社長ブログ

facebookページ運営のポイント

お世話になっております。ダブルループの福田です。

さて、今日は久しぶりに会社(サービス・製品)のfacebookページ運営のコツについて書いてみます。

facebookページで問合せ獲得や集客を実現したい方は是非、ご覧ください。

 


facebookページ運営のポイント


 

自社や自社サービスのfacebookページを作っておくことは、見込客獲得において大いに有効です。

というのも「いいね」をクリックしてもらうだけで、クリックしてくれたfacebookユーザーにいつでも情報を届けられるようになるからです。
※ユーザーがフォローを解除しないことが前提ですが。

一言でいえば

掴んだ見込客を離さない

ということがfacebookページで運用することが出来るのです。

そんなfacebookページを過去に作られた方、もしくはこれから作ろうとしている方に弊社が推奨している設定箇所を今日はレクチャーさせていただきます。


◎見込客がfacebookページを見つけやすくするための設定

・ビジネスカテゴリの設定
facebookページではカテゴリを最大3つまで設定することが出来ます。
会社や製品・サービスに当てはまるカテゴリを設定しておくことで、見込客がfa
cebook上で検索した際に見つけてもらいやすくなります。

・住所を追加
店舗ビジネスの方は住所を登録しましょう。
Googleで近くのカフェや物販店舗を検索するように、facebookでも検索される方
はいらっしゃいます。
その際に住所を登録しておくと見つけてもらいやすくなります。


◎見込客が問合せたくなるようにするための設定

・写真を追加
プロフィール画像とカバー画像を設定しましょう。
見込客はfacebookページを細かく読み込んではくれません。

よって、パッと見て「求めているサービス(会社)のようだ」というインパクトを与えねばなりません。

一瞬でメリットを感じてもらえる写真・画像を設定いただくことをオススメします。
ちなみにカバー画像については動画を設定できるので、サービスや会社に関する動画をお持ちの場合は動画を設定した方が効果的なケースもあります。

・webサイト情報を追加
webサイトのURLをfacebookページに追加しておきましょう。
当然のことながらfacebookページ上でサービスや会社に関して伝えられることは限られます。

また興味を持ってくださった見込客に検索エンジンを開いて社名やサービス名で検索してもらうというのは不親切といえます。

webサイトがあるならば必ずfacebookページに設定するようにしましょう。

・営業時間を都度更新
店舗ビジネスの場合は営業時間を変更した際には必ずfacebookページ上の営業時間情報を更新するようにしましょう。

もし営業時間中なのに過去の情報によりfacebook上では閉店時間扱いになってしまっていたら機会損失です。
また反対に閉店時間にも関わらずfacebookでは営業時間中にしている場合は、顧客満足を損なうことが考えられます。

・おすすめをオンに
facebookユーザーが皆さんのfacebookページに評価・レビュー・おすすめを投稿できるようにする設定です。
おすすめをオンにすることで評価など顧客の生の声がfacebookページに反映されるようなるわけですが、現代のマーケティングにおいてwebの口コミは最重要コンテンツと言っても過言ではありません。

 

今日のところはここまで。
1つでも未設定な箇所がある場合、是非、設定してみてください。

facebookページは日々コツコツと運営していくことでマーケティング資産として活用できます。
日々の積み重ねを続けていけば無料で見込客を獲得できます。

運用で何かお困りの際には無料相談を承っておりますので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

 


■お知らせ情報


 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

 


■弊社サービス紹介


 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」

wordpressを活用したホームページ10万円パック

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」

facebookページ制作19,800円~

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」

Facebook広告運用代行:月額40,000円(税別)~

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

ホワイトハットSEO

 


■編集後記


熱い熱いラグビーW杯が終わりましたね。
日本代表の戦う姿勢、そして過去最高成績という結果には心を打たれました。

感動をありがとう!ラグビー日本代表!

 

検証不要で最大効果を得られる広告運用とは!?

お世話になっております。ダブルループの福田です。

マーケティングにおいて、最小投資で最大効果を得るためには「検証」が欠かせません。

今日は検証いらずの便利な広告運用について紹介します。


検証不要で最大効果を得られる広告運用とは!?


マーケティングに限らずですが
「検証」は経営活動において中核をなすプロセスです。

ことマーケティングにおいては費用対効果を正しく判断するために
欠かせないプロセスといえます。

検証の例をあげてみましょう。
リスティング広告で自社サービスの広告を出稿したとします。

1種類の広告文を作成して、とりあえず運用を開始してみました。

1ヶ月が経ち、運用データを見たところ、あまり成果が芳しくありません。

なので広告文を抜本的に見直してみました。

すると以前よりは高い成果が出るようになってきました。
広告文を一例として検証例をあげてみましたが、
マーケティングではこのように実施したアクションに対する成果を
対比でチェックする検証活動を行うことで、
より高い効果を得られるようになります。

リスティング広告では上述の例の通り、
これまでは運用者、つまり自社の社員が費用対効果を見極めながら、
運用を見直していかなければいけませんでした。
ところが(ここからが本題です)

最近のGoogle広告では検証いらずの広告文運用

が可能です。
「レスポンシブ検索広告」という出稿方法なのですが、

あらかじめ広告文を複数パターン登録しておくと、

検索側(お客様)にとっても運用側(自社)にとって

も最適な運用を行ってくれるというスグレモノです。

事前に登録しておいた複数の広告文をお客様の検索嗜好に合わせて、

最適な形で表示させるというのが検索者メリットです。
一方、運用側にとってはクリック率が高いなど

成果の高い広告文を優先的に配信するといった

費用対効果を加味した運用を自動的に行ってくれるのです。
Googleの機械学習を活かした新機能なのですが、

運用側の検証負担を減らすことができるのもメリットの1つと言えるでしょう。
このようにweb広告は以前に比べて格段に進歩しており、
短期的に高い費用対効果を出せるシクミがかなり整いつつあります。
まだリスティング広告をやったことがない、けど興味はある・・・

という方にとってもだいぶ出稿しやすい手順と管理体制が出来上がっています。

是非、ご興味ある方はトライしてみてください。

また運用でお悩みの方はどうぞお気軽にお問合せくださいませ。

 

 


 

■お知らせ情報

 


 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

 


 

弊社サービス紹介

 


 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 


 

■編集後記

 


 

10月ももう終わりですね。今年も残すところ約2ヶ月。
万全の状態でオリンピックイヤーを迎えられるようラストスパートですね。

競合分析によるSEO対策

お世話になっております。ダブルループの福田です。

3C分析、この言葉に出会ったのは大学生の頃でした。

当時はサラッと聞き流していましたが、

社会人になってからというものの常に意識させられる言葉です。

実はSEO対策においても重要です。

 

ということで、今日は3C分析×SEO対策について解説してみます。


競合分析によるSEO対策


 

経営戦略の考え方の1つに「3C分析」というものがあります。

Customer(市場/顧客)
Competitor(競合)
Company(自社)

の頭文字をそれぞれとって、3C分析と呼ばれるこの考え方については

ご存じの方も多いことでしょう。

念の為解説すると自社を取り巻く環境を明らかにして、
市場、そして競合優位な戦略を築くためのフレームワークのことです。

このフレームワークはSEO対策においても有効です。

実はこれまで当ブログで紹介してきた
SEO対策のほとんどは3C分析に当てはまります。

直近でいうと前回の「UX重視のSEO対策とは」もまさにコレで
顧客に対して自社優位性をわかりやすく訴求していくことが
SEO対策において妙手であるということを解説しました。
https://www.doubleloop.co.jp/2019/09/7965/

 

今回は3Cの中から競合についてのSEO対策を考えてみます。
まず、SEOとは結局のところ、市場での競争と同じです。

ターゲット顧客が検索するであろうキーワードに対して、


良質な記事を作ることで上位表示することができ、

問合せを獲得することができます。

これを市場競争に置き換えると


ターゲット顧客が抱えているであろう課題に対して、

高品質なサービスを開発することで、

課題を解決することができます。

と表現できます。

一緒ですよね。

 

 

よってSEO対策においても競合分析、競合調査はとても重要です

競合サイトの調べるべきは

・対策を施しているキーワード


・そのキーワードに対するコンテンツなど記事

です。

 

 

まず対策を施しているキーワードについて。

こちらはSEOチェキというツールを使うと簡単に調べることができます。

SEOチェキ:http://seocheki.net/

SEOチェキを開いて競合企業のURLを入力します。

するとサイト解析情報が表示されます。
解析情報の中に「キーワード出現頻度チェック」という枠があります。

ここの「チェック」ボタンをクリックすると、

そのページで使用されているキーワードが出現回数の多い順に並びます。

言い換えれば、

そのサイトがSEO対策を行っているキーワードの順に並んでいる

とほぼ同じ意味です。

これにより競合サイトのSEO対策傾向がつかめます。
次にその対策している上位キーワードの(競合サイトの)検索順位を調べます。

「キーワード出現頻度チェック」の上に「検索順位チェック」という枠があります。

この検索窓に対象キーワードを入力して「チェック」をクリックします。

そうすると、Google・Yahoo!それぞれの検索順位が表示されます。

たとえば調べたキーワードの(競合サイトの)検索順位が1位だった場合、

その競合他社はかなりSEO対策していると言えます。
キーワードによりますが、1位になることはなかなか簡単なことではありません。
よって2位以下のキーワードを見つけましょう。
2位以下のキーワードを見つけたら、次にそのキーワードで

実際に検索してみます。
この時にGoogleChromeならばシークレットモード

EdgeならばInPrivateウィンドウでブラウザを立ち上げます。

通常、ブラウザでは検索者の過去の検索や参照したページなどの

報資産をもとに検索結果を表示します。

シークレットモード、InPrivateウィンドウならば

過去の検索を考慮しない検索を実施するため、検索者視点での検索が可能です。

話を戻しまして、対象キーワードをシークレットモードで検索し、

競合他社のサイトが見つかったとします。

そのサイトを開いてみます。

すると、対象キーワードで上位表示している

競合サイトの特定のページが開きます。

 

この競合サイトのページを参考に

競合よりも検索上位になるようなサイト作りを目指すのです。

これが3C分析によるSEO対策アプローチです。

競合サイトがどのような情報を上げていて、


どんなキーワードを散りばめているのか。


参考になる表や画像はあるか。

などなど見込客の立場になって競合サイトを眺め、分析しましょう。

分析結果を自社のサイトにフィードバックし、

修正を試みて、数週間・数ヶ月後に

競合サイトより上位に表示されるようになっていれば対策完了です。

同様の方法で他のキーワードについても対策を行っていきます。
以上がSEO対策における3C分析です。

SEO対策は原則、顧客目線での改善が求められます。

とはいえ自社サイトとにらめっこばかりしていると、いつしか主観が先行してしまいがちです。

競合サイトからヒントを得て、

対策を行うということも時に必要だと思います。

そんな時は今日の方法を用いて対策してみては如何でしょうか。

 

 


 

■お知らせ情報

 


 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

 


 

弊社サービス紹介

 


 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 


 

■編集後記

 


 

季節の変わり目で風邪をひいたのか、鼻水が止まりません。
昼と朝晩で寒暖差が割とありますので皆さんもお気をつけください

UX重視のSEO対策とは

 

お世話になっております。ダブルループの福田です。

 

 

横文字が多いweb業界ですが、そんな中でも最近特に注目されているのがUXです。
今日はUXについてあまりご存知ない方への解説記事を書いてみました。

 


 

UX重視のSEO対策とは

 


 

UX(ユーザーエクスペリエンスの略称)という言葉を皆さんはご存知でしょうか?

UXとはザックリ申し上げると「検索者(ユーザー)の利便性」ことを指します。

少し噛み砕いて説明すると、何かしらのお困りごとを抱える検索者がGoogleや
Yahoo!で検索し、皆さんのサイトに辿り着き、そこで利便性を感じてもらえたか
どうかということです。

GoogleはこのUXをとても重視しています。

検索者が「利便性が高い」と感じたということはつまり、Googleが検索者のニーズを満たしたと言えるからです。

そう考えると、UXが良ければ検索順位は自ずと上がっていく(SEO対策になる)はずですよね。

 

では次に考えるべきは「利便性」って何!?ということになります

利便性はサイトによって定義が異なります。

ザッと網羅的に挙げるならば・・・

・求めていた情報が分かりやすく掲載されていた
・さらに他にも発見(副次的効果)があった
・サイトのデザインが良かった、見やすかった
・とても使いやすく、情報に辿り着きやすかった などなど

このようなwebサイトが利便性が高いと言えるでしょう。

 

具体的に何をするかを説明する前に、UXと似た言葉である「UIについて説明致
します。

UIとはユーザーインターフェースの略称です。

webサイトのデザイン(色や配置、文字フォント・サイズなど)
コンテンツの配置、導線
のことを主に指します。

UXと何が違うかというと、UIはUXを上げるための手段です。
デザインを変更≒UIを変更することで、検索者の利便性が高まり、UXが上がりま
す。このようにUX向上のために手を打つ対象がUIなのです。

 

では具体的な施策としては・・・・については過去に当メルマガ書いてきた通
りです。

最近の内容だと

「Googleが重視するE-A-Tとは」
https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7840/

「引用で検索順位UP」
https://www.doubleloop.co.jp/2019/07/7858/

 

こういった1つ1つのテクニックを駆使しながら、検索者にとって見やすく分かり
やすく、そしてお悩みを解決するコンテンツを提供していく、そうすれば自ずと
検索順位は上がっていくはずです。

 

UXという観点からサイトの見直しを行いたい場合は無料相談を承っておりますの
でどうぞお気軽にお問合せください。

 


 

■お知らせ情報

 


 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

リリースにあたってオープン記念キャンペーンを実施しております

●〇企業向けキャンペーン〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

そして、9月末までの企業様向けリリースキャンペーンとして、今なら採用決定時
の成果報酬手数料が・・・・

20%になっています!!
※通常は30%の手数料を頂戴します。

詳しくは
https://jobspo.jp/customer
コチラのページをご覧ください!

 


弊社サービス紹介

 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 


 

■編集後記

 


 

一気に秋が顔を出してきました。
今年は例年に比べて夏の期間が短かった気がします。

早く衣替えして季節に追いつかなくては^^;

 

Facebookのストーリーズを使ってみよう

 

お世話になっております。ダブルループの福田です。

 

 

10~20代の若者世代ではInstagramのストーリーズ大人気です。
実は同じ機能がFacebookにも搭載されています。

ということで今日はFacebookのストーリーズの機能、そしてその用途について書いてみました。

 


 

Facebookのストーリーズを使ってみよう

 


 

Instagramのストーリーズの利用率が急成長しています。

通常の投稿ではなくストーリーズのみを利用したり、投稿以上にストーリーズの
更新頻度を高くしているユーザーがかなり増えてきています。

ご存じない方のために補足すると、ストーリーズとは撮影した写真や動画を瞬時
にアップする投稿手法のことです。

 

その最大の特徴は投稿後24時間経つと自動で消えるという機能です。
この自動的に消えるという機能がこれまでのSNSにはなかったものです。
ストーリーズ登場以前は、過去の投稿を消すためにはユーザーが意志を持って削
除するしかありませんでした。

自分の投稿欄(フィード)に残り続けることがないため、気軽に利用できること
がストーリーズ躍進の最大の要因だと思われます。

 

一方、通常の投稿はオフィシャル的というか厳選した1枚の写真、1つの動画を
アップするという具合に、ストーリーズと利用方法を区分けされている方が多い
というのが私の印象です。

 

そして今日の本題ですが、このストーリーズに類似した機能が実はFacebookにも
搭載されているのです。

 

その名も「ストーリーズ」という名称で、全く同じです。

 

搭載されている機能についてもほぼInstagramのストーリーズと同じです。

個人アカウントであれば、スマホのFacebookアプリを立ち上げると画面上部に
「+ストーリーズ」という枠があるはずなので、そこをタップし、あとは画面に
従って写真や動画をアップロードして加工するだけです。

 

企業アカウントやサービスアカウントなどFacebookページでももちろんストーリーズは利用可能です。

個人的にストーリーズはFacebookページにおいても有効活用できるのではないかと考えて(捉えて)います。

・サービスや商品の疑似体験
・実績紹介
・社員やオフィスなど会社の雰囲気を紹介

このようにFacebookページのストーリーズを、自社や取り扱うサービスやブラン
ド認知のために活用することが出来るはずです。

多くの情報を発信していく必要のあるブランド認知活動において、投稿した内容
24時間で自動的に消えるという機能を活かし、手軽に積極的な情報発信できる
この機能を活用しない手はないでしょう。

 

ストーリーズでは自社(サービス)を身近な存在に感じてもらう情報を、
通常の投稿では会社オフィシャルとしての情報を発信していけば、皆さんのマーケティングにおいて有益に活きるはずです。

まだストーリーズを試されたことがないのであれば、是非、この機会にお試し
ください。

 


 

■お知らせ情報

 


 

■弊社新サービス「JOBSPO(ジョブスポ)」リリースキャンペーン
ダブルループは8月1日に「有料職業紹介」の免許を取得し、
体育会・アスリート・スポーツ経験者のための
転職エージェントサービス「JOBSPO(ジョブスポ)」をリリースいたしました。

JOBSPO:https://jobspo.jp/

リリースにあたってオープン記念キャンペーンを実施しております。

 

●〇 企業向けキャンペーン 〇●
中途採用にお困りの企業様は是非ご登録ください!
(登録は無料です。)

登録はコチラから:https://jobspo.jp/customer

そして、9月末までの企業様向けリリースキャンペーンとして、今なら採用決定時
の成果報酬手数料が・・・・

20%になっています!!
※通常は30%の手数料を頂戴します。

詳しくは
https://jobspo.jp/customer
コチラのページをご覧ください!

 


弊社サービス紹介

 

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/


 

 


 

■編集後記

 


 

昨日は都内在住のスタッフでさえも公共交通機関の混雑で出勤は容易でないだろ
うと判断し、普通に出勤できた2名を除いて、在宅勤務にしました。

IT活用により在宅でもコミュニケーションに困ることはありません。
便利な世の中になったものです^^;

 

1 / 5612345...102030...最後 »

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから