facebook広告の類似オーディエンス活用

前回のコラムではfacebook広告のリマーケティング活用について説明をさせて

いただきました。

前回のコラムを読んでいない方は、下記よりご確認ください。

「facebookのリマーケティング広告活用について」

 

今回説明をさせていただくのはfacebook広告の「類似オーディエンス」という機能に

なります。

facebook広告は、属性ごとのセグメントができたり、自社の顧客リストを取り込めたり、

自社ホームページのリマケをかけれたりと、たくさんマーケティングに使える機能が

ありますが

この「類似オーディエンス」という機能は、2013/11/27でご紹介した、

「カスタムオーディエンス広告」を上手く活用するという機能になります。

参考までにカスタムオーディエンス広告のコラムはこちら

「ピンポイントにアプローチ。facebookカスタムオーディエンス広告とは」

 

類似オーディエンス広告は、lgi01a201310230300

「自社保有のリストに類似した

リストをたくさん見つけてくれる」

という機能になります。

ということは

自社リストの有効活用ができる。

自社リスト以外から、属性の近い人にリーチすることができる。

自社リストの数が少なくても多くの人にリーチできる。

といったようなメリットがあります。

例えば、メルマガを大量に保有しているECショップや、飲食店などお勧めですし、これは

BTOBでも使えます。

詳しい機能や設定の方法は、「facebook for business」でも紹介があります

ので、こちらを参考にしてもらえればと思います。

「facebookの類似オーディエンス」

facebookはこのような形で、特に広告に関しては、どんどん新しい機能を出してきている

ので、私もこのコラムで引き続きご紹介できればと思います。

 

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから