社長ブログ

体の不調について考える

皆様、こんにちは、福田です。

ほぼ1ヶ月に1回程度しか更新してない当ブログですが、継続は力なりですので、
地道に継続していきたいと思います。

今回はまた違う趣向での内容です。

体の不調は少なからず、いろんな人があると思います。

・夜、あまり眠れない

・疲れやすい

・腰が痛い

等々illust3042

ちなみに私の場合は

・慢性的にお腹が下る

・いびきがうるさい・・・・・・・らしいと

時々息が止まっているらしい(←睡眠時無呼吸症候群?)

でした。

ちなみに

・慢性的なお腹が下る場合は、大腸がんの可能性がある

・睡眠時無呼吸症候群を放っておくと、とんでもないことになるらしい

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

という情報を得たので、今年の4月と9月にどちらも検査に行ってきました。

まず大腸がんの検査ですが、本格的な検査(内視鏡検査)となると、バリウム飲んだり、

お金も多少かかりますが、区で助成されている簡易大腸がん検診というものがあり、
これを利用すると、

簡易的ではありますがワンコインで診断ができます。

ちなみに練馬区は下記から申請ができました。

http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/kenkoshinsa/gankenshin/daichogan.html

そして、結果は陰性でした。⇒ホッ

とはいえ、ずっとお腹が下るのは体に良くないので、今は下記のビフィーナというものを飲んでいてお腹は快腸です。

ビフィーナ

そして、もう一つの悩み、睡眠時無呼吸症候群かもしれないという悩み。

これも近所の病院で検査を行ってきました。

病院内で検査するものもありますが、これも自宅で簡易的に調べることができる機械があります。

ちなみに下記のようなものです。

gpf6Photo120110823044021

これを腕に巻いて、更にセンサーを鼻に付けて寝るのです。

とても人には見せられない姿ですが、これを2日間実施しました。

こんなんで本当に分かるんかいな?と思っていたのですが

なんと!

呼吸が止まっている時間だけでなく、いびきの強さ、いびきの回数も分かるそうです。

ちなみに検査の結果はこちらも異常なしでした。自己負担は保険適用で3,000円程です。

いびきは、いびき解消まくらを買ってもなかなか解消しないのですが(汗)

とりあえずどちらも異常なしで安心しました。

皆様も体の不調で気になることがあれば、迷わず検査をしてみることをお勧めします。

 

 

ラーメン放浪記2013年前半

皆様、こんにちは。

普段はセミナー実施報告か旅行のことしか書いてないのですが、今回は趣向を変えて

ラーメンのことを書きたいと思います。

私はラーメン食べるとほぼ決まって腹痛になるものの、ラーメンが大好きでいろんな場所に

食べに行きます。その忘備録としても書きたいと思います。

1・2013年3月7日 中洲一竜

福岡の名店です。屋台のほうが好きですが、今回は中洲川端駅側の店舗で食べました。

まさにとんこつラーメンの真骨頂です。

20130307 ichiryu
2・2013年6月9日 練馬匠家

練馬にある家系のお店です。少ししょっぱかったです。(←家系だから?)

20130609 takumiya

3・2013年7月11日 品川 けいすけ

品川での商談帰りに行きました。隣のTETSUに入ろうとしたら、すごい行列。

でもけいすけも安定してて美味しいです。今回はカレーつけ麺に挑戦しました。

20120711 keisuke

4・2013年8月10日 喜多方 あべ食堂

福島の喜多方市まで行って食べた本場の喜多方ラーメンでした。

大盛りにしたらものすごい量、でも麺はもちもち、チャーシューも美味しかったです。

20130810abeshokudo

5・2013年9月21日 東池袋 大勝軒 本店

大勝軒の他の店舗は行ったことがあるものの、何気に本店は初めて。

麺はツルツル、チャーシューも美味しいですが、麺の量が多くてちょっと飽きます。

20130921 taishoken

本当はこれ以外にもラーメン店はちょくちょく行ってますが、写真があるのが上記といったような感じです。

昔は二郎系ラーメンが好きで、本当に良く行ってましたが、最近は二郎系はほとんど行かなくなったうえに

ラーメンを食べる回数も減りました。

今後はブログでこういった投稿も増やしていければと思います。

 

Google Analyticsのリアルタイム機能とは

以前、Google Analyticsの機能紹介で、自分のホームページを閲覧した人の
おおよその画面サイズが分かる旨を記載しました。

今回は「リアルタイム」という機能になります。

この機能に関しては、まだまだ知らない人も多いのですが、知っておくと、リアル
タイムで自分のホームページの反応を確かめることができます。

下記を見てみてください。

20130919175647

これが「リアルタイム」の機能で分かる内容ですが、
今ホームページを閲覧した人が、

どういう経由できたのか

どういう検索キーワードできたのか

現在どのページを閲覧しているのか

どの地域の人なのか

をリアルタイムで見ることができます。

具体的な活用方法としては、メールマガジン等を配信した際に、どれくらい
反応があるかをすぐに判別することができます。

実際に弊社でメルマガを配信した場合も、反応が手に取る様に分かってなかなか
面白いです。

是非リアルタイムでの反応を知りたい方、この機能を活用してみてください。

facebook広告活用のメリット

こんにちは、株式会社ダブルループの福田です。

前回のコラムでは、facebook個人アカウントと企業ページの違い及び「いいね!」の数が

重要であることを執筆させていただきました。

今回のコラムでは、作成したfacebookページ(企業ページ)を広めるためのfacebook広告

の活用法に関して説明をしたいと思います。

facebook広告とは、facebookを利用している人に対して表示することができる

広告になり、画像とテキスト(文章)で表現することができます。

出稿した広告はPCなら画面の右上に、スマートフォン等のモバイルなら

友達の投稿に混じって表示されます。

kokoku12

facebook広告のポイントとしては大きく3つとなります。

 

ターゲットをセグメントできる

facebook広告の一番大きな特徴は、ターゲットをセグメントできる点にあります。

facebookは登録する際に、性別や年令、あるいは住所等を入力しますが、

実はそれを活用して、広告を打つ形になります。

例えばあなたが20代の女性を対象としたアパレルショップを横浜に持って

いたとします。

当然横浜近辺に住んでいる20代女性に対してアプローチをしたいわけですが、

facebook広告では

・住んでいる地域

・年齢●歳~●歳

・性別(女性)

という形で対象をセグメントして広告を打つことができます。

その他にも、趣味・結婚の有無・勤務先・学歴・趣味等でセグメントする
ことができます。

ただ広告を打つのではなく、ターゲットをセグメントして広告を打つわけなので、

その広告は通常のバナー広告等と比べてクリックもされやすいですし、購買にも

繋がりやすい形になります。

ちなみに広告のリンク先は、facebookページではなく、自社のホームページに
設定することも可能ですが、できればリンク先はfacebookページにしておく
ことをお勧めします。

自社のホームページにした場合、購買につながらない人は、ホームページを×で閉じて

終わりですが

リンク先をfacebookページにしておくと、仮に購買まで行かなくても、facebookページ

の「いいね!」を押してもらえれば、その方に対して継続的に情報を発信することが可能

です。

すぐに購買につながらなくても、継続的に情報を発信する中から、購買に繋げていくこ
とが可能です。

 

●人の繋がりを活用してPRできる

ターゲットをセグメントできるのが、facebook広告の一つ大きな特徴ではありますが、

facebookならではというのが、人の繋がりを活用してPRできる点です。

例えば、広告を出稿する前にそのfacebookページが1,000「いいね!」が押されていた

とします。

すると、その1,000「いいね!」を押している人の友だちに対して広告を出稿するという

設定ができます。

20代の横浜近辺に住む女性が「いいね!」を押していれば、その友達も同じような

状況の人が多いわけですが、その人達に広告が表示される形になります。

実際に広告が表示された人の感情としては

「知り合いのAちゃんが「いいね!」を押しているから、私も「いいね!」を押して

みようかな!」

という形になります。

facebookならではの繋がりを活用して広告を出稿できるのもfacebook広告の醍醐味です。

 

1日あたりの予算設定が可能

Googleやyahooのリスティング広告は、1日あたりの予算を設定して広告の出稿が可能ですが、

facebookも同じく1日あたりの予算を設定して広告を出稿することができます。

・少予算でやってみたい

・テストマーケティングをしたい

・分析をしながら予算配分をしたい

 

と思われる方に取って、非常に効果的です。

ちなみに課金の方式は、1クリックあたりいくらという形で大体100円~200円ほどになります。

以上のまとめですが、facebook広告の特徴としては

ターゲットをセグメントできる

繋がりを活用してPRできる

1日あたりの予算設定が可能

 

という点になります。

特にターゲットをセグメントできる点が一番大きなポイントです。

facebookページを制作するだけでは、なかなか購買には繋がりません。

facebook広告を行い、自社のサービスに興味を持つ方の「いいね!」を

集めながら、「いいね!」を押した方への情報発信を行い、徐々に購買に繋げていきましょう。

次回以降のコラムでは、実際にどのようにfacebookの投稿をすればよいかについて
執筆していきたいと思います。

弊社ではfacebookのページ制作他、運用支援等も行っております。詳細は下記より御覧ください

facebookページ制作29,800円~ facebook活用個別指導50,000円~

8/9(金)三井住友海上あいおい生命様主催のセミナーでfacebook活用の講演を行いました

さて、早いものでお盆も最終日ですね。
皆様はお盆はいかが過ごされましたでしょうか?

さて、お盆前の9(金)に表題のセミナーを行いましたので、その内容を記載します。

今回は三井住友海上あいおい生命様主催のセミナーにゲスト講師として講演を

行いました。

参加された企業様は全て保険代理店の企業様です。

10社超の参加でした。

講演の様子です。

seminar

facebookも国内の利用者数が2,000万人を超えてきて、企業ページを持つ企業様も増えてきました。

来月もfacebok活用のセミナーを行う予定で、既に15社近くの企業様に申し込みをいただいています。

ご興味ある方はぜひご参加ください。
http://www.doubleloop.co.jp/business/seminar/seminar_record/seminar_info/

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから