせていただくのはfacebook広告の「類似オーディエンス」という機能に

なります。

facebook広告は、属性ごとのセグメントができたり、自社の顧客リストを取り込めたり、

自社ホームページのリマケをかけれたりと、たくさんマーケティングに使える機能が

ありますが

この「類似オーディエンス」という機能は、2013/11/27でご紹介した、

「カスタムオーディエンス広告」を上手く活用するという機能になります。

参考までにカスタムオーディエンス広告のコラムはこちら

「ピンポイントにアプローチ。facebookカスタムオーディエンス広告とは」

 

類似オーディエンス広告は、lgi01a201310230300

「自社保有のリストに類似した

リストをたくさん見つけてくれる」

という機能になります。

ということは

自社リストの有効活用ができる。

自社リスト以外から、属性の近い人にリーチすることができる。

自社リストの数が少なくても多くの人にリーチできる。

といったようなメリットがあります。

例えば、メルマガを大量に保有しているECショップや、飲食店などお勧めですし、これは

BTOBでも使えます。

詳しい機能や設定の方法は、「facebook for business」でも紹介があります

ので、こちらを参考にしてもらえればと思います。

「facebookの類似オーディエンス」

facebookはこのような形で、特に広告に関しては、どんどん新しい機能を出してきている

ので、私もこのコラムで引き続きご紹介できればと思います。

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから