社長ブログ

facebook広告の最新事情

facebook広告がどんなセグメントができるかご存じですか?

最近以前にも増して、様々な内容のfacebook広告を見る機会が増えてきました。

「この広告よく見るなあ」

「明らかにこの広告セグメントしてるなあ(●●大学出身の方御覧ください等)」

等facebook広告を見て感じる方も多いと思います。

facebook広告は嗜好性や属性によって、セグメントを区切って広告を出稿すること

が可能であり、この「ターゲティングの精度」がfacebook広告最大の利点と言え

るのですが、実際にどのようなセグメントができるのでしょうか?

nihonchizu_color_kenmei

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • 趣味

この4つをセグメントできるのをご存知の方は多いと思いますが、

ここから更に

1035386_2

  • 交際ステータス(既婚・未婚)
  • 家族構成(子どもの有無)
  • 勤務先
  • 役職
  • 業界

といったような、かなり細かいところまでセグメントすることができるように

なっています。

そして上記のセグメントができることから、需要が多くなっているのが、facebook

広告を求人に使おうという動きです。

人材が欲しい企業が人材採用ページに流入させるための広告を打つのですが、

その際に・・・・

  • 年齢
  • 出身大学
  • (中途採用の場合は)職歴
  • 資格
  • 関心事

などかなり細かく絞って募集をかけることが出来ます。

実際に、ある企業ではこの方法を使って、多くの有能な人材から同社のwebページ

へのアクセスをfacebook広告により得ています。

例えば、●●専門学校に通っている学生に広告を打ちたい、●●大学出身者に広告

を打ちたい、

このようなことがfacebook広告のセグメント機能を使って実現が可能になります。

このように「販売」だけでなく、「組織成長・拡大」という面においても

facebook広告は活用することが可能です。

もしあなたの会社が人材採用をしている場合、

facebookを活用すれば、採用コストを抑えながら有能な人材を採用できるかもしれません。

少しでもご興味あればお気軽にご相談ください!

???????

WordPressがSEOに強いワケ

CMSの代表格とも言える「Wordpress」

※CMS・・技術的なWEBに関する知識がなくてもテキストや画像があればWEBページ
を作成することが出来るシステムの総称。

wordpress-logo-hoz-rgb

WordPressがSEOに強い!

 

という話を聞いたことがある方も多いことでしょう。

その最たる理由としましては・・・

「内部SEOに最適化されている」

からです。

WordPressであれば、Googleの検索ロボット(クローラー)の動きに即したサイトが

自動的に作られていきます。

SEOの内部対策を施すうえで、

クローラーに認識されやすいwebサイトを作ることが重要である

ということについては前回のメルマガで書いた通りです。

前回のメルマガはコチラ→http://www.doubleloop.co.jp/2015/07/4460/

Googleの関係者が

『Wordpressによるwebサイトの構築はSEO対策の80%を満たす選択だ』

といったことを述べているくらい、SEOという観点でいえば、

水準以上のホームページを制作することが可能です。

ただし、注意すべき点としては、Wordpressだからといって劇的なSEO効果が望める
わけではないということです。

あくまでもそのサイト構造上、SEO対策した際に優位に働きやすいものになって
いるということに限ります。

とはいえ今後は、web制作会社に頼ることなく、時流に合わせたSEO対策を自社に
て行っていくべき時代が来るはずです。

その時には、Wordpressで作ったサイトに有益なコンテンツを、次々と追加していく
ことで、検索上位に表示されるようになっていきます。

自社のwebサイトも未来を見据えてWordpressに置き換えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに弊社では低価格でサイト制作が可能な「Wordpressテンプレート」を
販売しております。

http://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

WordPressでのサイト制作、どうぞお気軽にご相談ください♪
????????

SEO内部対策ってまだ重要なの?

SEO対策について近年は「コンテンツ イズ キング」と表現されているように、

読者・ユーザーにとって欲しい情報が得られる記事を書くことが重要視されています。

では、それ以前まで注目を浴びていた「外部対策」「内部対策」がSEOにおいて軽視されているのか?というと、決してそのようなことはありません。

 

今回は内部対策の重要性とポイントをお伝えします。

ampoules économie d'énergie

 

そもそも内部対策って何なの?と言いますと・・・

検索結果で自社サイトを上位表示させるために、検索エンジンに対して自社サイトを正しく評価してもらうための施策のことを指します。

そしてその対策は大きく2つに分類されます。

  1. クローラーが来やすくするための対策
  2. クローラーが正しくサイト内コンテンツを理解するための施策

(※クローラーとは、Googleがwebサイトを評価するためのロボットと呼ばれるものです。)

この2つの内部対策を施しておかなければ、Googleなどの検索エンジンに「良いサイト」だと評価されず、それゆえ検索結果で上位に表示される可能性が下がります。

 

ではまず(1)の具体策を挙げてみます。

クローラーが来やすくするための対策

いくつかの対応すべきポイントがありますが、最もやっておくべきことは・・・

  • XMLサイトマップを作成して送信することです。

サイトマップをGoogleに送信することでクローラーが巡回するキッカケになります。
作成・送信方法としてはWebマスターツールから「サイトマップの追加」を設定すれば完了です。また、Wordpressをお使いであれば「Google XML Sitemaps」と
いうプラグインを利用すれば簡単に作成・送信することが可能となります。

 

次に(2)についてですが、こちらはやるべきことが結構あります。

クローラーが正しくサイト内コンテンツを理解するための施策

  • title、description、keywords、h1それぞれのタグの中に対策キーワードを含めること
  • ページネーションには数字を利用すること
  • URLの統一(wwwの有無)

このそれぞれの対応策についてはWEBで検索していただければすぐに出てきます。
また、対応が特別困難なものではありません。

 

今日のメルマガには専門的な言葉が並んでしまいましたが、大切なことは・・・

『クローラーの行動特性に合わせて、ちょっと気の利いたサイト構造』

にするだけです。

このために今日挙げた対策は難しいものではありませんし、記事をサイトにアップしておられる場合は、明日から気をつければSEO対策に大きな効果が表れるかもしれません。

せっかくの良質な記事をもっとSEO上、有効に利用していくためにも対策すべきです。

まずは上述の1、2、そしてその中の対応策があなたのサイトにて実施されているかをご確認ください。

出来ていなくても焦る必要はありませんし、改善することは容易です。

むしろSEO対策に伸びしろがあると捉えましょう。

 

Office building on a background of the blue sky

 

 

facebookの便利なプラグインが廃止!?

facebookのLike Boxというプラグインをご存知でしょうか?

Like Boxをwebサイトやブログに設置すると、facebookページへのリンクと
「いいね!」をサイト上に表示できるようになります。

これによりfacebookページが充実していて一定数以上のファンがいれば、
この情報をwebサイトに表示できることからサイトのブランディングに用いることが
可能になるという便利なツールです。

このLike Boxが今週6月23日に終了しました。

「えっ、ウチの会社のwebサイトでたぶん使っていたのだけど・・・」
と焦られた方もいるでしょう。

終了とは書きましたが、実は新たな機能がリリースされています。
その名も「Page Plugin」というもので、こちらで設定をし直せば
これまでと同様にwebサイト上にfacebookページ情報を表示させることが出来ます。

よってLike Boxをご利用されていた場合、Page Pluginに切り替えてご利用くださいませ。
※Page Plugin設置方法は下記をご覧ください。
https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin

Conceptual symbol

 

またLike Boxに限らず、facebookのプラグインがいくつか終了予定のものが
あります。

SNSとwebサイトの連動は、今後よりいっそうスタンダードになっていくことが予想
されます。
連動させるツールがいつの間にかサービスが終わっていて・・・と
いうことがないよう随時最新情報をアップしてまいりますが、
お使いのサービスについては定期的に更新情報をご確認いただくことを
オススメします。

child with notebook sit blue sky

 

会社設立5年を振り返って

web戦略のコラムは定期的に更新していましたが、社長ブログは本当に久しぶり

の更新です。

弊社は5/27が設立日のため、丸5年が経過しました。

前職で勤めた期間がちょうど5年だったので、前職と同じ期間を独立して過ごした

ことになります。

会社の方は、おかげさまで売上も利益も順調に推移をし、固定のお客様がかなり

増えてきました。

目下の課題は人材の採用です。

今年はWEBデザイナーとWEBディレクターの採用を行い、自社の人材を育てて

いきたいと思っています。

また仕事の内容も、昨年くらいまでは制作のみの依頼が多かったのですが、

最近はお客様の方から、保守やコンサルをやって欲しいとの依頼が増えて

きました。

お客様との信頼関係が築けてきた部分もあると思います。

今期は、制作やコンサルだけでなく、左記以外の新しい事業も展開できればと思っています。

また、今回営業強化に当たって、販促ツールを作成しました。

 

IMG_2242

今期はこの営業ツールも上手く活用しつつ、攻めの営業も行っていき

たいと考えています。

最近、業務が多くなった関係で、レスポンスが以前と比べて遅くなっている部分も

ありますが、

うちはレスポンスの早さで信頼を勝ち取ってきた部分もあるので、初心を忘れず、

クイックレスポンスを遵守できるように今期も頑張っていきます。

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから