社長ブログ

今日のランチ

今日は荻窪にあるインドカレー料理店「ナタラジ」に行ってきました。

ここはなんと1,000円でカレーもナンも食べ放題という素晴らしいお店です。

こんな感じです。

私が食べたのはこんな感じです。

カレー好き、またたくさん食べる人にとってはたまらないお店ですね。

店もかなり広かったのですが、サラリーマンからOLまでかなり人気のお店らしく

店内はいっぱいで大盛況な感じでした。

しかし、今日は暑いですね。

近くの温度計の気温、33℃!! とても梅雨とは思えません。

Googleツールの有用性

独立してからというもの、かなりGoogleのツールには毎日お世話になっています。

では、どんな便利なツールがあるか項目ごとに書きたいと思います。

1・Googleカレンダー

前職では、自分のスケジュール管理というと、仕事上はアウトルックの予定表、

プライベートは手帳にて管理していたのですが、独立してからは仕事もプライベートも

全てこれで管理しています。すぐに登録・編集ができて、予定の15分前にアラート

メールを送ったり、携帯からも確認できたりと便利です。

2・Gmail

これは使っている人は多いと思います。

私の主な利用は、会社に来たメールを全てGmailに転送しています。

携帯からも確認でき、返信も自分のドメインで返せるので、かなり便利です。

メールボックスの容量も7.7Gと他社にはない容量です。

3・Googleアラート

これは前職の時からかなり愛用していました。

気になったワードを登録しておけば、そのワードに対するブログの投稿や、サイトの更新

がされた場合に自動でメールで送ってくれます。

自分のサービスへの、ご意見等をいち早くチェックができたりするわけです。

4・Google Analytics

これはホームページを持っている人は、必ず入れて欲しいツールの1つです。

(他の解析ツール使っている人はもちろんそれでも構いません)

自社のホームページの経路、地域、PV数、検索されたワード等全て判別が可能です。

これを見ながら自社HPの細かな修正を行うとよいです。

5・Googleブックマーク

これも便利ですね。

仕事上で良く使うサイトを登録しておけば、外出先でも自宅でも、ブラウザに依存せず

アクセスできます。

5・Googleアドワーズの中にあるキーワードツール

どのキーワードがどれくらいの検索ボリュームがあるのかを、類似キーワードとまとめて

一気に表示することができます。

SEOやSEMのワード選定の際に、かなり使えるツールです。

他にもいろいろとありますが

Googleはほとんどが無料なので、かなり使えるツールが多いです。

固定費をあまりかけたくない、私のような企業には本当にありがたいツールです。

また良いツールを見つけたらこのブログで紹介したいと思います。

会社設立後手続きその後

以前のブログにて、会社設立までの手続き、及び銀行口座開設までの手続きを書きました

が、その後を書きたいと思います。

前回途中になっていた社会保険事務所に本日行って来ました。

今日まで保留になっていたのは、役員報酬が決まらなかったからです。

高すぎれば、個人の税金が増え、低すぎると法人税が増え・・・。みたいな感じで

ずっと悩んでいました。(基本は生活できる最低額がいいとサイトのあちこちに

書いてありました。)

まあ、そもそも自分がいくら稼げるのか?というのはありますが・・・

そんな突っ込みはさておき。

そして、決めました!

もちろんここにはその額は書きません(笑)

とにかく決まったので、社会保険事務所へ。前回確認まで終わっていたので、役員報酬の

確認だけで済みました。

しかしながら、口座振替をするには、また地元金融機関に行った後に、社会保険事務所

に行くことに。むう、なかなか終わりませんな。

それよりもびっくりしたのが、本日、税理士の先生から届いた、区の税務署、都の税務署の

書類。

ものすごい量でした。代表印の捺印箇所も20箇所以上。

先生に書類の作成をお願いしていてよかったです。とても自分では無理ですね。

とにかく、そちらは捺印して書類を区の税務署、都の税務署に持っていくだけなので

明日、明後日までにでも持っていきたいと思います。

これで、書類関係は最後だと願いたいです。

創業支援融資

本日も杉並区役所に「創業支援融資」の相談に行ってきました。

中小企業診断士の勉強をしていた時に、そういう制度があるのは知っていましたが

まさか、自分が活用することになるとは思ってもいなかったので、不思議な感じでも

あります。

提出する書類はたくさんあり、しかもここから更に審査があります。

審査が通れば、2ヶ月後に融資が下りますが、ドキドキですね。

ちなみに、「創業支援融資」とは

創業時に資金が必要な人に対して行う融資であり、原則創業して1年未満の個人・または法人に対して融資をする制度です。

限度額は1,500万円ですが、ほとんどは自己資産と同額くらいまでと考えた方がよいようです。(資本金が300万円なら、目安は300万円、更に審査により減額もあり)

融資とは言いますが、基本は金融機関による貸付なので、当然ながら返済の義務が

あります。ただこの利率がものすごく安いのが特徴です。

区によっても異なりますが、大体年利1%~2%程度です。

創業して間もない方で興味ある方は、一度調べてみるとよいと思います。

ちなみに、これから創業を考えている人、起業をぼんやりと考えている人は、東京商工

会議所が主催する「創業塾」がお勧めです。

私も、昨年の9月に参加し、本当に良い刺激と同士にめぐり会いました。

値段も5,000円なので非常にお手ごろです。

さて、創業支援融資の方は、連絡待ちで一区切りついたので、再来週のセミナーに向けて頑張りたいと思います。

なぜ起業したのか?

毎日いろんな人と会っていると必ず「なぜ起業したのか?」

ということを聞かれます。

そこで、今回のブログでは起業するに至った理由を項目に分けて書きたいと思います。

ちなみに、最初から起業したいと思っていたわけではありません。

一番最初の会社に新卒で入ったときは、この会社にずっと勤めて出世をしていきたいと

考えていました。

それが様々な要因から起業を目指すようになります。

1・楽天社長の影響

これは少なからずあります。

私が、楽天に入社したのは2005年、プロ野球参入直後で、社内は熱気で溢れていました。

元々、入社前に、社長関連の本を全て買って読み漁っていて、彼の考えや思いに大いに

共感し、憧れをいただいていたのですが、入社して、毎週彼の講演を聞いて、益々起業

への思いは高まっていきました。

2・中小企業経営者の影響

26歳くらい頃から、営業からコンサルタントに業務が移り、お客様として担当していた

中小企業経営者様と接する機会が増えました。

実際に会って話す機会も多く、セミナーや交流会等でお酒も交えながら話をしていたので

すが、熱意や夢を持って、堂々と話をする経営者の皆様はとても輝いて見えました。

自分もいつかはそのようになりたいと思う気持ちは益々強くなってきました。

3・中小企業経営者のひとこと

これがもしかしたら一番大きな要因かもしれません。

コンサルタントとして、お客様と接するうちにお客様からの私に対する要望も大きくなってき

ました。もちろんそれに応えるべく、日々活動をしていたのも事実ですが、当時私の担当

300社以上。

1社のお客様に対して、過度のサポートができないこと、楽天のサービス以外のサポート

ができないことがジレンマでした。

そんな中、ある経営者から、組織・人事の研修(講演)を社員向けにやって欲しいとの依頼

がありました。(当時、診断士の勉強をしていたので、そこからの流れだと思います。)

今まで、楽天のサービス以外のサポートをやったことがない自分に取って、嬉しい話でもあ

り、サービス以外のサポートを期待されていると感じた瞬間でもありました。

実際に、その企業様の本社まで行き、40名以上の社員の皆様の前で話をしたのですが、

想像以上に社員の方々や社長の反響が良く、将来的にこういった形で、企業様の経

営を応援したいと考えるようになりました。

そして

起業を考えた時に自分の足りないものは何かと考えました。

「知識」「経験」「お金」

よし、この3つを起業するまでに習得しようと考えるようになります。

そして、30歳になるまでに起業をすること、それらを目標として活動していきます。

「知識」

知識を身につけるべく、MBA系のビジネススクール「グロービス」や中小企業診断士の勉強をし、知識の向上に励みました。

「経験」

コンサルだけでなく、チームリーダーとしてのマネジメントの能力、事業企画としての、企画

の戦略・立案の能力、マーケティングの中で数字に対する考え方を学ぶことができました。

幸い小さな事業部だったので、本当にいろいろな経験ができたのですが、経験をさせてく

れた上司には、今でもとても感謝しています。

「お金」

ビジネススクール等に通う自己啓発のお金はキープしながらも、昔の有限会社を作れるく

らいのお金を貯めようという思いで、少しづつ貯金をしていきました。

**************************************************************

まだまだ未熟者ですので、全てが身についたわけでもないですし、まだまだ足りないもの

だらけだと思っています。

しかし、目標を決めて活動できたこと、起業を決断したことに悔いはありません。

また、私のように起業を目指す人がいれば、精一杯応援したいと思っています。

そして、今後は1社でも多くの企業様の売り上げに貢献できるように活動していく

その結果として会社を大きくしていく。

これを目標において、これから活動していきたいと考えています。

代表取締役 福田英明

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから