社長ブログ

なぜ起業したのか?

毎日いろんな人と会っていると必ず「なぜ起業したのか?」

ということを聞かれます。

そこで、今回のブログでは起業するに至った理由を項目に分けて書きたいと思います。

ちなみに、最初から起業したいと思っていたわけではありません。

一番最初の会社に新卒で入ったときは、この会社にずっと勤めて出世をしていきたいと

考えていました。

それが様々な要因から起業を目指すようになります。

1・楽天社長の影響

これは少なからずあります。

私が、楽天に入社したのは2005年、プロ野球参入直後で、社内は熱気で溢れていました。

元々、入社前に、社長関連の本を全て買って読み漁っていて、彼の考えや思いに大いに

共感し、憧れをいただいていたのですが、入社して、毎週彼の講演を聞いて、益々起業

への思いは高まっていきました。

2・中小企業経営者の影響

26歳くらい頃から、営業からコンサルタントに業務が移り、お客様として担当していた

中小企業経営者様と接する機会が増えました。

実際に会って話す機会も多く、セミナーや交流会等でお酒も交えながら話をしていたので

すが、熱意や夢を持って、堂々と話をする経営者の皆様はとても輝いて見えました。

自分もいつかはそのようになりたいと思う気持ちは益々強くなってきました。

3・中小企業経営者のひとこと

これがもしかしたら一番大きな要因かもしれません。

コンサルタントとして、お客様と接するうちにお客様からの私に対する要望も大きくなってき

ました。もちろんそれに応えるべく、日々活動をしていたのも事実ですが、当時私の担当

300社以上。

1社のお客様に対して、過度のサポートができないこと、楽天のサービス以外のサポート

ができないことがジレンマでした。

そんな中、ある経営者から、組織・人事の研修(講演)を社員向けにやって欲しいとの依頼

がありました。(当時、診断士の勉強をしていたので、そこからの流れだと思います。)

今まで、楽天のサービス以外のサポートをやったことがない自分に取って、嬉しい話でもあ

り、サービス以外のサポートを期待されていると感じた瞬間でもありました。

実際に、その企業様の本社まで行き、40名以上の社員の皆様の前で話をしたのですが、

想像以上に社員の方々や社長の反響が良く、将来的にこういった形で、企業様の経

営を応援したいと考えるようになりました。

そして

起業を考えた時に自分の足りないものは何かと考えました。

「知識」「経験」「お金」

よし、この3つを起業するまでに習得しようと考えるようになります。

そして、30歳になるまでに起業をすること、それらを目標として活動していきます。

「知識」

知識を身につけるべく、MBA系のビジネススクール「グロービス」や中小企業診断士の勉強をし、知識の向上に励みました。

「経験」

コンサルだけでなく、チームリーダーとしてのマネジメントの能力、事業企画としての、企画

の戦略・立案の能力、マーケティングの中で数字に対する考え方を学ぶことができました。

幸い小さな事業部だったので、本当にいろいろな経験ができたのですが、経験をさせてく

れた上司には、今でもとても感謝しています。

「お金」

ビジネススクール等に通う自己啓発のお金はキープしながらも、昔の有限会社を作れるく

らいのお金を貯めようという思いで、少しづつ貯金をしていきました。

**************************************************************

まだまだ未熟者ですので、全てが身についたわけでもないですし、まだまだ足りないもの

だらけだと思っています。

しかし、目標を決めて活動できたこと、起業を決断したことに悔いはありません。

また、私のように起業を目指す人がいれば、精一杯応援したいと思っています。

そして、今後は1社でも多くの企業様の売り上げに貢献できるように活動していく

その結果として会社を大きくしていく。

これを目標において、これから活動していきたいと考えています。

代表取締役 福田英明

独立して思うこと

会社設立をしてからは、まだ2週間少しですが、退職してからは2ヵ月半近く経った

ので、思うことを項目ごとに分けて書きたいと思います。

1・自由度

自由度は当然ながら上がりました。出勤も退勤も自由です。

しかしながら、当然それでは会社は大きくならないし、まして創業期でもあるので

自分でルールを決めて仕事をしています。

役所・銀行・病院は行きやすくなりました。

2・決裁権

自分が代表なので、何でも決めれます。

商談後すぐに、ソフトバンクの孫さんばりに「やりましょう」ができるのです(笑)

しかしながら、自分の中では決めていても、わざと持ち帰りにする場合もあります。

3・孤独感

増しました(笑)

前職であれば、分からないことがあれば、同僚に聞いたり、社内メッセンジャーで会話

してたりしていたのですが、今はそれができません。

ツイッターがメッセ代わりだったりします。なので、つぶやいているからといって

決して仕事してないわけではないですよ(笑)

4・お金

ここが一番肝ですね。もう毎日不安だらけです。毎月決まった日にお金が入ってきて

いたのが、本当に素晴らしく思います。

自炊の回数はかなり増えました。しかしもう少しレパートリー増やさないと。

5・体重

減りました。多分自炊の影響だと思います。会社員時代より2キロ減りました。

しかし体力を落とさないように、週1回は運動しています。

6・交流

増えました。特に経営者層と話す機会が増えました。

今後も積極的に交流会には足を運ぼうと思っています。

他にも違う点はたくさんあるのですが、今後のブログのネタ確保の為にも

また書きたいと思います。

しかしながら、ブログを書かない日は、PVが結構顕著に下がるので、頑張って継続したいと

思います。

事務所周辺

弊社は住所が東新橋のため、最寄り駅は新橋ではありますが、大門や浜松町から

も歩いて7~8分くらいの距離にもあります。

今日は、訪問帰りに大門から歩いてみました。

大門周辺はこんな感じです。

ダブルループ 大門駅より

歩いてみると、信号がなければ5分くらいで来れそうです。

ちなみに、事務所の裏はこんな感じです。

ダブルループ 周辺

がらっと雰囲気が変わりますね。

この辺りは汐留イタリア街と呼ばれていて、お洒落な概観が特徴です。

新橋や大門、汐留周辺まで来られた際は是非、弊社までお立ち寄りください。

2010/06 セミナー講演を行いました

写真を撮り忘れたのがとても残念。

日本橋公会堂にて

物流マッチングサイト ロジコンシェルのお客様向けに

講演を行いました。

最初はものすごく緊張したのですが、参加されている企業様も10社くらいで

非常に和やかな感じで講演を行うことができました。

やはり話すことが好きなんですかね、最後は結構熱を込めて話すことが

できました。

近藤社長、このような機会を与えていただき、誠にありがとうございます。

次回は7月末にパネルディスカッションを予定しています。

また詳細決まったら、このブログでご報告したいと思います。

会社設立までの道程と設立後手続きについて

自分に対しての備忘録と、今後会社設立する人への参考にこれまでの道程と
設立後の手続きを書いておきたいと思います。

3/31

前職を退職

4/1

さて何をしようかとのことで、まずは会社設立方法について書かれている
サイトを読み漁りました。
いろいろと調べた結果、電子定款でやった方が、4万円近く安くなるということが
分かり、とりあえず、電子定款で進めることにしました。

実家帰省のため、しばし休憩

4/10

まずは印鑑を作らないとということで、個人の実印と法人印鑑3点セットを
楽天市場のお店に注文。
個人印は1,000円程度、法人印鑑セットは6,000円程度、
いやあ、安いですね。

4/13

法人印到着

4/19

個人印到着、いやあこっちは時間かかりました。
個人印ができたので、区役所に印鑑登録を行いに。
その場で、印鑑証明書を取得。

4/20

電子定款はいろいろと調べてみると、自分でやるのはかなりしんどそうなので
定款の認証業務だけ、行政書士に依頼することにしました。
いろいろ調べた結果、6,000円のところを発見、安いですね!!

まずは自分で定款を作成。フォーマットを基に作れば結構簡単にできます。
行政書士に頼む前に、公証役場に内容の確認が必要とのことで、公証役場
にメールで、定款の内容確認を依頼。

4/21

公証役場より内容問題なしとの回答。行政書士に依頼、料金を振り込み

4/23

書士より書類が到着。定款全てに個人の実印で割り印をし、印鑑証明書
及び身分証のコピーを入れ、返送。
特定郵便で発送しないといけないとのことで、郵便局より発送。

4/27

再び書類が届く。定款の認証が完了したとのこと。
中には、定款の入ったCDと定款が送られてきました。

5/1

資本金を自分の口座に全額振込み。通帳のコピー

5/21まで有給消化なので、在籍が終了するのを待ちます。

5/27

在籍終了後の大安日なので、必要書類を持って法務局へ。

登記事項の電子媒体(CDもしくはフロッピー)と取締役承認承諾書がないとのこと

で、もう1回法務局に補正登記に行かないといけないことが判明(泣)

6/1

不備書類を持って、法務局に行きました。

6/7

登記完了。嬉しい!!

すぐに法人印鑑証明書と、登記簿を発行してもらいます。

登記簿は1通1000円、印鑑証明は500円、高いですね!!

ここまでが、設立までの道程です。専門家に頼むと大体25万くらいかかりますが

私の場合は、電子定款以外は全部自分でやったので21万くらいで済みました。

6/8

法人口座を作りに、自宅近くの信用金庫へ。法人の銀行口座は初なので、ドキドキ

しながら向かいました。

窓口にて、登記簿と免許証の提示を求められます。待つこと15分。

今度は必要箇所に法人印と銀行印を求められます。捺印し、更に待つこと10分。

銀行口座ができました、意外とあっさりですね。少しびっくりです。

6/8

午後はそのまま、年金と保険の加入をしに、社会保険事務所へ。

ここでも登記簿の提示を求められます。こっちは事業所近くの事務所で手続きをしない

といけないことが判明したので、後日行くことになります。

以上が大体の流れです。

まだ、最大の難関である税務署への手続きが残ってますが・・・。

終えたらまた書きたいと思います。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから