facebook仕様変更に思うこと

久しぶりのコラム更新となります。

長らくご無沙汰していて、すみません。

今回facebookの仕様変更に伴い、「いいね!」に伴うiine_catch

インセンティブ付与が11/5から禁止

されるというニュースが飛び込んできました。

詳細は下記

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140811-00010000-biz_rwj-nb

これにより、11/5からファンゲートと呼ばれる、「いいね!」前後でのページの

切り替えが不可となります。

記事にもある通り、元々は「いいね!」を押させて記事を読ませたり、

先に進もうとすると「いいね!」をせがむアプリが乱立していることが

一つの要因として挙げられますが、一方で、「いいね!」を押させる

ことで、プロモーションに上手く使っていた企業にとっては

頭の痛い仕様改定となります。

実際、これまでもfacebookは数々の仕様改定を行ってきました。

古くはタイムライン表示に伴う、WELOCOMEページ強制表示の改定に始まり、

UIの変更、広告ツールの変更等様々な改定がありました。

我々マーケッターとしては良い改定も、悪い改定もありという感じですが、

まだまだfacebookは有効活用できるツールではないかと思っています。

facebookの利用者が2017年までに8割減となるというニュースも、

今年の1月くらいに出て話題になりましたが

http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/26/facebook-crisis_n_4667823.html

下記のデータを見ても分かる通り、facebookユーザーは

日本国内でも順調な伸びを示しており

http://www.globalmarketingchannel.com/press/survey20140617

まだまだ、facebookを利用するという流れは、しばらく続くのではないか

と考えています。

実際、個人の方でも、古い友人とfacebook上で出会ったり、同窓会や結婚式

関係のイベントもfacebookグループや、facebookイベントで活用できますし、

企業の利用としても、facebook広告はかなり使い勝手が良いと思っています。

(BtoBでしたら、役職セグメント。BtoCなら属性セグメント)

うちの会社自体は、web戦略を活用して、企業の売上アップのお手伝いを

するというのが仕事であり、自分自身の信念としてあるので、

facebookが活用できる間は、上手く活用させていただき、仮にfacebookが

利用できなくても、また別の方法で、web戦略活用の支援ができれば

と考えています。

執筆者紹介

福田英明
福田英明
株式会社ダブルループ 代表取締役

明治大学卒業後、大塚商会に入社、営業経験を経た後に
楽天株式会社に転職。
楽天ではビジネスマッチングサイト「楽天ビジネス」にて
営業・コンサル・マーケティング・事業企画の業務に
従事。
2010年に、株式会社ダブルループを設立後、多くの企業の
ホームページ制作及びWEBコンサルティングを行う。
また、大小問わず様々な企業にて、WEB戦略に関する講演
を多数行っている。累計講演回数150回以上。

【著書】
「まるっと1冊でわかる! 起業を決めたら最初に読む本」 
翔泳社
第三章 「ホームページ作成で必要なこと」執筆

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

電話での受付 03-4590-0785

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

パートナー

ご相談や質問・ご不明な点はお気軽にコチラから