ウェブ検索結果右側の広告枠が廃止

こんにちは。ダブルループの福田です。

Googleが色々とルールを変えてきてますね。

今回は広告枠が一部廃止になったことについて触れてみました。

リスティング広告を運用している場合には要チェックです。

e5260ac9c308e48cbf628cc388fcffa8_s

ウェブ検索結果右側の広告枠が廃止

2月中旬に次のようなニュースが飛び込んできました。

「Googleが、デスクトップ向けの検索結果の右側に表示されていたテキスト広告枠を
廃止する」

という内容です。

実際にお手元のデスクトップPCでGoogleを開いていただき、あなたの業界のキーワードを検索してみてください。

そうすると、以前まで検索結果上部だけでなく右側にも表示されていた広告が表示されなくなっているはずです。

(上部の広告は残っています)

Yahoo!のそれと比較してみると分かりやすいかもしれません。

※今回のこの右側広告廃止について、なぜ実施したのかという正式なリリースはまだ出ていません。

 

では、右側広告廃止によって広告(アドワーズ)利用者にとってどのような変化が生じるのかを考えてみます。

広告表示設定(入札戦略)の重要度UP

これまでは見込客が広告の対象となるキーワードを入力し、検索をかけた際に最大11本の広告が表示されていました。

しかし、今後は右側広告がなくなったことに伴い広告枠が減り、7本になります。

つまり、もしこれまでの広告が7番目~11番目に表示されていた場合、広告出稿しているにも関わらず表示されなくなる可能性があります。

よって広告をどのような検索キーワードに対して表示させるか、広告の文言は適切か、ユーザーが求めている広告か、などなど広告表示設定の重要度が増していくことが予想されます。

 

広告コストの増大

上の理由と同様に、広告枠が減ることから「入札」という特性上、広告コストいわゆるクリック単価が上昇することが考えられます。

これにより企業のプロモーション予算の負担が大きくなるかもしれません。

 

 

他にもいくつかの変化が見られると予想していますが、大きく影響を与えるでると考えられるポイントはこの2つとなります。

要するにこれまで以上に緻密なWEB戦略が求められる時代に突入したと言えるでしょう。

今回の変更に対しての対策はもちろん、WEB広告の費用対効果についてお悩みの場合はいつでもご相談ください。

 

尚、今回の右側広告の廃止について、商品リスト広告とナレッジパネル内の広告については対象外となっている模様です。

パッと見て直感的に分かる広告については今後も継続していくというGoogleの意志の現れでしょうか。

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから