社長ブログ

webコンサルタントがオススメするサイト分析ツール

お世話になっております。ダブルループの福田です。

私がweb制作やwebコンサルティングを行う際は、クライアントのwebサイトを 見て 「デザインがイマイチ」「このコンテンツはGood」 とサイトの見た目だけでサイトの良し悪しを判断することはありません。

様々なツールを使って多角的にサイトを評価します。

今日はサイトを分析するためのツールの一部を紹介してまいります。

webコンサルタントが オススメするサイト分析ツール

私たちweb制作者、webコンサルタントが利用する分析ツールを分類すると、 大きくは次の2つのいずれかに当てはまります。


今回はそれぞれの中から代表的なツールを紹介してまいります。



まずは検索者ニーズ分析ツール群について。
・Googleトレンド(Trends) https://trends.google.co.jp/trends/


GoogleトレンドはGoogleが提供している無料のキーワード検索ツールで、世界中 の検索トレンドをチェックすることができます。


複数のキーワードを比較してトレンドを把握したり、関連するキーワードを教え てくれたりなど、検索者がどのようなキーワードを検索しているのかという検索 者ニーズを調査することができるツールです。

検索者のニーズは日々変わります。ニーズ変化に素早く対応する際、このツール がとても役立ちます。


・UberSuggest https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

UberSuggestは検索キーワードに関連する調査を行うことのできる簡単・便利な ツールです。

Googleで検索する際、キーワードを入力すると他のキーワード候補が画面に表示 されますが、この他キーワード候補のことを「サジェスト」と言います UberSuggestではこのサジェストを調査できることはもちろん、サジェストの検 索ボリュームやSEO対策の難易度も同時にチェックすることができます。

検索者の動線を掴むためにはサジェスト調査は必須です。 その時に活躍するのがUberSuggestなのです。

続いてはwebサイトの現状把握ツールについて紹介を進めて参ります。


・Googleサーチコンソール https://search.google.com/search-console/


GoogleサーチコンソールはGoogleが提供している無料のSEOツールです。
サイトの検索トラフィックや検索クエリ(特定の検索キーワード)に対する掲載 順位を測定できます。
つまりSEO対策の結果を測定できるのです。


またサイト内部に何か問題など異常が検知された場合もGoogleサーチコンソール を介して通知が届きます。


・GRC https://seopro.jp/grc/


GRCは検索キーワードの順位チェックツールです。 SEO対策を行っているキーワードをあらかじめ入力しておくことで、直近の順位 変化だけではなく過去全ての順位変化もグラフで分かりやすく表示されます。 順位変化を見て取れるため、新たに行ったSEO対策が効果的だったかどうかを検 証する際にとても便利です。


・ラッコツールズ https://rakko.tools/


ラッコツールズは様々なweb分析を行うことができる無料ツールです。 私が特に重用している機能が「見出し(hタグ)抽出」です。 SEO対策を行いたいキーワードをこの機能の中にセットすると、そのキーワード でヒットする上位サイトが抽出されます。 抽出画面にて上位サイトの記事の文字数、hタグのタイトルが表示されます。 この情報があることでどれくらいのボリュームで記事やページを作ればいいのか、 どのような構成(hタグ)にすればいいのかという判断を下すことが出来ます。 コンテンツマーケティングを行う上でラッコツールズは必要不可欠と言えます。


上でご紹介したツール以外にも使っているツールはありますが、多少専門的に なってしまうので今日はこのあたりにします。


是非、皆さんにおいても上にあげたツールご活用いただき、SEO対策をご自身で 行ってみてください。 またSEO対策以外に応用できます。

たとえばGoogleトレンドで商品やサービス開発のネタを探すことが可能です。

webマーケティングツールは様々な業務に応用できますので積極的に使ってみて は如何でしょうか。

弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ローカルSEO対策のポイント

お世話になっております。ダブルループの福田です。

ここ数年、「周辺の〇〇」「近くの〇〇」という検索ワードが急増しているみた いです。

※コロナによって緊急事態宣言が出てからは若干、減ったようですが。

実際私も休日に家族で遊びに出かけた時なんかには「近くの公園」と子供との 遊び場を検索したりします。

今日はこの「近くの〇〇」において、皆さんのサイトが検索結果に表示されるよ うになるためのポイントを解説します。

ローカルSEO対策のポイント

周辺の〇〇
近くの〇〇
新宿(※)の〇〇
※には特定の地域名

このようなキーワードでGoogle検索する人が増えた最大の要因は、検索結果の最
上位にマップとともに店舗情報が出るようになったことです。

たとえば新宿にて少しだけカフェで時間を潰したいと考えた場合 「新宿のカフェ」もしくは「新宿 カフェ」 と検索する人が多いはずです。

すると検索結果には新宿周辺マップの上に候補店舗がマッピングされて、さらに マップの下側には店舗名と5段階の口コミ評価などが3店舗分表示されます。

ここがポイントです。

3店舗の下側の「さらに表示」「すべて表示」をクリックすると他の店舗も表示 されますが、この上位3店舗に入るための対策のことを『ローカルSEO対策』と 言います。

一般のSEOは検索結果で上位表示を狙う施策のことを意味していましたが、 ローカルSEOはGoogleマップ上での上位表示を意味します。 ※ローカルSEOはMEOとも呼ばれたりします。

ローカルSEOと一般SEOでは対策方法も異なりますので今日はそのポイントを解 説してまいります。

まずローカルSEO対策を行う上での前提条件的なポイントはGoogleマイビジネス の登録です。

先ほど紹介したマップの下に表示される情報は全てGoogleマイビジネスの情報を もとにGoogleがピックアップさせて表示させています。

ローカルSEOの観点からGoogleマイビジネスに登録する際のポイントは・・・・
1.店舗名(社名)、住所、電話番号
2.関連性
3.距離
4.知名度 の4点です。

まず1について。

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、社名や店舗名、そして住所と電話番号は正確に記載するようにしましょう。 万が一、これらの情報が誤っていると検索者が皆さんの店舗に辿り着けない可能 性が高くなります。

続いては関連性です。 関連性とは検索者が検索したキーワードおよびそれに近しいキーワードの情報が Googleマイビジネス上に登録されているか否かを意味しています。


「〇〇市 パン屋」という検索にて上位表示されるようになりたい場合は 「〇〇市」というキーワードと「パン屋」というキーワードをGoogleマイビジネ ス上に散りばめておく必要があります。

3の距離はその名の通り検索者との距離です。
これも2と同様、「新宿 パン屋」で検索されるようであれば「新宿」というキー ワードをGoogleマイビジネス上で盛り込んでおくことで有利になります。

たとえば「東京都のパン屋」とGoogleマイビジネスで説明しておくよりも、「東京都新宿区のパン屋」の方が検索者から見つけてもらいやすくなります。


最後は知名度です。 知名度は主に口コミの数と口コミの平均スコアによって決まります。 (他にもサイトのリンクなど一般SEOと同様の評価も加味されるという情報もあります)

口コミが多い=すなわち知名度が高い、とGoogleは考えます。 続いて、口コミが多くてスコアが高い=知名度が高くて評価も高い、このように 知名度は評価されるようになっています。

如何でしたでしょうか。 店舗型ビジネスにおいてローカルSEOは今や重要な集客手段の1つです。


今回紹介した4つについてまだ対策が不十分な場合は直ちに実施してみてくださ い。

設定方法がご不明な場合はどうぞお気軽にご相談くださいませ。

弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

検索者の動きが丸裸!?ヒートマップとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

webの世界は日進月歩と言えます。 絶え間なく改善されていくwebテクノロジーの中から今日はヒートマップについて解説してまいります。

検索者の動きが丸裸!?ヒートマップとは

自社のサイトをどんな属性の人が見ているのか、どのページからの問合せ率が高い のか、はたまたどのページでは離脱率(サイトから離れていく割合)が高いのかと いったデータだけでは今やweb対策としては不十分です。

検索者である見込客の導線を意図してコントロールしていくためには更に多くの 情報を集める必要があります。

こと導線整理のための重要な情報を得られるのが今回ご紹介する「ヒートマップ」 です。

ヒートマップとは一言でいえば・・・ webサイト上でのユーザーの行動をサーモグラフィによる温度分布のように色の 濃淡で可視化して表す分析手法 のことです。

TVで体温の変化を示す時にサーモグラフィで赤色は高温、青色なら低温と示され た画像をご覧になられたことが皆さんあることでしょう。

あれのweb版がヒートマップです。

ヒートマップ関連のツールを導入すると、自社のwebサイトに訪れた人(=ユー ザー)がページのどの部分を「よく見ている」のかを把握することが可能となり ます。

ヒートマップで分かることは他にもあります。 端的にまとめると ・webページのどの部分がよく見られているのか ・どの部分から見られなくなっているのか ・どこにカーソルを合わせたのか ・どこをクリックしているのか ザックリとですがこのようなことが分かる(視える)ようになります。

webマーケティングの観点からこのヒートマップをどう活用するかというと、 「ユーザーの実際の導線がコチラ(マーケッター)の意図した通りか否か」 という点に尽きます。

たとえば、皆さんが 「トップページ中段のキャンペーンバナーはユーザー全員に見てほしい」 と思っていたとしましょう。

ヒートマップを使えば実際にユーザーは見てるのかどうかをパッと見て把握できます。

もしキャンペーンバナーが全く見られていない場合は・・・ ・最も見られているコンテンツの傍にキャンペーンバナーを移動する ・キャンペーンバナーの画像を変更する ・キャンペーンバナーまでの導線を変える などといった改善策を講じる必要があります。

巧みなwebマーケティングとは仮説(戦略、戦術)を素早く改善して、より良い 仮説を作ることにあります。

そのためには仮説を検証するためのツールを活用せねばなりません。 ヒートマップはそういった検証ツールの中の重要な1つです。

皆さんの会社でご利用されていない場合は是非ともお試しください。

※ヒートマップの導入にあたってお悩みの際にはどうぞお気軽にご相談下さいませ。

■弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

Googleによるタイトル書き換え事件(現在進行中)

お世話になっております。ダブルループの福田です。

webマーケティング業やSEO対策を行っている会社の間で8月末から話題というか、
困っているというか、もっと言えば怒っている事象が発生しています。

それが今回のタイトルにした「タイトル書き換え事件」です。

SEO対策をしておらずともホームページを公開している会社であればもしかしたら知らぬ間に被害を受けている可能性がありますので、今日のメルマガを是非ご覧ください。

Googleによるタイトル書き換え事件(現在進行中)

Googleは8月末、そして9月に検索エンジンのアルゴリズムのアップデートを行いました。

アップデートの主な内容および目的(意図)は


「検索者が求めている情報を更に見つけやすくするために検索結果に表示される
 webページのタイトルを自動変換する」


というものでした。
※細かく言えばタイトルタグをGoogleが書き換えるという機能の実装です。

このアップデートが行われてからというもの、既に公開されているwebページのタイトルの80%以上が自動的に書き換わりました。いえ、書き換えられてしまったのです。

タイトルが自動変更したことに各社のwebマーケッターが激怒していて、Googleはどう対応しようかと悩んでいる・・・というが今の状況です。

なぜwebマーケッターが激怒しているのかというと、SEO対策を行っている会社では検索者の琴線に触れるようなタイトルを各webページにつけています。正確にはつけていました。

例えば、皆さんの会社が企業に研修を提供する教育研修会社(A社)だったとします。
A社のターゲットは人事担当者です。

とある企業の人事担当者が
「新卒 研修 事例」
でGoogleにて検索したとします。

すると以前までは
「新卒をたった3ヶ月で戦力に変えた教育研修事例集八選」
というタイトルをつけていたA社の記事が検索結果のトップに表示され、またそのキャッチーなタイトルから多くのクリック、そして問合せを獲得することが出来ていました。

ところが今回のアップデートによって
「教育研修による事例」(※)
というタイトルに書き換えられてしまい、クリックが減ってしまいました・・。
※タイトルがどのように書き換えられるのかという法則性はまだ判明していません。

如何でしょうか。
上に書いたストーリーは私の創作ですが、このようなことが起きかねないのが今回のアップデートです。

8月末に最初のアップデートを行ってから何度かのアップデートを経たものの未だに自動変換されるという状況です。

Googleとすれば
「おかしなタイトルを自動的に修正できるようにしてあげたぞ」
と思っているかもしれませんが、
SEO対策している会社からすれば
「意図したタイトルをつけてたのにおかしなタイトルに変換しやがって!」
と怒っているというのが現状です。

なので、最近になって問い合わせが減った・・・という事象がもし皆さんにおいて起こっている場合は、もしかしたらタイトル自動変換が原因である可能性があります。

本日時点でこれといった対策を講じることが出来るわけではありませんが、皆さんのwebサイトの各ページが検索結果においてどのように表示されているかを一度チェックしておいた方が良いでしょう。


※ちなみに今のところ、今回のタイトル変更が検索順位(ランキング)には影響しないと言われています。

お知らせ情報

■セミナー登壇のご案内
KACHIEL様から機会を頂戴しまして、久しぶりにセミナーに登壇します。

今回はweb集客の原理原則について語る予定です。
・起業したばかりであるが、集客に苦戦している経営者
・ホームページを作ったが、思うような活用ができていない経営者
・継続的に売上がたつ仕組みを作りたい経営者
・ネット集客の基本を押さえておきたい経営者
の方にはお役に立てる内容で構成してます。

開催日時:2021年10月22日(金)18:00~20:00

ご都合よろしければ是非、お申込みくださいませ。
※オンラインセミナーです。

https://provisit.jp/seminar/211022_fukuda/

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

YouTubeSEOとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

近年、スマホのカメラ性能の大幅UPと動画編集アプリの登場により動画制作はとても身近な存在になりました。

情報量の多い動画を活用することはこれからの時代において不可避と言えるでしょう。

ということで、今日はYouTube上でのSEO対策について解説してまいります。

YouTubeSEOとは

YouTubeはいわば動画検索プラットフォームです。
Google傘下であることから、利用者にとって最適な動画を提供して利用満足度を高めたいと思っているはずです。

そうなると必然的に検索時に上位表示させるためのテクニック(アルゴリズム)が存在します。

Google(検索エンジン)でのSEO対策についてGoogleより明示されていないようにYouTubeにおいても明示されていません。

なのでアップされている動画の情報をもとにした推測にはなりますが、今回は(おそらく)有効であろうと考えられるYouTube上でのSEO対策をいくつか解説してまいります。

まず1つ目は投稿動画の基本データの充実です。


基本データについて専門的な言葉を使えばメタデータと言います。

基本データとはタイトル、概要欄、タグ、ハッシュタグの4点を指します。

タイトルと概要欄はYouTubeで動画を視聴したことがある人ならご存知でしょう。
動画の内容をシンプルかつ分かりやすく伝えることがタイトルと概要欄の役割です。
タイトルは100文字入力することが出来ますが、冗長的だと視聴者にとって分かりづらいことから、25~50文字程度に収めるべきと言われています。
また対策したいコアキーワードをタイトルには含めておきましょう。

続いて概要欄には動画の内容を分かりやすくまとめる必要があります。
上限は5000文字に設定されていますが、500文字前後が良いと言われています。
500文字程度が絶対というわけでもなく、タイムスタンプと呼ばれる・・・
0:00 オープニング
0:20 今回の結論
1:30 詳細理由1

といった目次をつけてあげることによって視聴者にとってのユーザービリティが高まる場合など、視聴者のためになる工夫をする際の文字数オーバーは構いません。

タグは投稿時に設定できる動画の分類付けです。
投稿した動画が他者の関連動画に紐づけられる際のYouTube側の判断基準となります。ここでもコアキーワードおよび関連キーワードを設定しておきましょう。
タグについては数十個設定しても良いという説がありますが、個人的には多すぎるタグ設定はスパムとみなされるのではないかと考えているので3~10個程度が適当ではないかと思っています。

そしてハッシュタグは視聴時にタイトルの上に表示されている「#・・・」このことです。
ハッシュタグがあることで視聴者はハッシュタグを辿っていくことで自分の興味に関連する動画を見つけることが出来ます。視聴者ユーザービリティを高めるための機能と言えます。
よってここでも投稿した動画のコアキーワードや関連キーワードを設定しておくと視聴者に見つけてもらいやすくなるはずです。

以上が基本データのSEO対策です。

意外と説明が重くなってしまいました^^;
ここからはポイントをかいつまんで説明してまいります。

YouTubeSEO2つ目のポイントは動画クオリティです。

YouTubeでは投稿者の方へアナリティクスと呼ばれる分析ツールを提供をしています。
このツールを使うと、自身の動画の様々なデータを簡単に把握することができます。
この中でも視聴者保持率という指標が動画クオリティを(YouTubeが)評価する上で重要視していると言われています。
視聴者保持率とは視聴者がその動画を何分見たのかを示す指標のことで、この%が高ければ検索結果上位や関連動画にもヒットしやすくなるのです。

また視聴者からの評価も視聴者保持率同様に重要です。


高評価数、高評価の割合、コメント数、SNSシェア数などが視聴者からの評価に当たります。また動画の最後に投稿者の関連動画を表示させることが出来るのですが、この関連動画のクリック率も評価されています。

YouTubeでキーワード検索すると分かりますが、検索結果は必ずしも再生回数が多い順に並んでいるわけではありません。上述した視聴者保持率などをもとに動画を検索している視聴者にとって最適な動画を提供するようなアルゴリズムになっています。

よって再生数やチャンネル登録者数が少ないからと言ってチャンスが無いわけではないのです。

そして最後のポイントは、少しSEOからは逸れてしまいますが動画視聴数を増やすための工夫の話です。


具体的にはサムネイルと動画URLの露出数です。

皆さんもYouTubeのサムネイルが魅力的過ぎてついついクリックしたというご経験はありませんか?

たとえどんなに良い動画で、SEO対策がバッチリで上位表示されるようになって
もサムネイルが凡庸だと視聴者には見てもらえません。

サムネイルは分かりやすく、強烈なキャッチコピーを並べて引きを作らなければなりません。
このあたりのテクニックについては解説すると長くなるので、有名YouTuberのサムネイルをまずは皆さん自身で分析して真似するというのをオススメしています。

また動画URLの露出数についてはその名の通りで、投稿した動画のURLをブログやメルマガ、ホームページ、SNSに掲載するというクロスメディアアプローチのことです。

それこそチャンネル登録者数が少なかったり、動画投稿を始めたばかりであれば再生数は伸びません。積極的に他のweb媒体へ動画URLを載せる努力が動画視聴数を伸ばす上ではとても重要です。

如何でしたでしょうか。

良い動画を作るだけでは簡単にはバズりません。webのSEOと同様に、YouTubeにおいてもツボを押さえておく必要があります。

もし皆さんがこれから動画投稿を始めるのであれば、最短で最大のパフォーマンスを出せるようSEO対策を施せるようにしておきましょう!

弊社サービス紹介

いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから