社長ブログ

facebook投稿のいいね!を増やすOGP設定とは

 

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

facebookで投稿する際、ほんの少しの工夫をするだけで

ファンや見込客の目を惹くことが可能です。

今日は工夫のためのちょっとしたコツをご紹介します!
ea38f20a57a623e9323df706063cf34a_s

facebook投稿のいいね!を増やすOGP設定とは

 

facebook投稿の際、OGP設定をされていらっしゃいますか!?

OGPというのは、投稿時にリンクURLを貼り付けた際に、

リンク先のアイキャッチ画像やブログタイトル、ディスクリプションなどを

意図した通りに表示させる仕組みのことです。

 

弊社facebookページでも、このOGPを使って投稿しております。

https://www.facebook.com/doubleloop/

(※最近だと6/11の投稿がOGP設定しています。)

 

facebookでURLを差し込んだ投稿の経験がある方はご存知だと思いますが、

URLを投稿文に貼り付けると自動的に画像が表示されますよね?

あれこそがOGPです。

しかし、このOGP、時として表示させたい画像やタイトルが表示されない場合があります。

これはfacebookがタイトルなどの情報をキャッシュしていることが原因です。

facebookのデータベース上に既に1度、登録されたことがURLだとこのような現象が起きるのではないかと推測しています。

表示がうまくいかないケースだと、何度投稿を試みても意図した表示がされません。

 

では、どうすればいいのか!?というと・・・

Sharing Debugger

というfacebookの開発者向けツールを使うことで解決できます。

 

簡単ではありますが、このツールの使い方を説明します。

    1. Sharing Debugger を開きます。
      https://developers.facebook.com/tools/debug/sharing/

 

    1. 開いた画面の中段ちょっと上の方に「URLを入力」という欄がありますので、
      そこに投稿でOGP設定をしたいURLを貼り付けます。

 

    1. 画面右側の「デバッグ」をクリックします。

 

  1. そうするとキャッシュが再取得され、本来の(意図した)画像やタイトルが表示されるはずです。
    ※画面中段くらいの「Link Preview」で確認できます。

あとはURLを改めて投稿内に貼り付け直すだけです。

53930496575949926fefb046cd85898e_s

ひと仕事増えるため、「ちょっと面倒だな〜」と感じられたかもしれません。

しかし、このようなひと手間がリーチ数やエンゲージメント率を高めるのです。

facebookからの集客を増やすためにも、次回の投稿で是非お試しください!

 

facebookの動画広告が狙い目!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

きっと皆様もfacebookのタイムラインで1度は目にしたことがあるだろう

「動画広告のメリット」

について、今日は考えてみました。

もしかしたらビジネスにおいて、簡単に、尚且つ大幅な集客増を図れるかもしれません!

facebookの動画広告が狙い目!?

facebook広告が他の広告媒体と比べて、

ターゲティング精度が高く

業種・業態によってはとても効果的である

ことについては当メルマガで何度か述べてきました。

(ご参考:http://www.doubleloop.co.jp/2013/10/3533/

 

今回は、facebookへの広告出稿をお考え、もしくは既に出稿されている方には是非、

お試しいただきたい内容をご紹介します。

 

それが何かというと・・・・・

「 動 画 広 告 」 です。

facebookでは広告作成時に、動画と静止画のいずれかを選択します。

実は動画広告を選ぶと、便利で楽チンで有効的なのです!

 

では動画広告にはどのようなメリットがあるのか、いくつか挙げてまいります。
images

facebook動画広告メリット1:

 

テキスト20%ルールを超えた強烈な広告メッセージが発信可能に!≒効果UP

これまでにfacebookの静止画広告を出稿されたご経験がある場合は、

ご存知かもしれませんが、facebook広告には、

「テキスト20%ルール」というものがあります。

これは広告画像の中でテキストが占める割合を20%以内に留めなければならない

というものです。
実際に広告を出稿してみるとその制約の厳しさを痛感できるのですが、

広告画像の文章(テキスト)からは

「ターゲットに対して微々たる広告メッセージしか伝えられない」

と言っても過言ではないほどのテキストしか画像に入れられません。
しかし、動画広告であればテキストを動画に載せることでメッセージ量を増やすことが可能となります。
※出稿時に動画のサムネイル画像を選択するのですが、この時だけは静止画広告の出稿時と同じ「テキスト20%ルール」が適用されるため、動画のどの部分をサムネイルとして選択するかには注意が必要です。

facebook動画広告メリット2:

 

広告出稿が楽チン!≒手間の削減

メリット1と同様の理由で、テキスト20%ルールを気にせず広告を作れます。

そのため、これまでよりも遥かに出稿の障壁が下がり、気軽にトライ&エラーが行えます。

 

facebook動画広告メリット3:

CPAが低く抑えられる!≒コストの削減

静止画広告と比べると動画広告の方がCPAを安く(低く)することが出来たという事例が多くあがってきています。

動画広告なので、ターゲット顧客の目を惹きやすく(目に留まりやすく)、

それゆえにクリック率が高くなって、CPAを抑えられるということでしょう。
hqdefault

まとめ

このように動画広告を活用することで、

多くのメリットを享受することができる可能性があります。

けれどもこの話を私が紹介すると、たいていの方が・・・

「やりたい気持ちは十分にあるんだけど、動画を作ること自体が困難で。。。」

と仰られます。

しかし実は動画の制作がとても簡単な世の中に、今やなっています。
弊社でも3万円~(税別)で簡単な動画制作を行っています。

下記は、弊社で出稿したfacebookの動画広告です。
是非、ご覧ください。

会社6期を振り返って。

コラム以外では、久しぶりの更新となります。

このようなブログを書いているのはいつもこの時期で、
年一回のような気がします(汗)

さて、弊社は3月決算ですが、会社設立は5/27のため、
丸6年が経過しました。

昨年6期目は3人の採用(全てWEBデザイナー)を行い、
会社の売上も大きく伸び、充実した一年だったような気がします。

今期7期目は、既に事務所の移転も決まっており、(飯田橋近辺 6/末)
事務所の広さも今の倍以上になります。
当然家賃も、今の倍以上になり、責任も重いですが(汗)
気持ち新たに頑張っていきたいと思います。

また、その他の動きとしては、3年前から役員として入っていた
税理士、会計事務所専門のWEBコンサル会社
株式会社FISDESIGNSの全株式を取得し、ダブルループの子会社化
することが決定しました。

logo_main

FISDESIGNSは、設立がダブルループよりも6ヶ月程早いのですが、

税理士、会計事務所に特化したWEBコンサルを行っており、
クライアント数も相当数あるので、ダブルループと良いシナジーを
持ってやっていけるのではないかと思います。

そのような感じで、今年も盛りだくさんですが、
お客様に良いサービスを提供し、我々自身もそれに合わせて
成長していくという思いを元に今期も頑張っていきたいと思います。

最近、急ピッチで会社の体制を整えています。
(就業規則の作成や、評価制度、福利厚生、その他諸々)
これから人員を増強するにあたり、働く人が満足して、働き甲斐を持って
働けるような環境が重要と思っています。

まだまだ課題もたくさんありますが、目の前の一つ一つの仕事を
着実にこなしつつ、業務に邁進していきたいと思います。

オーディエンスネットワーク広告で販売機会を創出

 
お世話になっております。ダブルループの福田です。

夏がだいぶ顔を出してきました。

北海道では週末にかけて真夏日が続いたようですね。

私の知人で季節の変わり目が原因なのか風邪で体調を崩している方がいらっしゃいます。

皆様もどうぞお身体にお気を付けください。

さて、今日はfacebook広告の最新情報をお届けします!

 
29b3d682f3f6645e062d82769ba4437f_s 

オーディエンスネットワーク広告で販売機会を創出

 

今、facebookのオーディエンスネットワーク広告活用により、

最小限の投資で最大の効果(販売機会の創出)

を得る取り組みが注目を浴びています。

 
今日はそのオーディエンスネットワーク広告について解説します。
オーディエンスネットワークとは、

facebook社と提携している他のモバイルアプリに対して、

facebook広告のターゲティング機能を適用して広告配信できる仕組み」

のことです。

 

たとえば、Supership社というfacebookの提携企業のサービスを活用すれば、

CMで有名なグノシーやジョルダンといったスマホアプリの利用者に対して

広告を届けられるようになります。

 
スマホアプリ利用者に対して広告配信できることでどのようなメリットがあるかというと・・・・・
 
 

メリットその1

 
facebookを利用していない自社のターゲット層である見込客に広告配信ができる!

facebook広告の最たる特長は広告配信ターゲットを細かく設定できる点です。

オーディエンスネットワーク広告では、facebook広告で設定したターゲット情報をそのまま適用することが出来ます。

この機能を用いれば、facebookを利用していない見込客に対して、他の広告媒体(上述のグノシーなどのスマホアプリ)にて

プロモーションを行っていくことが可能となります。
 

メリットその2

 
煩雑な広告配信設定が不要!

facebook広告で設定したターゲティング情報をもとに広告出稿の設定が行えるため、

広告主にとって煩わしい出稿手続きが不要です。

しいてあげるなら、気を遣うところは入札単価の設定くらいでしょうか。
 
 

メリットその3

 
広告単価が低い可能性がある!

過去、facebook広告のクリック単価額でも触れたようにターゲティング設定次第で、

Adwordsなどリスティング広告に比べて低予算で広い露出を行うことができます。

 
9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s

 
 

このようにfacebookを広告出稿の窓口にしながら、

幅広い見込客にプロモーションを行うことが可能になりつつあります。
 

facebook社は広告売上の拡大を方針に掲げているので、

今後、このような媒体(アプリ)をまたいだ広告枠はますます増加していくことでしょう。
 

もしまだfacebook広告をご利用されたことない場合、

この流行とも言える広告網を是非、1度お試しください!

弊社ではfacebook広告運用代行というサービスを用意しております。

 
「自社ではとてもじゃないが運用できそうにないが、とても興味がある」

という場合はお気軽にご相談ください!
 

webサイトのアクセススピードで機会損失してませんか?

58bcc240291aeb191e242c1a6cb11860_s

webサイトのアクセススピードで機会損失してませんか?

 

最近、というよりここ数年、電車に乗ると次のように思います。

「本を読んでいる人よりもスマホを見ている人の方が多いじゃないか!」と・・

今や、スマホで欲しい情報を通勤・通学などスキマ時間で検索して、

手に入れる時代です。

 

このように、情報入手プロセスの変化に伴い、

Googleはスマホ(正確にはPCも対象)からサイトを開く

スピード=アクセススピードを重視し始めています。

 

Googleが、会社やサービスのwebサイトのアクセススピードを

どのように判定しているかを調べる方法について今日はご紹介します。

Логотип_Google_Developers

【アクセススピード判定方法】

1.「PageSpeed Insights」を開きます。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

2.画面中段の「ウェブページのURLを入力」と書いてある欄に会社のURLを入力し、

「分析」をクリックします。

 

3.そうするとわずか数秒で対象のwebサイトのアクセススピードが100点満点のうち何点なのかと判定されます。

 

このようなツールをGoogleが用意しているということは、つまり、

検索上位に表示されるためにはサイトのデザインや情報量だけでなく、

アクセススピードが今後、求められているということです。

 

もし、上述のスピード判定で結果が悪かった場合は、サイト内の構造を修正することで対策を図ることが可能です。

スマホやタブレットなど携帯機器で検索することが加速度的に進んでいくことでしょう。

企業にとってはスマホ対応は不可避と言えます。

 

スピード判定はもちろん、webサイトにどのような対策を施すことで
検索上位に表示されやすくなるかを診断・ご相談に乗ります。
どうぞお気軽にご連絡ください!

 

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから