ネット利用はスマホがメイン!?

お世話になっております。

ダブルループの福田です。

 

皆さんはインターネットをご利用される際に、

スマホPCどちらのデバイスを用いていますか?

 

今回はインターネットにアクセスするデバイス(端末)に関する

最新統計データをお送り致します。

 

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

ネット利用はスマホがメイン!?

 

スマホでのインターネット利用が今や当たり前になっていることは

周知のとおりです。

 

ではインターネットを利用する端末の利用率について・・・

【スマホだけ】 vs 【PCだけ】 vs 【スマホ&PC】

このような比較をしたとき、どれが最も割合が高いでしょうか?

 

LINE株式会社の

「〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年上期)」

によると・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  46%  :  6%  :  39%

という調査結果が得られたとのことです。

 

さらに、10代は「スマホだけ」が70%に上がり、

逆に50代では「スマホだけ」は33%にとどまり

「PCだけ」が16%へ増加しています。

 

ちなみに間の30代はというと・・・

 スマホだけ vs PCだけ vs スマホ&PC

=  4%  :  4%  :  39%

とちょうど平均といえる数値を示していました。

 

このデータが示す通り、

インターネットへアクセスする端末としては

スマホが圧倒的な地位を築いています。

 


 

ではWEB戦略上、どのようなことを考慮したり、

検討すべきか、私の考えを書いてみましょう。

 

まず、上述のデータからわかる事実、そして可能性として・・・

・スマホのみのネット利用者がいる

・若年層(10〜30代)はPCのWEBサイトよりスマホのWEBサイトに慣れている

・ネットにアクセスするのはまずはPCで、という人は超少数派と思われる

・むしろ調査対象にネット系の会社に勤めている人がいるとしたら、

 PCのみの人の割合は限りなく0%に近づくのでは?

などなど様々な推測が出来ます。

 

推測から考えられることとして、

「PCのみのWEBサイトはスマホ対応しないと間違いなく機会損失を生む」

ということがハッキリ言えることでしょう。

※もちろん業種によってはスマホ対応する必要性が

 とても低いと言える場合もあるでしょう。

 

ビジネスにおいて重要なことは『顧客視点』です。

 

顧客がスマホを利用して、皆さんの会社やサービスの

WEBサイトにアクセスする可能性が高いことは

ここまで書いてきた通り今や当たり前なのです。

 

これまではキャッチコピーやフロント商品を開発すること、

そしてどの広告に出稿すべきかが

WEB戦略においては重要視されていました。

 

しかしこれからは、

スマホで見やすいサイトにする

スマホで見やすいコンテンツを作る

スマホで問合せやすい動線を構築する

といったことをプラスアルファとして考えていくことが重要です。

 

WEBサイトのスマホ対応についてお悩みの場合はどうぞお気軽にご相談ください。

webサイトのスマホ対応ならダブルループ

 

 

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから