自社のページがスマホ対応しているかを判別!?

 

以前、「Googleはwebサイトのスマホ対応を望んでいる」という内容をお送りしました。

詳しくはこちら▼
http://www.doubleloop.co.jp/2015/02/4073/

そして来週、4月21日に遂に「スマホ対応しているか否かが検索ランキング」

反映されます。

つまり、スマホ対応していなければ、SEO対策しているキーワードをスマホで検索した場合に

検索順位が大きく落ちるかもしれない、ということです。

Googleがこのようなアルゴリズムの変更を事前アナウンスすることはあまりなく、

その分、検索結果に大きな影響を及ぼすだろうというもっぱらの噂です。

「自社のwebサイトがスマホ対応しているかどうかなんてどうやったらわかるの?」

という方に向けて今日はスマホ対応判別ツールをご紹介します。

 

手順は超簡単!

(1)モバイルフレンドリーテスト サイトを開く。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

(2)自社のwebサイトのURLを入力し、「分析」をクリック。

以上!!です。
たとえば弊社の会社アクセスページ(http://www.doubleloop.co.jp/access/)で

分析してみると、「モバイルフレンドリーではありません」という結果が出てき

ます。

次に弊社のメイン事業の1つ、facebookページ制作のURLを入れてみます。
http://www.doubleloop.co.jp/business/solution/facebook/

そうすると「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」

という分析結果が得られます。

そう、弊社では主力事業のページ(SEO上、重要なページ)からスマホ対応化を進

めましたので、問合せなどリード獲得に大きく貢献されるページは4月21日のアル

ゴリズム変更のダメージを受けずに済むよう対策を施しているというわけです。
4月21日まで時間はありませんが、まずは取り急ぎ、貴方様のサイトがどの

ような状況であるかを上述のモバイルフレンドリーテストサイトで分析してみて

ください。

 

<モバイルフレンドリーテストサイト>
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

こちらの分析結果で「モバイルフレンドリーではありません」という分析結果が

万が一、表示されるようであればお気軽にご相談ください。

弊社がどのような対策をしたか、対処療法から根本治療まで対応方法を説明させ

ていただきます。

執筆者紹介

福田英明
福田英明
株式会社ダブルループ 代表取締役

明治大学卒業後、大塚商会に入社、営業経験を経た後に
楽天株式会社に転職。
楽天ではビジネスマッチングサイト「楽天ビジネス」にて
営業・コンサル・マーケティング・事業企画の業務に
従事。
2010年に、株式会社ダブルループを設立後、多くの企業の
ホームページ制作及びWEBコンサルティングを行う。
また、大小問わず様々な企業にて、WEB戦略に関する講演
を多数行っている。累計講演回数150回以上。

【著書】
「まるっと1冊でわかる! 起業を決めたら最初に読む本」 
翔泳社
第三章 「ホームページ作成で必要なこと」執筆

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから