PCとスマホのSEOが分離!?

ダブルループの福田です。

最近、何か気になっていることや考え事をする際のヒントは、

移動中にスマホで情報を探すようになりました。

 

 

スマホで検索。

気になったサイトがあれば、ブックマークしたり、メモに残す。

そして、後々パソコンでじっくりと読み込む。

 

 

このような思考行動プロセスです。

 

こうなると、スマホで見やすいwebサイトの方が当然、閲覧しようという気持ちが働きます。

 

そんな矢先、GoogleよりスマホとPCの検索評価に関する発表がありました。

 

 

今回のWEB戦略コラムは、これをテーマにお話しします。

 

images-1

 

PCとスマホのSEOが分離!?

 

 

先日、

「Googleが、パソコン版とスマートフォン版のインデックスを分離することを発表した」

というニュースが入ってきました。

 

これは端的に言うと・・・

 

パソコンとスマホのそれぞれにおいて、webサイトが適正かどうかを評価する

という意味です。

 

スマートフォンが普及してから今日まで、

基本的にはPC版のSEO対策がPCにもスマホにも反映されていました。

 

それが近年になって、

「スマホでも見やすいwebサイトに加工されていること」

がSEO対策で評価されたり・・・

というアルゴリズムの変更がなされていました。

 

しかし、今回の発表を見ると、

パソコンとスマートフォンで異なる検索エンジンになる

と表現しても過言ではないほどの変更が考えられそうです。

 

webサイトを、スマホのような小さな画面でも見られるように画面サイズが閲覧端末によって自動最適化することは当然のこと、

(ここからは私の想像の域ですが)

 

・スマホ向けのクリック(タップ)しやすい問合せボタンがある

・電話番号が画像ではなくテキストで、タップするだけで電話がかけられる

・SNS上でwebサイトの情報をアップしやすくなっている

・スマホ最適化がなされているwebサイトに被リンクが貼られているか

などなど

 

 

「スマホゆえの工夫がされているwebサイトが検索時に

上位表示されるようになる未来」

 

が近くなったと言えるでしょう。

 

昨年時点で、スマホの検索数がパソコンのそれを超えた

という発表がありました。

 

今回のGoogleのスマホ対応の如何にかかわらず、

スマホでwebサイトを見やすくする加工は必要最低条件

と言える時代に突入しています。

 

多様化する情報過多の現代において、

見やすく発見してもらいやすいwebサイトを作ることは、

もはや当たり前の企業努力となりました。

 

もし、会社や取扱商品・サービスのwebサイト(ホームページ)が、

まだ、スマホ最適化されていないようでしたら、

一度、当社にご相談ください。

 


images

 

 

執筆者紹介

福田英明
福田英明
株式会社ダブルループ 代表取締役

明治大学卒業後、大塚商会に入社、営業経験を経た後に
楽天株式会社に転職。
楽天ではビジネスマッチングサイト「楽天ビジネス」にて
営業・コンサル・マーケティング・事業企画の業務に
従事。
2010年に、株式会社ダブルループを設立後、多くの企業の
ホームページ制作及びWEBコンサルティングを行う。
また、大小問わず様々な企業にて、WEB戦略に関する講演
を多数行っている。累計講演回数150回以上。

【著書】
「まるっと1冊でわかる! 起業を決めたら最初に読む本」 
翔泳社
第三章 「ホームページ作成で必要なこと」執筆

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから