webマーケティング的DXとは

お世話になっております。ダブルループの福田です。

最近のビジネスニュースでは何かとDXというワードが飛び交っています。
今日はweb制作、いやwebマーケティング的なDXについて考えてみます。

webマーケティング的DXとは

DXは2004年にスウェーデンのある大学教授が提唱しました。
当時は
「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」
という概念的な定義でした。

では最近、唱えられているDXはどうなのかというと、2018年12月に経産省がま
とめた「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン
(DX推進ガイドライン)」によると

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して 顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上 優位性を確立すること」

と書かれています。

これを私としては

データと最新技術を駆使して社内外で変革を起こすこと=DX

と捉えています。

AmazonはDXの最たる例でしょう。
「買いに行く」という購買行動をwebと物流によって変革しました。

またデータ活用により消費者の潜在ニーズを「この商品をチェックした人はこん
な商品もチェックしています」によって顕在化させることすら出来るようになっ ています。

このように業務変革により顧客の生活を変革すること、これがDXです。

ではwebマーケティング的DXはどのようなものかというと大きく2つありまして

・サービスを必要としている顧客に最適なプロモーション(※)を行うこと
・売りやすくなること

※広告内容や広告手段、広告投資額

この2点です。

前者については当たり前の話なのですが、意外とできていない企業が多くいらっ
しゃいます。
過去のマーケティング成功体験に引きずって、SNSなど最新の広告媒体を活用し
ていないというのはよくある話です。

これよって新規顧客層を取り込めなかったり、費用対効果がイマイチなマーケ
ティング施策を行っていることが考えられます。

後者に関して、マーケティングとは「必要としているお客さんに自動的に売るこ
と」が究極のゴールです。

ところが営業部門があることはまだまだ当たり前です。withコロナ時代では価値
観が少し変わってくるかもしれませんが、営業マンという人が売ることが一般的 な考え方です。

この人に頼ったセールスを軽減してあげることもwebマーケティング的DXです。
営業マンを介さずとも売ることが出来たら、営業人件費の削減はもちろんのこと 企画や商品開発にリソースを割くことが出来るようになります。

このようにDXを考える際には「社内の当たり前」「顧客へのサービス提供方法・ 手順における当たり前」など社内外の当たり前的価値観に目をつけるようにするべきです。

webマーケティング的DXについてお悩みの方はいつでもご相談ください。
DXは会社によって異なるのです。ネットの記事に振り回されないよう自身、自社 を見つめて考えてみましょう。

弊社サービス紹介

■いつでも自分でページを作成できる「WordPress付き!ホームページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/hp/wp/

■SNS活用で集客倍増!?「facebookページ制作」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

■ターゲットを絞って効率的に集客「facebook広告運用代行」
 https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/adsupport/

■被リンクに頼らず検索上位へ!「ホワイトハットSEOサービス」
https://www.doubleloop.co.jp/business/solution/seo/

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから