facebookってまだ流行ってるの?

facebookってまだ流行ってるの?

最近はinstagramの台頭もあり、「facebookってもう廃ってるんじゃないの?」

とお客様から言われることがあります。

実際、どうなのでしょうか!?

9b5243af2284038ac542cd53aa410900_s

facebook社の2015年度の決算から読み解いてみます。

まず売上ですが、世間の印象や想像に反して前年比44%増加の伸びを見せています。

さらに第4四半期に限っていえば、モバイル広告の売上は前年比69%増と大きくジャンプアップして、総広告売上高の80%を占めているとのことです。

 

そう、つまりfacebookはまだまだ伸びていることが推測されます。

 

「でも広告収入が伸びただけで、純粋な利用者は増えていないのでは?」

という声が聞こえてきそうなので、もう少しデータを見てまいりましょう。

 

2015年12月末時点でモバイルの月間アクティブユーザー数(利用者数)も前年に比べて21%増加しており、14億4000万人に達したと発表されています。

※モバイル端末以外の利用者を含めると15億9000万人を超える。

 

このことから・・・・

facebookをSNSとして利用している人は増えていて、facebook利用者に対して企業も積極的に広告を仕掛けているという構図が見えます。

要するにfacebookはいまだコミュニケーションプラットフォームとして最前線を走っているということで間違いありません。

よって未だ広告を打つべき市場として「旬」だと言えます。
5e663e4738e467c573540fe0ced279cb_s
このfacebook好機のうちにビジネスを加速させるプロモーション施策を打っておくことが重要でしょう。

facebookの広告は予算の上限が設定できることはもちろん(数千円単位から広告を出すことができます)、広告を出すべきターゲットを明確に絞ることができる

というのが最大の長所です。

※facebook広告について詳しくは下記の弊社WEB戦略コラムをご覧ください。
「facebook広告の最新事情」

 

弊社のクライアントではリスティング広告よりもクリック単価を安く、コンバージョンに繋げることがほぼ100%の確率で実証されています。

 

facebook広告の運用について少しでもご興味ある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから