Youtubeマーケティング

ある会社の報告によると、動画を含めたコンテンツは文字だけのコンテンツに比べてGoogleの検索結果上位1ページ目に表示される確率が、なんと53倍に上がるそうです。
分かりやすく視覚や聴覚に直感的に訴えかけることのできる動画はその情報訴求力の高さから、兼ねてよりマーケティングツールの一つとして認知はされていましたが、この数字を見る限り、
企業としても今すぐ取り組むべき必須課題であることが伺えます。

YouTubeを活用するメリット

メリット11日のビデオ視聴回数は40億回、月に8億人が訪れる。

良質な動画コンテンツを作成し、自社のサイトに掲載したとしても、一般企業がWebサイトに集められるアクセス数、
そしてそこからの動画視聴数は目に見える範囲といえるでしょう。その点、すでに多くのユーザー数をもつサイトを利用すれば、より効率的です。

メリット2動画視聴側も配信側もコストがかからない。

お金をかけずに集客する。それがマーケティングアイディアの基本です。時間と人材の確保、そしてアイディアさえあれば、マーケティング予算を気にせず、今すぐ取り組くむことができます。

メリット3動画の最適化を施すことで、SEO効果が期待できる。

ただし、YouTube動画自体のSEO効果については賛否両論の様々な見解があるようです。
詳しくはこちらで書かれた記事を参照してください。

メリット4様々なデバイスで視聴ができる。

パソコンをはじめスマートフォンや携帯電話、携帯型ゲーム機、家庭用ゲーム機など、さまざまな機器で動画を再生可能な点もYouTubeの強みです。アップロードした動画は、それぞれの機器に対応したフォーマットに自動的に変換されるため、視聴する側の環境を意識する必要がありません。

メリット5ホームページ上や他のソーシャルメディアと共有しやすく、情報が拡散しやすい。

毎週 1 億人ものユーザーが YouTube からソーシャル サイトを利用しています(評価、共有、コメントなど)。

メリット6ユーザー同士のコミュニケーションが活発。

YouTube の 50% を超える動画に、他のユーザーからの評価やコメントがあるそうです。
配信側と視聴側双方でコミュニケーションをとれる点も面白く、日本企業では、視聴者投稿型のプロモーションで1,700件の動画投稿、再生回数1437万回に及んだというロッテのガム 「Fit’s」が実施したダンスコンテストが良い事例です。(詳しくは掲載元の記事にリンクを載せています)

メリット7ブランド接触機会のハードルを下げる。

視聴者が動画を見ている時間は言い換えれば御社というブランドとの接触時間です。
御社の商品・サービスを知るのに、パンフレットや冊子を読むのには労力がいり、億劫になりがちですが、動画であれば気軽に見ることが出来、視聴者にとっては受身でも情報収集ができます。

メリット8Analytics機能を使って解析が行える。

この機能にはチャンネルや動画、視聴者に関するデータや統計情報が十分つまっています。
現状どのようなユーザーがどのように、どの動画を、どれくらいの視聴時間でみているのか、そしてどの動画がSubscribe者数の増加に貢献しているのかなど、豊富なデータを分析し、定期的に見直し、改善をしていくことが大切です。

ダブルループでは様々な企業様の、
You Tube活用を支援します。
お気軽にお問い合わせください。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから