お客様の導線を掴むことで 集客を増やす!?

あなたは何かモノを購入することを検討し始めた際に、まずどのような

行動を取りますか?

人は購買をする時に、いわゆる「AISAS」の法則に乗っ取った行動を取ると言われて

います。

ちなみに「AISAS」は下記の行動の英語の頭文字を取って、「AISAS」となります。

AISAS・アイサス・アイシアスの法則

たとえば冷蔵庫の購入を検討することになったとしましょう。

 

① 量販店に見に行く。冷蔵庫のPOPが目に留まる(Attention 気づき)

② 冷蔵庫を実際に触ってみる。段々と興味が湧く。(Interest 関心)

③ webで最新の冷蔵庫事情を調べる。価格比較をする。(Search 検索)

④ 価格や評判の良いところで購買する(Action 行動)

⑤ 比較サイトやECサイトにレビューを記載する(Share 共有)

 

検討方法は人によってさまざまでしょう。

今日はこの中で、3の導線について考えてみたいと思います。

たとえばPCやスマホでGoogleやYahoo!を開いて検索窓に「冷蔵庫」とまず入れてみ

ます。そうすると「冷蔵庫 おすすめ」といった候補単語が自動的に、検索窓の下にぶら下

がって表示されるはずです。

過去に何かを検索する際に、その候補が気になってクリックした

経験をお持ちの方も多いと思います。

このように自動的に検索候補単語が表示されることを、「サジェスト機能」と言います。

検索ワードの「冷蔵庫」に加えて、世の中の人がどういったキーワードを付随して検索したか

を教えてくれるものです。

 

さて、あなたの会社のwebサイトではこういったサジェスト機能に表示されるキーワードも対策されていますか?

「だってどんなサジェストが出るのかを調べるのが手間じゃん!」

とよく伺いますので、今日はサジェスト機能に表示されるであろうキーワードを

簡単に調べる方法を説明致します。

 

1・「goodkeyword」というサイトを開いてください。

 

2・サイトを開くと画面中央にキーワードを入力できる欄がありますので、あなたの会社でSEO対策を施しているキーワードを入力してください。

 

3・そして「検索」ボタンをポチッと押します。

 

そうすると単語の羅列が出てきますよね。

 

たったこれだけ!!

 

この単語のそれぞれが、GoogleやYahoo!でキーワードを入力した際に候補として

現れてくる単語です。

つまり、お客様が商品を探そうとしてwebにキーワードを入力するとこういった

単語を見て、そっちに寄り道してしまうわけです。

そのためあなたのwebサイトでは、こういった候補キーワードに対しても

対策を施しておく必要がある言い換えられます。

私は時代の流れや市場の動向を掴むために、自社の対策キーワードのサジェスト

候補を定期的に調べています。

webサイトは生ものです。1回作って、そして1度、希望のキーワードで上位表示

されたからといって油断していると取り残されてしまいます。

このような情報収集を定期的に実施し、そして時代に即した対策をスピーディー

に行う、この繰り返しにより「集客力の強い会社」になれるわけです。

現在のSEO対策は、1つのキーワードではなく、様々なキーワードで上位表示される

ように対策を行うことが重要です。

これを「ロングテール」と呼びます。これについては、次回のコラムでご説明します。

執筆者紹介

福田英明
福田英明
株式会社ダブルループ 代表取締役

明治大学卒業後、大塚商会に入社、営業経験を経た後に
楽天株式会社に転職。
楽天ではビジネスマッチングサイト「楽天ビジネス」にて
営業・コンサル・マーケティング・事業企画の業務に
従事。
2010年に、株式会社ダブルループを設立後、多くの企業の
ホームページ制作及びWEBコンサルティングを行う。
また、大小問わず様々な企業にて、WEB戦略に関する講演
を多数行っている。累計講演回数150回以上。

【著書】
「まるっと1冊でわかる! 起業を決めたら最初に読む本」 
翔泳社
第三章 「ホームページ作成で必要なこと」執筆

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから