Google広告のスマート自動入札とは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

皆さんご存知の通り、リスティング広告で高い成果を得るためには仮説検証を細
かく繰り返す必要があります。

とはいえそこまでのリソースがない会社も多いことでしょう。

そんな会社に向けた機能の1つが今日ご紹介するスマート自動入札です。

Google広告のスマート自動入札とは

リスティング広告、ことGoogle広告ではGoogleの機械学習を用いて入札単価を
自動で最適化してくれる機能があります。

それが「自動入札」という入札戦略の機能です。
自動入札を使わない場合は手動入札で単価調整しなければなりません。つまり
人の手で都度細かく配信設定を行っていく必要があります。

自動入札は、検索者のデバイスや所在地などの属性データ、検索語句やサイトで
の行動などのデータをもとに入札単価が最適化されていく仕組みになっています。

噛み砕いていえば
短いスパンで細かく設定する余裕がない!
という会社向けの機能が自動入札です。

また、上で「入札戦略」と書きましたが、これはその名の通り自動入札の戦略の
ことです。クリック数を最大化させる、コンバージョン数を最大化させる等と
いったプランががあり、そのプランに応じて自動入札を行ってくれるというもの
です。

そして、今日のタイトルにある「スマート自動入札」
これは自動入札の一部のことを指します。
自動入札の中でも特にコンバージョンを増やす目的としたプランをスマート自動
入札
と呼びます。

スマート自動入札には2つの入札戦略があります。

1.コンバージョン数の最大化を狙うプラン
2.収益の最大化を狙うプラン

1について
これはキャンペーンで設定した1日の予算を消化しながらコンバージョン数が最
大化されるように入札調整を行う戦略です。

予算に応じて最も低いコンバージョン単価が設定されるよう最適化されていきま
す。

また1のプランでは目標コンバージョン単価を設定することが可能です。ここで
設定した単価で出来る限り多くのコンバージョンを目指すという方法ができま
す。

2について
これはコンバージョンによって得られる収益に基づいた入札戦略のことです。
コンバージョンを多く得るというよりも、収益を獲得できそうな、つまりビジネ
スに繋がる可能性や価値の高いコンバージョンを得られるようなターゲットユー
ザーに対しての配信を重点的に行うべく配信の最適化が行われます。

スマート自動入札ではGoogleの高度の機械学習を活用して効率的な広告運用を
行うことが可能です。

一方でこれまでのコンバージョン数が少ないなどといった過去の運用データが
乏しい場合、学習するデータが不十分のため、高い成果を得られない可能性が
あるというデメリットが存在します。

手動運用、自動入札それぞれにメリットとデメリットがあります。

皆さんの会社のマーケティング戦略や運用リソースに応じて適切な手法をお選び
ください。

弊社サービス紹介

できるだけ早くWEB集客を実現したい!「月額25,000円~のリスティング広告運用」

企業版facebookページを作成「19,800円~のfacebookページ制作」

ターゲットを絞って効率的に集客「月額30,000円~のfacebook広告運用代行」

被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」

執筆者紹介

福田英明
福田英明
株式会社ダブルループ 代表取締役

明治大学卒業後、大塚商会に入社、営業経験を経た後に
楽天株式会社に転職。
楽天ではビジネスマッチングサイト「楽天ビジネス」にて
営業・コンサル・マーケティング・事業企画の業務に
従事。
2010年に、株式会社ダブルループを設立後、多くの企業の
ホームページ制作及びWEBコンサルティングを行う。
また、大小問わず様々な企業にて、WEB戦略に関する講演
を多数行っている。累計講演回数150回以上。

【著書】
「まるっと1冊でわかる! 起業を決めたら最初に読む本」 
翔泳社
第三章 「ホームページ作成で必要なこと」執筆

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから